スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましゃ 想いでの地をさるく でもし報道機関の要請があったとしたら
宝珠幼稚園登り口
ましゃ幼少のころへとタイムスリップする25名

いくら入念に タイムスケジュールなど シュミレーションで確認してても 
何が起こるかわからない のが常である。 
そのことを肝に銘じているが
小さなことでは、 貸切のバスが時間通りに旭大橋を渡った先の 旭町バス停に
来なかったことである。 

その理由はまだ来ない一人の参加者を 長崎駅で
待ってたためであるが 結果的には来られなかったので 我々は時間通りに出発して
スケジュールをこなして よかったと思っています。

待ってる時間の間この道路を行くと ましゃゆかりの灯台へ行くこともできるし
彼の存在を私が知ったきっかけ 残響に心打たれたことを話
ここらいったいは 昔水産県長崎を象徴するように 漁業会社がたくさんあり
岸壁には遠洋漁業の漁船が 隙間もないほど係船されてたことを ちらりほらりと話してたら 
やっと バスが来た。 

そして もう一つの私とフミさんの不安
もし この企画を知った 報道機関からの取材の要請があったとしても
私とフミさんの意向としては断ってもらいたかった。

なぜなら まだ固まってもいない見切り発車で思いつきではじめたのに また 
その先の確認も取れないスケジュールに不安を抱えながら 
参加された方への配慮ができるかも 確約できないなかでの
出発だったからです。 

だから報道の編集によっては すばらしいものになるであろうし または 
誤解も生じるであろうから それが怖かったので もし要請があってもお断りするのが 
一番よいと思った。

淵神社
たとえば報道のあり方に疑問を投げかければ
テレビのニュースでは 中国の成長が熱いとの報道ですが 中国人観光客の日本での購買意欲 
モーターショウ 基軸通貨がドルから 人民元に移行するなど 報道され
金融危機のさなかでも 見た目では魅力的で すごいに尽きる中国の発展のようです。

しかしこの報道には、いいところだけが報道されてるという 編集の意図があると思います。 
もうしばらくは 中国や中国人と疎遠になってるので 思いますとしかいえませんが

沿海部の都市は 内陸部の都市と違い 急激に発展してますが 農村戸籍のまま 
都市部にいついてしまった 労働として重宝がられた農民工など いわゆる 
盲流と呼ばれ行き場をなくしている人々が多数いるのが実態でしたが 今でもそうだと思います。

だから 想像できないほど貧富の差は激しく 極めつけは 大金持ちたちも 
北京政府など信用してないし 統制も取れていません。 ちょっと中国政府がたがをはずせば 
中国人民を分裂させるほどの暴動に発展しかねない状況です。 

チベット・ウイグル地区以外でも報道されてないが 人民の激しい暴動と
中国政府の激しい取締りがあってる 状況なのです。 

共産党で独裁政治かもしれませんが 実態は 国民を把握できなし 
アラブの国民のように 砂漠の砂はギュウと握り締めておかないとさらさらと
手からこぼれるのと同じ国民性なのです。 

だからこの報道を鵜呑みにして中国進出など考えれば痛い目にあいますよ 
ということです。

私が昔勤めてた ベンンチャーのはしりでもあったビジネスに 話題性を感じた報道機関からの
要請を引き受けてみて 報道された中身はまったく違い えらい迷惑を掛けられたことも
あったのです。

そして 宝珠幼稚園の園長先生とお会いしたときに 彼も報道の編集の際の 
偏向報道により 視聴者から誤解を受けた 一人となったのです。

バス停の君の由来 そして 宝珠幼稚園や淵神社での マシャの幼少の時代に
タイムスリップしてもらおうと 感じてもらおうと 思って書くつもりが
中国関連のニュースを見て 私が感じた報道の疑問を書いてしまいました。
次回の、ましゃ想い出の地 までよろしく。

スポンサーサイト

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

この記事に対するコメント

懐かしいです!!
この階段!! 子供とハーハー息を切らしながら登りました。
私も去年の春にタイムスリップしました~e-349
【2009/10/24 16:53】 URL | きらりん #- [ 編集]

きらりん さん
子供さんも 母親と 一緒に昇った
長い階段 を 忘れないでしょう。
【2009/10/25 22:25】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/358-44454a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。