スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄伝説坂本龍馬
5、勝海舟と坂本龍馬

文久3年5月17日乙女姉さんに宛てた書状によれば

この頃は天下にとどろく軍学者 勝麟太郎という大先生の門人となり 大変かわいがられて客分のような扱いを受けております。
近いうちに大阪から十里あまり(約40キロ)離れた兵庫という所に
海軍を教える施設をこしらえ又40軒50軒も(百メーターほども)
ある船をこしらえ、弟子どもも45百人も方々より集まってきています。私をはじめ栄太郎などもその海軍所に稽古学問いたし 
時々船乗りの稽古もいたし 練習船である蒸気船で近い内に土佐の方へも参ります。
そのときは、お会いすることができると思います。 また兄上も賛同成なされて やれやれとはやしたてられ 以前申し上げましたように戦でも始まれば これまでの命と思いながら 40まで生き延びてればむつかしい仕事をこなしているでしょう。
そんなわけで、すこしエヘン顔をしています。
達人の見る目はおそろしきものとつれづれにもこれあり。 ゆえにエヘンエヘン
5月17日 乙大姉御本
これらの事を親しい人に少しだけ話しただけでも誤解をまねく恐れがあるので 一人胸に収めておいてください。
                         かしこ

弟子から客分扱いとなり
「40軒50軒も(百メーターほども)ある船をこしらえ、弟子どもも45百人も方々より集まってきています」 は龍馬のほらであるが 姉にここまで脱藩浪士がのぼりつめてるということを得意満面になっていることがうかがえる

勝を通じて横井小楠など天下国家を論じてる人たちと知り合うということは、脱藩したときには夢にも思わなかったのでしょう。
この文面から龍馬は勝から絶大の信頼を持たれ、勝の使いとして 
越前福井藩へ赴き松平春嶽から勝塾の建設資金5千両を借り受けている。

このように天下国家を論じる立場に立てた、または出世の道ができたと勘違いすれば、または出世街道を歩いてると思えば我を忘れて、人間誰でも天狗にもなるし、ほらも吹き、有頂天にもなるということを 龍馬も体現しているのです。

実に人間味あふれる人間らしい じつににくめない龍馬の姿がこの書面の文脈から、かいま見ることができるのです。

この手紙は皇居にある龍馬の手紙であり エヘンの手紙といわれてる

スポンサーサイト

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/171-60ef3d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。