スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のタブ-を破壊するタイプの政治家 橋下徹大阪市長
光

橋下氏は施政方針で、「特定の団体や市民への補助やサービス提供が続けられ、既得権となって固定化していましたが、選挙で市民はこれに『NO』を突きつけました。既得権を破壊することが私に与えられた使命だと思っております」と語った。
よって各既得権益を破壊するための“爆弾”を次々に仕込んでいる。
これをマスコミは興味本位で報道している。 
このごろずいぶんとマスメディアへの露出が増えたことでわかると思う。

 彼は、なぜ大阪都構想を政策として掲げたかといいますと、
大阪府のように人口約887万人の地域で行政を行う場合では、
財政単位の自治体を作らなければ既得権益破壊の成果は、上がらないと考えたからであろう。 
だから、アメリカをモデルにして各州があってその上に連邦政府がある合衆国制度、
いわゆる道州制度を作り上げて中央政府から分離独立して 地方分権という制度改正を
政治の力で一挙に進めて成果を挙げようとしている。
要するに行政の縦割り制度の弊害を破壊して日本のトップをアメリカのように
直接選挙で選ばれた大統領の権力が いわゆる国の決定権が各省庁に分散されていて 
いつまでも決定できない日本の行政の重大な欠点を破壊しない限りは 
いつまでもチンタラとした 検討します。努力します。善処します。で逃げ回りいつまでも決断できない。
実行できなくなり いつまでも官僚主導の政治が続き国益よりも省益が先行することになり続ける。 
そこを中国やアメリカ、ロシア 北朝鮮などに付け込まれている。

大阪都構想によれば 行政を財政単位にまとめれば即決即断できる長所がある反面、
各自治体の既得権益をめぐっての利害対立が生まれる欠点がでてくる。
 橋下市長が掲げた政策で 利害対立が生まれるこの欠点を克服するためには
組織を束ねなければならない。 
よって、今までの区長は市役所から派遣されたものであるから 
各自治体の区長を各地区の住民の選挙で選んでもらい各自治体の住民に参加してもらう 
地道な制度作りからはじめなければならない。

今まで当たり前として既得権益の恩恵を受けてきた組織体は 
当然として橋下構想は悪であり 受け入れられないのが当然だ。 
何をやるにしても 必ず 行政の官僚の 労組などの組織体が 団体が 経済界が 
多種多様な恩恵を受けてきた既得権益が破壊されれば 維持されてた組織が崩れるので 
何でもかんでも 反対となり 御用学者や御用コメンテーターが橋下降ろしを唱え出す。

マスコミの報道は大衆受けする突拍子もないと思われる 案件にしか反応しない。
たとえば小学生でも一定の学力に満たなければ留年させるべきと大阪市教育委員会に
検討指示を与えた。このことでまたもや日本全国の有権者の目が橋下市長に注目されている。

道州制を導入するための船中八策や 橋本改革を阻止しようとしいてる団体を破壊するためには、
職員メール調査 思想調査など 次々と 既得権益組織体を脅(おびや)かす政策を実行している。
マスコミにかかれば それはまるで 政策に掲げたような報道をして有権者の注目を集めてしまった。 
それが まるで 彼に権力がおのずと移行する施策を打ち出しているかのように写り 警戒されている。

橋下市長が組織を解体して 再構築して 組織を動かして成果を挙げても 
独裁としか有権者の目に映れば 成果は認められない 難しいところである。
だから がむしゃらにがんばったから 時間をかけたから報われるものではなく 
いわゆる いかに社会に貢献したかで成果として認められることなのでしょう。

何が成果なのか  日本の政治は官僚に支配されており 縦割り行政が邪魔をして 
お互いの縄張り意識だけが吐出して お互いの省庁が既得権益をめぐり争いだけが始まる。 
だから何も決まらない。 こんな中央集権国家なんて破壊したほうがよい。 

そう考えた橋下徹氏は 問題の解決のためには、メディアを通して たくさんの問題を定義して 
たくさんの問題がこの日本を停滞させていることを 国民に気づいてもらい 
一緒に考え行動できる同士を募り 政策集団を組織して 
今の日本の制度を根底から変えようと実行に移している言動であると 私は分析した。

次回は日本国旗掲揚と教育問題を橋下大阪市長が何故、我々日本国民に投げかけてるのか
あなたと一緒に考えてみようと思います。

スポンサーサイト

テーマ:橋本徹 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/565-546a4b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。