スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済論・経営論なんてへのツッパリにしかならない
P1090035.jpg
私は仕事に追われて必死で生きてるのか 毎日この風景を見ても何も感じませんでしたが
私を気遣って尋ねてきた友人が 「時間が止まったような風景だな~~ぁ」 と
つぶやいていました。

お金の切れ目は縁の切れ目 先立つものはお金!

龍馬も勝塾存続のため 松平春嶽に1000両の借金ができてたおかげで 
勝塾が曲がりなりにも短期間でも存続した。

日露戦争ができたのも 高橋是清がロスチャイルドから国家予算なみの多額なお金を借りられたおかげで 
ロシアと戦争ができた。そして日本はロシアからの侵略を阻止できた。
しかし裏から 銀行が企業を支配するように 日本を支配してきた。今でもだ!

トヨタのV字回復から わかった経営哲学 それは お金は権力

トヨタはGMの虎の尾を踏んだことからトヨタパッシングと受け止められる大規模なリコール運動が組織的に 
アメリカで しくまれ 境地に立たされた。
一時期は トヨタの生産工場や生産技術がGMに乗っとられ そして アメリカから撤退せざろうえなくなる 
などの噂も流れ ましてや 会社存続までも危(あや)ぶまれていた。

が 5月13日のニュースでは 部品会社も巻き込んでグループで取り組んでいる原価低減活動や、
人件費などの抑制が順調に進んだため「相当いい財務状況になってきた」(幹部)と 
トヨタのV字回復の原因が 報道されていた。

トヨタの原価低減方法については 部品会社や下請けに乾いた雑巾を絞るだけ絞とる 
という表現が以前からされていた のを思い出した。

トヨタには考えられない程の豊富な資金が眠ってると 噂には聞いてるが と 
極秘事項を コソッと私の友人が 知らせてくれた。

以前よりも厳しい 徹底的なコスト削減を調べてみてわかったことは

2010年3月期連結決算(米国会計基準)で、
営業損益が2年ぶりの黒字に回復したと発表されてるようだ。 
そうすると アメリカの会計基準にそった連結決算の発表であるからには 
自動車販売部門だけではなく 時価会計基準に沿った 別な事業をやってて その別事業が 
リコールで販売不振の自動車部門を凌駕りょうがして 赤字から黒字になったのか  
ましてや なぜ営業利益だけを発表するのか 経常利益はなぜ発表されないのか 
当期純利益は 発表しないのか まだ発表できる決算書ができあがってないのか  
とりあえず株主に向かっての 営業利益がわかった段階での 投資家への不安を解消するための 
マスコミを通しての発表なのか 何か片手落ちではないのか  

とふと疑問に思い V字回復はには 何か数字上のトリックでもあるのかな?
と疑ってみたが  要するに投資家への信頼関係を再構築して 不安を取り除き 
間接的に経営資金である資金繰りを一般から 募(つの)りたいのであろう と 考えました。

マスコミや評論家の発表とは裏腹に
車の販売部門では コストの大幅な削減を行ってでも 赤字だったようです。

そうすると なぜ 営業利益が黒字かと言いますと
友人が 教えてくれたように トヨタも豊富に蓄えた資金から 金貸しを営んでいます。 

自動車ローンの金利収入が 車の販売部門を押し上げて 営業利益が黒字に転換したようです。
また 日本やヨーロッパでは 思いがけなく赤字で 中国では予想通り 黒字 

予想に反して北米でも黒字だそうです。
それはアメリカでは金利スワップの評価益が営業利益を
黒字に押し上げたようです。
ただし具体的な評価益は発表されてませんが

また マスコミや評論家が発表した 原価低減活動や、人件費などの抑制が順調に進んだため 
営業利益が黒字になったという報道を  鵜呑みにするところだった。

なぜ トヨタの一方的な発表を マスコミは報道するか と の問に答えますと

お金です テレビ界も新聞界も今は資金繰りに困ってます。 

だから 広告収入に頼るしかありません。 
だから記者クラブは スクープを事前に防止するための談合クラブになってしまったのでしょうね。

アメリカの軍人が呆(あき)れていました。 
信じられないことですが 日本人の若い記者の中には 空母と駆逐艦の違いも知らずに 
これは何の船ですかと質問するそうです。
 これが偏向報道につながるのかもですね

主要な 大大スポンサーから 頼まれれば 嫌とは言えません。
スクープも話しあってみんなで決めるようです。 だから本当の抜け駆けスクープなんてありません。 
記者の談合スクープはあっても です。

お金は 権力です。 人を奴隷にします。 

人が大事 物が大事といわれても お金が無ければ どんな素晴らしいアイデアを持ってても 
お金が無ければ有能な人間も実力を発揮することができません。
素晴らしい物が発見されても お金が無ければ 人に知られることもありません 宝の持ち腐れです。 

例えば 売れるとわかった商品を開発しても開発費をストップされれば 開発できません。
ある特定の物が売れるとわかってても 材料を仕入れる資金がなかったら 何もできず
悔しい思いをした人達がゴマンといると思います。

大資産家で お金のいいも悪いも使い方を 知ってる人が権力を握っています。
そして生金(いきがね)と判断するのは 極 少数の 大資産家が決めます。

政治も官房機密費は必要だが 偏向報道を防ぐため 
原則は絶対に ジャーナリズムにだけは配ってはならない。

遠い昔から アメリカではドルを印刷するFRBが 
日本では最近独立行政法人 国立印刷局が 公益法人として作られて お札を印刷してます。

景気や不景気を作っているのは政治家でも経済学者でもありません 
お札を無から 印刷させる
事実上の表に出てこない極少数の権力者たちだけで 景気や不景気を作っているのです。

市場にお金をジャブジャブと落とせば バブル経済を生み出し 
市場から徹底的にお金を引き上げれば 大恐慌が生まれる。 
そのツールは株式を操作したり 為替操作で
の乱高下で世界のお金を 金融をつくったり 溶解したりして コントロールします。  

経済学など へのツッパリにしかなりません。

ケネディー兄弟も リンカーンも お金の印刷を政府に移行しようとしたから不可解な
暗殺が行われたのです。

日本では 政府に紙幣を発行させようと運動してた 高橋洋一氏が 
お台場の銭湯で不可解な 置き引き現行犯で捕まり 彼の名誉は 潰されました。

博打をやった人なら 理解できると思いますが 要するに大資産家の胴元が 
最後は儲かるような仕組みが出来上がっているのです。

儲かる仕組みとは  株価の操作 石油価格の操作 為替の操作 金融メルトダウン です。

この現代の博打経済は、お金の無い一般庶民が損する仕組みになっています。
だから 貧富の格差が広がり 中間層が消えています。

貧困層の不満を解消させるには スポーツで熱狂させ セックスで欲望を満たさせ
映画やテレビで現実から逃避させます。 

家畜がさくに追い込まれるように クレジットカードをさくに仕立てた貧困層の 囲い込みが行われてます。

実(まこと)しやかな経済論・経営論なんて お金を生む人たちから見れば へのツッパリにしかならない。
 
スポンサーサイト

テーマ:お金の知識 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/405-7e58aed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。