スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国益を背負ってTPPポーカーゲームに参加するなら基本的ルールーぐらいは知っておけ!
TPPのルールも知らずに 我が国のグランドデザインも持たずに 
日本の伝統を守る だの土のにおいのする農村を守るだの
スローガンがむなしく響き 国益よりも総理にしてもらったアメリカへの恩返しのため
ホノルルへ旅立った野田どじょうお嬢様総理大臣。 

使命感を持った緊張感よりもアメリカにおびえての交渉だ
それに反して テレビ画面に映る玄葉外務大臣 枝野経産相には 
緊張感や決意などが感じられずまるでホテルの支配人から歓待された
修学旅行を楽しんでる世間知らずの学生の雰囲気だ。

TPP貿易協定におけるISD条項は国内法よりもISD条項が優先されることも知らずに
TPPの事前協議のテーブルに就こうとしてる野田どじょうマリオネット総理とは
各国の国益とマッチングする場合 戦略としてアメリカを孤立させるためのタッグを組んで 
国益を守る交渉をするものですが アメリカに日本の情報は筒抜けなので 
足を引っ張られるのは火を見るより明らかなので アメリカのスパイの日本とは
タッグを組んでアメリカを説き伏せようなんて考えてる国は皆無です。

ISD条項とは日本でアメリカの企業が思ったほど売上が上がらなかったとしたら 
アメリカ政府は条約に違反してなくてもその企業に代わり日本の政策や 
法律によって損害をこうむったとして事実上のアメリカの支配下にある
国際投資紛争センターに訴えることが出来るのです。
NAFTAに加入してるカナダ・メキシコは この条項でアメリカに敗訴して
膨大な損害金を支払っている。 

もうすでに戦略もなく情報は筒抜けでは 孤立感だけが漂い
日本人のアメリカスパイによって 日本は骨抜きにされています。
それよりか アメリカ以外の国は 日本に知られたら アメリカへ筒抜けなので 
野田どじょうは 適当にあしらっておけとなり 蚊帳の外へとはじき出されるのが目に見えています。

参加を表明した日本は アメリカから有無も言わさずに 発言をさえぎられて 
おぼこ娘のような立ち振る舞いをします。 
だからもはや交渉にも値しない国としてアメリカから扱われます。
と思ってたら その通りになりました。 
TPP関係国閣僚会合が9ケ国参加のもとオバマ大統領主催で行われ 
大きな市場を持つ重要な日本は招かれませんでした。

そしてその後 オバマは「日本がどの程度、困難なプロセスを超えるつもりなのか」
を聞きたいとの考えを示したが アメリカマリオネットどじょうには
返す言葉が見つかりませんでした。

ポーカーゲーム参加資金を提供してる日本国民にも手持ちのカードを知らせずに
またルールを知らない野田お嬢様プレーヤーの手持ちのカードを後ろから見てる 
スパイから知らされてる老獪なプレーヤー オバマは 初心者が上がりたがる 
ワンペア ツウペアで上がるのかい と聞いてるのであり
この野田どじょうおぼこ娘は ポーカーフェースのオバマの顔色をうかがって 
手の内を教えるのは目に見えている。
ポーカーゲームは外交交渉と同じで騙しあいです。 
プレイヤーによってはワンペアでスリーカードに勝つことがよくあります。 

まずは アメリカでの土俵を避けるために ISD条項に代わる国際紛争に機能する
条項を作成するか 国際紛争においては中立公正であるために 
NAFTA(北米自由貿易協定)での裁判を事例に挙げて具体的な要求を 
相手が怒り出すようなあつかましくいい要求も含めて交渉のテーブルに載せます。

それがだめなら 不平等条約と一方の国が認めた時点で 日本の国会で批准書が通過しなかったら
離脱できる条項を盛り込ませます。 
その間にアメリカは、TPPを飲まなければいずれは世界の孤児になるという日本のマスゴミを
使って世論操作をしているので それならさっさと帰れとすごまれるでしょう。

そしたら 日本は、 日本のおいしい大きなマーケット部分をちらつかせて 
アメリカと中国を対立させます。 
その間隙を縫ってプーチンや中国とTPPの交渉が決裂したときのために 
又はアメリカをけん制するために裏から手を結びます。

もはやアメリカは昔のような力はありません。 
日本の大きな市場がのどから手の出るほどほしいアメリカの足元を見て交渉するのが正しいのです。 
そしてアメリカ主導の日銀のデフレ政策はもうやめて市場経済の景気を上向きにします。  
だから金融緩和をして円安に移行します。

といえば アメリカは真っ赤な顔をして怒り出して、恫喝してきますが 
この脅しに身の危険をさらすことに覚悟があるなら
(いや野田どじょうお嬢様は、国益優先を誓ったのですから)
身を挺(てい)してやってみるのも必見です。 
アメリカ人には力を見せ付けたら なめたことはしません。
アメリカの軍事力に頼ってる人には理解しがたいかも知れませんが
ピストルをのどもとに突きつけられたら 
「ピストルでは血が飛び散るけど 空手の技で死んだ人間を見たことあるかい 綺麗なもんだぜ」
 ぐらいの 張ったりをかませて見るべきです。

と書いてたら 野田マリオネットおぼこお嬢様は
規制緩和の譲歩を求めてきたアメリカに あっさりとまずは第一歩として牛肉の輸入規制を取り払うことをオバマに約束しました。 国益を背負ってると表明した限りにおいては まずはアメリカにビビらずに 抵抗して引き延ばすべきなのです。 管直人以上の人間的に最低な人間であり 日本は歴史上になかった植民地化されています。
スポンサーサイト

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/543-cd600187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。