スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 江戸での剣術修行
ながさき鯨カツ弁当
ながさき鯨カツ弁当を 京王デパートでの駅弁大会に毎年出展しているが 
今年は龍馬にちなんで 龍馬が愛した茶碗に盛ったのを売り出した。 
全国ネットで紹介されたので 問い合わせの電話が鳴りっぱなしで 仕事にならなかった そうだ。

龍馬が江戸で剣術修行をしたという記録はない

龍馬に2度目の江戸留学で千葉定吉から与えられたといわれる 
眉唾ものと思われる 北辰一刀流長刀兵法目録が与えられている。 

長刀とはなぎなたのことであり 俗に言われる短期講習会修了証書が与えられてたと
言い伝えられているだけで また ドラマで出てきた 千葉佐那女 の名も連ねている とのこと。

何を言いたいかといいますと 龍馬が北辰一刀流に入門したなどと言う 
記録が確認されてはいない。
ただし西洋流砲術 佐久間象山に嘉永6年1853年12月1日に龍馬が入門している記録は確認されている。
このころに幕府の重鎮 後の龍馬の師となる 勝海舟と出会ってたのかもしれない。

安政2年1855年11月江戸から帰国したのち21歳の龍馬が 
12ポンドカノン砲を稽古撃した記録がのこっている。
だから龍馬は江戸では 剣術修行ではなく 大砲を撃つための学問を学ぶために 
日夜勉学に励んでいたと大いに推測することができる。

目標物に当てるためには 物理 数学 などに詳しくないと弾道計算などできない。
ゆえにオランダ語にも精通していたと容易に推測できる。

福山龍馬の面白さが 魅力が 脚本家の手によって 伝わってきた。 
また ドラマの構成がよく出来ていて感心させられた。 
ただし 女郎屋で調子の良いキャラで 桂小五郎が出てきたのには 驚かされたし
桂小五郎も草場の影で びっくり仰天有頂天ではないだろうか?

スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

納得がいかないこと
今週は東京出張に行ってみて いろんな場所 元気のある会社の雰囲気に接してきて
商談をまとめたり

または 私が、昔から知ってる企業で ここ3年で大きく飛躍したばっかりに 
誰にも言えない 会社の社長の悩みを聞いてると 世間ではお金が回ってるのだろうか 
とふと疑問に思うことがある。
  
またある大手の債権者会議に出席してみて感じたのは
大手の企業の倒産により 漁夫の利を占めるライバル会社もあれば
連鎖倒産のうき目にあう 企業もあり 民事再生をすれば 法に守られて
取り立ての嵐から逃れられるシステムもある。

JALの客室乗務員達は 民事再生を申請した会社とは思えないほどに
忙しく けなげに 飛行機内を飛び回り接客されていた。
まさしく 従業員は何も悪くないのです 社長の私が悪いのです と大泣きした
証券会社社長の倒産でのテレビインタビューを思い出してしまった。

一昔まえの東京の夜は タクシーが捕まらず 困ってたが 今では 空車が目立 
不景気どころではないという 感想である。

足利市の菅谷さんに対する検察庁のでっちあげ事件を見たり聞いたりしていると
今回の民主党の小沢幹事長に対する嫌がらせと思える 事件と同じに見えてくるのですが
いい加減マスコミも 客観的な報道と 公正な報道の姿勢をとらない限りにおいては
誰もが マスコミ報道を信用しなくなるということです。

テレビでは小沢批判の視聴者を登場させて 日本国中が小沢批判で固まってるような錯覚に
陥らせるような報道姿勢が見えてきますが
もう誰もマスコミを信用していません。 

誰が なぜ 小沢さんを怖がってるのでしょうか 
東京地検の特捜部だけではこんな オオゴトにはならないと思うのですが  
証拠もなく こんな荒っぽい方法での 小沢側近3人の逮捕がまかり通るという事実に 
全国民が注目するのも必見かと思います。

まぁ 小沢の説明責任を果たしてないのなら 特捜部のトップの説明責任も必要だと
良識ある方たちは 思っています。
 
 と言うことで 納得いかないことを 東京で 考えてみました。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

NHK大河ドラマ 龍馬19歳の時の出来事
龍馬の道
寛永6年1853年3月17日土佐藩に15ヶ月の暇を願いでることにより
江戸での剣術修行の許可を得る。 龍馬19歳

ドラマの中では、江戸へ 旅たつ龍馬に、すべての面で 龍馬に嫉妬心を持った弥太郎が
通行手形を偽造してまでも 龍馬に勝手に随行する弥太郎となってるが 

事実は 寛永7年1854年 21歳の時 弥太郎は遊学の為 
土佐藩士に随行して江戸へと上った。

徳川幕府は関所を設けることにより 各藩士や一般庶民に通行手形(パスポート)を発行
することにより 民衆を武士をコントロールして監視していたのが実態である。
だから捕まったら 治安をみだす不届き者として打首獄門を覚悟しなければならない。

江戸での剣術修行に 父八平直足(なおたり)が龍馬に持たせ、 したためた認(したた)めた 
修行中心得大意 を読んでみると 息子 龍馬への心配からくる 彼の実像が浮かび上がってくる。

その内容は
1、忠孝を忘れず修行第一 
2、諸道具に銀銭を費やさない 
3、色情に心を移し国家の大事を忘れない。


ひょっとしたら 
剣術修行よりも 人がなんと言おうと 自分のやりたい事が大事というタイプであり 
実家が金持ちだったことから欲しいものがあれば衝動買いをするタイプだったのでは 
また結構ドラマのように女性にモテたのかもですね 
そんな女性の心をつかむのが上手だったかもですね
だから 親や姉の目の届かないところで自由奔放に振る舞い 
女性で失敗するのではと 心配の種だったのかもですね

こんな事実から 彼の実像が垣間見れて 面白い。
 

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

長崎は9年ぶりの大雪です。
積雪
雪
積雪などないと勝手に思ってるノーテンキな私は 昨日から大雪が降るとわかってても
何の準備も 心構えもしてなかった。
 交通機関はストップして タクシー会社に電話しても話し中が続き タクシーも呼べない状態 
バス会社にも電話するが 話し中 それでも私の家族は出勤して行った。

そんな中 テレビのニュースを見ると なんとJALの株式7円のストップ安
前原誠司国土交通相が12日、日航株の「100%減資(上場廃止)」に言及したからである。

こんな ことになるのはわかっても まさか大企業が 飛行機会社を国が 
政府が潰すわけがないと 思ってた人も パニックになり 個人投資家が投げ売りしだした。

先日
タイミングよく アメリカン航空が5億ドルの収入増が見込める 事業提携を柱とする新たな支援案を発表した。
これをみなさんは対岸の火事と思ってる方もいると思いますが。

前原誠司国土交通相が
上場廃止などと言い出した事で
JALの株式が紙切れになれば
既存の株主の権利がすべてゼロになってしまう。

つまり 一旦破綻させて 政府管理下においておこうという
意図が見えてくる。
例えば 公的資金 1兆円で JALを再建して
格安で 外資に売り飛ばさなければ いいがと危惧するしだいです。

つまりは 日本の税金が使われて 日本の投資家に何百億という大損をさせた挙句が
経営権を放棄しての 外資へ売却などというシナリオが書かれていると誰もが感じ取っているはずです。

こんな非常時 をあたかも隠すかのような グッドタイミングでの
特捜部の勇み足と思われる 陸山会などへの 強制捜査 そして不可解な 関係者という名で 
特捜部しか知ることができない情報を まことのように マスコミにリークし 
情報の裏付けもなく マスコミは垂れ流ししている。 

またもや アメリカ発のアメリカのカカシとならない小沢潰しと 捉えても おかしくないかもしれない。
特捜部は またもや証拠不十分で立件できないかも ですね 

自分の置かれた不具な環境を嘆いてばかりいれば 底から脱却できるアイデアも浮かばないし 
行動もできない。  いかに現在を生きるべきかを学ばしてもらってる と思えば

恐れを感じたり 悲しいことや、腹が立つことなどがあっても、人のせいにしたり逃げたりはできない。
自分でまいた種は しっかりと自分の手で刈り取らなくてはならない。

不具な環境に置かれた時こそ大きな学びの機会であり、一番実力がつく時なのです。


テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

福山龍馬 NHK大河ドラマ
福山レグザ
今日の第2回目の大河ドラマ 龍馬伝を見ての感想は
対立を浮き彫りにして 福山龍馬 の 人間性を視聴者に訴えるという脚本家の手法が
見えてきた。

先週は 上士と下士との対立から その場をしのぐため 下士福山龍馬を上士に土下座させた。 

今週は 土木技術も知らない ど素人の 龍馬に 堤づくりの 現場監督を
仰せ付けて 水争いからくる 農民同士の 対立を浮き彫りにして 
福山龍馬の苦悩をカッコ悪く見せる。 

それは 福山龍馬が農民に土下座して 堤づくりを頼み込むのであるが 
いくら下士とはいえ こんなカッコ悪いことはない。
まぁ これはドラマだから 問題ないが、

もし 本当に 現実に 武士が 農民に土下座したならば 武士としての人格を否定したことになり 
武士社会から 農民社会から 相手にされず 堤づくりも 大失敗におわったであろうと断定される。

ましてや 江戸に剣術の修行には行けなかったであろう。
事実は 砲術の修行に行き そこで勝っあんと出会ってたかもですね。

私の住まいの近くに 武士が切腹した腹切り坂と呼ばれる いわくつきの場所がありますが。 
なぜ腹切り坂と呼ばれるかと言いますと

武士が 剣術に自信のある農民から 剣の試合を挑まれ 断わりきれずに 試合をしたが
結果は 惨敗 農民に負けて土下座したことで 武士のプライドをズタズタにされた武士は 
その場で切腹したのです。

これが現実であり 武士の生き様なのです。
次回はどんな対立が生まれるのであろうか 脚本家の手腕に期待したい。


テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

NH大河ドラマ 龍馬伝
福山龍馬
初の大河ドラマ 龍馬伝 みた あなたの感想はどうでしたか
私は ましゃが 龍馬役で でるので 見ましたが まぁ あなたもそうだと思います。

福山龍馬を脚本家はどのように描くのか 興味がありましたが やっぱり予想通りの描き方でした。 
人間らしい 泥臭い 勉学よりも 剣術に優れ それをひけらかさない カッコいい福山龍馬

上士から 土下座を強要された 龍馬 無用な争いの渦に仲間たちを引き込まないため淡々と 
畑の泥の中に埋もれながら 弱虫と思われてでも 仲間をかばう 心優しい福山龍馬。
こんな描き方されたら 日本人の心に響き ましゃのかっこよさを 引き出した。 
という 憎い演出だととらえました。

何かにつけ 罵詈雑言を福山龍馬にはく 岩崎弥太郎を 上士から 守った 
そして 弥太郎を説き伏せた言葉が 「憎しみからは何も生まれない。」
福山龍馬の人柄が 表に出た 素晴らしいほどの  いい言葉でしたね

上士と下士の差別を利用しての 人間は生まれた身分に関係なく みんな平等と説く
福山龍馬のにくい演出 参りましたね

悪玉、岩崎弥太郎と善玉 福山龍馬を視聴者に無意識に比較検討させて
福山龍馬の人間らしさ 人間性を アピールした ドラマでした。


テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2010年の私の初詣
参拝客

グラバー園に行ったついでに 除夜の鐘がなる前に 諏訪神社へ行ってみた。
初詣のため大勢の人で諏訪神社の階段は埋め尽くされて
安全のため 警察の規制が掛かっていた。
拝殿

初詣の参拝客の共通点は、若者ばかりで カップルが多く 
騒がしく 元気いっぱいの 若者達で溢れていた。 
まだまだ 日本の伝統文化が生きており こんな元気な連中が日本を底から押し上げていると 
思えば これからくるであろう 2番底も乗り切れると思った次第です。
賽銭

これからくるいばらの道を乗り切るには まずは人を助ける前に 自分を助けて
助かってから 人を助け 不義理をした人たちへ 誠意をもって返せとの 
ある人からの啓示が聞こえてきた。

鳥居

諏訪神社の上にも神社があるけど ほとんどの人が知らない。
ひっそりと立ってる神社へと 暗い鳥居をくぐって 行ってみました。
一組の若いカップルが参拝しており 彼らが帰れば私一人だけ 下界では大勢の参拝客で
賑わい 静寂さに包まれてみれば 現実から逃避した錯覚に陥った。

社務所

が 参拝客のために お札が売られてる社務所が 寂しく ぽつんとたたずみ 
ひっそりと2人のアルバイトの巫女さんで売っていた。 
縁起物のお札とカエルを購入した。

お札とカエル

人がくるかと聞けば 誰もこないとのこと。
ここは商売の神様を祀った スポットである。

帰りしな、2人の女性連れが 恐る恐る 薄暗い階段を登って 
暗い鳥居をくぐって行けば何があるのだろうと 覗いていたので 
一言だけ この奥にも神社があるよ と告げるつもりが 
またまた私の癖である 長話となってしまった。

広島風お好み焼き

たこ焼きでも食べようかと思ったが 行列ができてたので 隣の広島風お好み焼きを食べて お腹を満たし

松森神社

ついでに学問の神様を祀ってる 松の杜神社へと行き ビジネスの勉強をもう一度させてもらい 
商売繁盛へとつながる祈願をしてきた。
はっきりとこれからやらなければならない ビジョンが見えてきたら 気分がハイになってきた。 

福山竜馬が1月1日の長崎新聞に掲載されてたので明日ブログにアップします。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

福山雅治 グラバー園から紅白歌合戦へ参加
明けましておめでとうございます。
今年は食糧事情が激変する年かもですね 
とにかく自民党政権でのアメリカのポチから脱却を図る鳩山政権に期待するだけです。

グラバー園入り口でましゃを待つフアン達
昨晩はみなさん 紅白歌合戦見ましたか。
私は ましゃが映った長崎からのテレビ中継を見て 場所もわからず とにかく まず風頭に行ってみました。 
もうすでに沢山の人が 福山雅治を探しに来てましたが
残念ながら 風頭ではありませんでした。

そんなで亀山社中から登って来た
2人連れの女性から風頭の行き道を訪ねられたけど 「福山はいないよ」と 
伝えるとがっかりした様子なので 彼女らのためにも私のためにも 
NHKに問い合わせたけど
知らないとの素っ気ない回答だった。

夜なので テレビに映る景色から特定の場所を思い出せずにいたが グラバー園という
情報が入ってきたので すぐに行ってみました。
撮影車

そのまま車で 強引にグラバー園そばのあまやどりに車を停めて デジカメで 
いろんな角度から撮るために 移動しながらとってたら 警察の注意もなく 
福山雅治関係者と勘違いしたのかもしれない。

また時間を置いて スタッフの人間と周りの雰囲気を撮影してたら 20歳ぐらいのお嬢さん2人から 
「おじさんも 福山フアン?」と聞いてきた ので 「そうだよ」と返答すると

すかさず「いつから?」 と聞くので 「ざんきょう」からと言えば よくわからなかったので
「写真展から」と 答えるとすぐに反応があった。 

それから 話題に事欠かさず 10分ほど ジェネレーションギャップも感じることなく話し込んでしまった。

「まだ ましゃ こないね」 というので がっかりさせるつもりはなかったが 
グラバー園から外への抜け道が3本あるから この正規の出口から出てこない と思うと伝えたら 
またまた 落胆していたのが 印象的だった。
群集

そして 車で強引に人ごみの中を通って たら 2人連れの女性が 「会えました?」 
と聞いてくるので びっくりして 顔を見たら 風頭であった2人連れだった。
やっぱりましゃフアンはすごいと 思わされてしまった 大晦日でした。

1月1日 龍馬伝の宣伝をかねて ましゃが長崎花月 から NHKの番組に出てましたね
若い共演者の女性の質問に 「それって オレを遠まわしに誘ってるの?」

と冗談言ったときには 声立てて笑ってしまいました。
コメンテーターによっては 気むずかしくも成り 面白くもなる 彼の一面を見てしまいました。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。