スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の国力を測る
オーストラリア戦での忠成のゴール際に走りこむとフェイントをかけてオーストラリア選手が
そのフェイントにつられて ゴール前に進んだところで そのまま動かなかったのでノーマークになり 
それを見た長友が正確なパスを李忠成に送り 左足で決めたのは最高だった。高さでは勝負できない日本は 
オーストラリア戦では 足元への低いパスを多用した日本が最後に浮いたパスを送ったことには度肝を
抜かれたのかもしれないですね
監督と選手の信頼関係があるからこそ 采配がドンピシャあたり 優勝となったのですよね。


米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)が27日、日本の国債をAAからAA-に
格下げされてから30分後 記者が政府対策について菅直人に尋ねると
「いま初めて聞いた。そういうことに疎いので、改めてにしてほしい」と 
薄笑いを浮かべながら
ヘラヘラと目はうつろに焦点が定まらない表情で答えてた。

アホがまたやってくれた 
日本を代表する 日本の舵を取り 国民を安全に導かなければならない船長がである。 
公の人がである。 これが個人の発言なら 私も含めて 誰もが ここまでアホ呼ばわりは控えるであろうが 
そうは行かない 無視するわけにはいかない。 

こんなアホが日本のトップに 厚かましく居座り続ける限りは 日本の国力は下がりっぱなしだ。
サッカーの監督なら サポーターから 生卵をぶつけられて 例え厚かましい菅直人でも 
退陣しなければ 暴動が起きる。 
そんな日本の国力の原動力となる 若者が サッカーには関心があっても政治に無関心であるから 
暴動も起きない だから 菅直人も厚かましく最小不幸社会というとぼけたスローガンを
掲げて総理大臣の椅子にしがみついていられるのだ。

国家の利益に関する国債の格付けに疎いとなれば そんなに気にかけていないのならば
菅直人は 自分の事の心配だけしか頭の中にはない 国益など頭の片隅にもない ゲス野郎だ。 
だから 天文学的な借金を抱えてる そのアメリカ国債を買ってあげているのが日本 中国である 
そんな アメリカの国債の格付けがトリプルAで 


日本の国債は自国で消化され 海外の投資家はほとんど日本の国債を買ってないのに 
ダブルAマイナス では ガテンがいかない 
アメリカの都合で格付けがなされてることぐらいわかるだろうぜ! 

しかし このアホは 自分の心配しかしてないから 国家がどうなろうが知ったこちゃねェ~~~となる。
 だから思考停止に陥り こんな疑問など 頭の片隅にもない。

こんなアメリカ主導のアメリカのご都合主義の格付けなど 
への突っ張りにもならないグラいのたまわってみろよ! 経済オンチの菅直人よ!
こんな事も言えないで 考えることもできないで 薄笑いしかできない能なし野郎など 
ダボスに行く価値もないぜ 

サッカーのルールも知らずに
ワールドカップに参加して 大恥じかくのと同じだぜ! 何が平成の開国だ 
TPPとは何のことか知って語ってるのかェエエエ~~~と  耳を疑うぜ! 空き管 

地球温暖化防止に貢献するため、開発途上国の森林保全事業を支援する基金(ファンド)
を共同で立ち上げる構想について協議するため 世界的な大博打打ちジョージ・ソロスとあったようだが 
アジアの通貨危機を作って 天文学的なぼろ儲けを企む男と イングランド銀行にポンド売りを仕掛けて 
倒産寸前に陥れて ぼろ儲けをしたりの 金儲けにかけては天才的な博打打ちと 経済オンチと組んで  

地球温暖化防止という まやかしに つられて いいように操られて ダマされるのがオチだぜ 
それとも 日本の税金を使って ジョージ・ソロスに貢いで
一生安泰となるカネを ソロスファンドから 貢いでもらいたいのかな

森林保全による排出量削減分を排出枠として売買するなど わけのわからない
排出権などの話に乗るなよ 経済オンチのお前では 歯がたたないぜ!

菅直人も総理大臣の椅子から転げ落ちたときのことを心配してるんだろうけど 
焦ってるんだろうけど ちょっと立ち止まって考えてみろよ 日本国民のことを少しでも考えるなら 
こんなイカサマのようなやり方で 勝負を打つ
バクチ打ちと組むのは 日本国益を考えたら やめたほうがいいぜ。 


菅直人が総理の椅子に居座り続ける限りにおいては日本の国力は弱まって行くだけだ!

豊かさと福祉の中で何不自由なく育った日本の若者には、粘りや根性がなくても 
今の若者達は 生きていくこたができる。 
だから働かなくても親が面倒見れるので働かない若者が急増し、 
海外勤務を避ける若者気質がこの日本の風土に広がった事から 
海外での現地で雇用が生まれる結果となってしまった。

福祉に浸ってれば 活気のない人々で社会が構成されて、苦労せずに恩恵だけを受けることを望み、
政府のリーダーシップは発揮されない状況の中、日本の力は弱まっている。
今まさに 学校教育を見直す時がやってきた。

スポンサーサイト

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

アメリカの世界戦略を皮肉った風刺画像

サッカーアジア大会準決勝の日韓戦を見て思ったのは 韓国と互角に戦える程に
成長した日本に感動しそしてGKの川島の活躍でPKで 勝った事に興奮してしまい 
 日本の精神面の強さが感じられて嬉しかった。

ホセ銅像
フィリピンの英雄 ホセ。リサールの銅像

私のいたころから現在に至るフリピンの移り変わり行く風景を楽しませてもらってる
ブログの画像を拝借して久しぶりにフィリピンに駐在してたころ思ったこと感じたこと
体験した出来事を書いてみました。
お借りした画像の ブログのタイトルはフィリピンの中心で愛を叫ぶ です。
 
彼の写真には ひきつけられるものがたくさんありますが この
フィリピンの英雄 ホセ・リサールの銅像の下でおどけた格好をした白人が写ったこの写真を拝見したとき 
私は即座に アメリカの占領政策を皮肉った 一枚のすばらしい風刺画像として捉えて見てしまいました。
この写真を写した本人は ただ邪魔だからどいてくれないかなとだけ思いながらとったそうです。

フィリピンの英雄 ホセ・リサールとは
 フィリピンの独立運動の闘志として有名な国民的英雄である。
彼の存在を知ったのは 遠い昔 中古船舶の輸出でフィリピンに駐在してたころ 
フィリピンに深くかかわるようになったことから スパニッシュ系の彼女が 
私にこの英雄の存在を案内してくれたことから この国民的英雄を知ることになったのです。

このフィリピンの国民的英雄を知る前は 私の中のフィリピンは太平洋戦争の激戦地であり 
対日感情は悪く 遅刻や無断欠勤が目立つ いささか勤労意欲に欠けた国民性であり、 
あらゆる機関の公務員は何かにつけて頭に来るほど日常的に賄賂を要求するし

ガンショップ
ガンショップ
治安は最悪で インフラは 発電機が必要なほど停電が日常的で

交通マナー
大通りから抜け道に入ってもドコモかしこも車の渋滞 渋滞 
車の渋滞はいっこうに解決されていません。
環境は日常的な車の渋滞で排気ガスが充満してマニラ市内は臭くて おまけに挑発的にクラクション
を鳴らして強引に路地裏から割り込んでくるバカタレも多く 譲り合いの精神などかけらもなく
よくけんかにならないなと思うほどの最悪の交通マナーの持ち主が多かったのを鮮明に覚えています。

殴り合いの喧嘩になったことを想定してフィリピンでのアウエイでの喧嘩は
フィリピン人を殴った外国人はたとえフィリピン人が悪くても殴った外国人が悪いとなる
法律があることからヒッテンドランを基本にしてことを構えなければならないということです。

 車の渋滞を利用して組織的に仕組まれた物乞いが横行しており スラム街の子供が
人のバッグを強奪する場面に出くわしたり 日本人と判れば何かにつけ しょうもないことにかこつけて 
しつこくチップをねだってくるし お金を貯蓄するとか節約してお金を使うなどの概念がなく
あればあるだけ 使ってしまう浪費家が主流を占めており ボーナスが支給されても 
数日後には給料の前借や借金の申し込みが日常茶飯事で お金で いやなことにも楽しいことにも 
たくさんたくさん経験させられるお国柄であることから 私は、彼らをどこまで信用していいのかがわからず 
どんなに親しくなってでもわが身を守る安全のため性悪説でフィリピン人には接していました。

このように フィリピンでの  体験からくる 私のフィリピン人の感想は最悪でしたが 
フィリピン民衆の精神的支えであった ホセ・ リサールを知って 彼が 生きながらえて 
フィリピン文学を確立して 教育に力を注いでいたら フィリピン人の性質も 
向上心にあふれる人種だったかもと考えれば残念です。

たとえば 失敗したら 他人に責任を転嫁したり 言い訳がましいことばかりいったり 
他人の噂話が好きなフィリピンの民衆であり デマや誹謗中傷が多くて 
情報を取得する場合は、何を信用すればいいのか判断に苦慮しました。

とにかく 地獄のさたまで金次第 と揶揄(やゆ)されるほど あからさまにカネにまつわる
エピソードがたくさんありすぎて  カネの亡者 お金の奴隷といっても過言ではないほど 
命を狙われるほどのお金のトラブルが付きまとう国です。
だから私のように どこに行くにしても単独で行動すれば 命の保障は出来ないと誰からでも
注意を受けていました。

一人

このフィリピン人のような こんな格好して 日本人と悟られないように
現地に溶け込んだ服装でダウンタウンを闊歩してましたが やっぱりフィリピーナには
隠しとおすことが難しく よく街中で声をかけられていましたが 
なぜ日本人とわかるのかとたずねれば 足が短いからとのことでした (カナシイぃぃぃ~~~)

また ポンビキの生態と それにまつわる 地方から出てきた女学生の実態を 
ブログが公のものであることを忘れて 親しい友人たちに話すように  面白おかしく
興味を引くような書き方をしたら ある一人の女性の携帯電話のメールから長文の苦言を
コメントに頂き、この話題を削除したこともありました。
だから一般の日本人の最大の関心事は 女性にまつわることですが 面白い話はたくさんありますが 
残念ながらここでは話せません。

日本のコメディアンながいひでかず も引っかかりました 日本人の観光客を狙った
セットアップ強盗(美人局)にだけは気をつけてください。 
裏には警官が手引きしてます。
無罪放免になるには数百万円の大金を支払わなければならなくなります。

ある公的機関の日本人がこれに引っかかり 顔見知りだったマカティの警察署長の力で
無罪放免となった日本人もいます。
セットアップ強盗は、非常に参考になる興味ある話なのですが 
面白おかしくなってしまいそうなので残念ながら公表できません。

そんな反面 彼らは敬虔なクリスチャンなのです

ナザレの画像
ナザレの画像

民衆が十字架を担いだ黒いナザレ像からご利益(ごりやく)を得たいがために 
この黄色のTシャツを着た人たちに自分のハンカチやタオルを投げ込み 
ナザレ像を拭いてもらって投げ返してもらってありがたがってる風景です。

フィリピンの特徴は イスラム教圏が居並ぶ東南アジアの中で唯一のキリスト教国であり 
スルー海などフィリピン近海での漁業が盛んで ナボタスを主にしてジェネラルサントスなど
各地から多くのいろんな種類の漁船の引き合いがあり 
またマニラやセブ イロイロなどを拠点にして各地から物流の輸送手段としての
貨物船や民衆の足の変わりになる高速艇やフェリーボートなどの引き合いがたくさん来ていました。

そんな多くの種類の船が必要となるほど 多くの島々で形成された海洋国家であり  
多くの少数民族で構成された多民族国家であることから 地方に行けば 田舎に行けば 
フィリピンの現地語であるタガログ語が  まったく 通じなくなる場所もあり 
現地のガイドと通訳を臨時に雇う必要が出てくることも多々ありました。
フィリピンの奥深く入れば モスレム(イスラム教徒)とキリスト教徒の間に起こる
民衆を圧政から解放するゲリラ戦争という名の下に起こる利権争いに巻き込まれことにでもなれば 
命あってのものだねなのです。
夜の夜中の銃撃戦は 怖さを忘れたらという前提のもとに
それはそれは命からがらの最高の花火大会です。

アメリカナイズされた画像
日本人がくれば 物珍しげに まじまじと見られる下町のフィリピンの若者たちの娯楽施設ビリヤード場

 多くの言語を持つ多民族の集合体であるフィリピンでは 統一言語を必要とすることから 
学校教育で彼らの幼稚園から 大学まで 一貫して アメリカ文化を取り入れた英語での教育がなされ
ビジネスも英語が主に使われており日常生活も英語が理解できれば タガログ語が理解できなくても
なんら困らない国なのです。 
そんなお国柄でありますから町を歩けば 娯楽やスポーツに接してみれば 
いたるところにアメリカナイズされた文化や思想が目に付くのです。

アメリカ陸軍士官学校 ウエスト・ポイント 卒業生のラモス元大統領に代表されるように 
フィリピンの指導者は 高級官僚はアメリカ留学の経験がある人たちまたは 
アメリカナイズされた人たちで構成されているのです。
太平洋戦争以降の歴代の大統領を上げれば マルコス も アキノ もエストラダ も  
アロヨも そして現在のアキノの息子 ベニグノ・アキノもアメリカなくして 
またはアメリカに逆らっては大統領にはなれないのです。

それだけ アメリカに頼りきった国であり 日本以上の アメリカの属国なのです。
そんなお国柄で なぜ ホセ・リサールが 国民的英雄として 祭り上げられてるのかといいますと 

その影には
アメリカの巧妙でしたたかな 占領政策が 見えてくるのです。

そこで話を ホセ・リサールの話題に戻しますと
スペインの圧政によって民衆がいかに苦しんでいるかの苦しむ姿を 「我に触れるな」(タイトルはラテン語) と  「反逆者」 というスペイン語で書かれた ホセ・リサールの著書によって スペインに対してフィリピン民衆の生活改善を世に訴えたことにより スペイン政府から弾圧を受けるきっかけとなっていったのでした。 
その内容は、 フィリピン人にも聖職者になれる権利を与えること 言論の自由を認めること 
法的平等を与えること を訴えており そのスペインの植民地からの独立を求めて 
1896年に秘密結社カティプナンが 独立闘争を始めると この独立闘争の扇動者として 
民衆への見せしめのため マニラ湾の見えるロハスブルバード(ロハス大通り)沿いの
イントラムロス(城壁都市)
サンチャゴ要塞

サンチャゴ要塞の正門画像の近くの土地で 
同年12月30日に フィリピンの精神的指導者である ホセ・リサールは銃殺されたのです。

その土地が今では 市民の憩いの場として観光のスポットの場として
リサール公園としてリサールの銅像とともに フィリピン民衆の心に残されているのです。
その後アメリカがフィリピンをスペインから解放することを 大義名分にして スペインを破ったが

 アメリカ兵はフィリピンを侵略しスペインに取って代わってフィリピンを占領したのです。
その侵略に反抗するフィリピン人60万人をアメリカ兵は虐殺したのです。
この反乱を鎮圧するという大儀によって虐殺が行われたことがアメリカで報道されるようになって 
やっと虐殺は鎮静化されていった。

風刺画
風刺画 
アメリカ兵の残虐さが当時のニューヨークジャーナルに掲載された風刺画に残されている。
この風刺画を注意深く観察すれば
それは、アメリカ兵がまさにフィリピン人を銃殺しようとする背景に まるでスローガンみたいにして
 アメリカの自由の象徴である白頭わしの上に インディアンの土地を強奪した虐殺の歴史を繰り返してると
受け取られるように「10歳以上のものは皆殺し」と 書かれており 
アメリカ兵の残虐さを批判しているのでした。

この虐殺の事実をフィリピンの苦悩の歴史としてフィリピンの学生に学校で教えているのだろうか? 
このことについて語ったフィリピン人を 私は知らない。

そして アメリカのフィリピン占領政策は、スペインと戦ったホセ・リサールを 
民衆の心に強く焼き付け 英雄に祭り上げることによって アメリカから独立を勝ち取ろうとして戦い 
後にアメリカに投降して アメリカの傀儡政権 となった フィリピン初代大統領 エミリオ・アギナル 
など独立の闘士たちにスポットが当たらないように したのです。 

 このようにして視点を変えてみれば、 マスゴミや菅直人を使って 
アメリカの意に背く小澤一郎のイメージを悪くするように持っていく 
アメリカの巧妙に仕組まれた したたかな日本占領政策が垣間見れるのでした。


このようにアメリカの占領政策の一環として フィリピン民衆は 家畜のようにアメリカに
従順に振舞うように洗脳されれば 人間が生きるための尊厳は 、フィリピン人の南方特有の
おおらかさによって 独立心や勤労意欲が削がれて 当たり前のように ゆすり・たかりの文化が 
警察・税関職員を含むあらゆる機関の公務員を中心にして根付いていったのだと思っています。

フィリピン経済の象徴
フィリピン経済の象徴マカティー

 フィリピン経済は 華僑によって占有されて機能して発展をしています。
彼らの裸一貫からのし上がったエキサイティングな苦労話を聞かされるたびに彼らの商売上手には
脱帽するばかりです。 彼らとの裏のない本音で語ってくれたビジネスには見習うことの反面 
非常に警戒しなければならないところも多々ありました。

多くの外国人がフィリピンで起業されてますが 会社を興しても出資は出来るが登記簿上は外国人は
代表取締役にはなれず 代わりにフィリピン国籍を持った人間を社長にすえなければなりませんが 
儲かるようになると誰が実質的な社長かも忘れて お金のトラブルでパートナー解消という出来事が
100%発生します。
そしてフィリピンの経済の最大の特徴は出稼ぎ国家であるということを忘れてはなりません。 
また、それにまつわるビジネスもたくさんあります。

肉体労働やメイドなどの職を求めて 中近東やシンガポール アメリカ ヨーロッパへの出稼ぎのため 
また 日本へは ジャパゆきさんを目指して 各国の大使館には列を成して申請をしているのです。
特にアメリカ大使館でのビザを取得するための申請は多くのフィリピン人が毎日 列を成していました。
このように経済だけではなく政治や軍事においてもアメリカに従い ただただ ただ金魚のふんのように後をついてまわれば 安泰という雰囲気が伺えて どうせアメリカにかないっこないという あきらめムードが漂った 
独立心を捨て去った国に感じてしかたがありませんでした。

そんな日本もアメリカにはかないっこない 逆らえないという雰囲気が 
菅直人政権にも見られてTPPやアメリカとの安保条約が履行できるか出来ないかなど 
まるで日本は独立国家ではないことを内外に発表しています。

それもこれも  第二次世界大戦から始まったと私は感じています。
日本も どうせアメリカにはかなわない 特に軍事面ではかなわないのに無謀な戦争をし掛けた
ようにルーズベルトと山本五十六によって歴史的既成事実が作り上げられて
日本人は洗脳されていったのでした。

アメリカ・イギリス連合国側は、ABC包囲網とハル・ノートを日本に突きつけることによって
本当は戦争をしたくなかった日本を 経済的に追い込み逃げ場をなくさせて
アメリカに戦争をし掛けさせたのであって その当時の日本の国力からすれば
短期戦に持ち込めば勝ち戦は見えていたのです。
 
だが日本海軍においては、無謀な戦いミッドウエー海戦の惨敗によって 
太平洋戦争は長期化していったのでした。

日本の頭脳であるエリートの集まりであった軍令部(今で例えれば財務省)が 
多くの現場の指揮官のミッドウエーでの海戦は準備不足で早すぎるとの反対を無視した あげく 
さらに 開戦シュミレーション(机上での演習)では何度もアメリカ海軍とミッドウエーで戦っても
負け続けたのに あんまり山本五十六が言うから という理由だけで 軍令部のトップは勝てる根拠もなく
ミッドウエーで一戦を交えたのです。

太平洋戦争の敗因は ミッドウエーで負けたことがすべてだったのです。

この海戦により制海権 や制空権はアメリカのものになり快進撃を続けた日本陸軍は補給路を断たれ 
アメリカの物量作戦の元に敗れ去ったのでした

第3波攻撃までしなければならなかったのに参謀の意見を無視して 第一波攻撃だけでお茶を濁した 
こんな山本五十六の中途半端な真珠湾攻撃を検証してでも わかるように
こんな愚将を 天才とたたえることにより アメリカは日本国民に 
アメリカには絶対かなわないと洗脳していったのです。

そしてアメリカGHQは、3S政策(スクリーン・セックス・スポーツ)を巧妙に使って
民衆を洗脳して 占領政策を成功させていったのでした。

 山本五十六を日本国民の英雄と祭り上げて フィリピンではアメリカと戦った 
ミゲル・マルバール、 アポリナリオ・マビニやフィリピン陸軍の父と呼ばれてるアルテミオ・リカルテ 将軍
など アメリカと戦った反米の人たちを民衆の目からそらすためにスペインの圧政と戦ったホセ・リサールを目くらましのように目立たせて スペイン軍や日本軍の悪行だけを世界に発信して 宣伝して アメリカの良心は偉大であり 圧政に対する民衆のための解放軍と宣伝して 日本やフィリピンを利用してアメリカは世界の警察官であると宣伝して国連を作って世界に アメリカ合衆国を認めさせていったのでした。

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

菅直人の言い訳
菅直人の失政で 私は ぼやきながら 調べていくうちに いろんなことを知ることになり 
大変な勉強になった。

菅直人曰く、今日 誰が総理大臣になっても この財政難の状況からして 
消費税の増税から逃れられないとの発言を 聞いて思ったのは 彼は完全に 
財務省に洗脳されてしまっている。と感じ取った。

自分たちで 財源を探せば捻出できるけど 財務省のコントロール下にある ので
身動きが取れないし また 何をすればいいのかわからず 財務省の意のままに発言し
行動している。

何もわからずに 他人の意のままに 動けば リーダーシップは取れないし
スローガンと裏腹なことしか出来ない 理念など ビジョンなど あってないようなもんだから 
実行力が伴わない そして マニフェストなどあってないようなものだから ぶれにぶれる。 
何か都合の悪いことが起こればこのブレを隠すため 自分に火の粉が飛ばないようにする。
それは他人へ責任を押し付ける結果となる。

諫早湾干拓のための堤防の閉鎖は ムツゴローが危ないと パフォーマンスを行い
そこで生活する漁民の問題や 農業を営む農家の問題など 本来の問題に目をそらして 
棚上げにして 菅直人の名前を売るための 閉門反対をテレビの前で役人に向かって立ち振る舞ったことは 
菅直人の売名行為であることは周知の事実であることをみんなが知っていた。
 
そのいい例が この日本のデフレや不況のせいにして 誰がやっても同じことなのに 
自分だけが非難されるのはおかしいと発言しているが 自分の節操のなさからクル失政を 
棚上げにして国民に向かって 自画自賛している 政治音痴を露呈させているだけである。
これは個人の資質の問題であることがわかってない。

失敗を許さないといってるわけではない 失敗したら 他人に押し付けて あほヅラ して 
あつかましく 振舞うなと 説教したいのである。
そして 失敗から学べ といいたい。

われわれ国民は 有明湾に生息するムツゴローではない。
増税すれば われわれ国民の生活は カネが回らなくなるため 節約して 
食べるものも辛抱しなければならず 買い控えが始まり 今まで以上にものが動かなくなり 
経済は冷え込むだけ。 だから倍々ゲームで増税すれば 税収はそれに反比例して落ち込むだけ。

アメリカに言われたから 逆らえないから TPPを実施するでは あまりにも 
アメリカの利益のために動いてるだけに見えてくる。
アメリカは日本の農業を潰してきた。 今では主食である米がターゲットだ。
だから農協が危ない。

こんな歴史上最低な 総理大臣が出てきたのも 誰が悪いかといえば 有権者のわれわれである。 
自分はこんな最低な男を支持してないと 言っても 外国からは それだけのレベルの国民性としか
受け止められてはいない。
この最悪な総理大臣のエピソードを 取り上げれば、 彼が市民運動家として デモを行っていたとき  
常に第4列目の位置にいて 常に逮捕を免れてたそうである。
 同じ市民運動を行う仲間のことをどのように思ってたかが伺える 人間的なずるがしこさを揶揄して 
第4列目の男 逃げ菅と呼ばれてた。

言い訳する人の心理状態を調べると
何のビジョンもなく 何の使命感もなく ただ権力の座に座りたいだけ 居座りたいだけの 
市民運動家は 財務省の思惑で動いているから 自分の考えがないから 
みこしであるから 自分の意見が述べられない し述べる能力もない。
みこしは担がれてこそ 人目に触れられ 政(マツリゴト)を行う だから 
みこしは自分の意見を話してはならないのが日本古来からの不文律でアル。 

財務省に担がれてる菅直人に皮肉をこめて 神輿政権と名づけたい。

パフォーマンス男にふさわしい 国立印刷局には無駄な 体育館で 行われた 
事業仕分けがいい例だ 結局は 華々しく 税金の 無駄の削除のため  

財務省は 自らの利権のため 何もわからない  菅直人を使って 遠隔操作
するための リモートコントローラーの役目を 与謝野に託したのである。

さらには、行政改革などとなえる政治家を排除するため 財務省は、与謝野馨が必要となったのであろう

税金の使い道を見直し 財政を圧迫する無駄を見つけては省くため 無駄な公共事業を見つけ出しふるいにかけ 財務省の伏魔殿 変動利付け国債の欠陥商品を明らかにしたり 財務諸表の作成において資産や負債の内容を見直しをして このままでは社会福祉を切り捨てなければ国は財政難となり消費税増税をあげなければならないという
財務省の既成事実を 疑ってみることも必要だと確信しています。

 鳩山内閣が財務省主導の財政再建論に抵抗して 財政再建を実行する前に鳩山政権は 
日本の農業のようにつぶされてしまった。

税金を資源と考えた場合
イギリスの歴史学者 パーキンソンが行財政の組織と運営を行うことについての分析した結果を
法則としてまとめている。

1、人間は与えられた資源を使い切ってしまう という パーキンソンの法則から
さらに踏み込んで考えれば 官僚機構に対して 何も規制を設けなければ
実際の仕事量に関係なく名目上の仕事量は増え続け もちろん それに比例して官僚の数は増え続け 
下り先を創造しなければならなくなる。

2、国の財政を決めるには、まず支出を決めて収入を決める。
だからお金は 財政の歳出が決まれば それにあわせて 税収や景気など関係なく 歳入が決まる。 
だから国債は倍々ゲームのように無尽蔵にあるように 増発されていく。

3、公務員はお互いのために仕事を作りあう。

その結果、官僚機構は肥大化する し 予算を使い切る官僚が有能であって 無駄を見つけ予算を節約して 
予算を年度内に使い切ることが出来なかった官僚は無能というレッテルが貼られる非常識なことが
起こるのである。

3%からスタートした消費税は5%になり 10%を菅直人内閣で実現させようとしている。
現在、財政上23兆円の税収不足だそうであるが その穴埋めには 消費税9%にしなければならないそうである。
そこで平成2年で消費税3%のときは税収60兆円 橋本龍太郎政権で消費税5%に引き上げて現在の税収は40兆円を下回るところまで来ている。
だから消費税の引き上げは景気の逆行になることが証明されている。

パーキンソンの法則が正しいと証明する結果となった。

そこで、これからの日本のリーダーとなる 総理大臣は 減税を官僚に示して 
少ない予算の中で行政を取り仕切る役人が 有能であるという 常識を植えつける教育をしない限りは 
消費税を10%にしても 翌年も 翌翌年も 際限なく 増税論議は行われ
とどまることを知らない 増税が始まるであろうし 始まっていることをわれわれ国民は
肝に銘じて 喧嘩上手な役人を相手にしながら 説き伏せながら 省益よりも公という考えを身につけた
官僚を発掘して 味方につけて増税論議を監視しなければならない。 

年々物が動かなくなり 年々 お金が回らなくなり 消費が年々冷え込んでいくのが実感として 
体に伝わってくるので 消費の冷え込みをなくして 税収を増やすには
消費刺激策として大型減税を実行するのも 景気刺激に有効だと思います。


財政危機を煽る財務省の意図とは
囁き坂
私にこの坂の名前のようにささやく何かがいます。

またまた ぼやきまくります。

借金大国日本のイメージを数字上の歳出歳入の金額の数字による財務省の情報を鵜呑みにして
マスコミは発表している。
なぜ財務省は歳出に対して歳入が間に合わず 大幅な財政赤字が計上されることから 
国債を発行する事によって 赤字補填をする 財政赤字国家であることを 
マスメディアを使って大きく宣伝しているのか。

これではマルデ 菅直人の 与謝野馨を登用しての 消費税10%増税は正しいと
国民に判断させている意図が見えてくる。

国民の判断を故意に誤らせるため定量的に数値で発表して歳出が
歳入を上回っていると伝えれば国民は騙される。
しかし数字の中身を詳細に検討すればであるが、 まずは国が借金まみれであるならば 
と仮説に立てば 日本のアメリカ国債を売り払えば 日本の借金は
簡単に返せるのだが しかし 日本所有のアメリカ国債の所在は
おかしな話だがアメリカに保管してあり おまけに アメリカの了承もなく 
勝手に売り払うことができないなど納得の行かないことばかりである。

だからこのような債権を含めれば 国債及び借入金並びに政府保証債務現在高 
は政府短期証券扱いのものも含まれるので 実質は金融資産として計上されても
おかしくはナイと判断されるのである。

またこの政府短期証券の最近の発表は106兆円が発生しているとのこと。

しかし またもや しかしであるが、日本国民の資産の外貨の運用で上げた債権や
外貨預金の利息収入の発生金額である106兆円は日本の財政法では歳入歳出は
日本円で計上しなければならないため

増えた外貨分に相当する利息収入は先程の説明のように政府短期債を新たに発行して
円を調達した形にするため あくまでも債務として計上することになるそうである。

日本国民の資産である外貨準備高は 借入金ではない だから政府短期証券は
借入金として計上してはならない。
ということで バランスシート上は 負債でなく資産と認識しておくべきであり 
資産に計上することが出来るように日本の財政法の改正を 国会で取り上げなければならない。
とマネー運用を行う ディーラーから見た考えを知って
なかなか難しくて 理解しがたい が貴重で重要な情報をなぜ財務省は公表しないのだろうか 
疑問だらけである。

財務省は なぜ 日本を借金大国として宣伝するのだろうか 理論的に考え抜く 
エリート集団にしては あるいは秀才としての誉れの高い集団心理から考えれば 解せないのである。

またなぜ 経済オンチの菅直人を使って またお目付け役として消費税増税の実行部隊長として 
ゆうちょの国民の資産350兆円をアメリカへ上納する実務部隊長として財務省は与謝野馨を
菅直人内閣に強引に送り込んだのだろうか。

積極的に円買を行って円高にしている 外資は 日本は財政難などとは思ってはイナイ。
日本は福祉のための運用が行われないほどの財政難と宣伝しているのは財務省であり 
財務省の発表をそのまま発表しているマスコミは記者クラブからの締め出しが怖いから
ためらうことなく そのまま発表している。

 その点日本の情報の取り扱いにおいては 中国と同じ統制国家である。

国家破綻を言われながら年々国債の発行は倍々ゲームのように発行されて増え続けているが
ハイパーインフレにはならずに 今だに デフレが続き 金利は低く抑えられているので
外資は円を売っても日本の市場から出て行く気配もない
外貨準備が円に換金できないのなら いわゆる国家債務として計上されて 国家経営をバランスシート上 
帳簿上圧迫されるのであれば 資産として計上できるように法整備を行うべきであろうが 
この経済オンチには 熟議の国会と口先だけの 有言不実行(有害実行) うそつき内閣は 
与謝野馨によって 郵政民営化が実施されて 国民の たんす預金から 流出した
なけなしの資産350兆円がアメリカのファンドに献上されることになりかねないのである。

そしてこのまま消費税率を野放しにしていれば 22%まで跳ね上がり 
デフレはいつまでも続くと予想される。
消費税増税22%のうちの12%はアメリカファンドに上納されるのであろうし また
アメリカは日本乗っ取りの戦略として時価会計を押し付けたが サブプライムが問題となったとたん 
アメリカは従来取り入れてた 時価会計ルールを緩和して 評価損が帳簿上 
表に出てこないようにしてしまった。

菅直人のような無能な人間に政治をさせて 総理の椅子にしがみつかせて 
脅したりスカしたりして 消費税10%アップしなければ 菅直人自身を政治家として
歴史が評価しないと脅されて このままでは福祉が持たないと 国民を脅迫して
与謝野馨に消費税を上げさせて 国民のなけなしの資産 ゆうちょ資金をアメリカの
ハゲタカファンドに献上して 例外品目なき関税の撤廃を謳(うた)った
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)により市場を開放させて 
日本の資産を掠めとっていくのが見えてくる。 

そして最後は日本の農業を壊滅させて 日本の食の安全保障をぶち壊してしまうのです。
日本の農業はいまや壊滅的で 個人の農家が成り立たないなら 大規模農法が取り入れられて 
成功するころにはアメリカのロビィーストたちが 日本に圧力を掛けて 
日本の大規模農業がうまく回らないような法律が出来ることも考えれて心配です。

だから政府補償に頼らない農業をやっても カネのための失敗する農業政策では 
日本の農業は 人民公社のように いずれはなくなり
アメリカの食料に頼らないと生存できない状態となりうることも想定しとかなければならず、
自立した農業を目指さなければならない。

国民も与党も野党も含めて 管直人の節操のなさと 抱きつき心中を警戒するあまり 
菅直人政権は誰からも見放されていく。

日本の生き残る国家戦略は
アメリカ隷属をやめて 日本は独立しなければならない。
そのために国民は民主党を選んだのだから この期待にこたえられる人を党首にしなければ 
自民党から政権を取った意味がない。

とりとめもなく 複雑に出来た 財務体質を書いて見ましたが 
私が 理解できないのは 本当に日本は 消費税を引き上げなければ 
年金が破綻し 福祉ができなくなるのかを知りたいだけで マスコミが発表する 
借金体質日本なのか いささか疑問に思い 直感で書いてみましたので
いささか乱暴な文章になったと思ってます。

誰しも 漠然と このままでは 日本が破綻するといわれるよりか 
数値を示して 税収では 歳出は不可能だから消費税で この難関を切り抜けなければならないと 
吠えられても だから 歳入をあげるには税収だけではなく 無駄を省くための外郭団体作りをやめて 
他にも いろんな無駄を発見して改革して節約して 霞ヶ関だけに頼るのではなく 
民主党独自に 探っていけば 借金体質から どうすれば脱却できるかの具体案が出てくるはずである。

もし財務省だけに任せれば  国民を思考停止させて増税へ突き進ませるだけの 
悪しき法案が今度の国会で出来上がる気がして心配なのですが。

今年は例年にないほど野山に生える野生の食料が不作のようです。
イタチが山から下りてきて 鶏を襲い 小鳥たちは 自給のため畑に植えてる 
キャベツ 白菜 ほうれん草をきれいに食べつくしてしまうのです。
こんな現象を踏まえながら 天候不順からくる食料の確保を考えれば、
食料の安全保障を 基礎にして TPPを考えるべきです。

そもそも他国のTPPの基礎概念は自国の利益が優先されての市場開放であることを忘れてはならない。
TPPを平成の開国などと自画自賛して 何も知らず 政局もまともに運営できずに 
総理のいすにしがみつくことが大儀なら TPPも政治音痴の菅直人の玩具にしかすぎない。 
TPPを考える前に日本の今までの国家戦略は加工貿易大国であったことを忘れてはならない。

通貨戦争の中、わが国は もうアメリカ依存の貿易立国としての発想から脱皮して 
農業立国 技術立国 観光立 教育立国として 日本人としてのアイデンティテー(帰属意識)
を持って世界に翻弄されない 自立した大和民族にならなければ
家畜になるだけだ。

純債務に焦点を当てれば、日本は財政危機ではないとマスコミが報道すれば 
財務省の記者クラブからはじき出される。 だからマスゴミは報道しない。 
国民にこの真実を知らせない。
サボタージュがまかり通る 報道規制国家日本なのである。

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

ああぁ~~~~ああああぁ~~~ 哀れな 菅直人 

またもやぼやきたくなった。

菅直人に対する民主党内の不信感は確実に、広がってることが テレビのニュースで見てて 
彼の無責任さや 思いつきでのシロウト政治 権力の椅子に縋(すが)りつく菅直人にはね返ってきている。

圧巻は政権公約は実行できずに 政権公約にないものを 政策に撃ち出してきて 
実行しようともがき苦しんでる姿を隠すかのように すべてがうまくいかないのは
自分の無能無策にさらに政治音痴を棚にあげてマスコミによってイメージを悪くされていると 
のたまう 厚かましい 男.

何もわからず どうすればいいのかわからぬまま ただ ただ 言われるがままに 
TPPや財政再建のための増税を 財務省のエリートに 騙されてるのもわからずに 動いている。

彼の財務省というエリート集団の感想は どうにかセロ と すごめば 
どうにかするところ と経団連に のたまわってたが
裏をかえせば お茶を濁せば どうにかしたように見せかけて  
この経済オンチを 満足させているエリート集団である。

菅直人とは水と油の与謝野馨を一本釣りで入閣させることに 
誰もが納得できない のは当たり前のこと。

菅直人自ら 与謝野馨の入閣は、共通性が認められるとのことで、
旧来の自民党的、官僚的な手法や発想または理念や政策は自民党と同じであることを
内外にアピールしたのと同じである。
この水と油の与謝野馨の入閣により 何のために民主党は存在するのかわからなくなり、
民主党の政権公約の理念が吹っ飛んでしまった。

裏では日本のエリート集団が 経済オンチの菅直人を 操って 与謝野馨をお目付け役にして
大増税を実行することを画策しているのは 誰の目から見ても明白だ。 
個人個人は有能だが 省益を大事にする組織の中では 年功序列が重くのしかかり
個人個人の才能は発揮されずに この組織の中で 上手に泳いでいくには 
上司の命令には逆らわず 何も考えずに思考停止に陥ることが将来を嘱望されるエリート官僚たち。 

またもや菅直人は政治オンチを露呈させてしまった。
何故かって 与謝野が入閣すれば またもや国会は 大混乱するのは明白で 
何も決まらず 決められずに菅直人政権は吹っ飛ぶだけ。

後ろで 目立たずに 菅直人の後ろで ニヤけた顔して アメリカ国旗を背中に背負って
次期総理大臣を狙っている JALやダムの建設を棚上げにして水資源をアメリカに
売り渡そうとしていると言われてる 疑われてるヒラリー・クリントンのお気に入りの
防衛オタク前原外務大臣がいる。 

前原が総理大臣になれば 自民党の安倍と組んで大連立が実現するかもしれない。

財務省の情報をもらって 事業仕訳というパフォーマンスによって 国民には 
財源が枯渇していると 錯覚させる 企みは 霞が関の埋蔵金だけではなく 
「変動り付け国債」をも 巧みに隠してると

永田町では噂され マスゴミは この欠陥商品 怪物国債を 報道することにためらっている。
与謝野馨の入閣は 財務省の役人が自己保身のため 特別会計の剰余金隠しのために 
管直人政権に 送り込んで 財務省のエーゼントとして増税を 企てて 日本の財政危機を煽って 
増税を実現させるために 財務省が送り込んだ エージェントである

なぜ国の貸借対照表が作成されないのか考えれば 財務省は資産を明らかにしたくないため
目眩ましとして、消費税増税に国民の関心を向けさせて 財務省の資産隠しのため 
サブプライムも吹っ飛ぶような怪物と揶揄されてる欠陥商品である「変動利付け国債」
の隠しのため自分たちの都合の良い情報しか流さないことが 理解できるでしょう。

こんな事に利用されてる 何も知らない 総理大臣の椅子にしがみつく菅直人が哀れでならない。
菅直人曰く、 野党も含め自分に反対する人たちは 歴史に対する反逆行為だそうだ。

アホも休み休み言え! 

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

あなたはUFO いわゆる空飛ぶ円盤を見たことがありますか。
あなたはUFO いわゆる空飛ぶ円盤を見たことがありますか。
私は何度も見ました。

年はじめも3機ワンセットで 3編隊の海上自衛隊のヘリコプターが低空飛行をしていました。
多分今年からはじまった 出初式のための編隊飛行の演習だろうと 思いながら 
私の頭上 約百メーターを通り過ぎる編隊飛行を 眺めていたら 
時たま UFOの後を追うようにして ヘリコプターが飛んでいるときもあったことを思い出して、
忘れかけてたUFO 目撃体験を思い出してしまいました。

初めて空飛ぶ円盤と認識したのは 中学一年生の時で 私がいた小高い丘から
水平に直線で数百メートルの距離の空間に浮かんで静止していました。
その間我々の仲間たちは 興奮していました。

ヘリコプターだろう 飛行機だろう 誰かがハタ(長崎ではタコのことをハタと呼びます。)
を揚げてるんだろう と想像できるものを総動員して、あらゆる角度からイメージして 
みんなでワイワイガヤガヤ カンカンがくがくで 興奮するばかりで まとまりがつきませんでした。

十数分経過すると 未確認飛行物体は垂直にゆっくり上昇しながら 
われわれの目の前から急に消えたのです。
それから 今に至るまで 円盤らしきものをよく目撃するようになりました。

空飛ぶ円盤は 昼間見るときは きらきらと光輝き 動きが俊敏で 
ここかと思えばあちらえと 瞬間的に移動するのです。
夜 目撃した時は オレンジ色に輝き 光がついたり消えたりして ジグザグに
夜空を移動するのです。
UFOを何度も観察できるようになってからは 本物かどうか見分けがつくようになりました。

目撃で一番印象深かったのは 普賢が噴火してた頃で
UFOの窓が見えるほどの至近距離まで私に近づいてきたときでした。
 山を切り開いた 長崎 矢上の おろし団地で 夜 仕事を終えて帰宅しようと 
駐車場に歩いていると 海側へゆっくりと空を移動してる 物体を目撃した後 
すぐさま心の中で私は つぶやきました。 

UFOなら 私の真上に飛んで来い と
すると その未確認飛行物体は、私に気付いたかのように 急に方向転換をして 
私のほうへ向かってきて明りのついた窓がはっきりと見えるまで 私に近づいてきました。

どうせ信じてもらえないだろうと思いながら UFO懐疑論者の先輩を 大声で呼びました。
 そして彼に向って 「真上に浮かんでる物体は何(なん)ね」
と尋ねたら 「ヘリコプターだろう」というので 「それにしては音が聞こえんやかね」 
懐疑論者の彼も 「コイが円盤かと驚いたように見入っていました。

何度も何度も若いころ未確認飛行物体を私は目撃するようになってから
なぜマスコミは UFOの存在を報道しないのか 疑問を持つようになり
テレビでは面白半分に取り上げられて 宇宙人の存在をほのめかす人は 
人格を否定されるようになりました。

おまけに宇宙人が地球を攻撃するだの 地球人を誘拐しに来たなど 人々を恐怖に陥れたり
真実をまじめに伝えようとする 人々を妨害したりで ほとんどの人は 懐疑的でした。

UFO 情報は よーく観察してみれば たくさんの地球のためになる情報が詰まってるのです。
たとえば 円盤の推進原理を考えれば ロケットが圧縮された化学薬品の推力によって前進するが 
未確認飛行物体は物理学を無視した原理で飛んでることに気づかされると思います。 

それは磁石がプラスとマイナスでくっついたり離れたりする原理から磁場を作り 
そして重力場を発生させて この重力場と磁場を調和して共振させて 
円盤船体自体を無重力にしてしまい この推進力で空を飛ぶことができるのである。
http://www.youtube.com/watch?v=up5jmbSjWkw 
 

 飛行機のように大気や 空気の抵抗で 飛んでるのではなく 遊星の 
空気中の地場が関係してるようです。
この円盤のエネルギー推進原理が発表されて研究されて実施されればエネルギーを独占している 
石油資本は大打撃を受け 石油に付随する既得権益は地球上から消え去るだけです。 
石油の利権が無くなれば 今までのエネルギーでぼろもうけして 
世界を牛耳ってる勢力の死活問題となるでしょう。
だから 息のかかった世界中のマスメディアを使って UFOから知らされる
あらゆる情報は 娯楽番組を使って歪曲されて 真実は大衆に知らされていません。

そして正確なUFO 情報はごく一部の闇組織だけで独占されて 
エリア51と呼ばれる民間人の立ち入り禁止区域で研究されています。

世界制覇を維持したい 軍・軍事関係の大企業や 核開発を生業としてる大企業 
人類の生殺与奪(せいさつよだつ)の権利を持って、世界を支配してる製薬会社である大企業 
それに 宗教を利用して人類の心を支配することを試みているためUFO情報を公開しないバチカン 
911に代表されるでっち上げ事件で明白なように地球上の石油利権をあらゆる謀略を通して
独占しているロックフェラーを代表するセブンシスターズ

などなどがあらゆる情報機関や子飼いの世界的に有名なマスメディアを使って
巧妙に張り巡らされたネットワークによって 真実を巧みに隠し続けているのです。
UFO 目撃談や宇宙人との接触から得られる正確な情報を 大衆の目から真実をそらし
 欺(あざむ)くこの作戦のコードネームはDDT作戦と呼ばれています。

それは
Decoy (おびき寄せ)、 Distract (気をそらし)
 Trash (破壊する) の頭文字からとったものです。

おおくの人が宇宙文明とコンタクトを試みてきましたが 以上の理由で
誹謗中傷に会い 巧みな世論誘導に導かれて 人格を否定され 
うそつき大ぼら吹きとしてのレッテルを貼られて 闇に葬られてきました。
このことを 可能なら または ウィキリークスのアサシン氏が
誰からもコントロールされていないという証明のためにも  暴露してもらいたいです。

集団心理を研究したDDT作戦によって民衆を常に恐怖心を抱かせ 猜疑心を持たせて 
信じる人達と 信じない人たちととの 対立軸を作り 争わせて 簡単に コントロールしているのです。

人の意識は何度も何度も嘘を刷り込まれると真実となる。
例えば、小沢一郎問題で我々大衆は「政治と金」という虚構をサブミナル効果によって信じ込まされて
 嘘が真実となりうることから アメリカの指令を受けた菅直人は アメリカ御用達のメディアや
日本の利権を牛耳ってる 一部の官僚のバックアップを受けながら日本崩壊の道を歩んでいるのです。

人工衛星が地球の周りを約数百機周回しています。しかし何の目的であるいは
それで何がわかったのかは 発表されてません。
また 他の惑星へと たくさんの人工衛星などが 打ち上げられていますが NASAの発表によると
とても人類が住めるような 何もない惑星ばかりと発表されます。
何もないなら 天文学的なお金かけて 灼熱の地獄のような惑星になぜ行く必要があるのかと思ってます。

今では、何もない惑星へ向かって 天文学的なお金をかけて 人工衛星を打ち上げることに
だれもが何かの陰謀や謀略を感じているようです。
民衆をコントロールする キャンペーンに そろそろ だれもが気づきだしたようです。 

貨幣経済しか想像できない我々地球人には 考えることもできない 
想像すらできない事柄が沢山沢山宇宙には転がっていて 
我々 地球人の心が混乱しないためにも
まだまだ知らないほうがいいことかてありますよね。

FRBは裏付けのないドルをジャブジャブ刷っている。 
そして誰もが 100ドルと書いた紙切れを 諭吉さんの写真が載った1万円と書かれた紙切れを 
何の疑いもなく商品と交換している。
この貨幣経済が アインシュタインの相対性の理論と同じで我々地球人にとっては常識なのである。

情報や分析の結果の判断の基礎は社会一般の常識から判断できる。


テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

なぜアナログから 地デジへ移行しなければならないのでしょうか 
P1090421.jpg
P1090432.jpg
P1090429.jpg


明けましておめでとうございます。
年の暮れは雪が積もった道路を スリップしながら 事故らないように細心の注意を払って
運転して長崎へ帰ってきました。

私は 地デジ対応のテレビを買わなければならなくなりました。
私の懐は 今日の天気のように寒気団が居座ってるため 寒いばかりです。

あなた方もご承知の通りで、今年の7月24日正午で アナログ放送は完全に終了し  
デジタル放送でしか テレビ画面がみられなくなりますよね。
家電業界がテレビを売るための儲かる仕組みを作るために あみ出した戦略化だと 
思ったこともありますが 何か府に落ちません。

家電量販店に テレビを探しに行ってみて 
売らんが為の宣伝は 福山雅治のコマーシャルを視て気づいてはいたのですが
エコポイントだの 立体映像が見られるテレビだの 使いこなせるのかもわからない 
難しい複雑な機能までついてるようで 何を買えばいいのか 
よくわからないのがユーザーの現状かもしれませんね。 
私はシンプルに メーカー品でなくてもいいので テレビさえ見れれば了 
としているので 一番安い地デジ対応テレビを買うことにしました。

そこで なぜ テレビをみるのに デジタル放送にしなければならないのか
 あるいは 今まで通りのアナログ放送対応でもいいのではないのか と 
日本は自由主義国家として憲法でうたってる限りにおいては、
 国民が デジタルなのか   地デジなのかを 選ぶ権利があるはずだと 強く思ってる次第です。

しかし  総務省の「地デジ」のイメージキャラクターまでつくっての 
毎日毎日 異様なほど政府上げての広告宣伝 は 国民の選択する権利を逸脱させた 
行為に伺えるのです。

外国でテレビをつけると 日本では考えられないほどの多チャンネルで あらゆる国のテレビ放送が見られます。 
現在日本における放送事業は放送法により総務省によって周波数の割り当てを受ける
免許事業(許認可事項)であり、勝手に放送事業を行ってはならないと定められて規制されています。
日本の電波法と この周波数の割り当ての許認可制度が原因だと思いますが 
日本では 勝手に外国のテレビ放送の周波数にチャンネルを合わせることが難しいのです。 

これについても 日本は放送事業に関しても統制国家であると 誰も疑問を持っていませんでした。

何故地上デジタル放送に移行しなければならなかったのか

もともとは、日本の構想は 光ファイバーをネットワークとして日本全土にはりめぐらして
高速での情報伝達をインフラとして整備する予定だったのであるが。

アメリカをはるかに上回る 情報整備が構築されれば アメリカの企業が参入できなくなることに
危機感を持ったアメリカ政府は 毎年日本におしつけてる年次要望報告書の中でアメリカに
都合の良い構造改革を迫った結果が地上デジタル放送のはじまりなのです。 

要するにアメリカが日本の 放送という情報網市場に 参入できるようにするための 
アメリカ国家戦略の一環の片棒を担いで、光ファイバーネットワークを崩しての 
市場開放を迫った結果が地上デジタル放送の始まりなのです。

地上デジタル放送での欠点は 多チャンネルにはならないし 
1800億円の税金を投入しなければならないし 
現在使用のビデオ DVD ハードディスクレコーダー アンテナなど 取り替えなければならないし 
で一般庶民の家計には大きく響くのです。

反対に光ファイバーの長所は、 通信衛星を利用して 300の番組が見られるし
インターネットもできるし アンテナも要らないで コストは掛からないとなれば
地上デジタル放送よりも 通信衛星を利用した光ファイバーケーブルでの 
情報配信がいいに決まってますよね

 選ぶ 権利をなくし あたかも地デジにしなければ テレビが見られない
ことが 当たり前のように我々庶民には思わせて サブミナル効果を狙って 
毎日テレビで流すことによって  なぜ我々は 電波を選ぶ権利を与えられないのか 
の思考を停止させらてたのです。

考えてみたら 世界中が地デジに移行すると分かり 世界は社会主義国家のように 
情報が統制されるのだと理解しました。 

だから中国のように 世界中が情報をコントロールされ 一般大衆は、 
娯楽番組ばかりを見せられて 思考を停止させるニュ-スを流して
一般大衆の不満やはけ口を ひとつの方向に向かわせようとしているのです。
あたかも家畜を囲いに追い込むように です。

世界中の人々のためにも 
何もアナログ放送をやめなくてもいいと思うのですが。


そこには ある計画の一環が 伺えるのです。
それは、情報を統制する あるいはコントロールする事によって  
世界に新秩序を 広めて 人類家畜化を目指している 
世界の金融を牛耳ってる権力者たちの戦略が見え隠れするのです。

地デジの次の情報の統制の計画は 光ファイバーによるインターネットの情報規制で 
世界の庶民に 考える機会をなくすことにある。 

クリストファー・ストーリー というジャーナリストの名前をあなたはご存知でしょうか
ルーブルを売り浴びせてソ連を崩壊させた男 ワンタと ワンタが稼いだ27兆5000億ドルの利益の行方を あるいは 誰の懐に入ったのかを 追ううちに 闇の政府と言われる組織を深く探り この組織のマネーロンダリングのカラクリを公にしようとしたばっかりに 彼は2010年7月14日に暗殺されたのです。
りそな銀行を調べあげてた 人たちと同じような運命を歩かされたのです。

もし 本当にマスコミが報道するように ウィキリークスのアサシン氏が 世界の金融の
マネーロンダリングを暴こうと して その極秘情報を持ってたとしたら
 彼も 暗殺されてたでしょうが 彼は生きて釈放されました。

彼は インターネット情報統制の道具にされているだけなのです。 
だから 闇の政府から 生かされて泳がされているだけなのです。

今年は
バチカンの既得権益を守るために 地球人と同じ姿や格好をした宇宙人がもたらした高度な
信憑性のあるUFO 情報を隠したり  ロックフェラーに代表される石油を牛耳ってる組織や 
ラムズフェルドに代表される製薬会社や 遺伝子操作で世界の食糧を牛耳ってる食糧マフィアなどの
既得権益が 跡形もなく 吹っ飛ぶような 人類のための素晴らしい発明がなされていたことを
暴露してもらいたい。

そして 世界の権力者たちを震撼(しんかん)とさせた人類のための画期的な発明者たちの
不具な運命を辿(たど)らされたことも 克明に伝えて欲しいのです。

真実が明るみに出る事によって既得権益が破壊させられるという 強い危機意識を持つ 
闇の組織は 自分たちの息のかかった高度に張り巡らされた ネットワークや 
世界的に権威付けられた有名な大マスメディアを使って 自分たちの不利益をもたらす情報は 
今まで通りに謀略を使ってもみ消しているのです。

通信傍受システム “エシュロン”によって 我々一般大衆も 何者かによって 
監視されてることを認識しておかなければならない。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。