スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケティング・マネジメントから見た 福山雅治の存在感
瀧

マシャフアン は 熱狂的で30代 40代 の女性を中心にして 
マシャ友 という フアンクラブなどの横のつながりを大事にして 
お互いの情報を交換して 情報を共有している。 
また 企業側は 多種多様なイベントを 企画することによって マシャという 価値を創造する。

誤解しないでくださいね
私は マシャの価値が どのようにして高められるのかを フィリップ・コトラー教授の
マーケティング・マネジメントから 私なりに 勝手に考えてみただけです。

コトラー教授が定義するマーケティング・マネジメントは
「ターゲット市場を選び出し、優れた顧客価値を作り出し、分配し、コミュニケーションをすることによって、顧客を獲得し、維持し、増やすための技術と知識である」

コトラーの定義に従って考えれば、  フアンである ターゲットはどこにいるかを
探り出し ターゲット(フアン層)を深く狭くと絞りだし 形に表す。
 このフアン層が マシャ友となり 
マシャを高く評価することにより おのずとマシャの価値を高めていくのです。

だからマシャに興味のない人間にはネコに小判となるのです。

さて 稲佐山のコンサートのチケットが マシャというブランドを高めた が

その一方では、マシャのフアンたち以外から 値段が高いと評価されれば
マシャを否定された ような違和感を感じるのが 当然の結果であり

ジャンルを越えて ごく一般的な 考えかたから 述べれば 
興味本位でしか知らない人から 評価されれば  誰でも 怒りを感じるのが実感でしょう。

いわゆる熱烈なフアンからみた 8400円は妥当な価値である。
さらに 8400円という値段の問題ではなく 8400円プラス旅費 宿泊費を 
なけなしのたくわえのなかから捻出してでも 
長崎の野外コンサートに参加する価値があると 評価してくれるマシャを
支える熱烈な大勢のフアン層が マシャを 事務所を メデイアと
そのスタッフを支えてるのは 紛れもない事実です。

マネジメントから分析した マシャの存在は 
このフアン層(ターゲット)に絞った企業戦略であり ステイタスでもあるのです。


このプロジェクトに参加されてる方や スタッフの苦労や 現場の苦労を知ってる 
フアンたちから見れば 
現場に脚を運んだこともない人から 検証もせずに調べもせずに 
ただの思いつきだけでチケットの値段の批判をされれば 
怒りを覚えるかもしれませんね

今回の稲佐山野外 コンサート 初参加の私は 不特定多数の美人たちに囲まれて 
チョッと恥ずかしいけど 黄色のタオルを 振って マシャフアンの
クオリティの高さを共有して 楽しもうとワクワクしてます。

長崎在住の私のことが 他県のマシャアフアンにとっては とっても とっても
うらやましいのか 他県のフアンの方から うれしいお叱りを受けます。 
私はMではありません。誤解のないようにおねがいしますネ!

私の身近なマシャフアンは 独身時代 いつかマシャと会えるかもしれないとの
かすかな淡い期待とともに わざわざ マシャの実家のすぐ隣に 部屋を借りてたぐらいです。
そんな彼女とは 今では マシャという 情報を共有することによって 私と話が合うようになりました。

私も 詩人 福山雅治の残響に触れて 感性豊かな詩人と 
いつか 長崎を語り合いたいと 強く思っています。

長崎をことあるごとに 粋な計らいで宣伝してくれる マシャに 大感謝です!
そして 忙しいなか貴重な時間を割き、 高い費用をかけて 日本の端まで 来られる 
マシャフアンの方々には 長崎市民を代表して 大 大 大感謝です。

マシャも脚を向けて 寝られないと 私に 言ってました。

テレパシーで!  無言! 
スポンサーサイト

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

マンタさんこんにちは。

素晴らしいコメントに感激しましたv-353
このように私の気持ちを代弁していただいて嬉しいです。

私はましゃの詞にも表れているように、「人としての生き方」「考え方」「故郷への深い想い・・・に感化されています。
自分の言葉で表現することが苦手な私にとっては、ましゃの感性豊かな表現力に若干嫉妬を感じてしまいます。

そして、マンタさんのステキな写真いつも癒されます。
今回の滝も涼しげで、行きたくなってしまいます。今度はどんな写真かなといつも楽しみにしていますよv-344

色んな意見あるかと思いますが、8月の「稲佐山ライブ」きっと素晴らしいものになりますよね。楽しみです。

私事ですが「軍艦島クルーズ」の予約もとれて、「亀山社中」にも行こうと思っています。
きっと多いでしょうねv-364
【2009/07/13 16:29】 URL | 四葉のクローバー #- [ 編集]

四葉のクローバー さん
>自分の言葉で表現することが苦手な私にとっては

とおしゃって ますが

心のこもった あなたの素敵な言葉で表現されてますよ

次回は いなさやまの 約束の丘をアップしますね!

【2009/07/13 19:56】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

長崎!!
マンタさん、こんにちは!

お仕事がお忙しい中、ステキなコメントありがとうございました!

長崎新聞HPで「福援隊」の記事も見ましたが、
地元のみなさんが稲佐山ライブ、長崎を盛り上げようと
色々と企画してくださっていることを知り、とっても嬉しく思いました。
ましゃの想いが通じてるんですね~★

先週、横浜アリーナでのライブに3日間参加してきましたが、
日ごとに進化・深化しているましゃ、そしてファンのみんな・・
9年ぶりの、そしてこの9年の間に長崎を想う気持ちが断然強くなっている
ましゃの、長崎凱旋ライブはどれだけ盛り上がるのだろうと
今から興奮しています!

マンタさんも、恥ずかしがらずにタオルを思いっきり振って
ぜひ一緒に盛り上がりましょうね!!

約束の丘の写真、楽しみにしています!!


追伸:長崎に住んでるマンタさんが、私もとっっっても羨ましいです!!(笑)
【2009/07/15 12:45】 URL | ちにゃ #- [ 編集]

ちにゃ さん
主役の座を奪わないように わきまえて 恥ずかしそうに タオルを振ります。
そして マシャに向かって 
「オレの甘いマスクをいつまでつけてるんだ早くオレに返せ」

と叫ぶかも知れません。
そのときは 無視してくださいね!
私の家族は 二度と 私に口を聞いてくれない でしょうけど!!!
さみ~~~~しい!

【2009/07/15 21:37】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/16 15:55】 | # [ 編集]


マンタさん、はじめまして。 

奥深く味わいのある珈琲のようなマンタさんのブログを堪能させてもらっています。


私は運よく稲佐山ライブに、
共感できる大切なひとと一緒に参加することができます。

誰がなんといおうと、「福山雅治」の世界に共感できて
心が動き、プラスに感じることができるなら
金額も世間も関係ないですよね。

本人がいいと感じるならそれでいい。

そんな単純な人間らしい感覚は大切にしたいですね。

これからもスゥ~っと
長崎に想いを馳せることができる
素敵なマンタさんブログに遊びに寄らせてもらいますね。
【2009/07/16 18:10】 URL | カーズ #- [ 編集]

カーズ さん
野外コンサート の参加 オレ以外にも男性がいて 少しホットしました。

ルンルン気分で 大切な人と、 勝手にやってください。 

私の古い大切な人は・・・・・・ 無言!

こんなサラリーマン川柳をカーズさんにプレゼントします。

 「妻の声 昔ときめき いま動悸(どうき)!」

 「ペットに向けるその笑顔、 オレにも 向けろ!」

 さぁ~~~~びし~~~~ぃ  
【2009/07/16 18:58】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

ましゃのライブ
マンタさん、こんにちは★

この間も書こうと思って忘れていたのですが、

ましゃのライブには男性もたくさんいらっしゃいますよ~!

カップルもいますが、若い男の子同士も、ご夫婦(年配の方も)も!

まぁ、もちろん女性が圧倒的に多いですけどね(^_^;)

私は、ましゃのライブに男性がたくさんいらっしゃるのは凄く嬉しいです!

同性をも魅了するなんてステキじゃないですか♪
【2009/07/17 12:29】 URL | ちにゃ #- [ 編集]

ちにゃ さん
昼休みの貴重な時間にいつもコメントありがとうございます。

稲佐山の 誰もいない野外コンサート会場に立って運営者でもないのに 
勝手に運営者としての立場から考えたこと
 さらりと記事にしようと 頭の中に描いてるのですが
時間が取れません。 

そして主役の本人にとっては来年の龍馬伝に向けて
すごい重圧を感じてるはずですよね 
なぜなら 彼の本質は生真面目な性格だからです。

彼に 水戸黄門の人生楽ありゃ苦もあるさ を歌わせましょうね

がんばりすぎる人には いつも私は 「気楽に行こうぜ!」 と声かけてます。

【2009/07/17 13:38】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/324-a6faa3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。