スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の好きな歌 蜜柑色の夏休み
私の好きな歌 蜜柑色の夏休み

カントリーロックに乗った 蜜柑色の夏休み を聞いたとき オレは
彼の 母の実家を 想像することができた。
私の子供の頃の 田舎の思い出と体験を重ね合わせて 聞き入ってしまいました。

子供が夏休みを利用して まるで ワクワクする場所へ 8時6分 
長崎駅発の汽車に絶対に寝坊せずに家を出て 間に合うように  
乗り遅れないようにと いつもよりか早起きするのだと 子供の気持ちが
手に取るようにわかるのです。

忘れ物はないだろうか と 母親が心配して 着替えは持ったか 
宿題(夏休みの友)は忘れずに持ったか
おばあちゃんのところでもおばあちゃんが怒らないからと調子に乗って 
「悪さしたらいかんバイ 宿題ば済ませてから 遊ばんといかんとよ」とか 
「遊んでばかりだったら来年からは 行かせんよ」 と 母親から 釘を刺されるかわいい 
わるくろ息子の体験が描写されている歌である。 


蜜柑のばあちゃんは 毎年夏休みになると やってっくる 孫の成長が楽しみで 
柱の傷と背比べさせて 満面の笑顔を 雅治君に向けるのでした。 

小さい子供だけでの 心細い不安な
田舎までの道中の汽車のなかから 子供心に見える大村湾の景色や 
窓を開けて顔を外に出して 顔一杯に風を受ける 夏の潮風の感覚は 
大人になっても忘れることができなかったのですよね。

彼の田舎はまるで時間の感覚がなくなる 全ての時間が止まったままの
スポットに入り込んだような場所である。  音といえば 風が鳴らす 
葉っぱの擦れ合う音と せみの鳴き声だけが聞こえる 静寂のスポット  
クワガタ や カブトムシが たくさんいる 昆虫の宝庫 だったのです。


 それが今では 大変身してしまいました。
かれの母方の田舎は 長崎大水害前は 陸の孤島のような地域で 
農業では 日本有数の蜜柑の産地で有名で 大村湾沿いの道路は 
カーブミラーだらけのくねくねとした山道を 走りながら すれ違う車といえば 
蜜柑農家の軽自動車か 採れたての蜜柑を満載にしたトラックの運転の
不慣れなオバちゃんドライバー だけのド田舎でした。 

が 長崎が今までに経験した事もない大天災 
長崎大水害が昭和57年7月23日夕方から24日未明にかけて長崎は集中豪雨にみまわれて 
長崎のいたるところが 川の決壊により まるで爆弾を落とされたような 戦争の爪あとのような 
街並みと家々 そして 土砂崩れと 自衛隊員による救出作業のかいもなく 
多くの人たちが犠牲になったのです。 

この長崎大水害により  長崎の幹線道路は いたるところ土砂崩れで寸断され
長崎市内に徒歩だけで 車では 入ることができなかったのですが、 
唯一この大村湾に面したくねくね道路だけはどうにか車が 通れる状態で 
我々の口コミから 長崎市内への生活物資が運ばれるようになったのがきっかけで 
みんながそれ以来利用するようになり くねくね道路も直線道路に整備され 
ドライバーは運転しやすくなりましたが。
 
非常に静かな田舎も 車の往来が激しくなるに従い 車のエンジンの音で 
あの耳にも体にもリラックスできる 心地よい静寂さは ついに かき消えてしまったのです。
 
それに地元では有名な桜坂トンネルも ひんぱんに大型のトラックも通るようになり
櫻が咲く頃 にはアーチ型に櫻が咲いてたが 大型トラックの通行の邪魔となり 
櫻の枝が切り取られて 今では 思いで深い櫻坂トンネルは 
ただの櫻坂になってしまいました。

櫻坂のルーツ 
雅治君の子供の頃の田舎の櫻は 長崎県 西海市大瀬戸町松島にある 
松島の櫻坂の写真のようなアーチ型をしてたんだよ。 彼は覚えてるかな?
写真で確認してみんね 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
福山雅治 マネージャーの長崎での密着日記 
http://www.nakabanet.com/005-6fukuyama.html

(この日記の中に日立造船所と記載されてましたが 岩崎弥太郎起業の三菱造船所の間違いかと思います。)

もしも だよ こんな家の大きな窓から だよ 荒っぽい時たま弦のきしむ音が混じった 
カントリロックの調に乗った アコースティックギターとハーモニカの演奏と 誰かの声に似た 
生の歌声が聞こえてきたとしたらだよ

窓

道行く 近所の人たちは 何事もないように いつものように歩いてるけど
フアンにとっちゃー こんな日常を体感したら たまんネェーだろうな!
↓ ↓ ↓ ↓
蜜柑色の夏休み


スポンサーサイト

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

さすがに音がもれ聞こえるというのは
今は無さそうですが…
この歌を聞くまで長崎=蜜柑というイメージが
全くありませんでした
九州だったら熊本でしょうかi-198

これからも長崎を訪れるファンは絶えないと思います
再来年はなおさらですね
亀山社中が公開される様になったら
行って見たいと思います
【2008/11/10 14:32】 URL | ゆい #ptHr0ZB. [ 編集]

ゆいさん
福山効果で長崎も多くの方に知られるようになりました。
いつか 彼もみかん農家を代表して農協の宣伝に出てくるかも

いっぺん長崎のみかんバ食べてみんね
おいしかよ

という せりふ付で 
【2008/11/12 13:27】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]

そうですよね
よく拝見しています。いつも日記凄いですね。僕も頑張ります。ここのところ寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また遊びに来ます。
【2008/11/12 18:36】 URL | 昭夫 #- [ 編集]

昭夫さん
ご丁寧にありがとうございます。
いつでも遊びに来てください。
歓迎いたします。
【2008/11/13 18:01】 URL | マンタ #8IGD9dRc [ 編集]


はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

スキャルピング道: http://scalpingdo.com/
【2008/12/19 12:23】 URL | スキャルパー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/260-710748a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。