スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事には表と裏がある。
菅直人の政治資金からいろんな団体を還流して北朝鮮に近い団体と言われてる
市民の党へと流れていることに 気付いたジャーナリストが発表していた。
要するに 菅直人が使ってる税金が 北朝鮮に近い人物 森大志へ選挙資金と使われたり
どこに流れたからわからない使途不明金は 北朝鮮に流れたのではないか
と疑われている また これを菅直人は説明できない。

そんなやさき 小泉純一郎の二番煎じで 人気回復のため拉致被害者奪還のための
北朝鮮電撃訪問を計画してることが報じられていた。 
こんな所に菅直人の弱みがあり日本の援助がのどから手が出るほど欲しい北朝鮮や 
日本の借金をチャラにしたいアメリカの脅しに負けて総理の座に 
みっともなくもしがみついてるのかしれない。

そしてアメリカでは 人気が落ち始めている アメリカ大統領 オバマから 
アメリカの政府にはお金が無いことを発表しましたね。 
これも人気回復のため 政局を考えて 次の大統領選挙を考えての 正式な発表であろうと思われる。
そこでマスコミは 以下のことを発表した。

Moody's Investors Service said Friday it expects U.S. debt will keep its AAA credit rating if Congress and the White House work out a deal that ensures the government doesn't miss payments due to bondholders, even if it delays others.

 「ムーディーズは金曜日、もし議会とホワイトハウスが、国債の保有者に対する支払いを確保することができれば、他の債権者に対する支払いが遅れても、トリプルAを維持することになろうと予想すると、言った」
これを読んだ時 世界は ムーディーズの格付けが すべてを決めるのかと大いに疑問を感じた。

ムーディーズはアメリカ議会が 上院や下院で妥協して法律をつくり
債務限度の引き上げを議決したら、
格下げはしない。
そうすると 債務不履行はないから 共和党も民主党も妥協して法案を
通せと言ってるようなものである。
 
オバマ大統領人気回復のためには早期に債務限度額を引き上げる法律を制定させて
上院と下院のねじれ国会から 抜けだして人気を取り戻したい雰囲気がオバマから漂ってくる。
しかしこの膨れ上がった借金は 誰が払っていくのかで 共和党の支持母体である資産家が払うのか 
補助金などから支払えば 民主党の支持母体である低所得者層にも重い税負担がかかり 
大いに反発を受けてオバマ大統領の 次期アメリカ大統領選挙に負けるかもしれないのである。

そんな民主党と共和党のチキンレースを分析すれば 最悪はアメリカの債務不履行が宣言されれば 
アメリカの債権国である 日本や中国などの所有するアメリカ国債は紙くずとなり 
世界は今だ人類が経験したことがない事態が起こる。 
これを予測して準備してた資産家だけが回避できることになる。

いずれはどの道を選ぼうとも 実体経済は大統領の人気取りのため実施された
オバマの大幅な財政緩和によってインフレが表に現れて それによって
FRBは利上げを強いられて 債券市場は崩壊して 株式市場は暴落が始まるであろう。
いや 今まさに暴落しているのが現状だ。

さらには相場の天才と呼ばれてるジョージ・ソロス氏の動きである。
彼は、相場の先を知ってるのか 読んでいるのか はたまた予知能力があるのか
博打相場の胴元の動きを読んでいるのか 数カ月前に 当人が所有してた約8億ドル
(約640億円)の金を手放しているのです。 
この意味することは最も恐れなければならない金融市場の崩壊を見越してのことであろう。
 
ムディーズの格付けがいい加減であり なぜこの会社の格付を金科玉条の如くありがたるのか
 ある種の陰謀を感じ取ってしまう。

なぜなら 日本や中国は多額のアメリカ国債を保有してる国であるにもかかわらず
アメリカよりも格付けが下にランクしてることが おかしいのである。
そこで さらなるドル安が続くのかといいますと 
日本と中国は、自国の通貨を低く抑えるため 自国通貨を売りドルを買う 
そしてそのドルで アメリカ国債を買わされているのである。
だから 陰謀によって 多額のアメリカの国債の保有が累積しているのです。

もうドルの基軸通貨体制は終焉したのです。 
日本の経済化の重鎮達や マスコミは さらなる円高は 自国の企業が外国へと移転して
さらなる日本経済はヘコむと宣伝しているが 
円が強いのであれば 円建てでの貿易体制意向を なぜ宣伝しないのだろうか 
通貨バスケット体制に 移行すれば 円高ドル安など問題はないはずだ。

問題はアメリカの圧力に負ける日本の官僚や経済人かもしれない。

スポンサーサイト

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

日本の停滞の原因である癒着の構造
日本の経済はこのまま原発が稼働しなかったら 
電力不足によって嘘か誠かは分からないメディアの情報統制のもと正確な情報が伝わらず 
何を基準にして判断すれば分からないまま日本国民は迷える羊となってしまいました。

我々迷えるおとなしい従順な羊たちは 怒りの矛先をどこにぶつければいいのか分からず 
マスメディアにぼやくだけで行動ができず 出るかでないかわからない 
補助金という餌を目の前にぶら下げられて 家畜として生きる道を選択されてるようです。
法律で規制されているので 我々は迷えるおとなしい従順な羊となってしまった。

諸外国だと 暴動に発展して 諸悪の根源である 政官財やくざ司法そしてこれらの
闇を支えるマスメディアの癒着によって日本が成り立っていることが
今回の福島原発の人災で明るみになりつつある


原子力発電の隠ぺい体質は 今に始まったことではなく 隠ぺいに関わった人間もなかには
 警察の判断で 自殺と片付けられたケースもある。
または電力会社の広告費を餌にしたマスメディア対策によって労働者の調達方法や
悲惨な原発で働く被爆者の実態 今までに起こった原発事故の事実 スキャンダル
などが隠ぺいされてきた。

このまま管直人が権力の椅子にみっともなく しがみついてる限りにおいては 
管直人にマスメディアの注目が集まり 日本の原発の癒着などで 利権がらみの 
日本の闇が光を浴びずに ゾンビのように 政財官やくざ司法などの癒着が
生き返ると強く思っています。

日本の経済は 電力不足により このままでは失速する とか 
本社機能を海外に移転せざろうえないとか マスメディアは 恐怖をあおっているさなか 
急激な円安ではなく 急激な円高はなにを意味するのであろうか 
いわゆる「ミセス・ワタナベ狩り」ではないだろうか

やはりまだまだ日本の個人が持っているマネーが投機筋からは狙われているのです。
このタンス預金を狙った博打経済の同元の仕掛けであると思われる。
日本は個人のマネーや資産は1400兆円といわれるほど海外が着目しているのです。

なのに財務省は与謝野薫を使って 財源不足を宣伝して回るのだろうか。
ここにも利権の癒着が匂ってくる。

政府が日銀券に代わって 通貨を発行する権利を得れば 
来年あたり1000兆円という天文学的な政府の借金も返すことができます。
過去財政難を理由に消費税を導入した結果 事態は悪化するばかりで 
何も良くならず官界だけが天下りポストが増えて 潤っているようです。

この原発問題や増税問題や 管直人の総理の椅子に居座り続ける裏には
亀井静香の関与も取りざたされてるイトマン事件などの日本の表と裏の社会が
あぶり出されてはならないことを意味している。・・・・・・・・と思う。

そして アメリカのデフォルトが記事になる現在において 
日本の銀行も闇社会の不良債権を隠すため粉飾決算が行われてるかも・・・・ですね

日本の停滞は 財務省発表の虚飾にまみれた数字を見て分析しても 
御用学者や評論家の意見を聞いても問題解決にはつながらない。
最大の原因である 癒着の構造を破壊することである。

これができるのは 小沢一郎しかいないと 政敵でも思っている 
だから 彼はメディアが 宣伝する「政治と金」というあいまいな 
スローガンを毎日報道して 日本国民の頭の中に 金権政治家として 刷りこんでいったのです。 
そして司法を挙げての冤罪事件が明るみになる可能性かて否定はできない。

体験上 海外での癒着の構造はシンプルでわかりやすかったが
日本の癒着の構造は 複雑で分かりにくい。

 なぜなら責任の所在があいまいであるからだ。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

管直人の心の隙間に入り込んだ男
原発からの事故による国民の不安を煽って そして 利用して 
ソーラー発電や風力発電を宣伝して管直人の権力欲と歴史に名を残したい名誉欲を利用して
実現不可能な太陽光発電や風力発電を さも自然エネルギー法案が成立すれば 
実現可能だと管直人に思いこませて さらには孤軍奮闘して延命策を執拗に図っている
管直人の心の隙間に入り込んで 執拗に 持ちかけて この法案が国会で可決されれば管直人の 
人気がよみがえるように錯覚を起させた孫正義というフィクサーにはどんな狙いがあるのだろうか 

彼の狙いは政治音痴というよりか権力欲や名誉欲に凝り固まった無能の管直人を利用して 
持ち上げて その気にさせて 合法的に日本の電気を独占している電気事業の送電に参入しようとしている。

なぜならば、エネルギーを 電力を制すれば富と権力をつかむことができるからだ。
この大きなことは一人の力だけではできない もちろん孫正義の政策を国際金融資本家たちが支えている。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。