スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝海舟の誠心誠意の重み
野田総理の 正(誠)心誠意は やはり勝海舟の言葉から 抜粋したものなのか
野田総理には 正(誠)心誠意 日本国のお金を動かす元締めの 
勝さんの存在が 大きいようである。
その勝さんは 勝海舟のことではなく 財務省の 勝栄次郎事務次官のことである。

彼が日本のトップであり 政策の意思決定をつかさどる権力者であり 何人とも逆らえない
いや もとい アメリカの意向もあるであろう。
鉢呂経済産業省元大臣も 財務省には勝てなかった。 

TPP反対者 原発廃止論者として  粛清された模様だ。 
きっかけは 福井原発視察においての「死の町」発言と オフレコルールの無視から発展した
元大臣への誹謗中傷だ。
次は増税反対論者が はめられるのかな?

それは 客観的事実を述べながらも 太平洋戦争の末期症状のような 
事実を事実として認めない政局へと発展して 非国民として一部マスコミによって扱われ 
大本営発表(マスゴミ)の軍門に下ってしまった。

戦争推進論者が大東亜戦争反対論者を粛清した手法と同じだ。
太平洋戦争時の マスゴミは耳障りな客観的事実を事実として伝えたものは 
非国民としてレッテルが貼られ  日本全国民にはラジオ 新聞 口コミを通して 
全国津々浦々 非国民として宣伝されて伝えられ  耳障りのよい 大本営がヨシとする 
断片的な事実だけを 伝えて 国民をコントロールするため 国民には真実を伝えなかった。

 このような手法で福島原発の放射能漏れの真実も隠し通されてきた。

勝海舟は イギリスの属国になることを恐れ 誠心誠意 ロシアの南下政策を利用して 
イギリスを説得し 戊辰戦争に対しては手出しさせないように仕向け 
さらに勝さんは 西郷ドンを駿河湾に榎本武揚率いる幕府の最新鋭の軍艦を浮かべて 
兵站や軍資を後回しにして駿府(静岡)まで進軍して 伸びきった薩長軍の補給路を
断つことが出来ることを意思表示として見せ  またロシア軍が見せた 
ナポレオン軍に対して取ったロシアのモスクワ焦土作戦をちらつかせて 
誠心誠意 客観的事実を知らせて 日本国内が戦火にまみれるのを恐れさせた結果 
江戸城無血開場となり日本国は内乱とならず 革命はおきらずクーデターで終わった。

西郷ドンや勝さんは 幕府の利権よりも 国益を先行させて ヨーロッパ諸国から 
日本解体を守った。 
現在でいえば 幕臣ながら官僚の組織を守らず大悪人と呼ばれて命を狙われて嫌われながら 
誠心誠意 省益という利権をを守るよりも国益を守った。  

どんな小難しいことを言っても 要するに どじょうにも金魚にも 
生息権をかけての組織を守るための利権をかけての戦いがいつの世でも 常に勃発している。

 常に交渉ごとは 相手の弱みと強みを知ることから始まるのであり 
ぶれないためには ことを起こすに当たっては 誠心誠意 尽くすことが 
敵味方にたとえ分かれてても 日本人の心には響くのである。 

小さくたたけば小さく響き 大きくたたけば大きく響く 
同じ伝統文化をく共有する日本人の和の心に響くことが誠心誠意の極意であることを
勝海舟は波乱万丈の歴史の生きざまの中で教えてくれた。
スポンサーサイト

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

 「ことを起こすに当たっては誠心誠意尽くすことが敵味方に分かれてても日本人の心にはひびく~」
 ここまで書いたメディア、いませんでしたねぇ~。
 総理もマスコミも、そこまで踏み込まないで終わらせてしまいました。
【2011/09/27 20:42】 URL | 再起(せき)SR400改め #- [ 編集]


歴史から観察した日本人の特徴は、指導者がコロコロ変わろうとも 国旗に敬意を表さなくても、
いざ事が起これば 一致団結して 定められた一つの方向に突き進みます。
しかし他国の国民性は 時の為政者がタガを外せばバラバラです。
日本の国民性を知ってた毛沢東は人民公社などを作って 当人が神格化されて自己主張の強い民族を
去勢しようとしましたが 失敗しました。 
北朝鮮も金王朝を作ってみたが食べることが困難な人民はバラバラです。
そして 大家族制を破壊して 終身雇用制並びに年功序列を廃止させて共同体に生きる
日本の伝統文化が ジャパンハンドラーズによって破壊されました。
日本人の内に対する危機意識は和をもって 収めることです。

補足ですが、対外的には 外国との交渉では、和をもっては通用しません。
テーブルの上では穏やかに握手して テーブルの下では お互いがお互いの足を
けりあうという芸当が日本の教育を受けた人間には理解できないのです。
【2011/09/27 21:22】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/520-2913844f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。