スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問責決議の政治ショーが始まる
増税閣議決定により連立の 国民新党が増税ならば連立離脱を表明してた亀井静香代表と
女性の亀井氏を除名してクーデターを決行しましたね
野田どじょうと密会して出来レースを演出しようとしてた谷垣総裁はマスコミにリークされた
ことによって知らぬ存ぜぬで記者会見は押し通した建前上は 
民主党が呼び掛ける党首会談は表向きは拒否しなければならなくなり 出来レースを演出して
いた財務省はシナリオの書き換えが行われたかもですね。

そのシナリオの結果がもたらすことを予測すると
いよいよ増税法案が国会で審議されて 財務省の下請け機関である野田どじょう政権と
自民党の谷垣総裁が 増税法案賛成に回り 政界が動き出しますよね
そうなると民主党の増税反対派が反乱を起こします。 
さらには自民党の一部やその他の野党も活発に動いて 国会は審議できなくなります。
増税反対派の議員たちがいっせいに離党して民主党や自民党は分裂します。

野田政権はボロボロになり 野田どじょうは恐怖と孤独に陥り相次ぐ造反者が出てくることにより 
周囲の人間たちに対しての猜疑心が生まれます。 
財務省が推薦した自民党谷垣総裁も 野田どじょうから離れて 袂を分かれて 
本当の一人ぼっちになるときがやってきます。 
それは 頼みの綱と思ってた谷垣総裁が財務省が描いてたシナリオから外れて問責決議を出してきます。 

そうすると野田どじょうに対して不信任案を提出してきます。
追い込まれた野田どじょうは総選挙で国民に増税は賛成か反対かを問わなければならなくなり 
解散総選挙となります。 その一瞬が常に緊張を強いられてた彼の本音がポロっと出ます。
「みんなのことを信じることができない。みんなの心が読めない。」それを伝え聞いた 
野田どじょうの側近たちは彼の元から離れていきます。

そしてこの成り行きを静かに眺めていた小沢氏、維新の会を束ねる橋下大阪市長 
石原新党を結成する亀井静香氏 平沼氏 自民党を離党する一部の議員が過半数を取るための
数合わせのため連立工作が始まります。
そこに中央政権から離脱して地方分権を狙った人たちによって立候補した無名の候補者たちが
衆議院に立候補して街角に立って 地方は地方に任せてください 中央政権から離脱するため 
地方の独立のため消費税は地方に移譲せよと訴えて無名の新人たちが続々と国会議員に当選します。

政治が素人集団と不安がることはありません。今の政治も幼稚で何一つ自分の責任で決めることができません。
そんな素人集団を束ねるには強いリーダーシップが必要です。
地方に消費税を渡せば、議員への陳情も減るし 
地方交付税や補助金の分捕り合戦もなくなり不公平感がなくなる。
消費税の分捕り合戦が地方と財務省で勃発して 財務省は財務省の有利になる数字の情報だけを
吟味して御用学者などを通じて 地方分権論者の財源確保がインチキであるとマスゴミを通じて
宣伝して回るであろう。
財源を確保したら全て使い切るのが有能という省庁の考えが邪魔をして節約という考えがない
中央集権国家の体制がこの親方日の丸的な概念が歳出削減は不可能とマスゴミを通じて
煽ったことにより国民からの総反撃を受けて財務省は総崩れとなる。
国民との約束のマニフェストを作成して選挙に勝った民主党は、管直人、野田どじょうによって
簡単に無視されて財務省の下請け機関となった増税しか考えることができない幼稚な政治家をしり目に 
素人の中から知恵者など有能な人材が生まれて日本を立て直す。
いろんな案が生まれて政策で立候補者は訴えてくるであろう。 
そして国民はマスゴミの大キャンペーンに左右されることなく 自分の頭で考えて
 どの方向に行くかを決めれば 自分が望む方向を訴える立候補者にゆだねる。 
その方向性の制度設計は官僚によって設計される。 これが政治主導というものである。

勝てば官軍 負ければ賊軍とは 勝ち負けのはっきりしたけんかには大義名分が必要であり 
方向性を示す錦の御旗を必要とする。
今は、野田どじょうや橋下大阪市長に世間は注目している 
それを意図的に周囲の反論を批判を無視するどじょうと 真っ向から立ち向かう橋下氏がいる。

お嬢様育ちのへっぴり腰の野田は恐怖が先立ってぶら下がり記者会見にも出てこない。 
かたや橋下氏は反対論者には受けて立つ姿勢が強くみられる。  
シカトは敵を増やし 反論に堂々と立ち向かう人間には味方が増える。
もうここで勝敗は決まったも同然です。
スポンサーサイト

テーマ:橋本徹 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/572-6eec6507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。