スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道の裏にある真実 ついに「新・世界秩序」というシナリオが演じられだした。
ねはん像

今日の龍馬伝を見て 野山を一緒に駆け巡りちゃんばらごっこをしてた頃の幼友達を思い出した。
20代までは大阪、京都、東京とそれぞれ 散らばってても機会を見つけては みんなとあっていた。 
が年月が経てば今は 長崎にいる友達とは会えるが 県外にいる幼友達とは あんなに仲良かったが 
自然と 疎遠になってしまった。

辺野古沿岸部 キャンプシュワブでのV字滑走路の建設は 自民党コイズミ政権時代からの約束の 
履行を クリントン国務長官から 迫られての 苦渋の決断となってしまった。
鳩山さん は 何を言われたのだろうか 脅しに屈服したとしか 思えない。
残念だ 日本主導で 日本の防衛論を クリントンに迫ってもらいたかった。
沖縄の経済的自立のビジョンをテーマに 質問してみたい。
立地条件からすれば シンガポールのように 関税免除の 貿易
コンテナヤード基地など どうでしょうか

次の アメリカ政府の要求は 建設費 移転費を せびってくるのだろう。 
国務長官が中国へ到着した頃 に 辺野古沿岸部移転建設発表は 中国への無言の軍事的プレッシャーとなる。


報道の裏にある真実 ついに「新・世界秩序」というシナリオが演じられだした。

わかりやすく面白くセンセンショナルに書くことを心がけてたら 
あまりに長文になり読みやすくするためシリーズ化して3回に分けて みました。

1、官房機密費から報道の裏側が理解できたこと。
2、アメリカ連邦準備局の報道の裏側の役割
3、去年1月意図的に 情報公開された CIAの極秘文書を友人から教えてもらい 
  読み取ったギリシャの暴動とタイの暴動の報道の裏側。


1、官房機密費から報道の裏側が理解できたこと。

野中広務氏が暴露した『官房機密費』を受領したメンバーを見て 私のわだかまり
の心のつかえが 取れた。 すっきりした 納得した なぜ 裏もとらずに ねじ曲げた 
偏向報道や 偏(かたよ)った流れに任せた 垂れ流しの 言いたい放題の 
評論家たちの失礼な言動の原因がわかって納得した。 

例えば 最近のマスコミはなぜ 鳩山総理や小沢幹事長への個人攻撃に徹してるのだろうか 
そこには公平性のかけらもない。 
まるで政権転覆を意図してるとしか思えない どうでもいい あら捜しの報道ばかりである。

なぜ公平な 政策論争の 報道をしないのか 後ろに誰かがいて やらせてるのかと思ってたら
野中広務氏が暴露した 官房機密費を受領した人たちの リストが公表された。
ネガティブキャンペーンを毎日毎日毎日 これでもか これでもか これでもか と 
関係者という得体の知れない 漠然とした 何者かをはっきりしない人を登場させてのマスコミ発表は 
まるで反対意見を押さえ込む言論統制と同じではないか。 

執拗(しつよう)なネガティブキャンペーンの直後に世論調査をすれば 誰でも 人気は落ちる。 
この手法を意図的に行う事自体がアンフェアーだと 誰でもが気づいている。

小泉進次郎氏の人気の秘密は この逆の ポジティブキャンペーンのつぼに 
はまってるから人気は上がるが この逆を当てはめたら 奈落の底に落ちる。 

彼の弱点は敵と思ったら 自分より下と思ったら 徹底的にシカトする。
強みは 見てくれが良く 攻撃的で 言葉で相手をねじ伏せることが上手い。

その言動は 役者と同じで テレビカメラを 常に意識して の 言動のようだ。

この前の委員長のタイムオーバーのコールを無視しての 同じ言葉を繰り返す 
時間稼ぎの質問は 与党の強行採決を誘発させ そして カッコいい自分を際立たせる 
この計算尽くされた演技は  なかなか人間的にずるがしこい
侮(あなど)れないしたたかさを 感じ取った。 

アメリカのシンクタンク機関で 良く訓練された賜物かも かも? ですね!
政治家としては まだまだ未熟な彼だが まだ実績もないのに コイズミブランド 
だけでは この人気は生まれないだろう

 なぜ人気がでるのだろうか なぜ人気が生まれるのだろうか 分析してみた。

人気は作られている。
ヒット商品も 政界も 芸能界と同じである。 
それは ある特定の商品を売り出すには 特定の人物を意のままにコントロールするには 
華々しく売り出すには 人前に出すには まずは 民衆にその商品なり その人物の 
素晴らしさを いいところだけを 知ってもらわなければならない 

そのためには 演技指導や 演出する人や 脚本家 台本があり 
そして プロデユーサーを必要とする。
そして 千両役者としてテレビという全国津々浦々まで瞬時に伝わる広告媒体を使っての
いいとこ撮りの画面のアップが非常に大切である。

これを 嫌味がない程度に あきられない程度に 継続して 報道で流す。
そうするとイメージなどが よくなる その逆は小沢さんや鳩山さんにこの手法が適用されている。

一昔前 北朝鮮は天国そして拉致はなかったと マスコミがキャンペーンを張ったため
北朝鮮の真実を報道することが難しかった。
それは 政治家達もジャーナリスト達も 北朝鮮から金を受け取ってたからだといわれている。
だから提灯記事しか書けなかった。 金王朝を刺激するようなことは言えなかった。 

そんな中 当時は、映画のように夜陰に紛れて 北朝鮮工作員が 日本人を拉致したり 
拉致があるとか 拉致の未遂事件を報道させないため 潰す警察関係者や政治家がいると いったら 
周囲から馬鹿にされてた頃 私が北朝鮮がらみの仕事で知り合った 公安警察の人間も 
誰にも言えないがという前提で 私にボヤいていた。

あなたの周囲にも ヤクザでも平気で騙す 仲がいい 気の合う 
ななぁ~~なんで こんな良い人が という北朝鮮の工作員が あなたの知らないうちに 
仲良くなってたら 知らず知らずのうちに 利用されていたら
 あなたも人が信じられなくなるかも です。

アルカイダが起こした といわれる 911事件も やらせだといったら 
第二のリメンバーパールハーバーだといったら  今でもばかにされるのだろうか? 

此の事件を今でもムキになって 怒りを顕(あらわ)にして テロリストの仕業だという人は 
CIAの組織に関わってるかも と考えても いいかもしれないですね。

お金に困った人や 権力に助けてもらった人 恩を返さなければならない人 
ハニートラップなどで 弱みを握られている人 など いろんな困った人がいるのは 知ってるが

やっぱり 表面は偉そうなことを言ってる人も 真実の顔は 
権力に弱く お金に転ぶ ことがわかって 自分もこの立場に立たされたら 
何らかの私(し)がらみがあったなら同じことをするかも と ついつい 考えさせられてしまう。 

金で転ばない 真実を伝えようとする例外者もいる 
その例外者の行く着く先は 政治家であれ 時の権力者であれ 法律の番人 警察や 検察であれ 
既存の製薬会社やすべてのエネルギーを支配する会社の既得権益を脅(おびや)かすような発明者であれ 
ジャーナリストであれ あるいは 芸能人であれ ミュージシャンであれ 
痴漢や置き引き ハニートラップ 何でもありの 冤罪ではめられるか 
それとも
あたかも自殺とは考えられないような 不可解な死を遂げる。


スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

http://blogs.yahoo.co.jp/naomoe3/
このブログなかなか面白いよ!
最初はラーメンブロガーだったけど
最近は、色々と書きよるよ!
【2010/05/25 08:30】 URL | イナッキー #- [ 編集]


返事遅れました。 
この頃眠くて眠くて 年齢のせいか ふんばりが聞きません。
すきじゃないとこんなめんどくさいこと考えたくもないよね
だからこのブロガーも我々と同じ匂いがしてくるね
【2010/05/28 00:13】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/406-c0ea0195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。