スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本も中国も 法律の番人といわれるごく一部の人たちが牛耳ってる統制国家である。
P1090273.jpg

 流出ビデオについて 神戸海上保安部職員が ユーチューブにアップしたことを
自ら告白しましたね
そこで 彼の罪は何かを 問われることになり やもうえずの公務員の守秘義務違反で
取り調べることになりましたよね 

公務員の守秘義務違反を調べてみると
国家公務員法第100条第1項 地方公務員法第34条第1項
に 「職員は職務上知りえた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。」
と定められている。
が この守秘義務違反を 小沢一郎の政治資金規正法という法の下に まるで 
不正を働いてるかのように 因縁をつけて
 関係者を名乗って冤罪事件にも関らず大事件となるように 捻(ね)じ曲げた
扱い方を記者クラブにさせてマスゴミに職務上知り得た秘密を垂れ流させた検察関係機関から 
守秘義務違反で取り調べられるのも ものすごい違和感を感じてしまいますよね。

一部の国会議員に公開した尖閣諸島での中国トロール船の故意による追突事件は
ビデオを見た国会議員によってマスコミにリークされて 国民が知るところとなりました。
職を賭(と)して 正義感にあふれた海保の職員によって この事件の検証としてビデオを
ユーチューブにアップされ 世界が知ることとなり メンツをつぶされた検察庁と
管直人政府は なんの犯罪に当たるか パズルの絵がどこに収まるのかの 
作業とともに 絵を描き始めましたね。

APECを視野に入れての 超法規処置で 中国人船長を処分保留のままで釈放して 
ビデオ流出の海保職員の無理やりの国家公務員の守秘義務違反での逮捕となれば 
誰もが日本の検察にさらなる不信感を抱くことになります。

これが中国側の立場なら デモが始まり 暴動がおこり 弱腰政府へと批判の矛先が向けられて 
終止符がつかなくなり さすがの中国共産党も鎮圧に 躍起となると思われます。
その点 おとなしく見守る 日本国民をあざ笑うかのように シュクシュクと日本の検察庁は 
描いた絵をどこに当てはめようと 躍起になってシナリオを描いてますね。 
羊のようにおとなしいと思われてる日本国民も
窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)事態に発展しかねないないですよね

ここで海保職員を逮捕すると 中国人船長はますます英雄として偶像化されて
ますます 隠れ親日派の胡錦濤 温家宝 の立場を悪くしてしまいます。
ますます反日勢力のつけ込む隙を与えることとなり 更なる日中の関係悪化が進み。
アメリカが描いた 日中戦争が起こることも ますます視野に入れとかなければならなく
なりましたね

日本の最も大きなる国家権力をもった検察と 中国政府のメンツの板挟みにあって
マスコミの前で、 オロオロする管直人と イライラする仙石官房長管を見ていると
意志の疎通がなかなか うまく 取れなくなったようであると 見受けられるようになり
政権スタッフも もはやバラバラとなり もうそろそろ管直人政権崩壊のカウントダウン
が始まったかナ~~~ と冷ややかに見ています。

日本も法律を動かすごく一部の人間たちの統制国家である ことを認識しておかなければならないですね 
(裏に回ればアメリカCIAが見えてくるかも~~ですね)

中国トロール船の海保の巡視船への衝突の時に 中国要人に夜中に呼び出されてた民間人から選ばれた
日本の中国大使 丹羽宇一郎を使って即座にビデオを見せて   日中のトップの外交レベルでの交渉の 
テーブルにつかせれば ここまで発展せず。 

また 即座に解決させてればアメリカが描いた絵が完成に至らず 上海閥に対しても 
大義名分がたつ日中のトップレベル会談ができたでしょう。

しかし 管直人は 交渉のテーブルに着く ことを避けたのですよね
それは 彼の悪い資質である 性格が現れましたね
交渉が決裂すれば 自分の責任問題に発展することを 恐れたのですよね!
菅直人の外交音痴が招いた結果である。 

彼は自分の失敗を糧に 関係改善を図ってるとは到底思えない。
なぜ 舵取りの難しい中国に対して 経営感覚しか持ち合わせのない民間人を中国大使に選んだのか 
または それに見合う玄人の外交官が見当たらなかったのか わからない。 

多分 菅直人に聞いても 本人もわからないと思う。 
なぜなら戦略も何もなく ただ彼を総理にした組織人に命令されただけであろうから。

これだけは管直人も知っておかなければならない
誰でも 何かをやる時は 失敗を恐れてはならない 
また 失敗しても 次の打開策を考えて行動に移せば おのずと道は開ける。
ただ失敗を恐れないことだけだ。

しかし政治家も経営者も 失敗したときは
大きな代償を支払わされることを覚悟しておかなければならない。
だけど すべての責任は自分が取る覚悟であれば 外からは激しい非難を浴びるけども
内側の ひとはついてくる。

菅直人のぶら下がりの記者会見を聞いてると日中首脳会談がデキルもできないも中国次第だそうで 
自分から積極的に働きかけることができない情けない 自信もプライドもナイ 
有言不実行の顔が今の日本の現状である。

もしビデオ流出の海保が逮捕されれば 日本国内世論の矛先(ほこさき)は検察庁と管直人政権へと向い 
中国の世論は喜ぶ が 
 行政処分だけで済まされれば 世論の矛先は中国へと向かう そうすると中国世論は反日へと傾斜する。

たぶん日中戦争を起こしたい勢力は 日中の関係悪化を望めば シナリオになかったビデオを流出させた海保を
日本の検察に逮捕するな 行政処分せよと 命令してるはずだ。

とにかくアメリカの国益にしかならない 日中戦争は 
お互いの国がアメリカの謀略を見極めて避けなければならない。

スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/463-8c3abe1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。