スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、ちょっと気になる話しから  
 
日本時間12月15日早朝のNYからの情報ではイタリア国債の利回りが7%を越えたそうです。
ジョージ・ソロス氏の動きから読み取った安定化基金の設立のため6%を超えてはならない
ことをお伝えしましたが。 
ECB(欧州中央銀行)の猛烈なと表現するほどの買いで6%以下を維持しようとした努力もむなしく
7%越えは まだまだEUから雑巾の水を絞り取るように お金を搾(しぼ)り取れる 
との声が聞こえてきそうで 何かEU各国の思惑を利用して仲たがいさせて格付け会社を使って
各国が疑心暗鬼に陥ってるのを楽しんでるようで 誰かのおもちゃにされてる気がします。

金価格が9月以来の1600ドル割れの 12月14日のNY市場終値1586.9ドル/toz(トロイオンス)
やっぱりソロス氏が金を手放したのは 金の暴落がいづれおこるからでしょうか。 
相場のことは相場に聞いても当てになりません。 
誰が相場を動かしてるかで決まるでしょうね。

さらにもう一つ 30坪の畑に 趣味で家庭菜園をされてる方 とお話をして気づいたのですが 
TPPで取り上げられるようになった モンサント社の種はその穀物が育ってみないとわからないとのこと。
いわゆる去年仕入れた種で豊作だったとしても今年仕入れた種が良いかといったら
まったくわからないとのことでした。
日本の品種にもありえることですが みんなとの情報の共有が出来る日本のものでは
種を植える前から作物の生育がわかるそうです。 
要するにモンサントの種は植えてみないとわからないということであって 
もしモンサントの種を買わなければならなくなったとしたら農業を生業としてやってる人には
深刻な問題です。 食糧安保にとってもです。

だからでしょうかインドではモンサントによって引き起こされている 
農民の自殺が報道されてますが モンサントの評判は最悪のようです。

予測の就かない信用できない種を買って農業を食料の確保を考える なんて 
何かそれしかないとなれば われわれの生殺与奪をコントロールされそうで 

まるで野田総理が野田政権の顔ぶれを見るとわかるように 安住財務大臣の発言でわかるように 
財務省にコントロールされてる様子が一目瞭然ですよね。
財務省から生殺与奪を握られた野田総理は 何が何でも消費税増税路線を突っ走らなければ
政権崩壊へとつながるのでしょう。 
いいかげん目を覚まして財務省に洗脳されてることに気づいてもらいたい。
スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/551-b043aceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。