スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーマス・グラバー 高島炭坑と契約
トーマス・グラバー 高島炭坑と契約

松林林蔵
松林林蔵


鍋島家の 松林林蔵は 鍋島家だけでは 高島炭鉱開発においての資金、設備機械の入手及び採掘炭の販売ができないことを知っていた。
だから石炭需要の増大と炭鉱の将来性を見込んだグラバーの力を借りなければならなかったが、話し合いで決める商習慣を規範とする日本人においては小菅修船場の薩摩藩のように外国との折衝にもまれたことのない佐賀藩である。だから西洋との契約という概念がなくグラバーと松林の話し合いという交渉は、グラバーに有利に導かれていく。
20070407173608.jpg

北渓井抗(ほっけいせいこう)

高島炭坑経営史によると
1、 販売はグラバー商会が担当すること、ただし1件ごとに双方の合意を有する
2、 深堀藩にはグラバー商会が3ヶ月ごとに1トンにつき1両のレートで採掘料を支払うこと
3、 諸経費はグラバー商会が支払
4、 利益は3ヶ月ごとに折半とする
5、 佐賀藩が消費する石炭は、採掘炭より現物支給とする。
グラバー商会と鍋島家の最初の契約条項は鍋島家の有利な契約であったがグラバーが提示した融資額が佐賀藩のグラバー商会から購入した蒸気船の残金と一致する43750両という金額であり、さらに融資の期日と蒸気船残金支払いの期日が同じ8月8日であり資金面でグラバーの思惑通りにことが運んでいくのです。
そのうえにこの融資には条件つきであったそれは
1、 貸付金が精算されるまで、1トンにつき1両の採掘料は佐賀藩の負担
2、 石炭の年産目標を2万トンとし それに満たぬ場合の不足分は、佐賀藩がグラバー商会に即時弁済
3、 政治変動など不測の事態で契約を発動できない場合は、貸付金を返済しおない限り、採掘権はグラバー商会の担保とする。

上記の条件契約のため鍋島家は不利な立場に立たされた。よって
高島炭鉱の開発計画は1868年6月3日鍋島家藩士松林林蔵の名前でグラバー商会と有効期限7年半の合弁契約が成立することになる。
さらに6月9日には追加条項をグラバーは突きつけた
1、 43750両の貸付期間2年を2年半に延長 2年過ぎの半年間は月1分の利息付であった。
2、 返済方法は1年目は2万5千両、2年目は1万5千両、残り3750両は半年で返済すること
3、 石炭年産目標を2万トンから25000トンに改正
4、 採炭中止にともなう弁済は旧案通り貸付金に月1分の利子をつけるほかに、それまでに投入した諸費用の2分の1を加算することに改正すること

20070407173907.jpg

20070407173932.jpg


 北渓井抗の排気口跡 すぐ近くにありました。ご親切に案内ありがとうございました。
20070407174002.jpg

炭鉱開発契約は、販売をグラバー商会が担当し、売上高から鉱山採掘料が佐賀藩に支払われ、その他経費を差し引いた利益は折半するというものであった。しかしグラバーは資金のない佐賀藩に対しは出資金はほとんど払わず、蒸気船ユージン丸の残額から相殺するものであった。グラバー商会の資金的負担は軽減されることになる。
実質的な経営権をにぎったグラバーは採炭用機械設備をイギリスから購入して、イギリス人モーリスの努力により明治元年5月から日本炭坑史上画期的な北渓井(ほっけいせい)抗が導入されて明治2年4月厚み8尺の炭層を掘り当てたのである。


仕事のほうをどうしても優先せざろうえずブログの投稿がおろそかになってきていますが
坂本龍馬の魅力を研究するために幕末の志士たちを調べていくうちにトーマス・グラバーの役割に興味を持ちいまだ完結していません。まさかここまでグラバーについて調べるとは自分ながら思いもよりませんでした。彼の事業計画の思惑とは異なり結果的には日本の近代化に貢献した外国人をもう少し投稿します。
また、私のブログに立ち寄ってみてください。


ランキングにご協力下さい
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanbankan.blog72.fc2.com/tb.php/126-61e33016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。