スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人のゲーム感覚の欠如  現在の中国を分析する   
中国で 商船三井所有の船が街のチンピラからインネンをつけられて
所有物を掠め取られましたね。
言いがかりと思える行動は、日中国交回復交渉時に定められた日中条約による
戦前の日本の資産は中国に提供するので中国も日本に対して債務問題は持ち出さない
取り決めを無視しての裁判所の差し押さえであり 
通常は法律よりも条約を優先するのが国際的慣例ですがまたもや
交渉ができない日本人の人のよさから外国人から見れば非常識な
行動を取ってしまいましたね。 

 これは支払を延ばして大幅な減額を交渉するか それとも 
田中角栄 毛主席と周恩来の間で 中国独自が自ら放棄しての
決着済みであると突っぱねるか 
それとも言い値で支払うか の三択を三井商船は迫られましたが 

商船三井側は安易だが日本全体にとっては最悪な方法で決着して
しまいましたね 
日本の企業は人質をとって脅せば すぐ言いなりになることを
中国はまたまた学んでしまいました。 
和解金が商船三井にとっては、たった40億円なので、
満額支払に応じたのでしょうが
目先のことにとらわれてしまい 先読みができなっかたのでしょうね。

まずはクライアントと契約を結ぶ場合 の追加条項に 
国際紛争や第三国の都合での一方的な 国際条約違反が見られたとき
乙社(当社)に損失が生じた場合は、契約不履行をお互いが認めることになる。
などの慣例条文は追記しなかったのでしょうか。

反日は日本のことを知らない中国人とのコミニケーションのツールである。 
逃げずに中国人のように言いたいことを言いまくることから始めなければ何も始まらない。


これからは商船三井の知恵のなさと弱腰によって多くの日本企業
 多くの中国在住の日本人は身の安全のため中国からの撤退を余儀なく
されさらには、日本政府は苦渋を飲まされることになるでしょう。 

周恩来と田中角栄と決められた日中国交正常化のルールは未来永劫続くものと
思ってたら、これは幻想であったことにふと気付かされた。

「ルールは固定化されたものではない ルールを変えるほうが
主導権を握り勝機を制する。」
ということを 常に国際法や条約を無視して自分たちの勝手な
都合で動く中国人から私は学びました。

交渉術やゲーム理論を学んだ人なら中国人との折衝の仕方 
交渉に慣れてる人ならまずは、即座に反応しません 
ノラリクラリと言い訳や 相手の非を 御託のように並べて譲りません。 

彼らも長期間に船を岸壁に係船しているだけでも大変です。 
大きな経費や保安上のことなどからすれば中国人特有の自己保身から
察すればヒヤヒヤモンですが 中国側にとって船を差し押さえる行為が

どんなにたいへんかは考慮に入れれば中国側のワンサイドゲームには
ならなかったのにと悔やまれるだけですね。 
さらには、 日本のチャイナスクールと揶揄される外務官僚に押し切られたのかも知れませんね。


そこで チャイナスクールの意向によって尖閣列島を野田ドジョウは
国有化してしまい。
今日に至っていますが。 
野田ドジョウの外交オンチからの由来をツラツラ並べても
しょうがないので。
尖閣を戦争をせずに中国から守るには どうすればよいかゲーム理論から 
あなたと一緒に考えて見ましょう。

中国は日本の領土である尖閣列島を侵略したいと狙っていましたが
田中角栄と周恩来によって棚上げされてきました。
現状維持は、どちらにも利益は生みませんでした。

そこで 外交オンチの野田ドジョウをそそのかしてチャイナスクールの連中が 
尖閣を国有化してしまいました。
 中国はこれで世界に日本と中国には領土争いがあることを堂々と
宣言することができるようになり中国が得しました。

ココで  日本が黙って我慢すれば 中国が国際的に有利になります。 
日本は国際社会にアピールしなければ 不利になり孤立化を招きかねません。


それとも日本が反撃に出て中国と全面戦争になったと仮定します。 
そうするとこの局地戦には敗者も勝者も存在しないでしょう。 
ということは 日本も中国も大きなダメージを受けます。 
東アジアで利益を受けるのは、大きな存在を示せる 
いわゆる漁夫の利を得たアメリカが見えてきます。

そこで中国は接続水域や 尖閣の領空 領海までも無人飛行機や監視船を使って
わが国の領海へ侵入を継続的に試みています。
 さらには防空識別圏まで設けて日本の出方(引くのか攻めるのか)
を観察しています。 

  ヘーゲル米国防長官が4月上旬に訪中して、常万全中国国防相と
会談した後の記者会見で、常国防相は尖閣問題の質問に答えて、
「党と人民の要請を受けて、中国軍は直ちに集結し、(現地に)到着するや
直ちに戦い、いかなる戦闘にも勝利する」

これにも大きな意味があることはゲーム感覚で感じ取れますよね。 

それは、中国は冷静に日本の出方を観察しているのです。

中国で中国人にからまれた時、黙るか 逃げるか 対決するか
 あなたはどうしますか
経験則は、殴り合いを避けるためには、ブラフを交えながら中国人に負けずと
愛国心をちらつかせて静かに対決するのがベストです。
ということは、日本は何のリアクションも起こさなかったら
中国政府は、こう分析します。

日本にとっては 小さな島を取られるよりも 戦争の損失のほうが大きいので
闘わずして逃げる。 
又は憲法第九条によって表向きは戦争を放棄してるので 中国軍が一般漁民に変装して
尖閣に上陸されたら日本は手も足も出ないと 分析されたら 
だから日本は尖閣が侵略されても何もできずに我慢するだけだと分析されたら。

中国は尖閣を侵略して占領して既成事実を作って国際社会にアピールして 
尖閣は昔から中国の固有の領土であったと宣伝戦を仕掛けて納得させられるでしょう。


今日本はピンチです。 
日中戦争を避けて、この不利な状況をから これを逆転するには
どうすればよいか キューバ危機を乗り越えたケネディー大統領の取った
行動を参考にしながら考えてみて下さい。 

一部のマスコミの偏向報道は参考にならないことだけは
肝に銘じて自分の頭で考えてみて下さい。
自分で戦略を練るのが大切です。
 
誰でも自分なりの戦略を持っているはずです。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/642-f9d232dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。