スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税の増税によって 権力基盤を再構築したい財務省トップ。
その気にさせる心理術には、ノーとは言わせないフット・イン・ザ・ドア・テクニックがある。 
かたくなに断っていても一度承諾すると 次からはノーと断れなくなる。
世間の厳しさを知らず 交渉事に向かない人間ほど 自分の正当性を認めてもらいたいために
無理に無理を重ねて 自分の行動の一貫性を守ろうとする習性がある。 
だから松下政経塾の世間しか知らないお嬢様育ちの野田どじょうには自分の正当性を
守ろうとする習性がある。

野田どじょうがネバー・ネバー・ネバー・ギブアップ とか大儀とを振りかざしながら
財務省の勝さんに向けてノーと断れずに自分の正当性を守るため国民を欺こうとしている
ことは一つ一つの事実を追えば表面に現れる。

公約である公務員人件費と議員定数削減を消費税増税のための前提にしてしまい、
既成事実を作り先送りしてしまうことに専念している。 
公約にもない消費税増税から公約である公務員人件費と議員定数削減は 
独立した問題であることを認めたら自分の正当性が崩れるから潜在脳は認めることもなく
マインドコントロールされていく。

マインドコントロールされた野田どじょうのしぐさや発言を聞いてみて行動を
見て感じたのは、彼を利用して日本国家の権力を財務省に集中させる構築のための捨石とみた。
マインドコントロールしやすい人間 操り人形さえも務まらなかった菅直人 
操り人形を常に心がけるためぶら下がり記者会見を拒否してる野田どじょう 
国会開催中では事前に「質問取り」をしなければ 一言も答弁できない財務省の
メッセンジャーボーイ安住財務大臣たちは自分が何を考え何のために行動してるのか
わからなくなっている。

財務省は、自民党橋本政権のときこのまま財政赤字が拡大すると 
日本の将来はナイと宣伝して増税をしたが財政赤字はさらに拡大し 
また財務省に洗脳された菅直人では何も出来ない でくの坊とわかれば 
さっさと野田を総理に据えた。
総理になりたい上っ面の野田と操り人形になる人材を探してた財務省とマッチングした。

弱体化しつつあった財務省の権力の手に入れ方は邪魔な小澤を特捜部のかませ犬にして
金権小澤というイメージを国民に植え付けて国家運営から排除して、
国家運営にまだ慣れていない政治家をトップに仕立て上げて財務省益に都合のいいように
操ることを思いついたのではと考えてみた。 

歳出・歳入だけの この事実だけでとらえれば 次の手は 将来子供のため孫のため
借金1000兆円を返済するためには財政再建をしなければならないとなる。 
だから増税しなければならないと 毎日毎日毎日国民に向かってマスゴミを使って 
総理大臣を使って 一部を除いたテレビ番組を使って 社会保障と税の一体改革という
増税ありきのキャッチフレーズを吹聴して宣伝して回れば 何も疑わない善良な国民は
その気になり 自然とマインドコントロールされ 仕方がないという 
あきらめのムード作りを行って霞ヶ関の無駄遣いの天下りに使われるお金を 
せっせと国民が消費税で払っていく仕組みが出来上がる。

官僚の無駄遣いを隠すため 天下り先確保のための利権を守るため 
法律というツールを使って合法的に国民の財産から搾り取るのが目的である。
日本は役人天国である。 
予算であるお金の使い道を決めることができれば役人の給料は下げない 
さらに 役人の人数は増やしていくことについて

マスコミは財務省の習性である省益のために働くことが善であるおかしな考えを
あらいざらいぶちまけることはできない。
それをすれば国税庁からの税務調査が入る。 
誰でもこれが怖いから何もいえない。 
当社の経理はガラス張りと思ってるあなたも いわれもないことでプレッシャーをかけられる。
その一つが税に対して専属告発権を持っているからです。
よってマスゴミは税務調査をちらつかせられれば言いなりになるしかない。 
よって各マスコミは申告漏れを指摘され財務省には逆らえない仕組みが出来上がっていってしまった。 
財務省から社外監査役に迎えたマスコミは財務省に恭順を意思表示したことになる。

政府短期証券を発行して為替介入を続ければ一時的には円安に振れるが 
また元の円高に戻れば為替差損が発生して国民負担となり国の借金が増えるだけである。
この事実を踏まえると財務省は本気で日本国の財政を再構築しようという意思はないと思った。

日本の成長率を先進国の標準並みの4.5%を目指した金融緩和(日銀がお金を刷ること)
をすれば 銀行を通して世の中にお金を回せば 企業は成長し 輸出産業は円安で活発になり 
株価は上がり、雇用が生まれ 日本は潤うのです。 
でも経済成長によって税収が増えれば消費税の増税は立ち消えとなり財務省の存在が
薄くなり権力基盤が揺らめくのです。

日本は財政危機でないことを財務省は絶対に知っている。

それは今では我々も知っていることであるが、日本は世界最大の貯蓄超過国であり
国債はほとんど国内で消化されている。
円高が続く中、経常収支も黒字国であり外貨準備高もそれ相当あることを知っている。
なぜなら日韓通貨スワップを野田どじょうに財務省は約束させているからである。
さらには海外に移転した工場や証券から利益や配当金が生まれれば日本に送金されて
所得収支となり近年は貿易収支の黒字幅を上回るようになったのです。

だから 財務省は、お金の流れをコントロールして デフレを意図的に続けて 
政治家をマスコミを金融機関をコントロールしているので 
政治家の脱官僚を阻止した財務省のトップに立つ勝っさんが今は、日本の権力者なのです。

消費税増税が実施された時点で脱官僚は失敗に終わり政治家は神輿として
財務省の権力基盤を強化するために担がれて日本はさらなる役人天国となる。
スポンサーサイト

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/558-fe02e6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。