スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの手先になってる人たちもいつかはアメリカの都合で捨てられる。
鍋冠山から
昨日もきょうも長崎は雲ひとつない快晴 鍋冠山からの眺めは最高でした。

新型インフルエンザウイルスを意図的に 毎日どのテレビ局でも毎回ニュースごとに
数十秒にわたって見せられたら 視聴者に不快感を与えて恐怖に陥るので やめてくれといいたい。

J-CASTニュース 「日本はもう立ち直れない」。 という 
こんな刺激的な問題提起を行いながら、留学して海外で働こうと呼びかけるブログが話題だとなってるそうで 、筆者は、米シリコンバレーでコンサルタント会社を経営する女性です。

こんな記事を発見したが ユダヤ人に言わせると 祖国喪失を歴史上体験したこともない
幸せな 別荘育ちの おぼっちゃま お嬢さま の意見である。
アメリカをもう少し理解してからでも遅くはないであろう。

こしき岩から
子供のころの遠足コース こしき岩から見た日本晴れ
アメリカは 私の若いころの私の憧れであり夢を見させてくれる国であった。

そんなアメリカにスカラシップで留学してた人の話は あこがれであり、
いつもエキサイティングであった。
そんな私に対し彼は、アメリカの現実、非情さを 教えてくれた。

アメリカとは、 または アメリカを支配してるのは、東部エスタブリシュトと呼ばれる
ごく少数のスーパーエリートの白人たちと セブンシスターズと呼ばれる石油資本 
軍需産業 が アメリカの政治 経済 軍事 ハリウッド マスコミを支配してる 
アングロサクソン系の エセ民主主義社会であるといってた。

そのころの私は うぶだったのか 想像すらできず 信じることができなかった。

そんな彼が もうすぐしたら中近東で戦争が起こるといってたのには 何いってるんだ
オーバーな 事を 軽々しく 言うなよと思ったものでした。

そんな うぶなオレを 無視して 第41代 アメリカ大統領に選ばれた 
パパブッシュは 軍需産業や石油会社からの献金 いわゆる選挙資金でなれたのだから 
彼らに借りを返さなければ ならない。

との事 そのためには 中近東で戦争が起これば 原油の値段が高騰して 
石油メジャー資本は莫大な利益を上げることができるとの理由であった。

そんな お金のために 戦争をすること自体が 想像もつかず 理解もできず 
信じることができなかった。 
中近東の紛争といえば イスラエル対イスラム という図式しか思い浮かばなかった 
私だったが その情報を聞かされた 2ヶ月後に起こった。

1990年8月2日にイラクがクエートに侵攻して アメリカを中心とした 連合軍を編成して 
いわゆる多国籍軍として 1991年1月17日にイラクの軍事施設を中心に誤爆を含めて
ミサイルなどでピンポイントに空爆をし そして クエートをイラク軍から開放した地域紛争が 
いわゆる湾岸戦争と呼ばれている。

イラン・イラク戦争で アメリカに借りができていたイラクの指導者 サダム・フセインは 
何度もアメリカに本当にクエートに侵攻していいのか 打診していた。
彼の中ではアメリカのリクエストによってのクエート侵攻である。

そして アメリカCIAのバックアップによってイラクの指導者にのし上がった 
サダム・フセインは同じアメリカCIA によって 世界の悪者に仕立て上げられていった。 

私の知り合いが言ってたが アメリカCIAは 世界各国からアメリカに留学してきた 
優秀で有能な 度胸のある 若者を一本釣りして 洗脳して 帰国した後は 
その国のブレーンに育て 出世させて アメリカの属国に仕向けていく戦略が
出来上がってるらしい。
だけど

そんな彼らもアメリカの都合で動かされているから アメリカの都合でいつかは捨てられ
悪人に仕立てられるケースもありえる。

郵政改革がアメリカの意向に沿って行われてることの証拠である 
年次要望改革書の存在を知ったときは 大きなショックを受けた。

いい例が アメリカ留学の経験はないが
 アメリカCIA と強い絆で結ばれてた サダム・フセイン であり 
アフガニスタンでソ連軍と戦うために アメリカCIA に育てられた 
ウサーマ・ビン・ラーディンである。

そして戦後日本はアメリカCIA によってコントロールされてることが
アメリカ公式文書から読み取れるのです。

人は想像もつかないことには おいそれとは信じない 
だけど われわれが想像もできないことが 世界では起きているのが現状である。
スポンサーサイト

テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

私も、アメリカナイズドされ、クラブ活動はバスケットボール、好きな音楽はFUNK MUSIC、ファッションもアメリカンカジュアル、と無邪気な青春時代を過ごし、つい最近まで同盟国アメリカが好きで好きでたまりませんでした。

今から6年前、イラク帰りのモルモン教徒予備役兵5人(Recon Combat Vehicle要員)をホームビジットで迎え入れ、戦場の様子を日本語ができる(彼女が日本人)隊員から聞いたりして、「どうも違うぞ?」と違和感を感じ始めた分岐点が、その日でありました。

「マイク(私をこう呼んだ)、自衛隊は絶対にいっちゃだめだ!話と違うぞ!」

“国家戦略”と“一国民”は別人格ですから、これからもここのところはマチガエないように心がけますが、憧れはもうありません・・・

また、オジャマします。


【2009/05/07 12:19】 URL | アシッド #- [ 編集]


>「マイク(私をこう呼んだ)、自衛隊は絶対にいっちゃだめだ!話と違うぞ!」

この言葉は 意味が深いですね
まるで アメリカは日本を巻き込む戦略を立ててるぞ と警告してるようですね

とにかく日本は アメリカの都合での戦争に巻き込まれないようにしないと
そのためには 憲法9条の意味が 重要になってきましたね!
【2009/05/08 20:38】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/308-18377f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。