スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税アップのための増税議論
P1090047.jpg

今日の龍馬伝 の勝麟太郎の 言葉から考えてみた
 神戸勝塾の閉鎖にあたって 龍馬等の塾生達に向かって 
「このままでは日本が危ない  世界と互角にわたる渡り合える日本にしてみろい 
君たちはわしの希望である。」

午前3時半に起床してテレビで観戦した 日本のデンマークに対する戦い方は 考えさせられ 頼もしく思った。
攻撃的MF 本田を ワントップのFW へ ポジションの配置換えを行い
攻撃的な配置に置くため MF遠藤を 前へと おいたが デンマークにはその右と左に隙間が
できたため そこから攻撃されたので すかさず 監督は遠藤を呼び 守備的MFに修正した。

そうすると 左右の隙間がなくなり 日本が攻撃的になった。
日本も前評判とは大きく食い違って 世界と互角に渡り合える日本になった。

そこで政治経済も 世界と互角に交渉などができるようになるには まずはアメリカの属国から
離脱すべきである。


ここ数年以来 日本の財政危機が指摘され 日本国が破綻すると言われ続けてきたが
外国機関投資家達は日本の財政状況を 日本国内のマスコミが騒ぐほどには気にして無いようだ
なぜなら 日本の円の 暴落が起きない。 

なぜ円高が続くのか と 考えて見てください。
外国から見た日本の財政は  マスコミが騒ぐほど 御用学者が騒ぐほど 日本は財政危機に陥ってないと 
思った。 そこでなぜ 財政危機を大マスコミが テレビに御用学者を登場させて あたかも 
日本は破産に向かってる と宣伝するのだろうか と 疑問に思った。

国民一人当たりの借金が670万円なら 返済不能であり 返済能力のない国には 
デフォルトしかないから 外国人投資家からは見向きもされないはずだ。
しかし 円が買われている。

日本は自信を失った なぜなら いつも外国と比較検討して 納得する習慣が植え付けられたからだ。 
そこで考えた

いきなり菅直人政権が誕生した途端に この財政危機を乗り切るには 増税しか考えられない 
というふうに マスコミを使って マスコミによって作り上げられた 歯切れのいいトークで
人気のある池上彰を使って 脚本通りに質問する 発言する タレントを使って 偏向的な情報を収集して 
偏向的な経済危機意識を国民の潜在脳にインプットして 世論が操作され 一般消費者は 消費税を上げるしか 日本の生き残る道はないと 外国と比較検討させて 納得させて 信じこませる。

債務高だけから判断すれば すぐにでも日本は破産するであろうが
日本には優良資産がある タンス預金が眠ってると考えれば 貸借対照表から察してみて 
日本の負債は マスコミ発表よりも 少ないはずだ 多分 マスコミ発表の三分の一ぐらいかもしおれない。

日本には優良資産があるのかとかんがえてみたら 論より証拠で 中国人が日本の土地や会社を買って
日本の人材や技術を獲得してるではないか 目ざとい人間たちは マスコミ報道等に左右されず 
自分の頭で考え 自分で調査して 自分でシナリを書く ということである。

この前お札を刷るのは独立行政法人 国立印刷局だと いってたが なぜだか今日は日銀と言ってた 
池上彰氏 なにか意図を感じ取る。

なぜ 消費税アップの キャンペーンを執拗に 急に マスコミは行うのであろうか
そこには「印刷局は財務省の資産の隠し場所になっている」というカラクリなのだろうか
この霞が関を 改革しようとする 勢力を排除するための目くらましではないだろうか。

消費税が上がれば デフレススパイラルはもっと進行するであろうと 現場から考えてみた。
なぜなら 物流の動きは去年よりおちてるし 去年より察すれば 2000円の商品が売れてたが 
今年からは1000円の商品に移行しだした。
だから消費税がアップされれば 消費はさらに低迷し 景気は減速する。
こんなことは マスコミも 現場で働く人達にはも 分かりきってることだ。

税金の使途をはっきりさせるべきであり 税金を使う役人には節税案を推し進めるべきだが 
日本サッカーのように 即座に作戦を軌道修正させる 骨のある監督がいない。

骨のある役人がいても いつも潰されている。 ノーパンシャブシャブでハメられたように。

ワールドカップは 日本国民を 日本国旗の下に集結させて 
ナショナリズムなどの教育を受けてない者たちにも 日本国旗の下に一丸となって 
ナショナリズムが芽生える。

我々はマスコミの増税議論に キャンペーンに惑わされてはならない。!
このキャンペーンを貼るマスコミの意図を知らなければならない。

本当の日本の資産の有高を知ってるのは財務省であり マスコミや御用学者ではない。 
もしかしたら 財務省の本当の資産を隠すための「偽装財政危機」キャンペーンかも 
と疑ってみるのも必見かも

今日一日テレビを見ながら感じ取ってみました。

スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

ワールドカップと政治ショー
サポーター1
サポーター2
今 ワールドカップ一色 で 日本中が盛り上がってるのを 
全国津々浦々にマスコミ報道を通して 知らされてます。

昨日から今日にかけて大阪にいましたが 日本対オランダ戦 の残念な結果を見た後 
阪急東通に行ってみた 日本が負けたからか 一部のサポーター達が盛り上がっていただけ。
オランダのユニホームを着た外人を見つけた日本の若者たちが その外人を交えて
またまた 盛り上がっていた、

ホテルのエレベータで出会った日本のユニホームを着たカップルと 
試合結果について私も盛り上がった。

ワールドカップが日本で開催された時は 私は仙台にいたが 中南米が負けた試合直後 
は 南米人達は まるでお通夜のように沈んでいて 南米の陽気な明るさが消えていたのを思い出した。

ワールドカップも 決勝戦で 優勝する国が決まったら いつものように毎度のことだが余韻を残しながら 
ある時期を堺にして ピタっと 過熱報道がやむ なぜなら
一大イベントだからだ 優勝国が決まれば 報道する意味がなくなる。

ところで これと同じ 政治イベントショーが大マスコミによって開催され ある時期を堺に
ピッタとやんだのを 不思議に誰もが思ってるはずである。
あれだけサポーターのように加熱し騒いだ人たちは なんと思ってるのでしょうか 

沖縄県民 徳之島島民を 巻き込んで 利用した 政治ショーに しか すぎなかったのでしょうか 
やはり鳩山政権を転覆させるのが 狙いであったことが マスコミ報道の姿勢から伺える 
なぜ日本の大マスコミやテレビに雇われた 評論家などが 表面だけを捉えて
偉そうに のたまうのか 
官房機密費に対して 拒否することが難しい 記者クラブの談合が立ちふさがってるのかもですね

マスコミに使われた官房機密費は 少しづつだが 偏向報道がなぜ 起こるのか 解明されだした。
此の普天間問題で 報道のやり方で 鳩山さんが あたかも ぶれてるような錯覚に 陥らせる 
報道を一部のマスコに雇われた評論家が ネガティブキャンペーンをはり 
また ニュースキャスターの揚げ足取りに邁進してる ことから 
何かがおかしいと 誰かが糸を引いてると 疑ってる人も多いはずである。
そんなマスコミを揶揄やゆして マスゴミという造語が生まれた。

 ある大きな得体の知れない巧妙に複雑に張り巡らされたネットワークを持った組織が 
マスゴミという陽動犬を使って 善良で 人を 疑わない 従順な人たちを ごエムという 
囲いへと導くのに成功した。

それは 大マスコミによって 沖縄米海兵隊が「抑止力の重要な一つとして機能している」
と思い込ませたことである。

次に陽動されるのは消費税を上げること であり 日米合意を前提にしての消費税など税金を上げることに
 難色を示した時が 菅直人政権は 今まで通り転覆シナリオが書かれるであろう。 

増税のロードマップが作成された時に菅直人の勝負の時だ。
陽動犬などになれず 正論を吐く貴重なコメンテーターなどは 何かのきっかけで テレビから外されていく。

江川紹子が日曜のサンデーモーニングにでてないことが気がかりだ。
張本の逆鱗に触れたからと いわれてるが 彼に出演者を干すほどの権限も力もないことは一目瞭然だ。 
張本も 問題隠しのため利用されたようだ。

あれだけ騒ぎ立てた沖縄基地移設問題 鳩山さんが総理を辞任した途端 申し合わせたように 
ピッタと 報道がやっまった。
やっぱり 鳩山政権転覆が狙いだったのだ。 次は菅直人が アメリカの意図を無視したときのために 
スキャンダルのシナリオはできてるはずだ。
アメリカから独立した 防衛を 確立しなければ アジアは 各国が仲違いして
アメリカの分断して統治する戦略に半永久的に組み込まれるであろう。

しかし アメリカの落日が迫ってるかもですよ
ヘリコプター ベンと仇名がついたように FRBは、ドルをジャブジャブ 刷って ばらまいている 
限界点が もうすでにそこまで着ている
だから まぁ ドルが暴落するのも時間の問題だ。


テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

世論調査という魔物
竜馬伝の新撰組を見ていると昔 学生運動 盛んなころ 
功名心に駆られた学校よりの体育会系の学生が ゲバルト学生を 襲ってた頃を思い出す。 
それはそれは 両者 血で血を洗う 憎しみの連鎖となった 殺し合いであった。 
今では考えられないことであるが 大げさでなく それはそれは憎しみのための壮絶な戦いでした。

世論調査という魔物
あるテレビ局のバラエティ番組で
興味がないので 私は詳しくは知らないAKB48に関しての調査に 私は、非常に興味をもった。
AKB48のメンバーの選挙は必要か 不必要 なのかを街行く人に訪ねて 
いわゆる世論調査をした結果が 必要ないが80%を超えていたいたことである
このグループは非常に人気があるそうで この結果にAKB48のメンバーはもちろん 周囲の人も
驚きを隠せなかった。 
殆どの人がこの人気グループに興味がないことが露呈された。
この調査のやり方は 街行く人を 男女にわけ 年齢を公正にわけ フアンを避け
AKB48に興味ない人も調査対象に選ばれ操作されなかった結果ががそうさたのである。

もし興味のある人だけを対象にした調査であれば高い確率で違う結果が出たであろう

フアン目線 マスコミ目線 有権者目線 選挙対策目線 評論家目線 既得権益目線
ゴエム(家畜)目線  与党目線 野党目線 細かく分ければ様々な目線があり

世論はこの目線を 強引にまとめて権力者の都合のイイように マスコミを利用して 
長い間にわたって巧妙に世界に張り巡らされたネットワークによって
世界を支配しようとする ごく一部の勢力者によって いとも容易く 
世論調査目線に目くらましを受けて 人々は自分で考えることが めんどくさく 
考える事をヤメようとしてる人たちを対象にして ごエム(家畜)を育ててきた。 
その結果が 人々は世論調査に左右される。

過去の通例から判断すれば 内閣が変わるごとに いいところ 強みなどを発表して 
その内閣の宣伝が 全国津々浦々に行き渡り ご祝儀相場となり
 支持率が上がり 政府は国民からの人気が高いと 思い込んで調子に乗ったところで次に来るのが 
内閣の総理大臣なり 各々(おのおの)の大臣のスキャンダルを発表して 世論調査を行い
その内閣の人気を落とす。 

ただし例外もある それは コイズミさんであるが
此の人にも 今までのマスコミのやり方から察すれば 簡単にスキャンダルが出てくるが 
なぜだか不思議なことに 何らかの力が記者クラブという談合クラブに何らかの圧力がかかってるのであろうか 
マスコミ関係はだんまりを守ってる。

民主党の支持率が10%代から 60%台のV字回復となった。
誰もが予想もしてなかった高い支持率で びっくりしてるそうだが ここに数字のからくりが見えてくる
世論調査の方法のやり方の 説明もなしに いきなり数字が出てくる 各マスコミの数字は横一線の一律数字が出てくるのは おかしいと考えてみるべきだ
ランダムに調査すれば 質問の前提が違えば ばらつきが出てくるのは間違い無いことだ。

 なぜなら
今日の世論調査の実態は 
1980年代までは「訪問面接調査」が行われ 。回収率は、80%以上を保たれてたが 現在は 
核家族化などで 訪問先も大きく変化して なかなか会えなかったり 訪問面接調査を拒否する家庭が 
増えているの現状である。 

そこで無作為に電話帳から抽出しての電話調査に切り替えたが この調査対象が偏ってしまうのが
最大の欠点である。 なぜなら 誰もが知りたいのは無党派層が 何を考え 何に期待して選挙に出向くかを 
知りたいのである。 

しかし無党派層は 電話帳には載せてはいない。
 いかんせん 都会では電話帳に載せているのは、自民党支持者で高齢者が多いのが実態である。 
これを鑑(かんが)みれば 現在の電話調査は信用に値するものではない。


もっと深く掘り下げれば
この世論調査には、知らないことでも 何も考えなくても、いとも簡単に回答できるように 
設計されてることに 注目しなければ ならないことでる。

この巧妙に意図された回答に従えば 知らないうちに 相手の意のままに コントロールされる事になる。
それは○×形式での 試験制度に慣らされてきた 我々には 自分の意見よりも
何が正解かを 探すことであり その人の考えを調査対象には求めてはいない。

マスコミという名の陽動犬に導かれていく。 
人と違うことを考えれば 陽動犬に吠えられ それでも コントロールできないとわかれば 
死に至るほどまで噛み付かれる。
これが民意という名の世論調査である。
この民意という名のコントロールされた世論調査を研究するなら 一番の研究対象は 
マスコミの仕掛けたネガティブキャンペーンによって断罪された 小沢一郎だと断言できる。

此の人の考えが少しづつわかるに連れ 亀井さんや囲碁仲間の与謝野さんとの次の一手がいつどこで 
どのようにして 打つかが 見えてくる。
実態が良くわかってる人たちには、 いわゆる 民主党の人気が本当にV字回復したのかどうか肌で感じてる
人たちで いわゆる、現場で額に汗して票集めをしてる人達かもしれない。

こんなことが見えてくれば テレビで討論してる政治家やニュースキャスターや評論家などが 
人々を囲いに追い込むため 吠えまくってるが 唯(ただ)の遠吠えにしか聞こえてこない。
それは官房機密費をある特定の人達へのバラマキ方や使い方に原因があるのかもしれない。 

大手の広告会社のマスコミに対して お金の使い方がわかれば ニュースキャスターの動向もはっきりと
見えてくるかも ですね。

口蹄疫が野山を自由に駆け回るイノシシに感染したら 九州は全滅なのでしょうか
日本の牛肉が全滅したら アメリカの牛肉が大量に輸入されるでしょうが 
アメリカ産牛肉は たべたくないなぁ~~~~

マスコミや評論家などに 左右されない自分の頭で考える習慣を身につけてもらいたい。

お知らせです。 ましゃフアン必見です。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

政権転覆 という交代劇
池
良きジョギングコース ウオーキングコースを見つけた。

龍馬伝での池田屋事件 新選組はある情報から 京都の屋内での長州藩襲撃に成功した。
私は京都の友人の下宿で 木刀を持って遊んだときに気づいた 長い刀は屋内では不利だ
短い刀は狭くて高さが低い部屋では有利なことを だからこの情報を新選組は活用した。

政権転覆 という交代劇
週末4日のニューヨーク株式相場は1万ドルの大台を割り込み
今年の米国での銀行破綻は合計81件となった。
この動きには、 日本の指導者は何を感じながら組閣を組み立ててるのだろうか。
金融の世界に詳しい人は夜も寝られない状態であろう。

たしか鳩山政権ができた頃だと記憶してるが その頃に 菅直人がイギリスへと旅だった。
イギリス議会政治を学ぶため とかの名目での訪問だったようだが 何しに 訪問したのか推測でしか押し図れないが、 この政権転覆劇を描いた関係機関と会ってたのではないか

この政権転覆もしくは政権交代劇の原因をつくった立役者である アメリカの意にそわない小沢一郎、 
この存在感の大きな政治家は田中角栄以来である。

金権政治 独裁政治のネガティブイメージが強い 壊し屋という異名を持つ 
彼に興味を持ち出したのは いつ頃だっただろうか と振り返ってみた。
たぶん 東京地検特捜部が政治資金規正法で捜査をはじめた頃からだろうと思ってる。

ただ私も 昔から 東京地検の捜査は まずは 検事が最初にシナリを書き
そのシナリオに沿って 調べがあり 調書が作成される。 
シナリオに沿わない証拠が出てきても 無視される。 

西松建設問題で立件が無理なら 次の手は 大久保秘書の冤罪を隠すため 
石川議員をしょっぴく暴挙に出た特捜部の責任者は 派手めのラクダ色のコートを着て 
誰かさんに 無言のアピールをしてた ・・・・さん。 

そらぁ~~~~ 命令通り動かナイト 脅されるだろうし 誰でも出世はしたいだろうが 
人を貶(おとし)める前提でシナリオが書かれるのであれば この日本には法治国家などありえない。
国策という名目の 裁判劇が繰り広げられるだけだ。 

また 体験上 マスコミの論説は信用してないし 誰がマスコミにお金を出して支えてるのか 
裏側から見てしまう習性がいつの間にか出来上がってしまった。
マスコミが報道することが 正と信じる人や 統計や世論調査が 正しいと なんにも疑わず 
信じる人は コントロールしやすい。 

この世論調査と言うからくりを当方のブログの読者に次回お知らせできればと思ってます。
そんなおとなしい従順な人々を育成することに片棒を担いでる 大手マスコミとしか思えない。

規制緩和 小さな政府 構造改革なくして成長なし 所得倍増 日本列島改造論
わかりやすいキャッチフレーズに 有権者に夢を持たせるイメージ戦略が根付けば 
大きく選挙では有利に作用する。

その点事業仕分けをベビーフェイス(善玉)と ヒール(悪玉)をはっきりさせて 
プロレス乱闘試合のようにわかりやすく観客たち(有権者たち)にアピール したことは 
後ろに控えてる 小沢一郎プロデューサーの存在を感じる。

小沢の次の一手が怖い 菅直人は 小沢一郎にお伺(おうかが)を建てたくて 
会おうと試みたが あえなかった。 
またこの政権転覆劇にも 別のプロデユーサー(黒子)の存在を強く感じてしまう。

それに指図されて 民主党のネガティブキャンペーンを宣伝してるマスコミである。 
これを大本営発表といっても差し支えないと思ってる。

太平洋戦争たけなわのころの日本軍がアメリカ軍に負けてた頃 まるで勝ってるような虚偽の報道を
日本の作戦本部である大本営がマスコミを使って発表させてた。
この教訓を活かして 嘘を発表することが今では これを大本営発表という。

何かにつけて 与野党の泥仕合非難合戦のなかには それはダブルスタンダード(二枚舌)という言葉が 
飛び交じるが それが根回しの世界で生きてきた人間たちの職業病ではないかと分析してしまう。 

票集めに紛争する現場を無視しては選挙は戦えない。

だから日本の政治風土には 寝技が得意な人 いわゆる根回しの出来る人が 尊重される。
だが その根回しができなかった 鳩山さんは 日本防衛論という大局的な見地に経てず 
普天間問題という 局地論に経てば ブレるに ぶれて それが格好のマスコミの標的となり 
よって ぶれる総理が 一人歩きして シナリオ通りに 境地に立たされた。

自民党時代の内閣官房機密費の存在が野中広務氏によってこの時期に暴露されたのにも 裏がある
それは、鳩山政権が普天間問題で官房機密費を使っての世論操作を牽制するためである。

また官房機密費をもらった人のリストを作成してるジャーナリストはみんなから電車に乗るな
車で移動せろと助言されている。 
それは痴漢(冤罪)で捕まえれば その人は社会的に抹殺されるからである。
植草教授や真実を追求するジャーナリストが次々と電車の中で痴漢でハメられている。

鳩山さんの本音は グアム移転で決めたかった。 しかしアメリカが合意しなかった。
アメリカの要望を踏まえれば 二転三転とぶれた これが 真実である。

3時間半ほど日本に立ち寄った ヒラリー・クリントンから 強硬に現行案 
辺野古のキャンプシュワブ案を飲まされてアメリカと合意した。 
その後の鳩山さんのホットした顔が忘れられない。

この日本財政難の中 日本はアメリカ軍のため 日本防衛論 抑止力のため という名目で
金を 集(たか)られるのは 明白だ。

ただ闇雲に与野党共に増税論が出てくるであろう そうすると 消費税引き上げとなる
そこで 何に使うのかを はっきりさせてから 有権者を納得させてから
増税論を 消費税を引き上げるべきである。

日本は財政難である 闇雲に 増税論を唱え 戦略なき国家は破産してもおかしくはない。

日本が破産しても外国からの借金はないので ギリシャのように 他の国は助けてくれないだろうし、
アメリカが日本に事実上 毎年突きつけてる 年次要望改革書から歴代の政治家を観察してみると
軍事的にも経済的にも政治的にもアメリカの都合で動かされてる。

意に沿わない人間は 巧妙に隠された マスコミやあらゆる国家権力などの 
ネットワークを巧妙に使って 何らかの形で 抹殺されてると考えてもおかしくない
出来事がそこいらにいっぱい転がってる。

日本は政治的にも経済的にも 軍事的にもアメリカから独立しなければならない。
これを前提に 戦略戦術を組み立てなければ アメリカの陽動犬(マスコミ)によって
夢を持てない 積極的にはなれない 自分の考えが持てない 諦めの境地に陥る
しかない囲いの中に 家畜のように 追い込まれてしまうであろう。

ニート ヒキコモリ フリーターなどに象徴されるように定着型雇用の日本経済は
コイズミ政権によって崩されてしまった。

がん などに象徴されるように 製薬会社が儲かる仕組みの医療制度も出来上がった。
このことについても書いてみようと思ってます。 
しかし 仕事の合間に調べるので時間がないのが欠点で弱点である。

質のいい人材確保を図るためにも 私も不必要であると勘違いしてた 
日本の伝統文化を支えてた 終身雇用制 年功序列を見直すことが 
とても必要でることに気づかされた。


テーマ:日本の黒幕・その巨象 - ジャンル:政治・経済

大河ドラマの舞台となる長崎
20070127185543.jpg
20070124123527.jpg
20070123113936.jpg
ぐらばー邸の風景です。 長崎港に向かって大筒(大砲)が並んでます。
入り口にはイギリスの兵隊が 外人居留地を 幕府の官吏と一緒に 護衛についています。
日本人の手によってつくられた 豪華なグラバー邸は社交の場でも会ったようです。
コーヒーカップを片手に 大柄な外人が映ってますが
その彼が わかかりし頃の 野心溢れてた頃の 各藩に武器弾薬を売って ぼろ儲け
してた ころの グラバーです。 得体の知れないしたたかさが 感じられませんか

ましゃフアンのみなさん 
小難しい話題ばかりを扱ってたので マシャをモチーフ(主題)にしての記事は久しぶりです。

いろんなましゃフアンの方から 問い合わせなどが来ますが 分かる範囲でまたは 
公表できる範囲でお知らせします。 

たぶん彼のイメージを大切にするため 親戚一同には箝口令が敷かれてるのかも 
と考えられますよね  だから 外には情報がモレない仕組みです。 
または 誰もが蚊帳の外かもですね
だから 私も ぼかしを入れて 遠慮してまぁ~~~す。 

あぁ=~~~~ それでもなお熱心なフアンの方たちは
彼のコンサートや雑誌など入念にチェックして 彼の言葉の端々から 彼の事をくみっとってますよね 
私もそんな熱心なあなた方 フアンの方たちの 足元にも及びませんが 

彼のイメージを大切にして 彼の話題を 時たま拾っていこうと思います。

今は いろんな事情から 長崎にいないので 知らなかったが NHKのテレビニュースで 
長崎で 龍馬伝の撮影がスタートしたようだ。 

現代の風景が ドラマの 背景などに写り込まない場所はどこだろう と 
撮影場所をシュミレーションしてたが
グラバー邸 はどうにかクリアー出来るかもしれないが まさかの崇福寺 
こんな狭い場所でも 写し方 やり方ひとつで 幕末の風景が撮れるのだ と感心した。

これも厳密に言えば 情報操作のスキルかも  
あぁ~~~またぁ またァ ごめん また こむずかしいことを言ってしまった。

ここで アナウンサーが ましゃにインタビューしてた。
長崎の印象は?  
他の役者さんに訪ねるのは理解できるが 地元出身のマシャに聞くのも 
おかしな話で 彼も戸惑ってた 様子だ  
長崎出身として どこがお薦めか 長崎の特徴は 長崎について教えてください ならわかるけど

しかし そこは 長崎ふるさと大使 である 食べ物が美味しい 歴史深い場所であること 
を 説明していたのを 語ってたのが 印象的だった。
もはや そこら辺の長崎のおじさんではない (フアンの方 ごめん)

いろんな長崎出身の有名人を押しのけて ましてや マシャも裸足で逃げ出すほどの
カッコいい 蛭子さんは ましゃが憧れた 女生徒もいた 長崎商業出身で 
あのキャラクターながら 非常に 女性徒にモテたのです。 ・・・・・・    


というのは 真っ赤な嘘です。

前川清 さだまさし プロレスラー大仁田厚 蛭子さん を押しのけて  長崎の顔へと上り詰めた。 
もう今では 酔っ払ってハメ外すのもはばかるご時世です
イズミヤシゲルが言ってましたね 酔っ払った福山雅治は 最強の男だと 
イズミヤの口を通して語られる ましゃは面白いキャラクターになって 我々に伝わってきます。
 
マシャが語ってた長崎の深い歴史は
幕末から過去を振り返れば この長崎は豊臣秀吉の時代はキリシタン大名 
大村純忠がキリシタンに寄進した土地でもあったのです。  
長崎の狭いエリアの中に多数の教会跡地が点在してます。 

宝珠幼稚園のある淵神社も大昔は教会があり島原の乱後
の長崎のすべての教会は 焼き討ちにあい その跡地に 神社仏閣が建てられていきました。

天草四郎美少年で有名な 原城に隠れて あまり知られてないが 日野江城 
そして 島原の教会など ここの近くの口之津港から キリシタンバテレンが上陸してきたのです。

グラバー園でのテレビ画面に 後ろ姿しか映らない 誰かが 熱心に マシャを見に
来た人たちに 何か説明してるようでしたが  あぁ 福山さんかと思ったと のアナウンサーの 声で
誰かなとこの侍姿になったエキストラを見たら 私の知り合いで
 
龍馬の愛した珈琲を販売してる ナイスガイではないか 電話してみるか と思ってたら 
電話するのを忘れてしまった。

蛇踊りの撮影が 何回も何回も NGで蛇踊りの 担ぎて達は ダッシュ ダッシュの連続で 
おまけに 手の平が豆だらけに成っていた。
昔から伝わる あの重たいジャを担ぐのは並大抵の体力では務まらないのに 持ち上げるのも 
容易でないのに オーケーが出るまで 猛ダッシュを何回も何回も重ねて 
演舞のリハーサルに付き合わされてた。 それでも 頑張るそうだ 見上げた根性 
「ワイドンは ものすごか 根性バ しとるバイ」

私にはこのドラマ 龍馬伝は 史実を無視して どこまで どのようにして
 視聴者を楽しませてくれるのかが 楽しみだ。

今日のドラマも 幼友達 人斬り いぞう を探して 助けようとする 友達思いの龍馬 
またもや女性をとりこにした龍馬 龍馬の女房になる このお龍との出会いが ドラマチックに描かれてた。
なぜ龍馬は モテるのか たぶん女性の中で 育った環境が 無意識にそうさせるのでは

気難(きむずか)しくて 新品のパンツは気持ち悪くてハケないので洗濯してよれよれになるまで洗ってはく
小さな埃にでも 過剰反応をしめす 福山龍馬は 女性にとっては 常日頃 そばにいたら 
鬱陶(うっとお)しくて扱いにくい存在かも? ですよ

龍馬も姉に日本を今一度洗濯いたしもうそうと 手紙で大見得切ってましたが
彼は日本の掃除 洗濯が好きだったのでしょうね

フアン目線 カメラ目線 ディレクター目線 友人としての目線 男女のパートナーとしての目線 
スポンサー目線 男目線 女性からの目線 エロエロ目線 いろんな目線で見られてる
公人となったからには 有名税として 割り切らなければならない不都合も沢山あるでしょうね。

そんな話題が 雑誌 ブログ ラジオなど通して語られてますが
フアンのみなさんは 虚像と 実像を 事業仕分けしながら 
冷静なフアン目線で暖かく見てくださいね。



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。