スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずほ銀行のヤクザへの迂回融資から学んだ心理戦
みずほ銀行のヤクザへの迂回融資の件を
マスコミの報道で知ったとき 私は若いコロのことを思い出した。

若いコロ 宗右衛門町辺りのやくざと よく接する機会があったときに
 シノギのうまいヤクザが若い衆に言い聞かせてたフレーズが 
「素人を説得しようと思ったらアカンねん、 納得させなアカンねん」 
と言い聞かせてたが、 私もいろんなことを経験して体験するうちに 
このフレーズの重みが理解できるようになった。

みずほ銀行の融資保証をしているオリコが その筋の人間が自動車ローンを
組んでもオリコの融資審査で見落とされればわからないとの言い訳をしてた。 

そこでヤクザの手口に詳しい人の話を週刊誌から抜粋すると
「あれは銀行の無担保融資といっしょ。本来は車が担保になるはずやけど、
中古車だから価値はわからへんし、たぶん車自体二束三文でしょう。
相手は計算した上で、自動車ローンという形の借金をしとる。
オリコ(オリエントコーポレーション)の融資保証がついとるから、
銀行の腹は痛まん、いう説明もあるけど、そうやない。
みずほは、ローンが焦げ付いて信販会社のオリコが傾いたら、
その損失を穴埋めせなアカン。いわばみずほグループが一体となった無担保融資ですわ」


そうなんですよね 言い訳できる環境に人を置いてやること
これこそが人身操作なのですよね。

それとな~~く 暴対法に触れないように ○○組の権威を利用して 
みずほ銀行がオリコを説得して 恐怖を植えつけて 
判断を誤らせて思考停止に陥れて納得させる。
そこには言い訳できるようにさせておく 
それは、書類審査を通りやすい友人や親類縁者を使って融資を申し込まれたら
誰も気づかない。
トップの言い訳は、 迂回融資などとは誰も気づかない。 
したがって 私には責任能力はない。 
但し組織をまとめるトップとしては責任を取らないといけないので 
軽い処罰で済ませました。 世間の皆様ご理解ください。

そしてマスコミはこの迂回融資のからくりを暴こうと試みない。 
なぜなら自分の身がかわいいからである。 
そしてマスコミはヤクザからの恐怖で納得させられる。
本当に一番怖いのはヤクザではなく警察なのですが。
皆さんはそこに気づいてはいない。
そしてマスコミは、みずほ銀行合併前の三行の権力闘争の
はての茶番劇でるようにお茶を濁した。

みずほ銀行の頭取の記者会見を聞いてて私はこう考えた。
バブル時代からの旧興銀、旧富士銀 第一勧銀 
の腐れ縁を断ち切りたかったが
バブル以降の銀行の不良債権回収において、支店長など回収に力を
入れた人たちが殺されたりして 各銀行では不良債権回収が断念されてきた。

しかしだからといって 今でも不良債権の回収の努力は怠ってはいないので 
ヤクザへの特定の利益供与にはならないと 
世間を納得させようと試みてるのが よくまざまざと私には聞こえてくる。

バブル以降において、今では、政官業ヤクザの鉄の四角関係が成立してるから
 だから 仕方がなかった。 ああせざろう得なかった こうぜざろ得なかった 
と妙に自分自身を納得させる頭取がいることに気づいた。
それは鉄の四角関係の癒着によって不良債権の回収が進まなくなった。
そしてヤクザからの債権回収をあきらめて素人から 中小企業から回収して 
、政官業ヤクザの鉄の四角関係がらみの不良債権は公的資金注入によってチャラとなる。 

そして今ではこの四角関係が税金を横取りするドロボウ国家への構図が出来上がった。 

暴力など使わずに素人を取り込んでいくやくざの姿が目に浮かんでくる。
ビシット ビジネススーツを着こなし爽やかで穏やかな口調で実直そうな
振る舞いをして第一印象をよくして ターゲットになる人間を観察して
の趣味や嗜好を調べ上げる。

そしてあたかも自分も趣味や嗜好が同じであるかのように振舞う 
そうするとターゲットは親近感を覚える。 
そしてことあるごとに 食事やのみに誘う 繰り返しあえば合うほど
ターゲットは好意を覚える。 
美味しいものや美人がそばにいれば話も弾み 
相手の申し出を受け入れやすくなってしまう。 
そして自分のしぐさと相手のしぐさなどがコラボすれば 
親しみを覚えてしまう。
最後に安心信頼感が芽生えて自分の心理的な縄張りに入ってこられても 
素直に許してしまう。
そして小さな断れない頼みごとから始まって少しづつ頼みごとの
ハードルを上げていく。 
そして気づいたときは後戻りができなくなり 相手と一蓮托生だと思い込み 
悪いことだとわかってても みように納得しながら 
悪いことを積み重ねて蟻地獄に陥る。

右翼の恐怖から逃れたい一心で権威に弱い島田しんすけが
このようにして取り込まれていった。
ハッタリという演出が得意な彼は、とてもかなわないと
相手を信じ込ませて交渉に入る。
だから権威に弱い人間は、自分より強い人間には、
従順になり逆らわないし 逆らえない。

彼が突っ張ってたコロからこのスタンスは変わらない。

だから落とし前をつけろと脅されるのは目に見えてるので、
まずは自ら芸能界から身を引いて落とし前をつけた。 
そしてほとぼりの冷めるコロを見計らって復活のチャンスをうかがっている。
脅しは、相手との交渉を有利に運び譲歩を勝ち取るためのツールである。

上記のような交渉学を学びながらナンパ師の手口を観察してみてわかったことは
、戦略さえしっかりしていれば目標は達成できると私は思った。
交渉とは、ハッタリとハッタリのぶつけ合う心理戦であると思った。

心理学を利用してラポールを築き観察力洞察力を身につけて女性を
手のひらで転がすナンパ師や男を虜にしてしまう小悪魔と呼ばれる
女性を観察してみて 相手を説得せずに どのようにして納得させるかの方法は 
ヤクザの食うか食われるかの実践心理術と同じである。

人間の心を揺さぶりたいならゴジャゴジャ理屈をこねるな 
脅しやハッタリを使って感情で揺さぶれ。

スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/631-b0b2175a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。