スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家こそ教育 教育こそ国家なり
CA1LGH7P 4
国家は人々の集合体であり、この集合体を生かすも殺すも教育である。

これからの国家のリーダーに求められるのは責任の集中と命令系統の一本化と人材の育成である。

今日は、去年の311東日本の大災害をすべてのテレビ局が放送してます。
 この国家の最大の危機を救うのも人です。 人が危機を管理して人が国家を救う。 
天災だけではない戦争騒乱 経済危機 外国からの侵略を防ぐのも人である。 
しかしいままでの日本の歴史上に現れたこともなかった無能で自分のことしか頭にはない
日本のリーダーを我々日本国民は選出してしまった。 
彼のパフォーマンスによっていいとこどりを気にするアホによって日本は内部から破壊されつくされた。
復興に関する議事録が残されてなかった。
この意味することは管直人の無能を隠す手立てとして外へ情報を遮断するしかなかったからです。 
これだけならまだしも福島原発のメルトダウンや放射能が何時何分にどこへ流れるかをわかってても
国民の生命財産を守らなければならない無能で自分のことしか考えることしかできない
バカタレドモによって知る権利がある国民に隠して逃げ方を間違った方向へ逃げた人たちは被爆してしまった。
そしていまだに言い訳番長として責任を取らない管直人とその閣僚たち。 
国民の生命財産と引き換えに自分たちの失敗を隠したのである。
管直人を評して元愛人のニュースキャスターが語ってたが このフレーズがドストライクの直球で的を得てた。  「こんな薄汚い男とは思わなかった。」
要するに 口先三寸で 言い逃れをして 責任を取らない薄汚い男に 何が出来る。

今回の史上最大の災害は管直人によって人災となってさらに被害は広がっていってしまった。
なぜか それは自分の失敗は閣僚になすりつけ 手柄を横取りしてた管直人である。 
政治・経済・外交・内政・防衛・防災などなどすべてにわたり素人総理大臣だけならまだしも
外見ばかり気にして国民を守らず自分だけを守ったアジテーター管直人は、
リーダーの役目もできずに国民を路頭に迷わせた。 
それに北朝鮮とつながった管直人を断罪しようとの東京地検の動きも見られない。
今は冤罪の後始末と小沢一郎氏の秘書が土地の取得の記載日が違ってたということだけで 
政治の玄人を闇に葬ろうとしているCIA の下請機関 東京地検もあまりに小物過ぎて 
出世の道具にもならないと判断してるのだろうか管直人に関しては取り調べもしない。
日本を破壊する人材が管直人であり その仕上げが財務省の下請け必殺請負人 野田どじょうだとすれば 
消費税増税は社会保障や地方に回らずにアメリカンのゴールドマンサックスなどファイナンシャル会社に
上納されてしまうと考えてしまう。

長崎大水害の時の私の体験は復興の早さであった。
だから経験上、早期の復興で土建業から始まって地域経済はよみがえる。
だから被災民はしばらくの我慢だと思ってたら この国のリーダーがアホだった。
復興という名の機関をたくさん作って自分の周りにおいて 議論だけさせて何も決まらない。
何も行動しないということになった。
ふつう、このときのリーダーが取る行動は 現地の被害状況の情報を取るためにスタッフを送り込み
その情報の取得選択をして がれきの撤去を優先させて交通網の整備をはかり食料や水そして毛布だ
といち早く気づくはずだ。 
だが我が国のリーダーが取った行動はいち早くヘリに搭乗して福島原発の視察と称して
テレビに映ることであった。
そして問題を共有するのではなく問題を人になすりつけてこのリーダーは問題から逃げていると
周囲のスタッフはこのアホのことを認識したのである。
だから誰彼かまわずにどなり散らして 命令指示系統を無視して末端の現地のスタッフに
細かい指示をするアホがそこにいた。
こんなことをすれば現場はだれの命令を聞けばいいのか混乱するだけである。
問題解決は命令系統を一本化してたとえ独裁者と言われようとリーダーの命令が聞けないものは
即解任して 情報を共有化して組織を瞬時に動かして成果を上げさせることである。


http://nanbankan.blog72.fc2.com/blog-entry-489.html
311前の当方のブログ
でTPPの参入を断ったら日本の主要都市に津波が来ると載せたが、
実際に史上最大の災害を見て 恐ろしくなってしまった。 
やっぱり 私にもたらされた あの情報は精度の高い情報だったのかと恐ろしくなってしまった。 
そこでいつとは言えないが 地震兵器の開発から実験・存在などわかる範囲で書くことができたら
このブログに載せてみます。

この国難を乗り切るには何かを目標にして絆という団結を持たなければならないが
日の丸国旗を否定されては日本国の存在感はなくなり 外に向かっては何もアピールできなくなる。
ましてや運動会などに見られるようにみんな並んでゴールインでなかよしこよしを 
子供たちに演じさせれば 吐出した才能を持った子供は阻害され 平均的な子供たちの中に埋没してしまい 
これからの日本の発展に寄与することができなくなり人材不足が生まれる。 

さらに子どもたちは、ドングリの背比べこそが真実であり、何が正しく何が間違ってるかの判断は 
その場の空気に支配されて 何も判断できなくなり 決断できなくなってしまう。
そんな欠陥大人を作りだす。
そして横並び一線の報道に何も疑問を持たずロボット化された国民に支配された日本は 
徐々に外国に文化も金融も経済も侵略されてしまう。
この画一化されたゆとり教育によって競争を知らない去勢された子供たちを目ざめさせるには 
やはり教育しかない。 
そのためには今の教育を我々国民にメディアを使って知らせなければならない。

 そしてどれがいいのか悪いのかを考えなければならない。
今までは表に出てこなかった事柄が橋下大阪市長によって明らかにされている。
変化を好まない人、教育委員会やその御用学者や御用コメンテーター、
さらには橋下氏から口撃される人たちをクローズアップして報道すれば、
日本国中に日本の弱点がさらけ出されて国中が議論し出す。 
自分の意見を外に向かって伝えることが これが一番大切です。
そのためには自分の考えを伝える技術をこれからの日本を支える子供たちに教え伝えなければならない。
その方法をあなたに伝える前に 世界は変化していることを大まかに把握しておかなければならない。

一部の国際金融資本家たちはキッシンジャーを代理人として 
小平中国発音でドンシャオピンを通じて中国社会に入り込み膨大な資本を中国経済に投下して
世界を支配できるほどの経済力と軍事力を持たせた。
そしてアメリカと中国との二つの大国の間を生き残りをかけて中東の火薬庫イスラエルと
ウランやレアメタルの宝庫北朝鮮が暗躍している。
この国際金融資本家たちの息のかかったロシアの石油王を駆逐したプーチンが妨害工作にもめげずに返り咲いた。 
そしてオバマ大統領のコントロールにも失敗したようだ。
そこで一般庶民を家畜として扱う闇の勢力の計画は、大きく変更しなければならなくなった。

共産国中国を肥大化させて世界最終戦争を起こして 人口を激減させることしか狙っていない
闇の勢力が実在することをキッシンジャーの行動から読みとらなければならない。
そして日本国の生き残りをかけて対策を練らなければならなくなった。
それは共産中国から中国人民をその地域・地域での人民のための人民の政治がおこなわれることを
目指すことに目を向けさせることである。
そのためには富の格差を知らせることである。
実際にビジネスで接してきた中国人たちは北京政府の通達など没関(メイグアンシー)関係ないである。

マヤ歴2012年を考えてみれて、地球の歴史をさかのぼれば環境が激変する世界の中で
革新的とか変革とかの波が生まれて新しいものが創造される。 
いわゆる予期せぬ出来事が起こる。
そしてその創造されたものを生かすも殺すも人であり 私利私欲に走れば頓挫するが
社会に貢献すれば成功することを教育によって教えなければ人は育たない。

橋下徹氏は大阪府知事や大阪市長に当選して この予期せぬ成功を見逃さないためには、
社会に貢献しなければならない。 そのためには日本のタブーをスルーするわけにはいかない。 
この日本のタブーをあぶり出して徹底的にぶち壊していかなければならないと考えて
タブーを敵に回して汚い言葉で表現して大阪市民はもとより日本国民に知らせている。

 彼の強みは「くそ・・・」と汚い言葉を使ってのアピールの仕方と 
俺のやり方が気に食わなかった次の選挙で落とせばいいだけだと開き直ってるところである。

今回も長い文章になってしまい前回の約束である英語で自分の意思を伝える方法をかけなかったので 
次回に世界の予期せぬ出来事に対処するためには 英語で自分の主張を伝える方法と何故 
外国人は日本人をミステリアスと表現して 苛立(いらだ)ちを表に出すのかを
具体例を示しながら説明したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:橋本徹 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/567-ee82fb85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。