スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生医療の芽が摘まれそうだ。
毎日報道される小保方女史の件 普通一般人は、
何のことやらわからず 取り返しのつかない悪行をしたとだけ
受け止められているようなのです。 
なぜなら 一般人の意見は彼女の人生は終わった、 何処にも就職できないだろうという
 何がどうしてだめなのかわからず漠然と捉えているだけ。

そこでなぜ彼女はマスコミに突然持ち上げられて 
いきなり奈落の底に落とされたのか考えるうちに 
なぞのブロガー二人による捏造や画像の使い回しなどの指摘があり、
それに対してあまりの手際の速さやにびっくりし、 
あまりのタイミングのよさに 株価の操作など何か裏がありそうで 
疑念を抱かざろうえませんでした。
「PubPeer」というサイトに、米カリフォルニア大学デービス校の
ポール・ノフラー教授が「別の研究者が(STAP細胞を)再現できるのか」
と疑問を投げかけていた。

 そこから、 再生医療を排除したい医療ビジネスや製薬カルテルの
既得権益者の誰かがシナリオを書き マスゴミが世間を煽り再生医療
に挑戦するものたちの末路をアピールするためのシナリオが描かれて、
その通りに演出された気がしてくるのです。

1月号 イギリスの科学誌 ネイチャーに 小保方女史をユニットリーダー
とした研究チームが新しい万能細胞を発見した論文を 掲載したことから 
一躍注目を集めることとなった。
研究の過程においては、あらゆる可能な限りの実験を 試みて 
結果が出ないときは もうやめようと心が折れそうになったり 
愚弄していると非難されながらも あきらめずに打ち込んだ実験の結果 
新しい万能細胞であるSTAP細胞を発見したとして 
再生医療の分野に光をもたらした。 

その結果は、リケジョの星 割烹着ドクター ノーベル賞受賞もありえる。
などとマスコミから祭り上げられて 一躍時の人となったが
前々回当方のブログに予想したように
製薬ビジネスの儲けのからくりに挑戦してると判断されたときに 
持ち上げたマスゴミによって奈落のそこに落とされるのではないかと懸念していたが 
予想した通りになり残念としか言いようがない。

なぜ奈落の底に落とされたかと 考えると 早稲田大学大学院生時代の 
2011年の博士論文の冒頭の20行ほどの引用が、米国立衛生研究所(NIH)の
「Stem Cell Basics(幹細胞の基本)」と題する論文に酷似している
ことが発覚したことと さらには3年前にSTAP細胞の論文を書く際に 
ネイチャーに掲載されてた画像を盗用してたことから 
いっせいにマスコミが毎日毎日報道することによって。 
未熟な研究者であり、これをカバーするために罪の意識などなく
他の論文から平気で引用する日本人として 
世界中の人々に知れ渡るようになっていった。

さらには、STAP細胞を論文に沿って再生を試みるが誰もが再生できないことから 
研究や実験事態が捏造か と疑われだした。
そこで考えてみたのですが、 共同著者の一人である山梨大学の若山教授はなぜ、
見抜けなかったのか なぜ彼は、テレビに出て 自分にマスコミの攻撃が
向かないようにするための自己保身とも受け取りかねない 
言い訳に徹しているのか なぜマスコミは複数の共同研究者には目を向けず
小保方女史一人を攻撃するのか
さらに考えてみた。 謎のネットユーザー二人が指摘できたのだから 
ネイチャー誌を定期購読する理研が知らなかった 検証できなかった 
発見できなかったでは世間は、納得しない。 
これを許せば 名ばかりの独立法人であり 理研は、税金の集金システムと考えても当然である。

なぜだか理研は、ネイチャーからの盗用を 知らなかったとするならば 
理研はただの税金を集めて 誰かに配るだけの集金システムの文部科学省
の独立法人なのだと 疑ってしまうのです。

毎日毎日の理研の記者会見は、小保方女史すべてに 責任を押し付けること
によって理研や共同著作者たちの影も薄れて 
理研の闇の世間の追求の矛先がそれていくのです。

さらには 理研と ハーバード大学の小島教授やチャールズ・バカンティー
教授の役割は、小保方女史を集金パイプに仕立て上げて日本からの
研究費集金の受け皿なのでは、 と疑ってみれば 
その奥深い底には大きな闇のビジネスの介在が浮かんでくるのです。 

なぜならば、病気をばら撒いたり、捏造したりして薬を造りだす
多国籍製薬カルテルの儲けのからくりが 再生医療の進歩によって
 医者要らず 薬いらずになれば 医療や 製薬カルテルにとって
は脅威である。 

よって再生医療を 研究をするものに向かって恐怖のイメージを
植えつけたことになる。 
マスゴミによってつぶされた小保方女史のように奈落の底に落とし
こめるぞとの 国際金融資本家の 強いメッセージが聞こえてくるのです。

マスゴミを手のひらで転がす 闇の勢力にとっては 
いとも簡単な操作であることが立証された。

補足として植草教授によると 
「大幅な営業赤字計上を続ける無配企業であるセルシード社の株価がSTAP細胞作成の報道のあった直後の1月30日から31日にかけて2400円と株価は急騰し1月31日に第11回新株予約券が大量行使完了された。3月14日には1183円と1ヶ月半で半値以下に暴落した。」

そこで、私なりに、裏づけを取ってみた。
セルシード社とは、細胞シートで再生医療を実用化させようと
試みる会社であって3月27日が株主総会が開かれるのであれば
1月のタイミングでネイチャー誌に発表して株価を吊り上げて 
高値をつけた時点で 株価が暴落する情報をマスゴミを使って
毎日毎日これでもかこれでもかと 理研など権威あるところの
情報として垂れ流し続ければ 株価は底値をつける。 
1月末には、2400円の高値が3月18日15:00現在において
1138円の暴落であり、 19日午後3時現在においては1123円と
下がり続けている。
この株価を情報操作によって人為的に操作できるものは、
相場で短期的に大きな利益を得る仕手戦を仕掛けてぼろもうけをする。
それに比べ情報を持たない 何も知らない非力な一般株主たちは、
株価がつりあがるに連れて 仕手戦にまきこまて 
気づいてみれば大損をさせられている。 

株主総会では、一連のマスコミの報道によって 
株の底値に泣く泣く納得させられる。 
そして、いずれは 再生医療に投資するものはいなくなる。 
小保方女史のずさんさをこれでもかこれでもかとマスコミが見せ付ければ
再生医療を試みるものへとつい強いメッセージとなり 
誰も研究に没頭しなくなる。

儲かるものは、裏で理研を操って 日本の税金をせしめて利権を掠め取り、 
一般投資家たちから 株価の操作によって 莫大な利ざやを掠め取る。

健康保険所や免許所にまで臓器提供意志の有無を書き込む欄が設けられる
ようになったことでもわかるように 臓器提供が日常化されたことから
移植医療が発達したことにより莫大な利益が転がり込む仕組みが
出来上がった医療業界や製薬会社にとっては、再生医療などは、
いずれ移植医療の脅威となるのは明白だから初期段階で 
その芽を摘み取っておかねば将来脅威となる。 と思っていてもおかしくはない。


私もあなたも もう目覚めなければならない。
国際金融資本家によって こんなエグイ集金システムが 
いつの間にかわれわれの知らない間に出来上がってしまっていることに
気づかなければ家畜として柵の中で何も気づかずに平穏無事が幸せと
思い込まされて、あなたや私の一生を洗脳システム開発したごく一部の
自分たちが人類の支配層であると思い込んでいる人たちに捧げなければ
ならない羽目となる。

闇の勢力にコケにされても何も感じない人は、
思考停止となり「知らぬが仏」を貫いてもかまいませんが 
巨大医療コネクションの人類の支配の手口を知っておかねばならない。


スポンサーサイト

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済

韓国の日本に対する執拗なプロパガンダの手法を解き明かしてみました。
 
日本は、韓国に対しては累計3,300億円の円借款供与し、
無償資金援助額は1150億円にものぼる大金や多額の賠償金を支払ってきましたが 
まだまだお人よしで自責の念に駆られた日本人から未来永劫 フンダクロウという
韓国の戦略が明瞭に見えてきました。

韓国は、現在 従軍慰安婦という言葉を作り出して執拗なほど日本に対しての
情報操作が仕掛けられていますが、これがアメリカでは韓国側の執拗なロビー活動
により日本人の抗議もむなしく日本へのイメージを悪化させています。

日本軍により韓国女性が拉致されて日本軍の性奴隷となった女性を
従軍慰安婦と名づけられた銅像を据え付けての誹謗中傷を行っています。
朴大統領はドイツを見習えと外国の首脳陣の前で叫び、さまざまな権威や威光を
使って自分たちの目的や方法を正当化する。
「転換」と定義されるプロパガンダの手法を使っています。
それは、さまざまな権威や威光を使っての韓国を正当化するプロパガンダの手法が使われている。

フランスでは漫画祭りに韓国政府上げての日本の悪行をでっち上げて
歴史の捏造を漫画で表現して世界に広めましたね。 
それに対して日本の民間団体の反論の資料はフランスによって
撤去されてしまいました。
おまけに撤去する人間から「こんなクソはどけろ」と暴言まで吐かれて 
日本は対外的に辱められています。
このプロパガンダ手法は 「平凡化」と定義されており、
権力を握っている者が、自分も大衆と同じ立場であることを強調し、
共感や一体感を引き出すテクニックである。 

この日本に対する執拗な辱めは、 日本国内の人々は体現することは出来ないかも
知れませんが 外国に居住している 日本人や日系人達にとっては脅威となっています。

韓国からの執拗な嫌がらせは、私の知る限りにおいては、オリンピックや
たかが子供の運動会の順位のつけ方に対して母親が審判に食い下がり 
訴えが認められないとわかれば その審判への暴行を行い 
挙句の果てには一着と認められた子供の母親との激しいののしりあいから
殴るけるへの暴行に発展したのを目撃した時には、あきれるのを通り越して 
ある意味怖い民族性だと 強く印象付けられてしまいました。 

ソチ冬季オリンピックでの韓国の選手が金を逃した時には他国の選手や
審判の責任へと発展させての執拗な攻撃や嫌がらせは 
今に始まったことではありませんが、ソウルオリンピックのボクシングの
試合の 判定で韓国選手が敗れたとき 韓国側のセコンドからレフリーが
殴るけるの執拗な暴行を受けて たのを見たときは なぜこれが
世界では問題にならないのかと  私の知り合いでジャーナリストを志してた 
オーストラリア人に尋ねたら 「まぁ 韓国人だから 仕方がないということで
 国際問題にならないのでしょうね。」とのあきれ顔をしてたのが非常に印象的であった。

16人の韓国人の元慰安婦の聞き取り調査によって出来上がった
証言内容を正当化するための河野談話がでたらめかつ日韓合作の作文であったことが
産経新聞の取材によって具体例を挙げながら明らかとなった。
捏造された聞き取り調査を定義づけるとすれば、それは、プロパガンダによる
証言利用と呼ばれている。

産経新聞の取材によって、ことあるごとに叫ぶ 韓国政府のスローガンである 
「正しい歴史認識」は、華麗なる言葉による普遍化 として
飾り立てられて正当化されていくのです。

彼らの執拗なプロパガンダを押し付けるための飾り付けられた言葉は、
靖国神社参拝を軍国主義としての言葉を設けて 「レッテル貼り」が行われる。
それは、ネーム・コーリングと定義づけられている。

マスゴミによって何度も何度も 世界に発信される 報道 放映される
ステレオタイプの情報によって 世界の人々は、 日本へと日本人へと
憎悪を深めていくように組織的に仕組まれていくのが見えてくれば
 誰が韓国の朴大統領ををそそのかしているのかが見えてくる。 
間違いなく。

日本側の情報を寸断して、韓国側だけの情報を世界のマスゴミを使って
一方的に流され続ければ世界の人々は洗脳されてしまう。 
都合の悪い反論を封殺して大衆の同調性に訴える手法を
「パンドワゴン」と呼ばれるプロパガンダせある。 

このプロパガンダ手法を解体するためには、まずは河野談話を検証して
正当性がないことを国会の場で明らかにして 世界へと発信続けなければならない。 
今まで 日本はプロパガンダなどの認識がないために 印象を良くする 
印象操作では日本は 出遅れている。

韓国のいかさまを暴露するためには、
韓国の都合の悪いベトナム戦争での残虐非道な手口をベトナム政府を通じて
韓国の隠蔽する悪辣な情報操作をあからさまにする。

アジア通貨危機以来IMFに乗っ取られた韓国銀行や韓国経済の利益は、
自国民への給与は少なく投資家である国際金融資本家の株主配当金として流れていく。 
さらに韓国は、ウオンを韓国の外貨準備高を取り崩して買い支えたため
外貨を持ってはいない。 
よって脅してでも脅迫してでも手段は選ばずに国際金融資本家は金持ち国家 
日本から支払われる韓国への賠償金を当てにしている。 

アメリカ軍が編み出したプロパガンダの7原則と照らし合わせていけば 
韓国の戦略を崩壊させるのはたやすい。 

まずは、我が国の今までの政権は、安倍内閣を除けば なぜだか泣き寝入りをしてきた。
もう泣き寝入りはやめよう。まずは、河野談話の再検証が行われる。

韓国政府は、全否定するだろうが 彼らは、今までの日本の政治家と違うことを
認識して戦略を修正してくるはずだ。

我々は、堪忍袋の緒が切れないように 我慢の限界が来る前に言うべきことは言い、
やるべきことをやる。

それは韓国のプロパガンダを一つ一つ崩していくことが
我が国の取るべき戦略だと断言したい。

韓国の手口は、交通事故を捏造して 保険金を掠め取る まるでアタリ屋の手口である。

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。