スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹大阪市長の喧嘩のやり方

『これからの時代、評論家のように高見の見物では物事は前に進まない。
安全地帯に身を置いて無責任な批判をする人をぼくは許せない』
橋下市長の言葉である。

ここに、橋下氏の喧嘩学が凝縮されていると私は考えた。 
最大の権力の広報メディアであろうと 著名人であろうと
喧嘩を売られたら果敢に 買って出て 一歩も退かず激しく応戦する。
今までにないタイプの 政治家が出てきて メディアは 評論家たちは 
戸惑い 報道の自由や 人権を盾にして 応戦するが 橋下市長の喧嘩の迫力に負けて 
攻撃したメディアは 批判する評論家は コメンテーター は 大学教授などは 
完璧なほどに打ち負かされる。

歯切れよく断定口調で相手の言葉尻をとらえて単刀直入に切り出して相手を追い込んでいく。 
これが抗議の時の彼の一貫したスタイルである。

橋下市長の喧嘩のスタンスは 喧嘩相手に対して
メディアの前に出てきて正々堂々と戦えと迫り 完璧なまでに打ちのめされた大学教授もいた。 
こんな喧嘩上手な橋下市長に恐れをなしたのか彼を批判した著名人に向かって 
俺と戦えと ツイッターで つぶやくが 彼の喧嘩上手 な迫力に恐れをなして 
彼と対戦しようとする勇気の持ち主がいないのが現状だ。

だから彼をつぶすためには 政治とは関係ない 彼のルーツに迫って 人格を否定して 
評判を落とそうと企んだが またもや彼の喧嘩上手にしてやられて 
朝日新聞本体自体をひっぱり出してきて 謝罪させた。  

喧嘩上手な彼は 佐野氏を完璧に打ち負かさなければ またやられることが分かってるので 
朝日新聞とは和解しても 記事を書いた佐野氏には ジャーナリストしての人格を否定させるほどに 
とことん打ちのめすであろう。
橋下市長は 表向きは激しい闘争心を表すが 彼の心は、氷のように冷徹なほど冷静である。
彼は家族のためにも 大阪市民のためにも 日本国家のためにも 自己防衛のための錦の旗のもとに 
表向きは激しく応戦する。 

喧嘩上手の習性は 負ける喧嘩は避けて通ることである。 
これは 長所でもあり短所でもある。
大飯原発の稼働を認めたのも 大阪都構想の法案を通すための密約があるのかもと 
勝手に考えてみました。

彼の物事の進め方を見ていると 「橋下徹は、 改革者か壊し屋か」 
と 問われ続けるでしょうね。

彼の喧嘩の心構えがツイッターに書かれていた。
「この記事の著者は佐野眞一氏。そもそもが僕は「敵対する相手を絶対に許さない人格」
だと断定し、僕が政治家であることが危険だという考えで連載開始。
その人格を暴くために、僕のDNAを暴くと。政治的に決戦を挑んできた相手、
侮辱してきた相手には負けるわけにはいかない。」

喧嘩に負けたら 明日はない 未来はないという 
トラウマと思えるほどの強い気持ちが見えてくる。 

「こんな週刊朝日や佐野氏と話し合いなどできるわけがない。まさに生きるか死ぬか、
勝つか負けるかの勝負になる。こんなところで、相手を負かす気力がなければ、
うちの家族は社会的に抹殺だ。それくらいのことを週刊朝日や佐野氏がやろうとしていた
ことを本人たちは全く自覚しない。」

家族を守るため 自分の自尊心を守るためには 自分の人格を否定する人間には 
政治家としての防衛のためには これからのためにも完璧に打ち負かそうとする
スタンスがはっきりと見えてくる。

「それと佐野がなんかやっかいな動きをしているとの情報をキャッチ。
最小限の文言修正をやって週刊朝日の記事を単行本に替えて別出版社から出版するとの情報。
しつこいね。それ、佐野が徹底的に人格批判している僕と同じ性格だ。」

橋下市長の人格を否定した佐野氏は 自己防衛のため本を出版するのが喧嘩の常道である。
なぜなら政治家には選挙地盤があるようにジャーナリストには依頼者がいなければ 
仕事にならないからだ。
要するに 多くの同調者を得るための 錦の御旗を 橋下氏 か 
佐野氏の いずれが 掲げることができるかである。

それには 相手にプレッシャーをかけるため ブラフ(脅し)や
ハッタリをかけてほんろうしなければならない それには演技力が必要であり
大勢の賛同者を得なければならない。
自分の立場が正しいと思ったら 第三者を味方につけて
 相手に弱みを見せてはならない。


そのためには情報戦を制しなければならない この情報戦で勝つのは 
情報戦を有利に戦える朝日本社と思われたが
 ツイッターで情報戦を仕掛けたが橋下市長が朝日本社に謝罪させて 
橋下市長個人が 主導権を握り 勝ったのである。

     
彼と交渉する場合は、対立点からはいるよりも 妥協しやすい点からはいって 
一つずつ解決する ドミノ効果の原理を採用すべきである。
だからまずは 朝日本社が謝罪して妥協点を一つづ模索しながら
橋下大阪市長と和解に向かうでしょう。

そのためには 双方とも心理戦では 絶対に負けられない。

スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

今、この瞬間に生きる。 今、この瞬間を楽しむ。
おくんち歩行者天国2

毎年10月7日から9日までおくんちが開催されます。
長崎おくんちは 長崎の子供にとっては 小学校、中学校 高校では 授業は午前中までで 
午後からは授業がないので同級生を中心にして仲良しグループで ガンガン大波止へ繰り出します。 
その裏ではグループ同士の喧嘩 カッパライ カツ上げ ナンパなど横行します。 
だから補導員や私服の警官が目を光らせています。 
そんな我々は高校生のころは、いがぐり頭であったけど仲間同士で目立った格好をして 
町を闊歩してたので いかついお兄さん方に囲まれたときはやくざと勘違いしてビビったけど 
それが私服警官とわかった時は ドッキリカメラに引っかかった気分でホットしたものでした。 

今は埋め立て地で企画整理された 出島ワーフへと多くの出店がでて わくわくドキドキの 
好奇心旺盛な子供たちにとってはうれしいお祭りです。 
とくに娯楽が少なかった我々の子供のころは サーカスや蛇娘など見世物小屋 
幽霊屋敷などは楽しい娯楽でした。
おくんち歩行者天国


今では、まるで若者たちの街 表参道原宿 竹下通りと化してます。

神輿が大波止のお旅所で一泊してる時 大勢の長崎市民のお参りでごった返しです。
お旅所
 

その日だけは、それはまるで東京都心の人々でごった返した日常と同じになります。

出し物は、諏訪神社で市民へ披露する合間に 庭先回りと言って 
踊り町のお店へとあいさつ回りをします。
川船2
川船
おくんち 獅子舞


大勢の人が集まるので 食べ物の店も繁盛します。 私の娘のお店、
メトロクレープもお客様が絶えませんでした。
メトロクレープ


私の子供のころのお祭り長崎おくんちは、過去のいやなことを忘却へと導き 
今を楽しませてもらい 未来への夢を持たせてくれました。  
それは大人になって感じたのですが これが人生の楽しみ方だと気付かされました。

「今と言う時を体験していない時は、過去に囚われ、未来のことを心配しているとき 
あなたは自分自身に、大きな心の痛みと悲しみをもたらしています。」
このフレーズに出会ったとき

自分の心の中の過去のトラウマを忘れ未来の心配から解放されることは 
今を大切にして感情に意識を集中することであると意識させられました。
今、この瞬間こそが自分の人生の状況であることを意識すれば 自分を観察できて 
セルフコントロールができると強く私は思っています。
ということで 哲学的な考えとなってしまいましたが 誰でも過去のいやなこと 
未来の心配から解放されたいですよね

このフレーズこそが自分の心の中を観察する力を身につけることであり 
カルマから解き放たれることだと 心から思うようになりました。


テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

久々に福山雅治トークをネタにしてみました。
夕日とカップル


福山雅治 こと ましゃ が鈴木トーキングFMで語ってましたね 
子供のころから オレは チャリンコ転がして 家の近くの旭町の灯台のある岸壁で
夕日や夜の長崎の夜景を 水面に映る夜景を眺めてるのが好きだった。 ということをね!

気難しさと同居する 彼のそんな 物悲しい 物思いにふける デリケートな内面を持つ彼だから 
こそ 熱狂的な支持を得るラブソングができるのだろうか 
切々と歌う彼のバラードを聞きながら 私は こう思った。

彼のラブソングには むなしく 切なく 成就できない恋 後悔が先立つだけの恋 
憧れの恋  あと一歩が踏み出せない恋 好きと言えばいいのに その言葉を言い出せない恋
自虐的な恋心 夢のような夢を見てるような乙女の恋心を人々に訴えて 
なぜ多くの人々から共感をもらえるのかを考えてみた。

人々に認められはしたが ミュージシャンとしての成功という賞賛を世間から頂いているが 
観客の歓声に酔いしれながらステージの上で自分を表現する彼とは 裏腹に 
彼のプライベートな 面では すべてが満たされていない気持ちを 歌にして  
ひしひしとあなたに 私にも伝わりやすいように 甘く切なく説得して来るのですよね。 

そんな彼の深層心理に一歩踏み込めば こう感じてしまうのでした。
ましゃは、心の発散の場を求めて 日本を離れて自分のことを誰も知らない土地へと旅立って 
何もかもに満たされなかった時を忘れるためには 素っ裸になって 海へ飛び込むのでした。
その見知らぬ土地で 彼を見つけても たまたま通りがかりの日本人が福山雅治とわかってても 
気を使って 声をかけない人もいることを知ってた方がいいかもですね。

と言うことで 私もましゃ をまねして ぶらりと長崎おくんち最終日 夕日を眺めにぶらりと 
一人さみしく水辺の森公園へとやってきました。
すると夕日を眺めている どこかよそよそしいカップルのつぶやきが 私に聞こえてくるのです。

「おれたちさぁ~~~ もう知り合って あれから3年たつけど まだ手もつないだことないよね。」
すると彼女のつぶやきは
「アンタが積極的になれば私も積極的になるさ 手でも握ってこいよ 
このォォ~~~草食男子がジレッたいんだよ 女の私から積極的に手を握りしめたり 
ハグしたり キスしたりできないだろう。
世間ではアタイは おしとやかで上品なお嬢様で通ってるんだぜ!」

余計なお世話かもしれないが その一歩が踏み込めないましゃの楽曲を 
口ずさみながら この男の子の背中を押したくなってしまいました。

そうすると この男の子の自虐的つぶやきが聞こえてくるのです。
「おれさぁ~~ 告白したいのは山々なんだけどさぁ~~ (もじもじ) 
断られたらと思うと 自分が傷つくのが怖いんだよね だから 
その一歩がなかなか踏み出せないんだぁ~~。 だからなさけない草食男子と言われても、
妙に納得する自分がそこにいるんだよね どうすればいいんだろうか わかんない 
福山のアニキ教えてくれよ。」

ズバリ言ってもいい ? 草食男子!

行けよ 手を握って 告白せろよ 傷つけよ その一歩が踏み出せたら 行動できたら 
その先に 感動が待ってるかもしれないぜ!

そして肉食女子よ 草食男子の胸ぐらつかんで言ってやれよ 好きか嫌いか白黒つけようぜ 
フクヤマじゃないが オマエと一つになってもいいんだぜ。
 
そして私からの一言は、
よりよい戦略を練り、勇気を出して 振られるかもしれないリスクを背負って 
自分の気持ちを伝えれば、行動する勇気を持てば ラポール(信頼関係)は築けるぜ! 

まだ若いから もう年だから 男だから 女だから 金がないから 見てくれが悪いから 
トークのセンスがないから あれがないから これがないから 反対されるから 
失敗が怖いからなどなど言い訳をかます前に 人生を後悔する前に リスクを背負って 
やりたいことをやってから ぼやけよね。 
行動する勇気を持とうぜ 一つになろうぜ!

ああぁぁ~~~~ スッキリした。 自分に


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

日本の主権を守るための戦略
日本は今までが教科書などに自国の歴史観を載せる場合は 中国・韓国から内政干渉されると 
何も文句が言えず 撤回してただ謝るばかり
歴史問題に正面から取り組むためにも 自虐史観を止め 日本国に誇りを持つ教育を教えなければ 
日本国の存在も危うくなるだけである。

4月のワシントンで開催される桜祭りに招かれた石原都知事によってヘリテイジ財団
での演説の後に記者会見した彼は 突然 東京都は尖閣を買います と宣言した。
これには野田どじょう内閣を追い込んだ。 
弱腰と思われたくないどじょうは 次回の選挙の人気取りのためにも 9.11の日に
国有化を閣議決定してしまった。

これには中国政府を驚かせ さらには北京閥 上海閥 太子党 などの内紛を誘発した。
そして反日デモは中国共産党の主導に行われたにせよ 内政 外交に中国のイメージを損ねた。 
だから内政では 職も定まらない若者たちや 役人によるワイロがはびこる悪政に
不満を持つ中国人民を黙らせ 国連の場では日本を盗人呼ばわりして メディアを使っての
プロパガンダを露骨に開始した。
多くの平和ボケした性善説に立つ多くのお人よしの日本人たちは知らなければならない。 

日本と中国の間を引き裂くアメリカの対日政策をです。 
植民地政策の原則は隣国同士や民族紛争を演出して圧政を敷くことである。 
これを分断して統治せよという。

中国から尖閣を奪われたら 次に石垣 沖縄 と続く 
それは 中国のシーレーンの確保と アメリカの対外政策である 
分断して統治せよの戦略に対抗するために 外洋への覇権を目指すためである。

中国の世界戦略は2007年中国政府からアメリカ太平洋艦隊司令官キーティングに
太平洋をハワイを基点にして東西に分けて中国とアメリカで分割管理しようと との提案があった。
 今では後5年から10年後には中国がアメリカに全ての面で追い抜くといわれだした。 
つまり中国の軍拡は1982年の海軍海洋計画に基づいて南シナ海 東シナ海 そして  
台湾 沖縄を手中に収めていく戦略だ
さらに マスコミがこのごろ報じていないが 日本を置き去りにしての東シナ海での
ガス田開発の中国の狙いは 資源の獲得だけが目的ではなく 
海上に構造物を構築することにより既成事実化して 
太平洋への拠点とするためではないかとも思われる。

さらに中国の通貨戦略は貿易決済をドルから人民元へと国際的に移行させている。
市場に中国政府が介入することによって人民元相場を固定させていることからも理解できるでしょう。 
かつてのアメリカを模倣した戦略により 中国は世界でNo.1になろうとの野心が見えてくる。 
外交を強引に有利に導くためには巨大な軍事力と経済力を維持しなければならない 
そのためには世界のエネルギーを独占する必要があると考えていることは石油を求めて
世界中に散らばってる中国人たちを観察すれば明白である。 
 太平洋地域の覇権を握る 軍事戦略を推し進めている 中国は
アメリカと太平洋を二分しようと本気なのである。

中国は、本気で戦争を仕掛けるとの想定のもとに 自衛隊 が自国領土を守るための法整備を 
憲法改正をしなければならなくなる時が そこまでやってきた。
今までのフィリピン ベトナムでは必ず 中国海軍が出てきて 小競り合いになって中国から
 言いがかりをつけられて いつの間にか島へ上陸して 実効支配するパターンを繰り返しながら
過去ロシアやインド ベトナムでの国境紛争があり、 チベット・ウイグルなどでは 
中国に完全に占領されてしまっている

中国公船の尖閣の接続水域に出入りを日常化することによって 中国の管轄海域と主張することによって 
領土問題が日中の間で存在するかとの既成事実化してしまおうとの戦略は明白である。 
これを心理学ではフット・イン・ザ・ドアテクニックと呼ばれている。

これに対抗して我が国の国防の戦略は
1、スパイ防止法を作ること
2、曖昧な言葉遊びをやめて明確な指針を伝えなければならないために自国の防衛を固めるための
  自虐史観に基づいたGHQが作った憲法を日本人独自で改正する。
3、情報網をめぐらし情報の分析のため情報省の創設
4、外国へ向けての わが国の正当性を知らしめるための宣伝工作隊の創設
5、マネタリアプローチに基づいてのデフレ脱却を図るため 1000兆円の借金返済のため 
  消費税に頼らなくて増収を図るため 成長率を見定めながらマネーの発行を日銀から
  政府へシフトさせる。

竹島や尖閣によって日本は中国・韓国から 国際社会から又は国内の政局の政争の具にされてきた。
改革開放後 日本のマスコミによってもてはやされてた中国は反日感情が厳しいことを伝えても 
日本人とわかればからまれることもしばしばあることを伝えても信じられない顔をする人が多かった。
今では、中国 韓国の 教育による反日感情を煽った 国民に刷り込むような洗脳教育によって 
日本人へ 日本国へ 日章旗への憎悪を植えつけてきた教育があることを関心がなかった
日本国民も知るところとなった。
それは、中国で開催されたサッカーの試合でアウェイとはいえ激しい反日感情がむき出しにされた
中国人の辛辣な行動 言動が映し出され アメリカの指令により小泉首相の靖国参拝で 
反日感情をむき出しにされたデモなどで さらには毒入り餃子によって日本人の間では嫌いな中国 
信用できない中国となっていった。

そんな尖閣で揺さぶられてる日本をしり目に 経団連会長米倉住友化学会長は 
経団連をバックにして 自分のサウジアラビアでの事業の失敗のつけを 
中国で取り戻そうと焦ってた米倉会長は 野田どじょうを批判するだけで 
中国におべっかを使うだけで 売国有罪と辛辣に本当のことを言われてしまい。
 中国政府へ弱みを見せてしまい。 経済でも日本は中国へ主導権を取られてしまい。 
多くの企業は中国から他の国へ製造工場などシフトする動きが出てきた。

中国の尖閣諸島での中国海軍の動きを傍受したのであろうか アメリカ第七艦隊は西太平洋海域で 
空母二隻を監視活動に充てている。 
要するに中国は原潜を潜航させながら情報を取得しながら本気で尖閣諸島を
取りにきていることがはっきりわかる。

イロイロと戦略に関するものを提言はしてみたが 要約すれば中国にはアメリカを見据えた 
長期にわたる世界制覇の戦略を持っていて 着々と実行行動している。 
だが 日本には戦略など何もない なぜなら戦争など永久にない 
中国は攻めてこないと言う平和ボケした 思い込みが
教育や自虐史観をメディアによって洗脳されてきたからである。

情報に目標を定めて、それを入手する手段を判断して その情報を分析して活用する。
これができるのもハイテク機械を操作するのも人間である。 
だから情報を判断するのも人間のスケールの大きさで決まる。 
だから米倉会長のように私信で考え行動するのではなく 
勝海舟のように私信を捨て 公に考え行動すべきである。

テーマ:日本を憂う - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。