スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬が愛した珈琲(コーヒー)
長崎 ギフト 南蛮館からお土産、販促品、お歳暮や、お中元をおさがしの方へ
坂本龍馬 プロローグ
坂本龍馬が愛した珈琲(コーヒー)
幕末、日本の大きな動乱のうねりがまさに起ころうとする中、脱藩浪士に過ぎない一人の男が幕府だ薩摩だ長州だと 藩閥の既得権益を守ろうとして、 いがみ合い殺しあいが
日常茶飯事の日本の中を 駆け巡って行った男がいた、それはすさまじい行動力の持ち主であり、さらにすばらしい発想力ととてつもなく好奇心旺盛な男が日本を洗濯するためにさっそうと日本の歴史の表舞台に現れたのである。というよりか、押し上げられていったと表現するほうがあたっているかもしれない。

20061218190522.jpg

世界のうねりを見据えて 世界の中の日本の立場を明確に位置づけ、船中八策という青写真を掲げて、私利私欲を捨て日本という公を貫いた男 信念を持ち続ける男がいた。
こんなかっこいい男の生きざまは、庶民の支持を受けやすく、時の権力者たちから
利用されて祭り上げられて行く英雄の姿が見え隠れするのである。
20061218190635.jpg

そのきっかけは薩長同盟から始まる
天才でもなく、神童でもなく 実に親しみやすい目を持った男がいたのである。
国家が混乱したり現状を打破しなければならなくなったとき、庶民はいつもジレンマのスパイラルに入り込んだと感じる、そのときに 常にふつふつと英雄待望論が湧き出てくるのである。その時代、その時代にピタット当てはまる男がいたそれは小説家たちの題材に上り常に魅力的な男として描がかれ、表現されたために、時の権力者たちの権力維持に一役買った歴史の中に生き続ける男であり続けるはずだ。
それは、言うまでもない坂本龍馬である。 だから坂本龍馬は永遠に日本を代表する英雄であり続けるであろう。
そんな龍馬が愛した珈琲(コーヒー)を飲んであなたも歴史のロマンを龍馬と一緒に感じませんか。
慶応元年(1865年)頃、長崎でしか味わえなかった珈琲をその時代の焙煎方法で忠実に再現して、さらに ドリップバッグにして飲みやすくしました。
20061208193920.jpg

なーント 販売価格 840円です。
あなた、珈琲を飲んで坂本龍馬になりきってみませんか


龍馬が愛した”珈琲” (本体価格 800 円 + 消費税 40 円)

販売価格 840円

購入数




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/64-41f1358d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。