スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアの内戦で気づかされたこと
夕焼け

シリアにおける内戦は、
反政府軍がアメリカの武器や戦闘要員の供与にもかかわらず 
アサド政府軍が有利に攻勢をかけており 
アメリカやヨーロッパの思惑通りに進んではいない。

思惑通りにシリア政府を駆逐して アメリカ傀儡政権を立ち上げて
シリアをアメリカのコントロール下に置けば 後は 
中東における反アメリカ勢力はイランだけになり 
イラン攻略も容易になりアラブのすべての国がアメリカのコントロール下に
入れば国際金融資本家の金儲けの道具となる。

それは常に世界中が不安定であれば、通貨や株価、原油価格などの価格が
不安定となり 国際金融資本家の傘下にある中央銀行の支配が強固になる。
だから 国際金融資本家が容易に中東を欧州を東アジアをコントロール
するためには 世界はオバマ大統領の裏でうごめく
金融屋たちによって不安定を装う 多極化へと突き進んでいる。

アメリカ外交問題評議会CFRでは世界が多極化に向かう
政策が決定されたのであろう。 
バイデン米副大統領は、 2013年4月5日アメリカ輸出入銀行での会議で
「3月のアメリカ経済指標は期待はずれとなり 
だからこそ新世界秩序の創造 に取り組むべきである」と発表してたが。 
彼らの戦略は世界を不安定にしてそれぞれの国家の力を弱めて
多極化の方向に向かわせて アメリカを含めて 
それぞれの国家が崩壊することにより
多国籍企業がそれぞれの国の国家を統治して 
国際金融資本家のトップダウンによって決められる統治機構の構築である。

それは、常に戦争状態を創造したり、TPPを使っての新世界政府の樹立である。
だから強固なシリア政府軍を弱体化させるためには
 NATO軍の参戦が必要不可欠である。
そのためには世界が認める参戦のきっかけを見つけなければならない。 
錦の御旗を担げないならば いつものように捏造するだけである。

真珠湾しかり、トンキン湾しかり 湾岸戦争しかり 9.11しかり 
イラクには大量破壊兵器は無いと査察官が言明したにもかかわらず 
その言葉は無視されてイラクへの侵攻が行われた。

 そして今回は、シリア政府軍が反政府軍に対して攻勢を
かけていたにもかかわらず。 
国連調査団が入国した直後にもかかわらず化学兵器を使用したということで
アメリカはアサド政権を崩壊させようとたくらんでいる。 

AP通信のガヴラク記者が反政府側にインタビューしたところによれば
サウジアラビアから供給されたガスボンベのような筒を扱いのわかる
テロリストに渡す前に扱いの未熟な人間が化学兵器だとわからず
不用意に取り扱った結果、爆発に至ったようである。

そこでアサド政権を倒したいアメリカが 大義名分がほしいために
アメリカがさもアサド政権が使用したようにビデオを編集して
メデイアを煽り 既成事実化させるために利用したのが事の真相である。

そしてアメリカはシリア政府軍が使用した決定的な証拠を
そろえることができずに世界の失笑を買っている。
マスコミだけはアメリカ寄りの報道をしているのが気がかりだ。

常にアメリカは、大義名分を捏造して アメリカ国民を煽って 
戦争をしてきた。そして スノーデン氏が 公にする前から 
世界中で通信傍受システムである 名称エシュロンの存在は知っていたが 
マスコミは民間人への盗聴が行われてることまでは報道しなかった。

さらにアメリカ政府は通信傍受の存在など常に否定してきた。
アメリカは戦争によって繁栄を続けてきたが 現在は、
アメリカ政府や国民は苦しみ貧困に喘ぎ 戦争で利益を得てるのは
ごく一部の企業とごく一部の企業の役員だけである。 
アメリカの戦争は残忍である。
原爆投下 東京大空襲 民家を攻撃対象にした焼夷弾  ベトナムでの枯葉作戦 
イラクでの劣化ウラン弾の使用 クラスター爆弾で証明されるように
常に非戦闘員である婦女子を殺害してきた。

世界は 数々の偏向報道によって 民衆はコントロールされながら
知らなければならない出来事も隠されて だまされながら 
これが現実と思い込まされている 茹で蛙状態である。

オバマは、国民皆保険を公約にして2期目も大統領に当選したが 
公約通りにはならず 不人気である。 
それに追い討ちかけて多くのアメリカ国民が反対している 
シリアへの攻撃は さらに追い討ちをかけて 
彼の人気は失墜するであろう。
そして アメリカは弱体化して 世界は多極化への道を進む。

多国籍企業が多極化されたバラバラになった国家をまとめて 
そのピラミッドの頂点に国際金融資本家が君臨して 
目を光らせる。

世界の混乱を招く組織への資金提供を追えば 
多国籍企業が絡んでるかもですよね 
だから今回のシリアで使われた化学兵器を追って 
偏向報道を分析すれば、 
新たなる世界支配体制の戦略が浮き彫りになってくるはずです。

戦略の基本は「分断して統治せよ!」 である。
民衆はマスメディアの報道に踊らされて一喜一憂しながら 
影の世界政府に操られている。

たとえば 彼らの自作自演のテロにより恐怖を覚えさせて 
その不安を煽って民衆を支配下に置く 具体的には、
民衆の暮らしの不満をタビストック研究所などで創作された
映画や音楽やセックスやスポーツなどで 民衆のはけ口として 
目くらましに利用して民衆自身が おかれてる現状を把握できなくして 
思考停止に陥れて自分の身を流れに任せる。 

目に見えない柵の中に追い込まれてることに気づかない 
民衆は、ゆでガエル状態となる。

アラブの春を自作自演した革命のスポンサーは、多国籍企業である。
 NATO軍もイギリス軍もイギリス議会で否決されたように
シリア軍事介入は不参加を決定した。 
アサド政権を擁護する 国際金融資本家から独立したプーチンのロシアの
圧力も含めてビルダーバーグ会議がストップをかけているのだろうかと
考えれば、ビルダーバーグ会議とCFRのお互いが国際金融資本家の権力闘争に
巻き込まれてCFRがイニシアチブを取りに画策してるので
お互いの意思疎通がスムーズに行かなくなり 表には出てこないが 
裏では主導権を奪い合うための綱引きが行われている。かもですね。

スノーデン氏によって暴露された監視社会は、
知らず知らずの内に情報が統制された社会システムの中に
われわれは埋没してしまい、いつの間にか、われわれは、
民主主義という衣を着た全体主義国家に統治されてることに
気づかされようとしている。


スポンサーサイト

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済

選民思想
終戦記念日の8月15日がお盆と一緒に毎年やってきます。

戦争は何故引き起こされるのか調べていくうちに世界はメディアを通して
世界はお金をコントロールしてる人間たちに 
世界中がコントロールされてることに気づいて数年が経ちました。

ルーズベルトは、日本軍の暗号を解読してたにも関わらず日本軍に
真珠湾を襲攻撃させてメディアを使ってリメンバーパールハーバーを
連呼させてアメリカ国民を戦争やむなしとコントールしていたと
メディアが伝えない戦争の経緯を知るにつれ 太平洋戦争を知るにつれて
何故戦争を人類はさせられているのかを知り、

景気・不景気をコントロールする仕組みはメディアが伝えない
中央銀行がお金を無から創造して人々をコントロールしてる
ことに気づきにつれ 

エンシュロンの存在を知るにつれメディアが伝えない監視社会で
あることを知り 元総理大臣の小泉純一郎やパフォーマンスだけで
何の実績もないオバマがアメリカ大統領になれる仕組みを知れば 
国民のお眼鏡にかなわなくてもお金を牛耳ってる世界の金融資本家の
お眼鏡にかなえば誰でも世界の指導者になれることを知り、
総理大臣や大統領を意のままに動かす 闇の存在を具体的に気付き、

世界の気象や地震をコントロールできる気象兵器の存在が明らかになり
地球は電子レンジの中におかれて地球は温暖化していると世界の人々を
信じさせる マインドコントロールのやり方を知り 

心理学を勉強するうちに大統領や総理大臣や メデイアが作るアイドル
の造り方を知り 物を売る売方を知り 女性の口説き方を知るうちに 
身近な人々がコントロールされてるのに驚き 
日本では財政難と国民を思い込ませて 日本は破産すると恐怖心を植え付けて 
騙して 財務省の悲願である消費増税が実施される。 

この増税で天下りが増え さらにはこれに便乗して金もうけを考える人や
すでに実行してる人もいる。

食料は遺伝子組み換えによって世界はコントロールされようとしており 
ケムトレールの存在を知り、がんなどの病気を完全に治すことができる
仕組みを発見した人は病気を造り出して金もうけをしてる既得権益者に
よって闇に葬られ、クリーンエネルギーを発明した人々も 
既得権益者によって闇に葬られてきた。

ウイキリークスの存在やスノーデン氏の世界の通信網を網羅して
一般人も含めて情報を取得して監視社会にあることを少しづつ
メディアを使って少しばかり明らかにさせてアメリカの失墜を図り 
監視社会をオバマによって擁護させてオバマを追い落として
新たな指導者が外交評議会の委員から選ばれる予定である。

何故、今まで 世界の人々が監視されてるのか、それは人々は飼育されて 
柵の中に追い込まれて 家畜化されて 大人しくされて 
人間の尊厳である誇りをなくさせて 一部の支配者によって
コントロールされる戦略に乗っかっている。

TPPは世界経済は多くの国々から成り立っており 
それぞれが自国の法律 自国の経済の仕組みを持ち 自国の社会体制を持ち 
自国の食料生産を持ち 自国の医療制度をそれぞれが持って 
お互いの国々の存在を認め合って お互いの国々が貿易協定を結んで
世界経済のネットワークを構築してきたが 
それを壊してISD条項で世界の経済を支配してコントロールしようとの試みである。

ジョンコールマンの暴露を知って新世界秩序を構築する
ワンワールドの具体的な計画を立ててみた。

1、戦争を慢性化させて 世界の食糧をコントロールして飢餓を造りだし 
病原菌を造り出してウイルスをまき散らし病気を流行らせて 
2050年までに30億人を抹殺して世界の人口を減らして小さな世界を
築いて人々をコントロールしやすくする。

2、全世界を超国家的政府による絶対的封建制度に戻す。

3、キリスト教やイスラム教や仏教など世界の宗教を破壊して教会を統一して
人々の精神構造を破壊して 道徳心を退廃させて人々の心をコントロールする。

4、既存の金融システムを破壊して新たな金融制度を構築して通貨を統一して
 多岐にわたるお金の流れを一本化させる。

5、膨大な失業者を出して 人々の精神を荒廃させて 
労働意欲を削ぎ落して生産意欲を失わせる。

6、世界の教育制度を破壊して マインドコントロールによって 
人々をコントロールしやすい新世界秩序を構築する。

7、エネルギーの独占を図るためすべての工業化と核エネルギーを廃止する。

究極的な上記の選民思想に基づいた計画を 世界人間牧場計画と呼ばれている。

テーマ:イルミナティ - ジャンル:政治・経済

自虐史観からの脱却
お久しぶりです。 
私ごとの都合のため ブログを書く暇もなく 
ようやくパソコンに向かってみました。

またもや終戦を迎えた日が 正確に伝えれば敗戦の日が 
原爆を投下された日が近づいてきましたね。
日本の教育では、太平洋戦争のことも現代史では 教えなくなったのか 
今の子供はアメリカと戦争をしたことも知らないようですね。

アメリカは、太平洋戦争に敗れ アメリカの戦略によって二度と
アメリカに反抗できない日本国民を作りだすため自虐史観を
日教組を巻き込んで歴史教育や左翼文化人と呼ばれる人たちによって
映画や本、新聞、ラジオ、テレビ、雑誌などを通しての宣伝工作が
徹底的に行われた。
さらには、 過去、日本はハルノートを突き付けられて 
したくもない戦争をやらされ、勝つ戦争を山本五十六によって
真珠湾の攻撃を中途半端で終わらせ、
机上の作戦でも大敗するのをわかっていながら、現場の指揮官の意見を無視して 
大本営は、山本五十六がそこまで言ううのだからの理由だけで、
準備もできないままにハワイの近くのミッドウエーで戦争を仕掛けて
大敗したことをジャーナリストは国民に知らせもせずに、
アメリカの軍事力に アメリカの経済に負けたと宣伝する。

 一般市民を巻き込んだ 日本への無差別のじゅうたん爆撃を実施した結果
 3月には東京大空襲が実行されたが 世界のマスコミは敗戦国日本の現状を
伝えようとはしない。 

さらに最悪なのは、水面下で行われてた戦争終結の交渉も無視されて、
京都、広島を爆撃せずに 原爆を落として原爆の成果を知ろうとした 
悪魔の大実験も長崎、広島に落とされて実験が終局した後に 
日本の無条件降伏を認めた。

日本民族の誇りである大和魂を捨てさせたアメリカの狙いは、
二度とアメリカに歯向かうことができない従属国家に仕立て
上げることであり。 
小泉政権時代 民主党の時代にその従属国家は確立された。

しかし、日本は、アメリカ、中国が恐れる大国である
ことを意識しなければならない。
この事実を意識させないためには、尖閣を使って東アジアの不安定を作り出し
日米安保同盟を日本人に意識させて、 日本の国家の存続と利益を守るのには 
アメリカの従属国家である限りにおいては 
大丈夫と錯覚を覚えさせなければならない。

その基礎になるのは他国の評価を気にする 自己評価であり
自信のなさである。 
だから裏で仕掛けているアメリカにまで波及した従軍慰安婦の問題である。 
これによって日本の大和魂をなくし自己評価を下げさせて
自虐史観を持たせる。
日本国内向けのアメリカ報道は ジャパン・ハンドラーズによって
操作される人たちによって偏向された(アメリカの属国としての日本)
 政策や法律、経済、報道によって 日本は大国であることを意識させないでいる。

もはや日本は経済が回復して 自前の憲法ができたら 
日本人の間でも大国意識が芽生える。 
その大国意識が芽生えて 大和魂が回復したら アメリカは、
アメリカの敵になることを恐れており、 単なる東アジアの一国としての
日本の戦略が崩れるのである。

コレコレすべきだなどの強い規範意識を持たされている人は、
生きることを愉しめない、生きることがつらいだけである。
他人からの評価は低くても 自己評価が高い人は、誇りを持てる人は、
他人から傷つけられても回復は早いし 生きることを愉しみ、
気持ちが安定している。

これを日本国に置き換えると 戦争に負けて 東京裁判によって
国際社会から評価を下げられ 戦争当時の従軍慰安婦問題が捏造されて 
国際社会で評価が下がれば、他国の目を気にして 自己評価は下がり 
日本は自信をなくす。 
ここに日本は国際社会の中では大国だが 自信がないため 
他国の目が気になるため 対立を避ける だから交渉学は学問として認められない。 

ましてや自国の都合を述べるよりも相手国の立場に立って考えることが
交渉だと勘違いしている。 
愚痴を延々と述べる 話し合いでは解決しない。 
相手の強み弱みを知り 取引に持ち込むこと 
これこそが対立を解消させる

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。