スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末の志士たちの集合写真?
私のブログ仲間である イナッキーさんが
面白い集合写真を見つけました。
幕末
幕末2
幕末3




誰が書いたか知らないけれど まさか月光仮面でもあるまいし 
写真の下に最もらしきことを書いた輩は 多分悪ふざけだと思うけど。
私が見た 上野彦馬写真集には英語教師フルベッキーと佐賀藩士たちと説明書きがある。

この時代の背景を考証すれば 名指しされた人物達は 違うことが一目瞭然。
もし名指しされた人物たちが本物なら グラバー以上の 日本の志士達に
影響力を持つフルベッキーとして 幕末史に登場してるはず。

写真の人物は推定のもあります。
の注意書きがいかに適当か がわかるでしょう

この写真を証拠にして長州藩士大室寅之祐を明治天皇とすり替えたとの 
替え玉説を唱えてる作家もいるらしいけど また 立証しようとしてる
ブログも発見しました。

海舟の日記や 龍馬の手紙など興味をもって いろんな文献を読んだけど 
残念ながらフルベッキーとの接点が見当たらない。 
また龍馬は英会話ができたのかな そして 

龍馬の顔立ちはアーネスト・サトウも言ってるが
女性のような顔立ちで ましてや下唇が分厚くない。

徳川軍艦奉行である海舟を隅っこにおいやってスナップ写真は当時の時代背景からして
絶対に考えられない。 

薩摩藩の家老 小松帯刀も 西郷さんも 電話など連絡網もない時代で
各地に散らばってる連中を新幹線もない時代に短時間で集まるなんて物理的に無理。

司馬遼太郎の文才によって 龍馬は日本人の心を打ち 現代の日本人のあこがれになったようで 
「竜馬がゆく」を 本人 龍馬が読んだら 
「これは誇張だ!」 と あの世で 叫んでるかもですね。
スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

実はこの写真、亀山社中の手前の
資料を展示してるお店のような所で見つけたんだよね!
誰もいなかったからこそ~~っと撮った。
記憶では、京都の寺田屋にも有った。
確かに電話などの連絡手段が無いのにと言うのには納得!
【2009/12/29 17:05】 URL | イナッキー #- [ 編集]


なんでみんなは 横一列 マスコミや物書きの書いたことを一直線で信じこむのか 研究する価値があると思います。 コマーシャルで消費者を洗脳する同じ手法かも ですね
【2009/12/30 23:37】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/376-da678f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。