FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自虐史観からの脱却
お久しぶりです。 
私ごとの都合のため ブログを書く暇もなく 
ようやくパソコンに向かってみました。

またもや終戦を迎えた日が 正確に伝えれば敗戦の日が 
原爆を投下された日が近づいてきましたね。
日本の教育では、太平洋戦争のことも現代史では 教えなくなったのか 
今の子供はアメリカと戦争をしたことも知らないようですね。

アメリカは、太平洋戦争に敗れ アメリカの戦略によって二度と
アメリカに反抗できない日本国民を作りだすため自虐史観を
日教組を巻き込んで歴史教育や左翼文化人と呼ばれる人たちによって
映画や本、新聞、ラジオ、テレビ、雑誌などを通しての宣伝工作が
徹底的に行われた。
さらには、 過去、日本はハルノートを突き付けられて 
したくもない戦争をやらされ、勝つ戦争を山本五十六によって
真珠湾の攻撃を中途半端で終わらせ、
机上の作戦でも大敗するのをわかっていながら、現場の指揮官の意見を無視して 
大本営は、山本五十六がそこまで言ううのだからの理由だけで、
準備もできないままにハワイの近くのミッドウエーで戦争を仕掛けて
大敗したことをジャーナリストは国民に知らせもせずに、
アメリカの軍事力に アメリカの経済に負けたと宣伝する。

 一般市民を巻き込んだ 日本への無差別のじゅうたん爆撃を実施した結果
 3月には東京大空襲が実行されたが 世界のマスコミは敗戦国日本の現状を
伝えようとはしない。 

さらに最悪なのは、水面下で行われてた戦争終結の交渉も無視されて、
京都、広島を爆撃せずに 原爆を落として原爆の成果を知ろうとした 
悪魔の大実験も長崎、広島に落とされて実験が終局した後に 
日本の無条件降伏を認めた。

日本民族の誇りである大和魂を捨てさせたアメリカの狙いは、
二度とアメリカに歯向かうことができない従属国家に仕立て
上げることであり。 
小泉政権時代 民主党の時代にその従属国家は確立された。

しかし、日本は、アメリカ、中国が恐れる大国である
ことを意識しなければならない。
この事実を意識させないためには、尖閣を使って東アジアの不安定を作り出し
日米安保同盟を日本人に意識させて、 日本の国家の存続と利益を守るのには 
アメリカの従属国家である限りにおいては 
大丈夫と錯覚を覚えさせなければならない。

その基礎になるのは他国の評価を気にする 自己評価であり
自信のなさである。 
だから裏で仕掛けているアメリカにまで波及した従軍慰安婦の問題である。 
これによって日本の大和魂をなくし自己評価を下げさせて
自虐史観を持たせる。
日本国内向けのアメリカ報道は ジャパン・ハンドラーズによって
操作される人たちによって偏向された(アメリカの属国としての日本)
 政策や法律、経済、報道によって 日本は大国であることを意識させないでいる。

もはや日本は経済が回復して 自前の憲法ができたら 
日本人の間でも大国意識が芽生える。 
その大国意識が芽生えて 大和魂が回復したら アメリカは、
アメリカの敵になることを恐れており、 単なる東アジアの一国としての
日本の戦略が崩れるのである。

コレコレすべきだなどの強い規範意識を持たされている人は、
生きることを愉しめない、生きることがつらいだけである。
他人からの評価は低くても 自己評価が高い人は、誇りを持てる人は、
他人から傷つけられても回復は早いし 生きることを愉しみ、
気持ちが安定している。

これを日本国に置き換えると 戦争に負けて 東京裁判によって
国際社会から評価を下げられ 戦争当時の従軍慰安婦問題が捏造されて 
国際社会で評価が下がれば、他国の目を気にして 自己評価は下がり 
日本は自信をなくす。 
ここに日本は国際社会の中では大国だが 自信がないため 
他国の目が気になるため 対立を避ける だから交渉学は学問として認められない。 

ましてや自国の都合を述べるよりも相手国の立場に立って考えることが
交渉だと勘違いしている。 
愚痴を延々と述べる 話し合いでは解決しない。 
相手の強み弱みを知り 取引に持ち込むこと 
これこそが対立を解消させる
スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/625-9876e59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。