スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音と建前 2-1
本音と建前 2-1

本音と建前と本音とうその違い
日本人が使う本音と建前と日本人以外の使うその場での本音と建前には大きな隔たりがあるのを無意識に感じ取った方はたくさん居られると思います。
まさに、自己を正当化して、自己主張をしなければ生き残れない、厳しい社会の環境の中で育った外国人から見れば 日本人が使う本音と建前は、ただその問題を棚上げにしてその場の体裁を作り問題解決をしない責任逃れをする ずるがしこい国民性だと 誤解されるのが実情です。
 また逆に 本音と建前の世界で育った日本人で、外国で商売や貿易 生活を基盤にしてる人たちにとっては 外国人がうそを平気でついたりおべっかを言ったり時にはハッタリをかませて、または脅したりすることに徹して 交渉ごとを有利に導こうとすることに、ある種の違和感を感じ取り 本音と建前ではなく本音とうそをたくみに使い分けて したたかに振舞う ずるがしこいやからに見えてきて、時たま腹が立ち、不信感が募るばかりになったりするのです。

例に挙げれば、フィリピンブログで知ったのですが、フィリピンに生活基盤を置いて
ビジネスをされてる方の話の中でフィリピン人の長所・短所の特徴について本音で語っている方がいますが、 この本音を読んだ日本人で 日本だけの生活と文化だけを知らない日本人には 悪評・誹謗・中傷と勘違いされて 大きな誤解を生じているのです。
 
また儒教文化の中で育った人の中には日本人の特性を見事に理解された方もおられます
それは 最初は日本人の本音と建前を知ったとき なんと日本人はずるがしこい国民だと強い憤りを感じたそうです。 けど建前とは、いがみ合いを避けるための手法であり
その場を和ますために使われるスキルである事を認識した外国人もいらっしゃいます。

冬にはじっと耐えて春に種を蒔き梅雨に田植えをし夏には稲の育成を見守り秋に収穫するという春夏秋冬という自然のサイクルさえ守ってれば いわば気候風土にしたがってれば生活の保証がなされ るという感性的条件に基づいて「自然にしたがってればよい」 という思想が生まれたのです。
人の和を乱すものがいれば待ったなしの日本の独特の四季である自然のサイクルに強制的にのっとった稲作農業が成り立たなくなるのです。 こういう気候風土だから昔から日本では皆と同じ考えで、皆と同じ作業いわゆる行動をしなければ 生き残れなかったのです。
これがいまだに 突出した人間は排除されて 「出る杭は打たれる」というフレーズが生まれたのでしょう。
さらに何か新しいことをやって日本では評価されなっかた事が、海外では高く評価された例は本1冊かけるほどのエピソードがあります。
何もせず自然のサイクルさえ守ってれば安泰という組織体を遠い昔から延々と築きあげてきた 農耕社会の中では、嘘は組織全体をばらばらにし 和を保てなくなるので
うそをついてはならない、人と違ったことをしてはならない、と厳しく育てられた日本人は、本音と建前の世界を使い分けることによって、組織の維持を機能させるための他国のどこにも見られない日本独特の伝統文化を持つようになっていったのです 
だからしつこいようですが その場の雰囲気が和むようにとの「和を持って尊しと成す」の日本独特の文化から生まれたものです。
だが四季のサイクルを持たない厳しい自然環境の中で育った民族は、生き残るためには、自己主張の強い自分勝手な行動をしなければ生き残ることができないことから 組織よりもまずは個人をまたは家族を守らなければならない使命が生まれたのです。

それは 本音と建前ではなく 本音とうそがピッタリと当てはまるフレーズなのです。

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/203-272d26b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。