スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故戦争が起きるのか
何故戦争が起きるのか
 
北京オリンピック開催日を目指してグルジア軍が南オセチアに進攻した。
今世界各地で戦争が起きている 世界の歴史をほじくり返せば どこかで必ずや戦があった。 
 今でも戦争は耐えない。

戦争とはなんぞや と考えれば 即思い出すのが 古典となってる 
クラウゼビッツの戦争論である。

凝縮して戦争論を語れば 戦争は政治の延長であり 外交の一貫である

政治とはばらばらになった大儀名分を一本化することにより
国内の各勢力の内紛を避けるため 各派閥の既得権益を守るためには 
外に敵を作れば 国内は一致団結に至る。 

外交とは自国の既得権益を守るための喧嘩であり 
それが発展することによって
大儀名分を掲げての争いとなり 破壊行為へと発展していく。

クラウゼビッツの戦争論が生まれる要因は ヨーロッパ 中近東 
では民族間の争いが絶えず。
ここに戦争論が確立した要因が出来たのでは

北京オリンピック開催日に
グルジアの南オセチアをめぐってのロシアとグルジアの紛争が起こってしまった
グルジアはNATO(北大西洋条約機構)にとってのロシアの南下政策の防波堤であり

少数民族を有する紛争の火種を持つ国家は民族間の一致団結を図るため外敵を持たなければならない。そこにオセット人が住む南オセチアをグルジアの外敵に仕立て上げる
ロシアはオセチア人を救うための大儀名分の下にグルジアに侵攻する。

何故このように戦争をしなければならないかといえば
NATO(北大西洋条約機構)は資源という既得権益を守らねばならない

NATOとしてはロシアの南下政策から アゼルバイジャンのカスピ海周辺のバクーから
グルジアのトビリシを通ってトルコの地中海側に位置するジェイハンまでの
BTCパイプラインを守らなければならない。

またイスラエルにとってはBTCパイプラインと並走してる天然ガスパイプライン 
BTEパイプラインをロシアの南下政策から死守しなければ 
国家の存亡に関わる。

この歴史的に国家の滅亡を経験したイスラエルは非常な危機意識を持ち
グルジア出身でイスラエル特殊部隊経験者を民間人として送り込み 
民間会社を隠れ蓑にして グルジア軍をロシア軍との戦いを念頭に置いての 
ゲリラ戦のエキスパートに育て上げた。

それはロシアや イランから BTEパイプラインを死守して
イスラエル国家の権益を守らなければならない必要に迫られたからである。

その蔭にはアメリカの意図とする ロシア包囲網が見え隠れしてくるのです。
表立ったロシアに対する アメリカの外交戦略は ポーランドを巻き込んだ 
ミサイル防衛計画 MD網である。

事の顛末は
プーチンのすさまじい資源戦争により世界に影響力を持つロシアを 
アメリカは牽制しなければならなくなったのです。

そしてマスコミを利用した ロシア軍のグルジアでの民間人を巻き込んだ進攻を映像化して
世界に配信して ロシアのイメージを悪化させる アメリカのプロパンガンダが浮き彫りになってくる。

またアメリカは中国に介入してもらいたくないので 北京オリンピク開催日を念頭においての
グルジア軍 の南オセチア進攻となったのでは。

これが世界の趨勢であるが 日本の海域で資源を吸い取られても
竹島を占領されていても 激しい抗議もなく 過去の日本の占領政策をほじくられても 
ただひたすら謝るだけ そして かたくなに ひたすら まじめに平和憲法を守ってる国 
が存在することが世界史において 不思議で珍しいことである事を 
我々は忘れてはならない。 
スポンサーサイト

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/236-55586448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。