FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先読みができない傀儡(かいらい)政権野田お嬢様どじょう。
今回の国民不在で財務省主導の消費税増税法案のための自民公明民主の出来レースを
テレビで見ていて感じることは。 
日本の闇を牛耳る大きな既得権益者たちからいいように利用されて脅されて洗脳されてる
野田どじょうが 思考停止に陥り 何が何でも財務省の思惑通りにことを運ばせるためには
国民との約束はホゴにしてでも 自民党に擦り寄ってでも民主党が乗っ取られようとも 
民主党が分裂しようとも 何が何でも 消費税増税を成し遂げなければならないと
思い込んでしまってる所に日本国の崩壊が分析されるのです。

社会保障政策に修正されるもの 不要となるもの不足するもの などの予算の見積もりも
出さずにいきなり5%追加増税しなければならないと宣伝するマスゴミには
景気の底上げ政策など無視する野田どじょうには 増税の前にやらなければならないことが
まだまだあると民主党議員たちもただあきれ果てているだけです。

頭の中がパニックになっている野田お嬢様どじょうを使って解散せずに 
解散をちらつかせながら民主党内部を脅迫しながら 一年生議員には離党すれば
選挙資金が当然見込めないことを教えながら すべてを曖昧にして増税法案を
通過させようとの財務省の企みが見えてくる。

これがゲームならば野田どじょうは大敗北である。 
なぜなら民主党が国民に約束したマニフェストはことごとく自民党によって棚上げされました。
と言えば聞こえはいいが事実上の約束違反であり 約束を反故にしてまでも守らなければならない 
消費税増税は有権者への冒涜となり 次回の選挙は民主党の大敗北が決定的となってしまった。 

民意を無視して 内部では造反者を作り不安定をもたらし 
足もとも固めずに自民党の脅しにビビりまくり自民党案を丸呑みして 
譲歩するところは譲歩したとの言い訳のオンパレード  協力を自民党に取り付けたからには 
自民党の裏切りが怖い そこで自民党案を丸呑みするからには 裏切り行為が必ず起こるので 
先手を打って ペナルティーを決めておくべきである。
だが交渉べたの野田どじょうには 財務省のシナリオ通りにしか動くことができない。

それは 6月15日までには 自民党への体面上
「自民党案まるのみ」を約束させられていた。

社会保障・税一体改革関連法案で民主、自民、公明3党が修正合意を6月15日までに
得なければならないと 財務省に脅されすかされた野田お嬢様どじょうは 
四面楚歌におかれて 「15日までに合意を得なければならない」と強迫観念に駆られた
ことの情報は財務省より上がってきたであろう自民党は野田どじょうの弱みに付け込み 
しかし交渉事においてはお嬢様育ちの野田どじょうには先手を打つ奇策もなく、
知恵もなく 自民党からは先手の打たれっぱなしで 交渉事や修羅場をかいくぐった経験もない 
だから民主党内部では輿石幹事長に主導権を完全に明け渡している。 

そして 財務省に言われるがままに 「自民民主公明で大連立」の提案をのみ 
増税法案通過するまでには 国会を7月中旬まで延長するかも 
 その後は 野田内閣は総辞職して解散して 選挙を行い
第一党が総理で第二党が副総理と言う約束ができあった。 

マスゴミは、この出来レースを隠したままで まるで最新のニュースであるかのように
国民に報道すれば シロアリが増殖して日本経済の本体が崩れていく姿が目に浮かんでしまうのです。 
自民党主導による総選挙が始まると修正合意の後 谷垣総裁は街頭演説を行い民主党を
解散に追い込ませる作戦に打って出た。 
また21日までの衆院採決という約束を野田どじょうが ホゴにしたら、
自民党の反撃は 責任ある行動を国民に示さずに曖昧のままにして、
民主党が関連法案の採決を先送りしたと国会の場で訴えて、内閣不信任決議案や
首相問責決議案を提出すると脅しており 策を持たない野田お嬢様はただおろおろするばかりで
シロアリ官僚の餌食になるしかない。

そこで駆け引きの前に野田どじょうのやることは、 民主党は分裂しないと
自民党に明確に分からせなければならない。   
それには小沢は切らないと断言するだけで 野田どじょうは党内でも自民公明の間でも
主導権を取り戻すことができるのです。
痛々しいほどのひきつった野田どじょうの顔と 時たま見せるボワァ~~~とした表情と
充血した眼をテレビ画面を通して見ていると
 シロアリ退治を叫んでた野田どじょうは大きく化けて 国民の生活や景気の動向など
無視してただひたすらシロアリ増殖のための手足となって働いている。

人生ゲームに勝ちたいがために財務省の勝ち馬に乗ったつもりで
言われるがままに突っ走ってみたが 政治にうごめく人間模様にほんろうされてしまい 
日本再生には増税だけではなくいろんな選択肢が存在することを知らなかった
世間知らずのお嬢様であることを自覚しなければならなかった。

この人生ゲームで野田どじょうの選択すべきだったのは 
財務省のバックアップによる総理大臣のいす取りゲームには参加すべきではなかったということです。 
財務省の私腹を肥やすために 加担して政治生命をかけるべきかと言えば 
誰が考えても否です。
それよりかは 自分の考えを表に出して マニフェストを守り 小沢氏のように 
あらぬ疑いをかけられたり ねつ造記事をでっち上げられても信念を貫くべきだったのです。 

政治の世界に巣食うシロアリ退治に初志貫徹通すべきだったのです。 
終わりなき消費税増税ゲームに参加すべきではなかったのです。 
行きつく先は自民公明財務省 そして仙石グループに裏切られて 
アホカンと同じ道を歩むことになるでしょう。  
英語のメディアの情報によると いまや世界の市場は信用不安が蔓延しており 
解決策は各国がお金を刷りまくっているQE競争(金融緩和競争)の時代である。 
その動きに関連して 日銀もデフレ政策をやめてインフレターゲットをさらに設定して 
100兆円を市場にまわして 瀕死の重傷患者である中小企業にまわして日本企業を潤わせて 
そこから税収を増やして インフレターゲットに達したときに 
その分だけを市場からお金を引き上げればインフレは抑えることができる。 

この矛盾を解決させたら新たなる矛盾が生まれる。
それはシロアリが退治されても新たなる利権が生まれて新種のシロアリが発生する。
まさにゲーム理論でいえば囚人のジレンマが発生する。
だから世界の既存のルールはガラガラポンとなり 局面を変えるためには
新しいルールを創りださなければならない。
政治生命をかける野田のだどじょうに だれのために体を張ってるのかい
死ぬこともできないなら人間らしく生きろと説得してみたい。
スポンサーサイト

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/584-53db8d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。