スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPから見た日本人の交渉術
日本政府発表によると
「政府は5日午前の会議でTPP交渉参加に向け、政府対策本部の設置を決定した。」
その内容の中味で気になったのが、
「交渉力を強化するため、海外の法律や制度に精通した弁護士なども起用する方針。」
だそうだが、

海外での交渉に手馴れた人間の日本人離れした突飛なアイデアや理解しがたい考え さらにはしたたかで老獪な行動力についていけずに 政府一体で取り組むそうだが、内部で対立して空中分解しないことを祈っているだけです。

交渉は対立と思う私から見れば、アメリカに従属した日本政府の置かれた状況の中で交渉が出来るのかです。 なぜならば、アメリカとは、表向きは対立があるようにマスコミでは報道されているが、裏に回れば、対立など存在しない。 だから日本は、アメリカとの交渉自体が存在しないのではと疑念を持つ今日この頃です。
「和を持って貴しとなす。」に集約されるように 意見の対立を悪と非難する日本国民の習性を研究してるアメリカから仕掛けられて煽られるのは、マスコミを使っての日本国内勢力の対立である。


TPPでの参加を表明した背景を探ってみるとなんとも情けない喧嘩も出来ないだまされ続ける交渉べたな日本政府のひ弱さがまたもや浮かび上がってくる。

4月3日朝日新聞報道によると
「TPPの交渉入りは、日米が大筋合意したことにより7月にも正式に交渉参加ができるとのこと。 交渉参加においては、「聖域なき関税撤廃」という前提がないことを確認との発表であるが。」 

おかしいと思いません。 確認しただけで確実に約束はしていないのだから 後でアメリカや参加国からくつがえされますよ と日本政府に進言したいが アメリカとの対立を避けたいのでしょうかね それともめんどくさいからアメリカ任せの交渉に参加してから確約を取り付けるのでしょうかね。
予想されるごとく、日本政府はアメリカに追随してるのですからおのずと思考は停止しています。

マスコミではTPP賛成派には積極的に発言させて、反対派には発言させなければ 誰もがTPP賛成に回りますよね そして世論調査をすれば70%以上の高い支持率を取るのは当たり前ですね。

さらに朝日新聞報道によると 「米国では、政府が通商交渉に入る場合、議会の承認を得るのに90日間かかる。そのため、日本が7月にも開かれる可能性があるTPP交渉に加わるためには、4月中に合意する必要があった。参加が遅れると、日本がいない間に「ルールづくり」の議論が進んでしまうとして、日本政府は合意を急いでいた。」

ということで日本政府のアメリカ追随のスタンスがはっきりと見えてきますよね。
人生を可もなく不可もなく過ごしてきた人間には、これを逆手にとってのタフな交渉についていけないでしょうね。

人生を順風満帆に生きてきた人には、合コンに遅れてきてでも ドロドロとした人間関係の中での場を盛り上げて場を仕切る 力量などないと思います。 誰が何を言おうとも事実は、TPP参加国は、日本参加を待ち焦がれているのですから。こちらから「ルールづくり」を仕掛けるしたたかさを持ち合わせた人を交渉のテーブルに着かせるべきです。
 本来、交渉事は、遅れていけば心理的に優利に立てるのです。
これは心理戦です。 だから心理的にヘコンだ方が負けなのです。

交渉のイニシアチブは、完全にアメリカが握っており 早くセロとせかされながらノーと言えない心理学を応用したイエスセットで畳み掛けられて心理的に断れないシチュエーションに追い込まれた。 それは、日本がアメリカに追随してる姿がはっきりと読み取れますよね

ということで アメリカの圧力で日本は交渉などする余地もなく最初から政策決定が行われており後は、国民をはぐらかすためのマスゴミを使ってのバンドワゴン茶番劇が行われていたのが実態のようですね。

この裏づけとしては、
シンガポールで開かれたTPPの秘密交渉において、アメリカの貿易担当官によれば 日本は、カナダ、メキシコがTPPに参加するために強いられた不公正な条件と内容に合意しており、さらに事前に交渉テキストを見ることも出来ず。既に確定した項目について いかなる修正や文言の変更も認められない 新たな提案もできない。

これがマスコミが隠してるTPPの交渉の実態であり、公式に開催されたTPP交渉会合でのアメリカ担当官が他国の交渉担当官に発言した言葉である。

さらには、アメリカの人たらし術の一こまを語りますと、アメリカにスカラシップ(奨学金制度)を利用して世界各国から留学してきた青年をピックアップして権威ある人間が権威ある機関を通じて言葉巧みに近づいてくる。そしてアメリカのために働く青年たちへと洗脳する。 ターゲットは、自国で虐げられて自国の社会に失望してアメリカでの立身出世を夢見ている若者。 さらには自尊心をなくした若者こそがターゲットである。なぜならば、洗脳しやすいタイプであるからこそである。

文化や宗教の違いからくる考え方の違いは、容易には交渉などしてもまとまらない。 そこで日本人の商習慣を例に取り上げてみました。
話し合いだけの口約束の中で行われる取り決めが絶対化される日本人の規範は、外国文化から見れば、契約という概念がない世界であり非常識な国民であると不思議がられる しかしその反面 口約束は必ず履行される。そんな日本の社会は他国から見れば不思議で非常識な国民だが なぜだか信頼に値する。 不思議の国日本ととらえられる。

無神論者である日本人の契約という概念から説明しますと
本来の契約というものは、絶対神と人との契約である。だから無神論者は信用されない。だから 契約など絶対に結ばない。これが世界の常識なのであり 日本のように相手の立場を考えながらの心優しい話し合いなどの概念はない。
あるのは相手の立場を知りえて弱み強みを利用しての自分たちの取り分をいかに分捕るかのディスカッションでありネゴシエーションなのです。
これができない和の精神を尊ぶ日本人は、議論や交渉ができないばかりに原発事故で足元を見られて世界で一番たくさんの量の天然ガスを輸入するが なぜだか世界で一番高い価格で仕入れているのが日本なのです。そして電気代に反映されて電力利用者につけが回される。
これに対し誰も責任を取らない。

日本では、話し合いで決まったことが絶対であり その場に引き出される天地神明に誓わされるヨロズの神様は 話し合いの証人なのです。
薩長同盟での文章の裏に龍馬が書いた天地神明に誓ってと書かれた証文こそが ヨロズの神様をこの証人に引っ張り出してきた印です。
だから日本ではヨロズの神様が引き合いにいつも出されて大忙しです。

私の若かりしコロ、神様は、一人ではない 複数いると外人の宗教家に のたまわったら びっくりされて さらに神は一つですと悟るように促されて 軽蔑の眼で見られてしまいました。
そんな経験を踏まえて知りえたことは、
神は一つである絶対神を持つ宗教の下では、神様との契約が絶対なのです。 人と人の話し合いが絶対の教義を持つ日本人にとっては、人間らしく 人間として が話し合いでの支えなのです。

お互いの国の文化の違いを考えながら外国と交渉するに当たっては交渉学の研究が必要だと思い知らされる今日この頃です。



TPPの交渉内容は非公開であり 自国に都合の良い情報は表に出して都合の悪いことは隠し通す。このように自国の利害の相違を強調するだけの交渉を分配型交渉とされて研究されている。
このような分配型交渉においての戦略は、他国の要求を妨害して、自国の要求に合った解決策を強引に進めることが得策である。
アメリカという大国を交渉のテーブルに着席させるためのチキンゲームを仕掛ける北朝鮮のお家芸である弱者の戦略は、胆力がなければできない芸当だ。
弱者の交渉戦略として研究する価値は大いにある。

世界の非常識とされる日本の常識である和の精神を叩き込まれたあなたや私もなかなか受け入れられないが交渉は喧嘩であることを肝に銘じてTPPの交渉のテーブルに着いてほしいものです。

TPPの本来の姿は、多国籍企業を中心とした「ルールづくり」であり
国家の意向である国家の政策としての法律、権利、健康、エネルギー、金融、食糧などの管理を条約によって骨抜きにして国家を破壊して国際金融資本家たちの支配下に置く。

ヘンリー・キッシンジャー
が語る国際金融資本家の姿は、
食糧供給を支配するものは人々を制す。
エネルギーを支配するものは、全大陸を制す。
貨幣を制するものは、世界を制す。

そしてキリストの教義に君臨するものが望むものは、
「真の世界的政治権力が緊急に必要とされている。」
ローマ法王ベネディクト16世

すべては新世界秩序のために
スポンサーサイト

テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
TPPと道州制の危険性
従軍慰安婦問題、竹島・尖閣などの領土問題、日本海呼称問題、日本文化起源捏造問題などを英語や仏蘭西語などの多言語の動画という形で日本の主張を世界に発信し日本の名誉回復を目指すWJFプロジェクトをご支援ください。

日本国民の生活と日本国の伝統文化を破壊するTPPの危険性を解説する動画もございます。沖縄の分離独立を促進し、中国併合への道筋を整え、日本の国家解体につながる道州制に反対します。

WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/
【2013/07/31 12:24】 URL | WJFプロジェクトの支持者 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/619-0957ce93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。