スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本がデフレ政策をやめない限り1ドル60円台はそこまで来ている。
安住大臣がG20での国際の場で消費税10% をぶちあげました。

これで日銀は 日本政府は円を増刷しないことを世界の首脳陣の前で約束したのです。 
だから金融緩和でだぶついたドルに対してユーロに対して 円は相対的に通貨の量は最も少なく 
円にはまたまた希少価値が生まれます。
だから ドルをユーロを売り円を買い に海外の投資家は走ります。

さらなる円高が進むと 安住大臣は口先介入へと何も分からないままに言わされました。 
それは いつものパターンの「円高には断固たる処置をとる。」です。
これで日本がドルを買って円を売るとなれば その介入の前に さらに円を買って円高に進みます。
口先介入は昔とは違い逆効果となりました。 

それは 野田総理がEFSF(欧州金融安定化基金)債の購入という形で
無制限に支援することを国際公約してるのですから 日本が円高阻止のため為替介入
したところで日本の外貨準備高は担保もなくEUへ向かいます。
だから円の通貨の量は相対的に世界的にますます少なくなります。 
通貨の需要供給のバランスから ますます円高へと進みます。

さらには韓国がドルの準備高が発表よりも非常に少ないことを知ったアメリカは
米韓FTAで支払い能力がなくなった場合を想定して 野田センセイに命令して
日韓通貨スワップ協定を結ばせて 韓国に支払い能力がなくなったときは
日本が肩代わりしなければなりません。 
条件は慰安婦問題を棚上げにしてやるからとの上から目線で言われたのです。  

そんな交渉能力もない 辻説法しかできない のだセンセイですから
TPPでは野田センセイがアメリカや他の国と交渉のためテーブルに着いたら 
一発で何も言えず 一貫の終わりです。
日本は実質的に植民地化が進みます
 日本の基準など無視されておもいっきり 有無も言わせず 脅され すかされて 
アメリカ基準を押し付けられてのこのこ帰ってくるのが関の山です。 

野田センセイは、交渉する前からオバマの仕掛けた心理戦で負けています。 
オバマのワンサイドゲームです。

デフレ政策を日本はやめない限りは、いくら為替介入を試みても 円高は止まりません。
日本政府は、IMFと日本財務省から ピエロにされているのです。

国際金融家 IMF 国債決済銀行などがギリシャ救済のモデルを作り 
世界中の債務国に 規制緩和や緊縮財政などの政策を押し付けて 
世界中のカネを吸い上げているので 洪水のごとくアメリカへ大量のユーロダラーなどの
世界中にだぶついているドルが還流してアメリカ国債を購入してると思われます。 
さらには、アメリカよりもEU経済や為替の影響を受けにくい日本の国債を買おうという
投資家が増えている という野村證券の分析から 日本の国債はマネーの避難場所になってます。

そうするとドルを売って円を買って日本国債を買うので 
ますます円高になって 60円台もマジかなのですね。

この円高、株安から見た日本の危機を脱するには、 難しいことではありません
アメリカに恐れず アメリカの子飼いの日本のマスゴミの誹謗中傷を恐れなければ
御用学者や統計のマジック 財務省が提出する資料のすげ替えを見破れれば、 
また経験とやる気さえあれば あなたにも だれでもできます。

それは
日銀は 思い切って 自国のために円を100兆円 増刷して 
その金を民間の銀行に注入して 中小企業へ貸し出せば
市場にカネが回り 給料が上がり 雇用が生まれ 国内消費が増え 円安になり  
輸出産業は海外に製造の拠点を移転しなくてすみます。
そして日本の株価はうなぎのぼりになります。
 企業が利益を伸ばして そこから税収は増えていきます。

デフレ経済での 消費税のアップは 復興のためや社会保障財源の増税ではなく 
海外に融資という名目で 日本国のお金が吸い上げられていくのです。
借金棒引き50%で だれがどこの国が どれだけかぶるのか EUの首脳が
国益をかけて交渉に入ってます。  
いまさらPIGsに返済を迫っても 返す金は世界にはありません。
 日本の銀行は最後の貸し手となりました。

どんな形であれ増税をやれば 経済成長は見込めないし社会保障は充実しないし
 ただ 経済が悪化するだけのことをギリシャが教えてくれてましたよね。 
これで、子供や孫のためにも増税はご法度だということが わかってもらえると思います
スポンサーサイト

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/536-aa343f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。