スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治化された教育現場での戦いの難しさ。
雛祭り

財務省の下請け機関となり下がった野田 谷垣総裁の 党首討論を聞いてても 
消費税ありきで 必ず消費増税をしないと日本は破たんすると日本国民を洗脳したことは大成功でしたね。
と皮肉の一つや二つも言いたくなりますよね。 
現行の年金制度では限界があることを野田どじょうも言ってます。
頭は硬直化していて 何もアイデは生まれていません。
年金の積み立て方式など考えてみることも必要ではと思います。
ですが、議論だけで何の知恵も生まれない、何も決められない、何も変わらない。

こんな日本の政治の劣化と 縦割り行政制度に胡坐(あぐら)かいて 責任をうやむやにして
ただひたすら省益にこだわり 日本のため国民のための制度が破壊された官僚制度の
劣化を地方からしか変へられない。 
と悟った橋下市長は みんなに知らせるため 見てもらうため 考えてもらうため 
インパクトのある船中八策に名を借りて日本にある問題を公にしましたね。
 今のメディアは橋下氏のことで賛否両論カンカンがくがくです。
そして橋下氏の想定通りの既得権益にしがみつくためには制度改革に反対する人 
変化を好まない人 などから大ブーイングが起こりましたね。
これで日本国中を巻き込んで 今まで政治に無関心だった人たちやあきらめてた人たちも 
政治や現行制度を考えるようになりました。

そこで御用学者 御用コメンテーターが 声をあげての反対 反対だけど 対案など持ってません。 
ただ橋下降ろしに加担してるだけです。 となってしまいました。
日本の教育制度を変えるためには教育委員会などの組織を一回ガラガラポンしてしまおうとの考えが芽生えています。

アメリカの経営の神様 アイアコッカの自叙伝 チームづくり(Building the Team)
の冒頭の文章を読んで企業の繁栄も国家の発展も教育であり人材の育成こそ国家の生きる道である。
根幹である。と思った。

そこで オギママこと尾木直樹氏によって 公立教育での「留年制度」の提案があり 
大阪の子供の学力低下を解消するために橋下市長も検討に入りました。
がこのオカマキャラを作りだして前面に出してインパクトを視聴者に与えて 視聴率のアップと
覚えてもらおうとの魂胆と同じで さっそくメディアが反応しましたね 
しかし最後まで責任を持ちたくない彼は 橋下氏が留年制度の検討に入ったとたん 裏切りましたね。

 人間的に最低ですね。教育評論家を名乗るのであれば人間としての最低のルールーだけは
守ってもらいたいものです。嘘をついてはいけません。橋下氏は打ち上げ花火ではありません。
しっかりと提案したことには責任を持って実行しています。 

それとも誰かに頼まれて 橋下氏を屋根の上にあげて梯子(ハシゴ)を外す予定だったのですか。

国や自治体のリーダーに求められるものには人材の育成がある。 
子供の教育のやり方を根幹から変えるのだから変化を求めない人たちには何故だめなのかの議論しかできない。 
競争によって子どもたちは自分の強みや弱みを知ることによって成果を上げるには何をするべきかを悟り 
教師は子供に具体案を教えることができる。
また道州制になれば中央集権が崩れて国家がバラバラになる恐れも考えられるが 
他の国と同じで 国旗を敬えば国民の心は一つになれる。 
オリンピックやサッカーが実証している。 

名古屋の市長も南京大虐殺はなかった。 それについて議論したい旨を伝えましたが 
中国側は名古屋に関わる、日中のイベントをことごとくキャンセルしてますね。
日本人が中国で中国語が理解できたら 過去の日本の歴史認識を振りかざして街中でからまれた人が
多数いるだろうけど ただすみませんでは中国人から軽蔑されるだけ 
喧嘩になってでも自分の国の正当性を主張すべきであり 主張することによって 
あなたを認めてくれて ビジネスもうまくいく。

外国からなめられずに認められるにはアイデンティテーを持たせる教育をしなければならない。 
小学校から英語の授業が始まるそうだが 英会話の技術ではなく 
自分の気持ちを外国語によって伝える技術を教えない限りにおいては 
今までのように英語は習ったが 自分の意思を伝えることができないで終わり。
何も変わらない。

次回は外国人に自分の意思を伝える技術をあなたと共に考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:橋本徹 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
いつも、楽しみにしてます。
こんばんわ!いつもいつも頭の中をクリアーにしてくれているブログで助かっています。

言葉の技術を教えるのではなく、その技術を使って「何」を伝えるかの方が殊更大切だと思ったのは、英会話を覚えて、海外を旅した時でした。
【2012/03/04 21:07】 URL | 風流 #- [ 編集]


いつもありがとうございます。
英語で自分の伝えたい方法はまたまた長文になったため次回に回します。
【2012/03/11 21:56】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/566-2c502bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。