FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFR(外交問題評議会)から読み取れるワン・ワールド・オーダーのシナリオ
気になることをつらつら書いてたら、またもやどうしても長文になってしまいました。

それは、
アメリカを牛耳るCFR(外交問題評議会)のスタッフの言動を見たり聞いたり
しているとワン・ワールド・オーダーのシナリオが読めてくる。

そこで、CFRで立案されて決定された世界統一政府のスローガンである造語、
グローバリズムを世界にどのようにして浸透させて実現させてるかを検証してみました。
アメリカ大統領オバマもスタッフの一員ですが彼の言動よりもCFRでの決定権を持つ
キッシンジャーの発言に重きを置いて分析してみました。
まずは、ソ連が解体されて世界制覇の実験は頓挫したことからCFRが
次のターゲットにしたのが中国である。
そこで、CFRがあらかじめ決めていた一党独裁の中国共産党のリーダーに
鄧小平を祭り上げてキッシンジャーが中国の発展を具現化していった。 
それは、キッシンジャーの言動から推察すると 
習近平が指導者になるであろうと祭りあげられた。 
去年11月8日に開催された中国共産党第18回全国代表大会への期待感や
グローバル化を成し遂げた歴代の指導者、江沢民 湖錦涛を高く評価しながら
更に習近平による中国の世界覇権主義を具現化させようとの狙いが見えてくる。
それは、アフリカ アジア 中近東などでの中国が直接介入した紛争を
観察すれば中国の世界覇権主義が見えてくる。

改革開放というスローガンの下に 国際金融投資家たちから融資してもらった
マネーで 庶民にも小さな成功を体験させてみて、
それが「万元戸」なる造語を生んだことで 広くマスメディアを使っての
庶民の成功物語は一般庶民から底上げされた成功がマスメディアを通して
大げさに報道させて、中国経済に活気を与えれば 一部の地域を市場主義経済へと
発展させていく、そんな中国の姿がキッシンジャーの高い評価となった言動から垣間見れる。


そして1990年代の中国人の一部は外貨持ち出し禁止の中国から数千万円単位で
日本円を持ち出してきたのにはいつもびっくりさせられたものだ。
スローガンはグローバル化で 情報操作をしながら中国人民を 
中国経済の成長率を 中国GDPを 人民日報を 人民解放軍を煽っての
中国をグローバル化の世界の一員へと導いた演出家としてのキッシンジャー
の凄腕を見せ付けられた。
そして新たなる中国の指導者 習近平には ワン・ワールド・オーダーの
ための中国の発展を添い遂げさせようと尽力を尽くして止まないようだ。 

それは、キッシンジャー曰く
「中国は新たな契機に恵まれ、より大きな発展を遂げるにちがいない。」
と自分が描いた中国になるように願ってることが理解できる。
さらにCFRのアイデアによって 米中関係がどのようなシナリオが
描かれてるのかキッシンジャーの発言から分析してみた。

まずはその発言から
「中米関係の真の課題は、世界最強の二つの経済大国として、
現有の大国と新たに成長してきた勢力との適切な関係処理が依然
必要とされている点である。歴史上、このような問題処理は難しく、
衝突も少なくない。

両国の指導者は、これを認識しており、戦略目標や枠組みの構築を通じて、
こういった衝突の回避に取り組んでいる。しかし、バランスの取れた協力と
正常な競争関係の構築といった目標達成には、政策や行動モデルの充実が必要だ。
中国の新たな指導者も、米国の新大統領も、この問題を解決しなくてはならない。」

中国式の国家の管理は、中国の経済の発展に寄与し 
そのモデルが世界の経済を崩壊から救うシナリオを作成してる。
だから中国の覇権主義はグローバル・ガバナンス(世界政府)
を構築するために一役買っている。
全てがワン・ワールド・オーダーのため。

ということで ジャパンハンドラーズがアメリカの手先として
日本の指導者になるべき若手を教育してるように 
中国にもチャイナハンドラーズがいると想定したほうが合理的だ。 
そこで、中国の新たな指導者 習近平を操っているのは誰かを探ってみると
上海閥・太子党の若手を指導者として教育していた といわれる 
ヘンリー・ポールソン という男の名前が浮かび上がってきた。

彼は、ゴールドマンサックスのCEOを経験して金融システムの崩壊を防いだ男]
として紹介されている。 其の時の彼の苦悩は、まさしく学ぶべきものがある。
それは、ドロドロとした人間関係からしか学べない胆力である。

この胆力を突き詰めたら日本人とアメリカ人の宗教観の比較宗教論で
一冊の本が完成すると考えた。
これも私にとっての課題ができた。

金融業界の崩壊を救った人間にしては、質素で堅実で誠実な男である。
こんな男をやる気にさせるには、カネのためではない、名誉のためでもない。 
権力のためでもない。 
ただのワンフレーズだけで説得が可能だ。 
その言葉とは「アメリカのために働いてくれ」これだけで十分だ。

さらには、アーミテージレポートから察すれば 
ソ連に代わり、国際金融資本家のマネーで中国を発展させた。 
その中国の覇権により米中の経済的バランスを軍事的バランスを均衡させて 
東アジアの要である日本を巻き込んでの 米中両国の争いごとを演出する。 
日本が謝れば謝り方が足りないと中国は、インネンをつけ 
又は突っぱねれば、正しい歴史認識を持てと永遠に絡んでくる。 
小銭を巻き上げる類の街のチンピラの喧嘩の売り方と同じ低次元な手法である。

そんな卑しい中国に翻弄される日本を演出するかのように してCFRは
日本の政治、経済、国民の意識などの力を弱体化させ 
日本人が自尊心を持たないように仕向けるための自虐史観を持たせなければならない。

よって日本のマスゴミを使って南京大虐殺を捏造して日本中に世界中に広めて演出する。 
さらには、十数年前に南京大虐殺というタイトルの付いた市民団体主催で
開催された映画を観たが 映像に流れる日本語の翻訳は、
間違いだらけだったので適当に描かれた映画だと思ったのを覚えている。 

自尊心を持たない人間は、自信が持てずに置かれた逆境には弱い。 
しかし自尊心をもってる人間は、討たれ強くて逆境を跳ね返す能力を持っている。 
それは、子供のころに、両親からアホ・バカと罵倒されて育った人間よりも 
賢いねとかすばらしいねとかほめられて育った人間では、人間力に差が出てくる。

ほめられて育った子供時代を体験した人間は、人間関係を良好に保つことができて、
置かれた環境に順応するのも早く 逆境から立ち直るのが早い。
 国家もしかりである。
今では、中国の傍若無人に立ち向かうこともできない日本である。
特に菅直人や野田どじょうのときは、こいつら日本人なのだろうかと
疑いたくなるほど恥も外聞も捨てて、中国にひれ伏した。

CFRのシナリオ通り動かない胆力を身につけてもらいたいものである。
たとえ、自殺などと不可解に片付けられる不慮の死を遂げるにしてもである。

日本国の尊厳を守るためには、大和魂の価値を見出し 
大和魂が生まれ育つ環境を教育を整備すれば、
すなわちサムライや大和なでしこの精神が宿る。

わが国の自虐史観を育てるために 仕組まれたのが バブル景気、バブル崩壊 
20年にもわたるデフレ経済から脱却させずに不景気を煽る。  
アメリカからの指令で行われた小泉元総理の靖国参拝からの反日デモの
演出になすすべもないマスメディア、 毒入り餃子 そして 
尖閣列島で火種を作り 日中が永久に友好関係を結ばない対立の配慮が演出された。

そんな中、 CFRのメンバーであるヒラリー・クリントンは、
アメリカ政府の中枢から降りてしまった。
それとも滑り落ちたのか

現在のヒラリーを探れば一目瞭然!
その言動から推察してみれば、現在の中国の役人たちは、人民のことを
虫けらのように扱い、道徳心のかけらもなく 横領や賄賂によって不正に
蓄財した巨額なマネーを不正に海外に送金して その子弟たちもいずれ崩壊するで
あろう中国からアメリカへの疎開ラッシュが始まっている。
それは中国9割の官僚家族と8割の富豪が既にアメリカへの移民申請を出している
ことから自国への自信のなさが 尊厳をなくしていることが容易に察することができる。

そんな日中に争い事をけしかけて漁夫の利を得ようとする国際金融資本家の
僕(しもべ)として使えるのがいやになったのであろうか
それともお金が全てである中国役人の実態に愛想が尽きて
「20年後には中国は世界で最も貧しい国になる」と発言して
アメリカ政府の中枢から離れたのか シナリオ通りに動かないヒラリーに
激怒した誰かがアメリカ政府の中枢からおろしたのか。 

私が体験した。裏切りや 約束を守らない 平気で人をだます。
憎しみや感情をむき出しにしての中国人たちとビジネスで接してみて
感じるのは 彼らは世の中のために人のお役に立つためにではなく、
バカにしてきた他人を見返すために成功を夢見て、金銭のために働き 
金銭しか信じない心貧しき民である。
ということである。 

もう憎しみを教える教育をやめない限りにおいては、人民の心はすさみ 
憎しみあって 争いごとが絶えず ヒラリー・クリントンが予言するように
20年後には(心)貧しき民となる。

そして  
国際金融資本家は、中国人には 憎しみで人民が分裂して、
お互いに争いが絶えないように仕組み。 
国が分裂するシナリオを描いているのです。 

 このシナリオを明らかにしたヒラリーは国家反逆罪で米軍によって
現在自宅軟禁状態にある。

理由は、
財務長官ジャック・ルーによるとヒラリーが不法に中国の秘密のCIA口座の
米国債基金の1.7兆ドルを流用したためと証言している。
共謀罪という悪法によって、芋づる式に誰々が逮捕されるかで国際金融資本家たちの
内輪もめの実態が浮かんでくるかもしれない。

正義が 犯罪を作り、作られたり、冤罪の仕掛けが 憎しみが憎しみを生み 
暴力は暴力で仕返しされ 裏切りは裏切りでお返しされる。
そうすればわれわれの目指す分断して統治せよで相互の争いごとから
確実な漁夫の利を得て「戦わずして勝つ」それは、
わが身は傷つかずに資本の独占を支配する力が生じる。
全てが ワン・ワールド・オーダーのため。

何事も全てが陰謀論で歪曲すれば人々の思考を停止させることができる。
国際金融資本家の息のかかった メジャーと呼ばれてるメディアでは
本丸に切り込んだ報道は絶対にされない。

スポンサーサイト

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/618-d383cb2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。