スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本独特の文化 派閥政治の力学
日本独特の文化 派閥政治の力学

何故一夜にして自民党議員たちが福田康夫氏をなだれのごとく総裁選立候補擁立に動いたのであろうか
「キャラの立つ」(個性が強すぎる)何をやらかすか判らない麻生さんには自民党という
共同体運営を任せたくないのが自民党重鎮達の本音であろう。

安定感のあるように見える、長老の意見を聞いてくれると思われてる福田康夫氏、
実はおおきな勘違いである。「老獪な福田康夫」 は今は何を言い出すでもなく、 波風を立たせるわけでもなく 政策うんぬん関係なく、自民党の既得権益を守る、 「共同体運営」にはうってつけの  「キャラが立たない」と思われてる福田さんをワンポイントリリーフとして総裁候補に担ぎ出しただけである。
なぜなら人事について麻生氏は現状維持を示唆して発言であるが、
福田氏の見解は、「人事にまで考えは及んでいない。その立場になったときに考える」と慎重論に落ち着いている。
これは、既得権益を守りたい重鎮に向かっての発言と思われます。
だから 自民党総裁選は何をやらかすかわからない麻生さんよりも自民党の各派閥の既得権益を守ってくれそうでコントロールしやすいと思われてる福田さんを擁立にいたっただけなのです。

世界に類を見ないおとなしい保守的な日本国民が年金問題で怒り、そして目覚めたため、与党は参議院選挙で歴史的大敗となった。
これこそ自民党の本当の危機なのである。
国民無視の自民党共同体維持のための防衛策である。 

だから額賀財務大臣や谷垣元財務大臣の出馬を断念させる「派閥談合」となり 共同体維持のための話し合いであり、政策の話し合いは、表向きだけでありましょう。

これを踏まえての福田内閣のキャッチフレーズは、国民不在の自民党派閥という内部の体制の立て直しのための「自立と共生」を社会という外に向かってワンポイントリリーフ福田康夫氏に叫ばせてるのでしょう。

明治維新以来、派閥とは「察しあいの世界」という曖昧の社会から培われて 藩閥から始まり選挙地盤の地縁や世襲制による血縁の中から生まれて形成された中での談合または話し合いにより、
数の力と論理で既得権益を守り通そうとする[長老型日本式デモクラシー]の悪しき負の日本独特の文化なのです。
スポンサーサイト

テーマ:自民党の腐敗 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/166-854dfcb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。