スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月17日付け長崎新聞に載った福山雅治特集記事
今朝 早くから 長崎新聞告知の通り 福山特集記事を確かめるため 
目覚めとともに 新聞受けから 長崎新聞を取り出して ドキドキしながら 
めくっていくけど ない ない ない ここにもない 

あった 11面 記事の内容は 稲佐山ライブの流れを実況中継風に解説しながら 
「一つになろう」 「もってこーい」 「故郷への思い」 をキーワードに して 
福山雅治ワールドを 生活文化部 荒木勝郎さんによってリポートされてた。

長崎新聞特集

なぜ 鳩山新内閣の組閣が 全国的に新聞紙面の一面を飾るのが 
明白である時期にぶつけてきたのだろうか と ちょっと頭をよぎったが 
長崎新聞の営業戦略は深く考えずに

私は あの8月30日稲佐山ライブ会場に 立って 参戦してみて 
大勢のフアンの熱気に 触れた 臨場感をそのまま 我が家に持って帰り、 
そのまま 記憶にとどめた まま 福山雅治の魅力を私なりの 解説を試みてみた。

福山特集

福山雅治の魅力 を語る前に
まずは堅い話から入りますね。

あぁ・・・ チョット ちょっと 読み飛ばさないで!
 お願いだから 最後まで読んでね これからのあなたのために
重要なメッセージをしたためたので!

このごろ いまどきの若者は と 批判的な意見が 聞こえてくるが

我々の若いころも いまの若い者は と 人生の先輩たちから 
叱咤(しった) 叱責(しっせき) されてきた。 

そして そんな言われてきた 我々が 同じように 今頃の若い者は と批評する。
それは遠い昔から言われ続けているサイクルであり、 だからどうすればいいのかといえば
自分たちが歩んできた体験と 重ね合わせて批評する。

時代ごとに 世につれ 人につれて 社会の営みの環境は そのつど 変化する。
だから その環境に合わせて 考えなければならない
だから いまどきの若者のテーマは 永遠のテーマではないだろうか。

現代の若者と比べれば 我々が 若いころは 所得倍増という日本の成長期を経て
バブルの時代に入る前は とにかく日本は 貧しかった みんなが貧しかった
子供は鼻水をたらし 丸刈り坊主頭、 夏は 半ズボンにランニングシャツ

遊びといえば 野山や小川や海が遊び場だった。 お金がなかった。 
勉強しても大学に進学できるか 将来に不安を持ってた。 
働かなければ食えなかった。 しかし 

誰もが希望だけは持っていた。  みんな笑顔だけはあった。

いまの社会は 成熟され お金さえ出せばほとんどのものが手に入る。
雇う側から見ると 仕事も選ばなければある。 
また  派遣切り村など保護してくれる優しい社会となった。

好きなときに仕事をして 休みたいときに休む こんな派遣というシステムが出来上がり 
雇う側と 雇われる側とで マッチングされた時代となった。
そして 大きな経済的ショックが訪れてみれば 日本の安定の基礎となってた 
古き良き伝統である 終身雇用制度が崩れ去ってたことに気づき 
雇うほうも雇われるほうも 外的な社会不安だけが大きくのしかかってきた。

そこで あなたは 希望学という学問を知ってますか ?

私が この何か興味をそそられる なにか面白そうな 
目新しい学問を知ったのは つい最近です。
それは 9月14日 たまたま 早く帰宅してテレビをつけてみれば 
クローズアップ現代 で 希望学という学問を紹介していた。

社会を科学する とい前提から 希望学が生まれたのであろう と私は勝手に分析した。
そして まだ学問の域にまで到達してない 模索の段階であり 仮説の段階であると
私なりに認識した。

東京大学社会科学研究所の玄田有史教授の ある会社を調査研究した報告によると 
興味深い実態が浮かんできた。 

調査を進めるうちに 働く側は 働くが「先が見えない」といって仕事を辞め 
働くうち仕事に興味がなくなったのか 面白くなくなったのか 「先が見えた」 
といっては辞める若者が増えたということである。

甘えるなと叱責(しっせき)すれば それまでだが 何かわからない、 得たいの知れない
外的な大きな環境という変化が人々の心を蝕(むしば)んでるのではないかと 
考えてみた。

そして 私の体験を通してある仮説を唱えてみた。

私の人生の中でも 大きな挫折や 大きな喜び 失敗や成功 どうにもならないもどかしさや  
大きな達成感を体験するうちに そして 
端にも棒にもならないやつらにもまれて働いてた 若いころを回顧してみた。

暴れ者といわれたやつらも 社会にあてにされたい 必要とされたいという 欲求が強かった。
それが仲間内だけに認められたいという内に向かってた欲求が 社会という外に向ければ 
大きく よき方向に転じることに気づいた。

そしてよき伴侶と幸運にも出会えば 結婚を機会に 働く意欲がでて 子供をもうければ
生きがいを感じ 成功と喜びを勝ち取る。
そして こいつがブイブイ言わせてたころのあの暴走族の頭かと信じられないほど 
変貌し 大きな責任を持たせれば 社会という外に向かって責任をもち 期待にこたえるようになる。

これが まさしく 希望学の入り口でなかろうかと思った。

まずは 自分が置かれた 厳しい環境の中で自分は何をやってもだめだと勘違いして 
社会に反抗して  内にこもるのではなく まずは 何でもいいから 自分でいいと思ったことを 
外に向かってやってみるという第一歩を踏んで 自分を囲む外的要因である
社会的環境に順応してみる。

そうすると理解する人 とか 理解しない人 とか 無関心な人と 出会って 
もまれれば 否が応でも自分では気づかなかった 
長所 短所 強み 弱点を持った 自分に気づく。
 

みんな おおきな 得体の知れない不安を抱えてる それは 恋愛 結婚 仕事 家庭
離婚 経済的事情 人間関係 健康と病気 会社経営 資金繰り などなど計り知れない。

あなたも あなたも そこのあなたも 癒されたい 元気をもらいたい 
さぁ明日もがんばられる自分を見つけたい。  
だから マシャのコンサート に あしげもなく通えるのですよね。
だから マシャも あなたに あなたに あなたに 語るのです。 
「一つになろう。」

「故郷への思い」が
歌をライブで 歌い続けることによって あなたに あなたに あなたに 感謝し続け
走り続けてきた自分に対して 自分をほめて 素直な心を あなたに あなたに あなたに 
開けっぴろげに見せることができるのですよね。

 歌手である前に 俳優である前に ラジオパーソナリティー という芸達者である前に
人間らしい福山雅治。

人間らしい 人間としての マシャ それは あなたの あなたの あなたの 希望!
「もってこ~~~~い もってこい もってこ~~~~い もってこい」

チョッと硬い話だったけど わかりやすく 
あなたの あなたの あなたの想いを 表現したつもりだけど 

最後まで読んでくれて ありがとう!



スポンサーサイト

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/17 13:20】 | # [ 編集]


オレと ともに共感される マシャフアン共通の熱い希望 マシャと 
ひそかな夢を語ってくれて ありがとう。
何かわからないけど オレのコメントに反応した あなたのコメントに 
なんだか 恥ずかしいけど 感動してしまった。(照れ笑い) 
【2009/09/17 14:02】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


心に響く記事をありがとうございました。
友人に良く言われます・・・福山さんはかっこいいもんね~って・・・
ルックスはもちろんですが、一番は、ましゃのハートv-238が好きなんですよね!!
人として、最高の方です。
【2009/09/17 21:38】 URL | きらりん #- [ 編集]

きらりん さん
同姓の目から見た 彼を 客観的に文章に落としてみたら
このような熱い分析結果となりました。
【2009/09/17 23:17】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

ドンピシャ!です。
マンタさん、ありがとうございます。
最後のくだりには やられたぁ~!って感じです。
そこに辿り着くまでのマンタさんのテンポある語りも好きです。
これからも客観目線の声をバシバシ聞かせてくださいv-344


【2009/09/18 01:53】 URL | zona #9MYeezi6 [ 編集]

zonaさん
内角に食い込むボールで挑発して 
外角に外れるカーブとシンカーでファールボールを誘い
最後にドンピシャ 160kmのど真ん中 ストレートで三振 と 
いうイメージで せめてみました。
【2009/09/18 13:19】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/20 10:32】 | # [ 編集]


ありがとうございます。
喜んでもらえるように 楽しんでもらえる写真 文章を
これからも 載せていきます。
【2009/09/20 11:45】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/344-ff359eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。