FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理戦を仕掛けるやつと仕掛けられるやつの違い
消費税増税法案を通すためには三党合意に至る経過において修羅場をかいくぐってきた
自民党から脅されすかされた結果 財務省のお抱えおぼこ娘は恐怖で体は硬直してブレにぶれた。 

厳しい交渉の最中に交渉の中心人物で野田どじょうお嬢様がぐらついて敵に弱みをさらけ出せば 
いわゆる自民党の言い分を受け入れて降伏すれば味方陣営である民主党はパニックに陥る。 
さらに敵である自民党はこのパニックを利用して たたみかけてくる ますます攻撃が激しくなり 
味方である民主党陣営からは離脱者が出るのは分かっていたことである。 

もし私がこの気持ち悪い顔を持った男ならば 政治学者デ・クレージのアノミーの理論を
実践して混乱を収めて見せる。野田どじょうは政治力学を勉強したのだろうが 
実行が伴わずに勉強だけで終わったくそ度胸を持たないくされ男であったことを証明してしまった。
それは不安感だけが先行して「先送り症候群」になってしまった野田どじょうを観察してれば
よ~~~く理解できるはずです。 

わかりにくいなら たとえ話をすると とびっきりの自分にとっては高根の花の女性がいるとする。  
しかし戦略さえしっかりしてれば自分もこのふるいつきたくなるほどの美女を自分に振り向かせる
ことができると確信を持つためには 当たって砕けない ためにも必死になって口説き方を
あらゆる角度から勉強して研究するはずである。 
そして行動力ある人間ならば 彼女を振り向かせるため実行するはずであるが。 
この口だけの演説だけが得意のどじょうにとっては、大失敗して恥かくことだけが頭から離れずに 
心配や不安だけが先行して 先送りしてしまい 研究したことを実行することができずに 
マスターベーションだけで終わってしまった。 
こういうことです。
こんな男の内面は自分の不甲斐なさを自分で自分を責め続けながら 毎日を悶々としています。

そこで、国税局や特捜部によって裸一貫にされた小沢氏は49名
(衆議院37・参院議員12名)を引き連れて離党した。
意図的にマスコミによって植え付けられた悪党イメージの小沢氏の戦略を分析してみた。
小沢氏が望むのは過半数割れをするほど大勢の議員を一緒に引き連れて離党したくはない。
なぜなら選挙に必要な資金が不足しているからだ。 
だから 年内解散総選挙を避けなければならないからだ。
だから今年中には野田どじょうの問責決議を積極的にしない。
なぜならば、政党助成金をもらうためには今年中に新党を創れば 来年一月以降に政党助成金をもらえる。 だから小沢新党にとっては今年中の解散総選挙は避けたい。 
ただし民主党が小沢氏が離党する前に 空中分解してしまえば 民主党が現在所有している
助成金が分配される。 
だから小沢 輿石会談は 終始民主党のガラガラポンについて語られて 分党について語られて 
手切れ金をいくらくれるのかで会談は始まりそして物別れとなった。
今年中に解散総選挙となれば選挙資金が必要なので 今はお金のない小沢氏へ大きな負担
となるため約70名から80名の議員を連れて出ることが不可能となったのです。 
だから 49名だけしか離党させなかったが 来年、解散総選挙となれば小沢新党も
豊富な選挙資金が国から分配されるので その時に増税に反対した多くの民主党の代議士は 
民主党を離党して 更なる新党を作って間接的にでも小沢氏の元へ集まると分析した。
それが小沢氏の選挙を戦うための戦略と分析した。

今の議員の駆け引きは 選挙をどのように戦うかであり 財務省の犬と化した野田どじょうには 
もはや何の価値も魅力もない。 
それどころか財務省に洗脳されたとはいえ総理大臣の椅子を欲しさに国民を裏切った行為は許されない。

小沢グループが一大勢力となれば 自民党も風前のともしびとなり 維新の会などや 
小さな政党を結集する力となる。 
だから今年は小沢氏の腹積もりは内閣不信任案は出さない。 
むしろ自民党としては今年中に選挙があった方が自民党の風が吹くので 
裏では小沢氏を煽るはずである。 いや煽ってる。 
なぜなら コメンテーター達はしきりと 小沢は力が落ちた 昔の勢いがないビジョンがない 
だから人が離れていく などと小沢氏のイメージを劣化させるために意図的に虚偽の報道をして見せる。
とにかく増税法案が可決したので 用済みとなった野田どじょうから小沢氏を引き離して 
今年中に解散総選挙に持ち込ませたい財務省のマスコミ対策と意図がありありと見えてくる。 
少しは真実を報道せろよ。!

修羅場をくぐりぬけてきた小沢氏の自信のない顔と コメントは
来年の総選挙のための猿芝居であると私は分析した。
推測だが新党を作るたびに新党助成金が集まり まだ12億円ぐらいの蓄えはあると思われる。 
財務省の中にある 国税庁は自治省の登録からでも把握しているはずだ。  
何故49人(衆議員37名参議員12名)だけを引き連れての離党かと言うと 
一人頭2000万円が選挙になればかかるので 40人ぐらいだの計算で行くと
12億手元にあれば今年中に選挙があっても戦えると推測できる。
だが49人も引き連れて離党したことが小沢氏の誤算だと思う。

さらには
橋下維新の会には新政党を創るノウハウを持たない。
しかし小沢氏と組めばその心配は吹き飛ぶ さらには政策では中央集権打破であり 
道州制で一致する 消費税は 地方へとの政策も一致する。
石原東京都知事には新党を作る力はないが 自民党の中の反増税派を維新の会と結びつける力はある。
だから石原氏は邪魔である小沢氏を事あるごとに否定するのです。

政界は一寸先は闇ではありません。 先読みすればその通りに動いています。
スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/587-ab54cdcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。