FC2ブログ
今日の福山龍馬伝で気づかされたこと。
桜並木

ドラマ龍馬伝は 面白い
今日の龍馬伝で福山龍馬が 人きりいぞうに説教してた言葉が 
誰も日本が異国に占領されても良いなんては思っていないと

そこで日本の国政や財務を見直すため 過去に郵政民営化が推し進められた 
国営化を維持する人たちは アメリカに日本の財産を差し出すなと 大反対したが 
国民はよくわからず 選挙で 民営化を推し進めた小泉自民党が大勝した。

国会で小泉進次郎氏と亀井大臣に郵政を巡り因縁バトルかと思われる ことがあった

2010年04月07日08時06分 / 提供:スポーツ報知

自民党の小泉進次郎衆院議員(28)が6日の衆院財務金融委員会で、郵政民営化の見直しをめぐり、
亀井静香金融・郵政改革担当相(73)とバトルを繰り広げた。
進次郎氏の父、小泉純一郎首相(当時)が推進した郵政民営化に反対して自民党を離党し、
国民新党を立ち上げた亀井氏。進次郎氏が、ゆうちょ銀行への預入限度額を現行の倍となる
2000万円にする改革案を、民間金融機関など民業圧迫につながるとして「亀井大臣は逆走している」。
さらに、国民新党の政党支持率が1%未満と低迷していることを取り上げ、
「(そういう)政党が、この国の制度の大きな変更を強行しているのはおかしい」と痛烈に皮肉った。
これに対し、亀井氏は「世論調査に従って政治をやるなら政治家はいらない」と反論。
委員会後の記者会見では「人の心理をくすぐるところはうまい。おやじ譲りだ。
でも中身はないわな」とダメ出ししていた。


進次郎氏を観察していると いい意味でも悪い意味でもアメリカシンクタンクの
メディアを使ってのイメージアップを図りながらの人の育て方が見えてくる。

今我が国日本は 破綻に向かっている 郵貯の金庫には金がない それは自民党時代からのつけである 
郵貯から国債を買い続けた結果である。
郵政民営化で 融資のノウハウを持たない郵貯が 保有する国債を売り 中小企業へ融資すればいいけど 
国債を売れば 暴落する 

暴落を防ぐには 限度額1000万から2000万に引き上げるしかない
民間金融機関は預金が郵貯に流れ資金不足に陥る そうすると 民間も手持ちの国債を売らざろうえなくなる 
一斉に民間が売れば 国債は暴落する

債券価格が下がれば 自(おの)ずと買い手がいなくなる  そうすると 
日本国は資金繰りに困るだけではなく金利も払えなくなる。

*それは国の借金が1000兆円とすれば 金利5%で 50兆円の利払い しかし 
今年の税収が37兆円 国家破産するしかない。(例え話です。訂正分を最後に書き足してます。)

だから 今は 郵貯が資産運用の80%を国債に頼っている限りにおいては 
国債を手放さなくてもいい方法は 付け焼刃ではあるが限度額を1000万から2000万に引き上げて 
国民から金を集めて 国債の投げ売りを防ぎ 国債の暴落の防波堤になるしかない

ひとつの方法は 米にある日本所有の国債を手放して現金化すれば日本の資金繰りもよくなるが 
いかんせんできない 小泉サンの息子が アメリカ国債を売レバと 発言する勇気と気力があるだろうか 
そして日本の現状を把握してるのだろうか それとも
誰かの操り人形でなければいいが 

日本の国債の50%を外人投資家が保有している 
(日本国債の先物市場のシェアー50%を外人投資家が保有してるが正確です。
訂正文を最後に書き足しています。) 
だから 日本の命運は外国の胸先三寸だと 悲しい現実をどのくらいの人が 把握してるのだろうか 
マスメディアは やっぱりこのことは 報道しない。 理由はわかりきったことだが。 

日本は 外国人投資家が保有してる日本国債を売ると脅されれば 言いなりになるしかない。
けど過去 日本の政治家が日本所有のアメリカ国債を売ると発言したばかりに
失脚された政治家もいる。

郵政民営化と言う 名のもとに 日本の政治家は アメリカに操られてたと 
ならないように危惧している今日この頃です。

私の 勘違いや 誤りを 正確にご指摘された読者に感謝して 再投稿致します。
*>日本の国債の50%を外人投資家が保有している 
に関して 読者からご指摘を受け 調べてみました。
結果 私の認識不足で 日本国債の先物市場のシェアー50%を外人投資家が保有してるが 
正確な情報でした。

*>それは国の借金が1000兆円とすれば 金利5%で 50兆円の利払い しかし 
>今年の税収が37兆円 国家破産するしかない。

また国債金利に関して5%という例え話をしてしまい 正確には国債10年物利回りは1.389%であることを 
読者からご指摘を受け まだ 日銀の低金利政策が続行されているので 
私の例え話が危機を煽る結果になりかねないことも 読者に悟らせてもらいました。

これからもよろしくお願いします。
 

スポンサーサイト



テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード