スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 弥太郎と龍馬の長崎
長崎市公会堂
長崎公会堂
平成21年11月21日14時から 第7回長崎さるく幕末編が長崎公会堂で開催された。

講演会

テーマ 弥太郎と龍馬の長崎
講演 岩崎弥太郎と長崎 成田誠一氏(三菱史アナリスト)

シンポジウム

シンポジウム 弥太郎と龍馬が目指した未来像~長崎市のこれからを考える~
コーディネーター 脇田安大氏
パネリスト として 坂本家の子孫 坂本登氏 や田上長崎市長ら 合計7名が招かれてた。 

ジャ踊り

弥太郎と竜馬の長崎 のテーマで 講師として招かれた 成田誠一氏(三菱史アナリスト)の 
お話を聞いて NHKの大河ドラマ企画の竜馬伝までいたる 裏話や 
竜馬がゆくでの司馬遼太郎の事実とかけ離れた弥太郎のイメージの描写の仕方を指摘されたり、

弥太郎率いる三菱が 起業したころの苦労話を述べられたり
長崎市長の長崎が生き残る 行政戦略を語られていたと 私なりに解釈させてもらいました。 

龍馬と弥太郎の接点は 長崎での7ケ月間だけで 土佐での接点は みあたらない。

長崎での最初の出会いは 金銭トラブルである。
象二郎に言われた百両を海援隊に支給したが 隊長の給料は別に支払う約束であると
竜馬がもめて 弥太郎は根負けしたのか 公金から借用して別に自腹として50両出している。 

キャッシュフローを把握してた弥太郎と 資金繰りを理解できなかった竜馬との
マネジメントの見解の違いが 如実に現れた 出来事かもしれません。 

いつの時代も経理を担当する人間は 嫌われ役に徹しなければ ならない 
と弥太郎の苦労を資料から推察することができる。

二人がお互いを知るきっかけは
いろは丸事件で 二人は頻繁に接触する機会がふえ 
夜遅くまでお互いの将来を語り合う間柄になっていったようである。 
そして大政奉還のことで 象二郎とともに竜馬が長崎を発つときのことを 
弥太郎は涙を流したことを日記に記している。

土佐商会

弥太郎が長崎の土佐商会に派遣された役目は
象二郎の放漫経営による
資金繰りに困ってる土佐藩のための武器の買い付けは 非常に厳しいものがあり 
彼のアイデアや心意気で 土佐藩を背景にして俺を信用してくれ とたんかをきっての 
信用取引を行い。 
どうにか 土佐商会を立て直し 一介の下級武士が長崎土佐商会のトップに登っていった。

弥太郎の国際感覚は 長崎の外人との交渉により培(つちか)われてわれていった。
特にグラバーやウォルシュ兄弟を通して商売を学び 
世界の経済の流れを実感して言ったのであろう。

NHKの戦略は ドラマ仕立てで 視聴者に面白おかしく 興味を持って 
見てもらうために 龍馬の国際的感覚や世界を見据えた考えを 弥太郎が受け継いで 
海運や鉄鋼 石炭 造船 など国家を 見据えいて 後を 継いで  行動をするようになり 
明治の日本経済の礎を弥太郎が造り上げていったと ドラマチックに描かれるようだ。

そこで龍馬伝の企画のきっかけは 
2010年新春歴史ドラマに 今の不景気を吹き飛ばす 歴史ドラマに 
岩崎弥太郎が抜擢され 三菱史アナリスト 成田誠一氏が相談を受け 
企画を練っていた矢先、 あつ姫がヒットしたものだから
龍馬でいこうとNHKが 企画を練り直され 彼の尽力を無にしないために 
彼の顔を立てて 弥太郎から見た龍馬を描くと 強引な企画となった。

司馬遼太郎の竜馬がゆく の小説に 描かれる 弥太郎は 実像と違ってまるで 
悪玉のように描かれてるのが 気に食わなかったようである。

私は 司馬遼太郎の考えは 日本人に 人間らしい平等という概念に共感を持ってもらうため 
史実から外れて 面白おかしく  階級制度を飛び越えて、 お殿様にもずけずけと意見を唱える 
人間を魅了する 人間らしい かっこいい スーパーマン竜馬を描いただけ と思ってる。

弥太郎の 三菱という会社を 起業して実施された戦略は 国際的感覚を養った人材の育成と 
日本の国家戦略に沿った 外資を排除した 民族資本の必要に合わせた 
鉄 石炭 造船 などハードビジネスを手がけていった。

その中で人材育成の先駆けである 歴史的事実の一つが明らかにされた。
弥之助は アメリカのコネチカット州の小さな12人だけの学校に入学して 
約2年間学んだ ことがつい最近 アメリカでの弥之助の写真を所有されてる方から
連絡があり、
アメリカでのエピソードを交えながら話された。

誰からも言われるが 成田講師に言わせると 長崎人はおとなしい。
 大法螺を吹いてでもいいから 人からなんと言われようと大きな目標に 
がむしゃらに向かっていく バイタリティーに 欠けてるといいたかったようである。 

ゲンダイの言葉で伝えれば草食系 市民だといいたかったのであろう。

ふるさと物産祭り
鯨かつ
ふるさと物産
鯨カツ画像

しかし
長崎市長は 長崎と広島とのオリンピック同時開催の企画をぶち上げて 
日本中を驚かしたり さらには

長崎の発展に寄与する経済効果戦略をぶち上げ 実現させるため 
中国など外国を訪問して他県よりも先駆けて 精力的に行動されてるし 
長崎の軍艦島や教会群 や 幕末の遺跡など観光資源を発掘して 福山雅治氏を 
ふるさと大使になってもらい 日本中に宣伝している。
 
観光という競合を押しのけて 長崎の豊富な歴史遺産などや長崎人のよそ者に親切という 
強みを生かして また来たいという 感動をしてもらい 新たなる観光資源を発見し 発掘し 
創造して 福山雅治氏などの 有名人を使って全国の人に長崎を知ってもらう。
という 戦略が確立されてきてると感じ取りました。 

形成戦略として 観光資源のある町 三菱の街 水産県の町から脱却する 
更なる事業を展開しなければ ならないことを 

龍馬から 弥太郎から 学ばせてもらいました。
スポンサーサイト

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/368-fbb6e455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。