FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアの内戦で気づかされたこと
夕焼け

シリアにおける内戦は、
反政府軍がアメリカの武器や戦闘要員の供与にもかかわらず 
アサド政府軍が有利に攻勢をかけており 
アメリカやヨーロッパの思惑通りに進んではいない。

思惑通りにシリア政府を駆逐して アメリカ傀儡政権を立ち上げて
シリアをアメリカのコントロール下に置けば 後は 
中東における反アメリカ勢力はイランだけになり 
イラン攻略も容易になりアラブのすべての国がアメリカのコントロール下に
入れば国際金融資本家の金儲けの道具となる。

それは常に世界中が不安定であれば、通貨や株価、原油価格などの価格が
不安定となり 国際金融資本家の傘下にある中央銀行の支配が強固になる。
だから 国際金融資本家が容易に中東を欧州を東アジアをコントロール
するためには 世界はオバマ大統領の裏でうごめく
金融屋たちによって不安定を装う 多極化へと突き進んでいる。

アメリカ外交問題評議会CFRでは世界が多極化に向かう
政策が決定されたのであろう。 
バイデン米副大統領は、 2013年4月5日アメリカ輸出入銀行での会議で
「3月のアメリカ経済指標は期待はずれとなり 
だからこそ新世界秩序の創造 に取り組むべきである」と発表してたが。 
彼らの戦略は世界を不安定にしてそれぞれの国家の力を弱めて
多極化の方向に向かわせて アメリカを含めて 
それぞれの国家が崩壊することにより
多国籍企業がそれぞれの国の国家を統治して 
国際金融資本家のトップダウンによって決められる統治機構の構築である。

それは、常に戦争状態を創造したり、TPPを使っての新世界政府の樹立である。
だから強固なシリア政府軍を弱体化させるためには
 NATO軍の参戦が必要不可欠である。
そのためには世界が認める参戦のきっかけを見つけなければならない。 
錦の御旗を担げないならば いつものように捏造するだけである。

真珠湾しかり、トンキン湾しかり 湾岸戦争しかり 9.11しかり 
イラクには大量破壊兵器は無いと査察官が言明したにもかかわらず 
その言葉は無視されてイラクへの侵攻が行われた。

 そして今回は、シリア政府軍が反政府軍に対して攻勢を
かけていたにもかかわらず。 
国連調査団が入国した直後にもかかわらず化学兵器を使用したということで
アメリカはアサド政権を崩壊させようとたくらんでいる。 

AP通信のガヴラク記者が反政府側にインタビューしたところによれば
サウジアラビアから供給されたガスボンベのような筒を扱いのわかる
テロリストに渡す前に扱いの未熟な人間が化学兵器だとわからず
不用意に取り扱った結果、爆発に至ったようである。

そこでアサド政権を倒したいアメリカが 大義名分がほしいために
アメリカがさもアサド政権が使用したようにビデオを編集して
メデイアを煽り 既成事実化させるために利用したのが事の真相である。

そしてアメリカはシリア政府軍が使用した決定的な証拠を
そろえることができずに世界の失笑を買っている。
マスコミだけはアメリカ寄りの報道をしているのが気がかりだ。

常にアメリカは、大義名分を捏造して アメリカ国民を煽って 
戦争をしてきた。そして スノーデン氏が 公にする前から 
世界中で通信傍受システムである 名称エシュロンの存在は知っていたが 
マスコミは民間人への盗聴が行われてることまでは報道しなかった。

さらにアメリカ政府は通信傍受の存在など常に否定してきた。
アメリカは戦争によって繁栄を続けてきたが 現在は、
アメリカ政府や国民は苦しみ貧困に喘ぎ 戦争で利益を得てるのは
ごく一部の企業とごく一部の企業の役員だけである。 
アメリカの戦争は残忍である。
原爆投下 東京大空襲 民家を攻撃対象にした焼夷弾  ベトナムでの枯葉作戦 
イラクでの劣化ウラン弾の使用 クラスター爆弾で証明されるように
常に非戦闘員である婦女子を殺害してきた。

世界は 数々の偏向報道によって 民衆はコントロールされながら
知らなければならない出来事も隠されて だまされながら 
これが現実と思い込まされている 茹で蛙状態である。

オバマは、国民皆保険を公約にして2期目も大統領に当選したが 
公約通りにはならず 不人気である。 
それに追い討ちかけて多くのアメリカ国民が反対している 
シリアへの攻撃は さらに追い討ちをかけて 
彼の人気は失墜するであろう。
そして アメリカは弱体化して 世界は多極化への道を進む。

多国籍企業が多極化されたバラバラになった国家をまとめて 
そのピラミッドの頂点に国際金融資本家が君臨して 
目を光らせる。

世界の混乱を招く組織への資金提供を追えば 
多国籍企業が絡んでるかもですよね 
だから今回のシリアで使われた化学兵器を追って 
偏向報道を分析すれば、 
新たなる世界支配体制の戦略が浮き彫りになってくるはずです。

戦略の基本は「分断して統治せよ!」 である。
民衆はマスメディアの報道に踊らされて一喜一憂しながら 
影の世界政府に操られている。

たとえば 彼らの自作自演のテロにより恐怖を覚えさせて 
その不安を煽って民衆を支配下に置く 具体的には、
民衆の暮らしの不満をタビストック研究所などで創作された
映画や音楽やセックスやスポーツなどで 民衆のはけ口として 
目くらましに利用して民衆自身が おかれてる現状を把握できなくして 
思考停止に陥れて自分の身を流れに任せる。 

目に見えない柵の中に追い込まれてることに気づかない 
民衆は、ゆでガエル状態となる。

アラブの春を自作自演した革命のスポンサーは、多国籍企業である。
 NATO軍もイギリス軍もイギリス議会で否決されたように
シリア軍事介入は不参加を決定した。 
アサド政権を擁護する 国際金融資本家から独立したプーチンのロシアの
圧力も含めてビルダーバーグ会議がストップをかけているのだろうかと
考えれば、ビルダーバーグ会議とCFRのお互いが国際金融資本家の権力闘争に
巻き込まれてCFRがイニシアチブを取りに画策してるので
お互いの意思疎通がスムーズに行かなくなり 表には出てこないが 
裏では主導権を奪い合うための綱引きが行われている。かもですね。

スノーデン氏によって暴露された監視社会は、
知らず知らずの内に情報が統制された社会システムの中に
われわれは埋没してしまい、いつの間にか、われわれは、
民主主義という衣を着た全体主義国家に統治されてることに
気づかされようとしている。

スポンサーサイト

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/627-1698d052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。