スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長崎ふるさと大使 ましゃさるく~思い出の場所を求めて~」の 原案
野外コンサート会場
余韻がまだ残る 野外コンサート会場画像
むき出しになった赤土は 今回参戦された あなたの足跡です。 
また残念ながら 今回参加できなかったあなた! 
この画像で 参戦した気分になってください。

フアンしか知らなかった 彼の育った地も 彼がことあるごとに長崎を宣伝してくれたことから 
全国的に誰でもが知る 土地になりました。
それに今回のコンサートにより 市民の憩いの場所だった稲佐山も 熱心な 
マシャフアンのあなたの後押しもあって また9年前の大里元会長の想いを反映させた 
スタッフのおかげで  歴史的な国政選挙の影に隠れもせずに 
聖地稲佐山として全国的に有名になりましたね。

まあしゃ 思い出の場所 さるく
前からこの企画の発案者である女性が 長崎市に持ち込んでいたが 
なんとなく 棚上げにされていたのを 多くの問い合わせ などがあり
背中を押された 形で の 急発進となったのが実情のようです。

ただし 彼女は知らなかったが いつも魂のラジオを聞かれてる熱心な あなたなら 
もちろん知ってる 話ですが  確か去年の5月ごろ だったのかな 
マシャスポットをさるく もいいかなと 本人が いってたのを 私はおぼえていました。

私の周囲に マシャスポットをさるく の企画を話したら 全員賛成だったので
彼が 気にしてた 調子こいてるのでは という 地元民の誤解などはなく
地元民も喜んでるので  長崎故郷大使になってよかったと 彼に実感してもらうような 
マシャスポット にします。!

もし 6月あたりから この話をいただいてたら 仕事の都合上 断ってました
が 今月の初めまでは 大変でしたが 仕事も落ち着いて 次何をしようかと
頭を切り替える時期にさしかかってると 思ってた矢先だったので お受けしました。 

そのためには 運営者の都合だけで 動かすよりか 企画するよりか
フアンの意見を取り入れ これを具現化したほうが 一番と考えて 
ブレーンストーミング方式を取り入れて 意見を求めました。

コメントをいただいた 皆様には この場を借りて お礼を述べさせてください。
ありがとうございました。

当方のブログのコメントから参加された フアンのあなたの 貴重なご意見、
苦言、すばらしいアイデアをいただいたのを参考にして  
マイさるくコース講師の若い女性 と一緒に下記の原案を明文化してみました。 
 
1、マシャのプライバシーを守っての 企画であらねばならない
2、深いフアンだけの ごく一部の人たちしか知らない事実の公表は避ける。
3、長崎駅からスタートする。 
  (当時の刺激のない街長崎を離れる彼の心情を想像してみる)

旭大橋
旭大橋から見た景色

旭大橋から見た景観(右手に小さく灯台が見えます)
4、旭大橋を歩きながら 途中景観のいいところで 旭大橋の心地よい横風を受けながら 
  長崎の深い 特殊な歴史をさらりと 述べる。
  こういう歴史によって 長崎市民 県民性が形成され 福山雅治の原点である 
  生まれ育ててくれた町の 歴史上のエピソードをさらりと説明する。

5、思案橋ラーメンを昼食時に利用させてもらう。(了解済み)

灯台

6、灯台をコースに入れる。 
 (彼の子供のころの つりのスポットとしてのランドマーク灯台)
7、宝珠幼稚園 に立ち寄り 幼稚園児のころの エピソード を園長先生に語ってもらう。
 (実現するためには、ご承諾を得なければならないので まだ企画だけの段階です。)
8、仲見世八番街前で 高校生のころのバンド仲間にエピソードを語ってもらう
  これも企画の段階ですが 候補に上がってる人は 私も知ってる人なので 
  これは必ず実現させたい。

9、まずはご参加くださるフアン層のターゲットは マシャ歴が浅く まだ知らないことが多いので 
  さわりだけでも知りたい というフアンそうに 絞ってみる。
  もちろん マシャフアン歴の長い方! 大歓迎です。 

10、通称「バス停のキミ」と言われる、「ロープウェイ前」のバス停に行き 
   当時の彼の女学生への想いを語る。
11、稲佐山へはロープウエイで行き 展望台から長崎の町を眺める
    そして 市民の憩いの場である いまは静かな野外ステージへ行ってみる。
12、時間の配分を考慮すれば 稲佐小学校 淵中学校を ただ見るだけにする。
12、これらを考慮に入れて さるくコースの順番を決めて 
   時間の配分など 決定するため 現場に何度も行ってみる。
13、時間が許せば NHKの龍馬伝ポスターの実物を見せてもらう
14、時間が許せば 歴史博物館で5分ほど坂本龍馬について語ってもらう。

以上当方ブログの読者のあなたへ 上記報告いたします。
ただし あくまでも原案ですから スケジュールの変更を考慮に入れててくださいね。

スポンサーサイト

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
楽しみです
決定したらまたお知らせ下さいませ
ファン歴は長いものの実際に目にする光景って
説明つきだと違って見えるものなのでしょうね
小中学校は当時とは違う建替えられた校舎なんですよね
ましゃファンの聖地という前に長崎市民の憩いの場所
そうゆう思いも大切だと思います
私もいつか参加出来たらいいな~
これって1度限りですかi-198
【2009/09/08 11:22】 URL | ゆい #ptHr0ZB. [ 編集]


マンタさん、こんにちは♪
原案、なかなかいいですねv-237
旭大橋歩いたり、灯台のところには行ってみたいと思ってた場所ですし…
歴史上のエピソードや長崎市民でしか知らないようなその場所のささいなことでも聞けたら
いいなと思います。
決定v-160ましゃさるく実施後のレポ、楽しみにしていますね
今回は参加できないので、定期的に実施していただけたらいいなあ
【2009/09/08 14:15】 URL | ジャスミン #bMxhir8o [ 編集]


マンタさん、こんにちは。
ましゃの原点である『長崎』をソコココに味わえる「さるく案」ですね!
行った事がある所もあれば知らなかった場所もあって、いつか参加してみたいなぁ~。
と、思いながら拝見させて頂きました。(今回は残念ながら無理なので・・)
ジゲモン目線での語りが聞けるのも他県からの参加者には魅力の一つだと思います☆
これから時間がない中でのまとめ作業など、ご苦労もあるかと思いますが成功を信じて
頑張ってくださいね♪ ましゃも喜んでくれるモノが出来るような気がします(^^)d
【2009/09/08 17:06】 URL | zona #9MYeezi6 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/08 18:14】 | # [ 編集]


前回の無礼なコメントにも丁重なお返事をいただき恐縮してます。
失礼しました。

こちらの意見を反映していただいた原案。
とても魅力的ですね。

ご成功をお祈りしています。
【2009/09/08 21:46】 URL | 蜜柑 #HuBhO90w [ 編集]


まさに長崎人特有のおせっかいを体験しましたね
聞きもしないのにいろいろ教えてくれたでしょう

マシャも語ってたけど 坂道 段々道が 相互助け合いの精神を
はぐくんでの 誰にも親切になれる町なのかも です。

【2009/09/08 22:35】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

ゆいさん
10回ぐらいやるかもしれないですよ
旭大橋 歩いてわたれるんだと 地元ながら始めて気づきました。
これを 灯台下暗し(とうだいもとくらし)って言うんですよね!(笑い)
【2009/09/08 22:51】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

ジャスミンさん
灯台がある辺りは、中古船舶を海外に売りさばいてたとき
よく 中古漁船物件を見せるため外人をつれて行ってた場所で

気の荒かった 船員さんと十数年ぶりに会えば 
懐かしくて 懐かしくて 東南アジアでの ころの話が弾み 
お互い年を重ねたな~~~ が !

彼の苦難の歴史を感じさせる言葉でした。
【2009/09/08 22:55】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

Zona さん
生粋のジゲモンの言葉で語ります。

また 日本の大都会や 海外にいたころ の 私の長崎は 
むしょうに帰りたくなる
マイ ホーム タウン でした。
【2009/09/08 22:59】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/08 22:59】 | # [ 編集]

蜜柑さん
私が気づかない点を 指摘され はぁ! とさせられました。

こんなして ブレーキを掛けてくれる方が 
私にもいるんだと思えば 

チョッとマシャの歌に引っ掛けて 
まだ 東京にもあったんだ 人情が!です。

【2009/09/08 23:01】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


松島の火力発電所が建設されてるころは 
まさに荒っぽい人たちが全国から集まり
喧嘩が絶えず 

いまのような ゆったりした 雰囲気ではありませんでした。
18のころの マシャも 
ひょっとしたら この荒っぽい人たちに もまれたかもですね!
【2009/09/08 23:14】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/340-c4c274a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。