スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本から見た中国をSWOTを使って分析してみました。
日本から見た中国をSWOT分析してみた。

日本の強み 
他国がまねできない技術を持っている。
中国の経済成長に力を貸している。
一部の日本のマスコミの報道には変更があることに日本国民
は気づいている。 
行き当たりばったりではない確固たる戦略をも持った強いリーダーシップ
を持った総理大臣が出てきた。 
仲間を大切にする団結力がある。 
人間として 人間らしくという規範で日本人は考え、行動する。 
軍事力では有利だ。
日本の金融機関が主に投資をしているのは中国だ。
多くの日本人も危機感をつようになった。 
日本のトップが中国のトップにホットラインを設けるように提案している。

日本の弱み   
自己主張が弱い 
第二次世界大戦では敗戦国であるから国連では発言力が弱い。 
一部の日本のマスコミは中国びいきの報道をする。 
中国から日本の首脳の靖国神社参拝を非難されると日本は腰砕けになる。
宣伝戦には弱い。
アメリカ頼みである。
独立性のある憲法が持てない。
既得権益を守るための官僚主導型の政治がつかさどられている。 
情報機関が持てない。 
交渉する力が弱い。 
民主党政権の時に顕著に表れたように喧嘩を恐れるあまりすぐに譲歩してしまう。 
喧嘩も交渉の一部だとの概念にかけている。

機会 
中国の役人の不正で各地で農民工の暴動が多数発生している。
   中国政府は平気でうそをつく。 
レーダー照射がある前は、事あるごとに日本に責任を押し付けていたが 
対話路線へと変化している。
中国人は中国のマスコミ報道を信用してはいない。 
北朝鮮が中国の意向を無視するようになった。
 
脅威 
反日教育が徹底していることから憎しみ、恨み、妬みを教育の柱
としているので道徳教育がなされていない。 
中国経済は不動産を主にしてすでにバブルははじけている。
経済が成長してるにしては株価は下がり続けている。
GDP世界第二位はごまかしである。
尖閣への中国人の上陸や接続水域への侵入や領空侵犯が頻繁に行われている。
反日を常に上げていないと中国人民や人民解放軍の統制がとれない。
中国共産党は人民解放軍を掌握できない。 
空母などを持ち海軍に力を入れている。 
平気で武器でも模倣品を作って自国の制作であるかのようにふるまう。 
中国は内乱だけではなく周辺諸国にも軍事的に目を光らせておかなければならない。
レーダー照準でも見られるように周囲が嘘とわかっていても平気でうそをつく。
情報には 人・物・金に糸目をつけない。 
中国人が信用するのは金である。
中国国内の最悪な大気汚染にも関わらず人民の健康を無視して経済成長を第一にしている

どうすれば強みを生かして機会をものにできるか
日本の金融機関からの膨大な投資を中国から引き揚げて中国を資本不足に
陥れて中国 国内経済を不安定にして中国の
軍事力を弱めさせて日本への侵略を断念させる。

どうすれば弱みを克服して機会をものにできるか。
情報収集に力を注ぎ大いに口げんかに強くなり対話路線へ持ち込み
日本の主張がいかに正しいか中国政府がいかにうそつきかを国際社会に
アピールするためには錦の御旗を掲げること。
だから真珠湾攻撃の時のように日本側からアクションをかけてはならない。

どうすれば強みを生かして脅威を回避できるか
日本の軍事力を生かして尖閣への接続水域への侵入を防ぎ領空侵犯を
継続的にさせず 他国の民間人の尖閣へ上陸をさせない 
そのことによって尖閣への天候 海流 地形の情報が取れずに 
状況が把握できずに侵略を難しくする。そのことによって尖閣を取りに
行くことを断念させる。

どうすれば弱みと脅威の因果関係を断ち切れるか

大気汚染などの気象情報が中国からもらえなくなったとき
 さらには人民解放軍の無線のやり取りが頻繁に行われ 
そのやり取りが暗号に変化したとき中国人民解放軍が戦闘の開始を
決断したと判断すること。

アメリカは日本と中国の間の領土問題には口をはさまないが施政権は
日本にあることを表明したことから 中国は軍事で攻めてはこないであろう。 
さらには、中国経済の発展は沿海部に集中していることから 
中国は見かけによらず有事に弱いことを如実に表している。
だからアメリカや日本とは小競り合いとはなっても全面戦争に発展しない。
恨み、妬み、怒りを盛り込んだ中国の教育は、お互いがお互いを妬みあい
経済発展の足かせとなり 他国と友好的な交流が苦手なので
 北朝鮮に代表されるように 友好国をもコントロールできなくなり
他国は中国から去っていく。

スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

北朝鮮が中国の意向を無視するようになった原因はなんですか?

お時間があるとき返信していただけるとうれしいです。
【2013/02/28 23:52】 URL | よーこ #- [ 編集]


世界を裏で動かしている国際金融家達は東アジアの不安定によって為替や株価のインサイダー取引ができるので 投資などの金儲けの対象として北朝鮮と中国は仲たがいしてもらわなければならない。 よって北には核開発の為の技術支援や融資が行われている。
北朝鮮行きの飛行機便にはイスラエル人がよく乗ってるそうです。 この情報から分析してみました。
さらには北が大陸弾道弾ミサイルを保有すれば、アメリカも攻撃の対象となるのでアメリカとしては簡単に手が出せない。 東アジアのイニシアチブを握っているのは北朝鮮カモですね。 シリアのアサド リビアのカダフィ イラクのフセイン エジプトのムバラクの断末魔を見て学んだのでしょうね。
そして 近い将来 NATO軍はイランも攻撃できなくなるのでは。
すべては 金儲けの為のシナリオ通り。 彼らの戦略は、分断して統治せよ
日本と中国の関係悪化も連動させての彼らが仕組んだシナリオ通り。
【2013/03/01 13:00】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


国際金融家の方達の策略なのですね!!


NATO軍はイランも攻撃できなくなるのではって書かれてありましたが
このニュースから推測されたのでしょうか??



イラン核協議 妥協案示されていた

欧米など関係6か国がイラン側に対し
イラン中部にある地下の核施設について、
即時閉鎖という要求を稼働能力の削減という表現に和らげた

濃縮ウランをすべて国外に持ち出すという要求を取り下げ、
研究目的で一部をイラン国内に保有することを認める妥協案を示した

お返事はお時間があるときでいいです!!
【2013/03/02 01:01】 URL | よーこ #- [ 編集]


1月21日のIAEA(国際原子力機関)の発表によると多数の新型遠心分離機が
イランに設置されてるとの確認の報告を知ってイランの核開発は
すぐそこまで来ていると判断したことと 
イランの防波堤であるアサド政権の頑張りにより核開発の時間
稼ぎができており
 ロシアにとってはイランは地政学上重要な拠点であることから
NATOは攻めあぐねており 
イスラエルは空からの攻撃はシリアが陥落しない限り不可能であることから 
イランへの攻撃が難しくなった。

そんなイランに欧米は核協議妥協案を交渉のテーブルに乗せようとしてますが 
まず欧米のしたたかな交渉のやり方から察すれば 
イランを骨抜きにする妥協案だと思われます。
 日本もTPP交渉に参加したら必ずISD条項を飲まされて
アメリカから骨抜きにされます。
【2013/03/02 23:20】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


イランを骨抜きにするための妥協案とでも考えられるとは思いもしませんでした・・・!

返信ありがとうございました!!!
【2013/03/03 12:14】 URL | よーこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/611-62907fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。