FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロの信用不安を分析すると国際金融資本家の戦略が見えてくる
3月19日のロイターの報道によると
キプロス議会(56議席)は19日国際支援を受ける条件である
銀行預金課税法案を否決した。
採決結果は、賛成ゼロ棄権19欠席1と圧倒的な反対多数で否決。
ギリシャ・ポルトガル・アイルランド・スペインなど過去3年にわたり
EUから国民に不人気な緊縮処置を繰り返し受け入れてきたが、
EUはキプロスが預金課税を受け入れない限り100億ユーロ
(128億9000万ドル)の支援を行わない。
否決された法案は、2万ユーロ(2万5920ドル)までを下回る預金は
課税対象外2万~10万ユーロ預金への課税率は6.75%。

ということでこの裏に見え隠れするのが
キプロスが2004年にユーロ圏に加盟する前は1990年代はオフショア地域
となってたのでタックスヘイブン(租税回避地)であったことから試算すると
ロシアンマネー260億ドルがキプロス金融機関に預けられている。 
そのロシアンマネーの貯蓄額は、EUからの支援金額の2倍にあたる金額から
察するところキプロス救済基金はロシアンマネーの救済に充てられる結果と
なるであろう。

それによって ユーロ対ロシアンマネーの対立を創り出して 
ECB(欧州中央銀行)がロシアンマネーをあぶりだして正確な金額を試算して 
キプロスのアナスタシア大統領を使ってロシアの富豪 対 
富豪を排除して権力を集中させたいプーチン大統領との
対立を煽り ロシアと戦わずして ロシアを分断して統治する
国際金融資本家の戦略が見えてくる。

さてこの根拠でありますが
ここで重要なのはマスメディアの偏向した報道である。
キプロス国民の取り付け騒ぎを見て、まるでキプロスへの金融支援策の見直しを
ユーロ圏17ヶ国の財務省が決定したようなニュアンスで報道されているが
 漠然とした報道の裏に回れば各国政府には金融支援の決定権などないのです。
決定権があるのはECB(欧州中央銀行)にあるのです。 
何故だか日本のマスメディアは、各国首脳は、見直したとか、合意したとか 
EUからの支援とか まるで各国政府が金融支援を決定してるかのような
誤解を受けかねない報道をしています。
21日ロイターによるとキプロス中央銀行のデメトリアデス総裁は、
欧州中央銀行(ECB)がキプロス向け緊急流動性支援(ELA)を
現在の水準で維持するとしている今月25日までに、
キプロスが金融支援を受けられるようになるとの見通しを示した。
ということでロイターはECBに決定権があることを正確に報道してますよね。

その前になぜユーロ圏を設けて通貨を統一したのかですよね
そのメリットは、ギリシャやポルトガルなど弱小国をも含めて加入国の地位が
高まることによりGDPなど日本を上回らせ、ドルと並ぶ基軸通貨となって
世界から認知されて それにより世界から投資資金が集まるように
世界の金融機関を使って演出していったのです。
ユーロ圏ができたときの状況をあなたも覚えていますか。 
銀行員がしきりにユーロ建ての貯蓄を勧誘していたことを ですね。
つい最近までの円 ユーロ ドルの為替変動を見ればお分かりのように 
日本の資産が海外へとかすめ取られてる様子が伺えますよね。 
ハゲタカファンドを通して国際金融資本家へ流れたのでしょうね。
まぁ~~~この世の中ゼロサムゲームとあきらめている人は 
茹で蛙状態なのでしょうけどね。

ECB(欧州中央銀行)は、ユーロ加盟国から法律によって完全に独立している
のでECBの総裁を選んだり ECBの運営に口を挟むことはできない。 
よってユーロ加盟国はECBの決定には発言権などなく政治は無力であるということです。
ECBは政治から独立しているのです。

ということは、ユーロ圏の経済を予測するならばECBの言動を観察してれば
予測可能ということです。
ECBが何処の国を救うかけを決定して、金融政策を打ち出すのであるからして
金融に関しては 政治は口を出すことができないことがわかれば 
ECBの手のひらで転がされないためには、金融の動きを見抜くには
ECBを観察して分析すればおのずとわかるはずです。 
だがマスコミの報道を鵜呑みにすれば、焦点がぼやけて 
ユーロ圏は一寸闇ということで思考は停止してしまうでしょうね

中国経済を例に挙げて分析すれば どの国を成長させようか さらには、
わが国の製造業を例に引き出してみれば お分かりのように 
どの業種を衰退させようか とお金をコントロールできる国際金融資本家が
彼らの勝手な都合で融資先を決めて 国々を 国民を支配している
いびつな構造から想定できますように
世界の政治・経済・マスコミ・芸能の全てをコントロールしている
1%がいるのです。
 
お金の強み弱みを知り、 お金の長所や短所を把握した国際金融資本家に
よって政府を国民を支配してる構造が見えてくるのです。
そしてISD条項によって環太平洋は、国際金融資本家によって支配される
体制が出来上がりつつあります。

 TPPの 新参者は黙れと一括されるたうえに 事前に何も知らされずに
合コンと軽い気持ちで交渉に参加してみたが 合コン参加者と仲良くなれずに 
主催者側からの事前の約束は他の合コン参加者から遅れてきて黙れと一括され
て認められず 奴隷ゲームに巻き込まれてしまい 話が違うので 
やめたと断っても自己主張ができないおぼこ娘日本は 黙って従うだけしかなく 
持ち金を吐き出させられた上に後はなすがまま。

御用政治家や御用コメンテータを使っての説得工作にも負けて 
TPP反対の主張は封じ込められた日本は、アメリカ市民も反対する 
グローバリズムという聞こえの良い造語に踊らされた上に、
多国籍企業の都合の良い基準を押し付けられて、ますますアメリカと同じく
国際金融資本家の属国になるでしょう。

EUからの教訓は、独自の通貨で国を運営しているイギリス デンマーク スウェーデン 
チェコを観察して理解できますように 政治と経済にさほどの混乱は伺えません。
ギリシャ・キプロスもユーロ圏から脱退して自国通貨を発行できる状態になれば
自力で解決できるはずです。
しかしECBの借金漬けとなっている以上は、借金返すまでは、黙って従えと
ギリシャもキプロスもECBからがんじがらめにされていると思ったほうが正解でしょうね。

日本国も TPP推進派たちが何を言おうとも通貨発行権だけは絶対に渡してはならない。 
これが日本の国家主権を守るデッドラインである。

歴史をさかのぼれば、地球は戦争の歴史である。
ごく1%の支配層の都合によって戦争が仕組まれ 英雄がメディアによって輩出され、
大義名分の下で人々は殺し合いを強いられて 恐怖や憎しみが演出されて 
人々は階級社会を設けられて 人々を分断して支配してきた。 
英雄と祭り上げられてる歴史上の人物は 大多数が自分の権力を維持するため 
百万単位で人々を殺しても粛清という名で正当化されてきた。 

歴史の視点を変えてみれば 人殺しが美化された構造の歴史が存在する
ことに気づかされた。
チャップリンの「一人殺せば殺人者で、百万人殺せば英雄となる」
スターリンや毛沢東が仕掛けた粛清の嵐の中で、または戦争の中での
長崎広島の原爆投下や東京大空襲に代表される数々の民間人に対する
無差別大量殺人も勝者となれば 人民の味方 国土を守った男 
民主主義を守った将軍としてあがめられて
個人から権力を勝ち取った公人となり 祭り上げられる。 
よって 国家を代表する公人と個人を同列に扱えなくなる。 

勝てば官軍負ければ賊軍 のフレーズが意味するようにそれは殺人が
合法化されることであり、勝者の一方的な裁判劇である東京裁判が敗者を
犯罪者として裁いてることが如実に物語っている。

戦争をけしかけるものたちによって人々の心はすさみ、財産の奪い合いが
社会を悪化させて、弱肉強食の競争のゼロサムゲームとなっていった。 


われわれは、冨の力や権力を行使して、われわれの行動計画に手足となって
素直に従う人物を見出し教育し洗脳して、その中から 
それぞれの国の政府をわれわれの都合で影で操ってくれる
狡賢い人物を選ばなければならない。
われわれが創造した借金経済システムの力を行使すれば、不況や景気、
バブルや大恐慌を操作するのはいとも簡単だ。

それによって失業や貧困や飢えがつくりだされ、善良なものたちから
財産を奪い取り人々の心をコントロールする。
ローンという柵を設けて人類をゴイムとして飼育する。
そうすればわれわれの目指す確実な資本の支配力が生じる。

全てが ワン・ワールド・オーダーのため。
と学校では教えてくれない歴史があなたに私に語りかけるのです。
スポンサーサイト

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/617-8eca77f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。