スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだにアメリカにコントロールされてる日本
いまだにアメリカにコントロールされてる日本

去年の大連立政権構想は
アメリカの日本メデイアに対するコントロールの失敗作である。

アメリカの国益のため仕掛けられた大連立政権構想は
今回の国会党首脳会談は 前回の失敗を教訓にして表舞台に出しての コントロール下にあるメディアの反応を検証したかったのでは。
そして結果は歯切れの悪い首脳会談となったのではと予測されるできレースではなかったのでしょうか?

去年のアメリカが仕掛けた大連立政権構想とは
もしもアメリカの息がかかったメディアからばらばらの意見を統一させた立役者小沢一郎氏が大絶賛を受けるとすれば 大連立の申し出を受けるであろうし、 国難を救った男、まさに強いリーダーシップを持った男、として大礼賛されれば、事態はどうなったのか? 

アメリカの思惑に乗ることが民主党にとって危険である事を民主党幹部は熟知していたのでは、だから連立政権に猛反対したのです。

小沢一郎氏の裏でシナリオを書いてる誰かがいるのでは、アメリカの強い影響力の下に置かれた誰かがアメリカの書いたシナリオをなぞっただけと仮定すれば、民主党代表である小沢氏の去年の民主党代表辞任騒動は納得いくかもしれませんね。

戦後アメリカGHQが日本を支配して以来日本メディアはアメリカ情報工作機関に操られアメリカの都合の良い政策が実施されてきたことをアメリカ国務省の公式文書から読み取れることを認識しなければならない。

COVERT ACTION By Region Asia
地域アジアによる秘密工作

"In a major covert operation of the cold war, the Central Intelligence Agency spent millions of dollars to support the ... Liberal Democratic Party and its members in the 1950's and the 1960's.... Since then, the C.I.A. has dropped its covert financial aid and focused instead on gathering inside information on Japan's party politics and positions in trade and treaty talks....

「冷戦の大きな秘密工作で、中央情報局を支えるために何百万ドルも使かってしまったのです。
自由民主党のメンバーに1950年代と1960年代のかけて、CIAは秘密裏に財政援助を
した代わりに、取引として、日本の政党政治と位置に関する情報に集まめることに集中したのです。、そして、その条約は以下の通りです。

"The C.I.A.'s help for Japanese conservatives resembled other cold war operations, like secret support for Italy's Christian Democrats. But it remained secret -- in part, because it succeeded. The Liberal Democrats thwarted their Socialist opponents, maintained their one-party rule, forged close ties with Washington and fought off public opposition to the United States' maintaining military bases throughout Japan."

「日本の保守党のCIAの救済策は、他の冷戦活動(イタリアのキリスト教民主党員に対する秘密の支持のような)に似ていました。しかし、それは秘密のままでした。
一部ではありますが、それが成功したのです。自民党は彼らの敵である社会主義を妨害して、彼らの一党支配を維持して、ワシントンとの緊密な関係を作り上げて、アメリカ合衆国が日本中で軍事基地を維持することに対して一般大衆の反対を退けてしまいました。」

以上つたない訳文ですがアメリカ国務省の対日戦略を読み取ってください。

日本マスコミはこぞって書く アメリカ経済が悪化すれば日本の政治経済も打撃を受けると 受けざろうえないほどアメリカに頼りきっているのである。

いやいまだにアメリカ合衆国から独立できずにいるのです。

 他国に左右されずに自国の利益は自国の考えで本当の独立しなければならないと考えて、アメリカを激怒させるのを覚悟で、環太平洋構想を実現するため アメリカを頭越しに中国と国交正常化を実現した政治家 田中角栄の末路を検証すれば一目瞭然である。
スポンサーサイト

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/187-9ed1c1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。