スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロープウエイ前バス停をさるく
関西出張や月末のあわただしさで ブログの書き込みが遅れました。
今回の出張で感じたのは、リーマンショック以来 商品のサイクル 会社のサイクルも
めまぐるしく変わり 二番底がくる来るのではないかと いまだに予測が立たないの 現状です。
ロープウエイ前バス停

バス停の前で話せば 通行の邪魔になるので 淵神社の登り口に皆さんを誘導して 
ロープウウエイ前 バス停を見ながら
皆さんに バス停の君の由来とエピソードを話したしだいです。

このバス停での 話題は彼がバス停の君といわれても みなさんも 
何も違和感を感じないし 同姓ながら だれも嫉妬もしない のはなぜか
と考えたら マシャがパーソナリティーを努める魂のラジオやFMトーキングでの
何気ないエロ話が さわやかに受けて 親近感を持てるに尽きるからだと 
分析したしだいです。

こんなエロ話を するにあたり  何に気をつけなければならないかと気づかされたのが 
ラジオも素人のブログも同じで 不特定多数の人間が見ている聞いている 
公共性のあるものであることを 意識しておかなければ ならないと 
肝に銘じさせられた出来事が私には ありました。  

ある親しい人間から 電話があり マシャフアンとの 交流を楽しく 語ってたので 
書く許しを得て書いたけど 友人同士だけの話題のように どぎつくなりすぎて しまい 
人格を軽視したような 書き方をしてしまったことに 申し訳なくおもい 
親しき仲にも礼儀ありで そのときばかりは 指摘された当日に 
削除と削除理由とお詫びを書いて
電話で 本人には丁重にお詫び申し上げました。 
また彼の器の大きさに気づかされもしました。

そんなんで バス停の君の由来  は 身長の高い ハンサムで 
かっこいい工業高校の生徒が 毎朝 バス停でバスを待っているという 
うわさが活水高校生の間で広まり
そこから いつしか バス停の君と 呼ばれるようになったのです。

そんな かっこいいハイティーンの彼も おじさんくさいエロイところを持っており 
今でもそうでしょうけど このバス停での バスを待つ間の 彼の楽しみは 
長崎女子高校生 当時の 鶴鳴高校の夏のセーラー服の制服が好きで 
チラリほらりと見え隠れする・・・・・
ところが好きで 多感な高校生の感情が見え隠れする エピソードを詳しく話したけど

みんなが爆笑してくれて またまたホットしたものでした。
このエピソードの伝え方も  女性の感性を入れての発言なので どぎつくまとまらず
フミさんの助言で さらりとまとまったと思っています。

福山雅治が叩かれない理由 大きく分けて二つ
 という記事を見つけました。

彼の さらりと どぎつくなく まとめた エロ話をする 彼には テレビに出てくる
遠い存在を感じることなく ただ 親近感 を持てて 
高感度をあげているのは紛れもない事実であるのが 
この記事から読み取ることができます。


スポンサーサイト

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

ブログとは なんぞや
航跡
前回 マスコミの編集のやり方によっては 偏った報道となり 一般視聴者か
ら 思わぬ受け取り方をされる ことの
怖さを お知らせしましたが。 ブロガーたちによって このことが指摘されだしている。
そこでもう少しひっぱてみようと思います。

3S 政策とはご存知だろうか 1、セックス 2、スポーツ 3、スクリーン

これを 一般大衆に 植え付けることにより 娯楽に目を向けさせることにより 
民衆が感じている社会生活上の様々な不安や、政治への関心の目を 
そむけさせることによって大衆を自由に思うがままに操作し得るとされる。

アメリカが日本を占領した時の
GHQが 編み出した政策である。 
 それは人間の家畜化政策である。
軍艦
いま何が起きてるのか ニュースの偏った報道により 我々には何も 知らされてはいない。

しかし いくら 報道の変更や 編集されても インターネットの普及により 報道されなくても
 
ブログによって 我々が知らざる 情報が 世に出て 日の目をみて いろんな 出来事が 
存在することを 知ることができようになった。
そして 何かが おかしいことにみんなが 気づきはじめてる。 
そして
マスコミに左右されずに 自分の頭で 考えることができるようになる。


芸能界のこと 政治のこと 経済界のこと 産業界のこと 医療のこと 製薬会社のこと
法曹界のこと 警察官僚のこと など いいことも悪いことも 隠してることも知るようになった。 

そして 福山フアンのブログを観察してみると  フアン同士のつながりや情報交換などできるようになり フアンの想い であることの  一つになってることの確認が
ブロガー同士によって なされている。

ブログというツールは ラジオ テレビ 新聞 雑誌などを媒体にして 
情報発信ができない一般人にでも 世界中に情報が発信できることにより  
個々の一般人でも 偏った情報を吟味 検証することができ 一般人を対象とした 
情報操作が やりにくくなった。
 
そんなんで ブログという存在が 面白くない人たちも出てくるのは当然である。

たとえば
アメリカ発の年次改革要望書から 郵政民営化の本当の目的がわかってきた。

それは国民の財産である 郵便貯金 郵便保険の分社化によって 350兆円が 
アメリカにさしだされてるかもしれない ということである。 

もうすでにアメリカの株のばくちに 吸い上げられて アメリカファンドの社員のボーナスとなって 
懐にはいってるのかもしれない。 
しかし マスコミはこの核心の部分を 積極的に報道しようとしない。

アメリカの地方銀行は毎日破たんしてるが なぜだか日本のマスコミは報道してない。
実態経済と乖離した 株価のねあがり アメリカの金利ゼロベースにより 市場では
ドル売りが 進んでおり ドルの基軸通貨が揺らいでいる。

これもアメリカの借金返済のための 人為的操作だと 世界のブロガーのなかには 
声高に唱えているものもいる。 実際がそうだけど

医療の現場では がん 脳溢血 心筋梗塞などの 慢性病の根本原因を解明した医師もいるが 
この存在や医療現場のあり方などが マスコミはスポンサー離れが怖くて 報道など されていない。 
医者はたくさん薬を渡すけど これについて深く尋ねれば 核心をついてるからだろうか医者は 
ただ闇雲に怒り出し 会話が成立しなくなる。

新型インフルエンザで思い出した。 
ひょっとしたら 賞味期限が近づいた 大量のタミフルの在庫が 医療倉庫に眠ってる
かもですね。 
妊婦がタミフルを使用していいのだろうか ?

私の信頼おける医者とは 真剣に話し合うが 製薬会社に勤める いとことは 
遠慮して医療の現場については話さない。

血圧も過去150で血圧降下剤が処方されてたが 現在は、130で処方 されるようになった 
そうすると 薬の売れ行きは 倍に跳ね上がった。 

人間年齢を重ねるにつれ 血管が老朽化すれば 脳に血液を運ぶためには 
おのずと血圧が上がるのが当たり前で 目安は
年齢+90である これを無視して 血圧降下剤を飲んでると ボケになるそうだ。

医者が患者のためにまっとうなことをやればやるほど収入が減るという、
医療の仕組みに根本的に欠陥があるということを考えなおさなければならなくなった。

今世界では マスコミが報道しない こと 世界の各国が隠したいことを 
一般人のブロガーによって明かされ 隠し通すことが 難しくなってきたので 

現場を暴露されることに 意味嫌ったりする関係者からは  悪意の陰謀論として 
片付けようとする 情報操作が なされている。
だから 世界の情報機関は 毎日 ブログをウオッチングしている。 
大企業や 芸能人を抱える事務所なども しかりである

三菱ドック
また ブログにより いろんな人が抱えてる 問題を解決する手段となり 
グローバルにすばらしいアイデアが生まれたり 感動的な出会いが 生まれるのではと 
今後のブログというツールに期待してる。今日この頃です。

そこで ブログは マスコミを媒介として情報を発信することができない 
一般人のための 情報発信のツールであり 自分を磨くための場でもあり 
一般人のコミニケーション の場 であり 一般人の情報の共有の場 でもあり 
マスコミに左右されない 自分の頭で考えることができる 
唯一のツールでもある。

以上が あらゆるカテゴリーの ブログをウオッチッングしてみての 私の感想である。

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

ましゃ 想いでの地をさるく でもし報道機関の要請があったとしたら
宝珠幼稚園登り口
ましゃ幼少のころへとタイムスリップする25名

いくら入念に タイムスケジュールなど シュミレーションで確認してても 
何が起こるかわからない のが常である。 
そのことを肝に銘じているが
小さなことでは、 貸切のバスが時間通りに旭大橋を渡った先の 旭町バス停に
来なかったことである。 

その理由はまだ来ない一人の参加者を 長崎駅で
待ってたためであるが 結果的には来られなかったので 我々は時間通りに出発して
スケジュールをこなして よかったと思っています。

待ってる時間の間この道路を行くと ましゃゆかりの灯台へ行くこともできるし
彼の存在を私が知ったきっかけ 残響に心打たれたことを話
ここらいったいは 昔水産県長崎を象徴するように 漁業会社がたくさんあり
岸壁には遠洋漁業の漁船が 隙間もないほど係船されてたことを ちらりほらりと話してたら 
やっと バスが来た。 

そして もう一つの私とフミさんの不安
もし この企画を知った 報道機関からの取材の要請があったとしても
私とフミさんの意向としては断ってもらいたかった。

なぜなら まだ固まってもいない見切り発車で思いつきではじめたのに また 
その先の確認も取れないスケジュールに不安を抱えながら 
参加された方への配慮ができるかも 確約できないなかでの
出発だったからです。 

だから報道の編集によっては すばらしいものになるであろうし または 
誤解も生じるであろうから それが怖かったので もし要請があってもお断りするのが 
一番よいと思った。

淵神社
たとえば報道のあり方に疑問を投げかければ
テレビのニュースでは 中国の成長が熱いとの報道ですが 中国人観光客の日本での購買意欲 
モーターショウ 基軸通貨がドルから 人民元に移行するなど 報道され
金融危機のさなかでも 見た目では魅力的で すごいに尽きる中国の発展のようです。

しかしこの報道には、いいところだけが報道されてるという 編集の意図があると思います。 
もうしばらくは 中国や中国人と疎遠になってるので 思いますとしかいえませんが

沿海部の都市は 内陸部の都市と違い 急激に発展してますが 農村戸籍のまま 
都市部にいついてしまった 労働として重宝がられた農民工など いわゆる 
盲流と呼ばれ行き場をなくしている人々が多数いるのが実態でしたが 今でもそうだと思います。

だから 想像できないほど貧富の差は激しく 極めつけは 大金持ちたちも 
北京政府など信用してないし 統制も取れていません。 ちょっと中国政府がたがをはずせば 
中国人民を分裂させるほどの暴動に発展しかねない状況です。 

チベット・ウイグル地区以外でも報道されてないが 人民の激しい暴動と
中国政府の激しい取締りがあってる 状況なのです。 

共産党で独裁政治かもしれませんが 実態は 国民を把握できなし 
アラブの国民のように 砂漠の砂はギュウと握り締めておかないとさらさらと
手からこぼれるのと同じ国民性なのです。 

だからこの報道を鵜呑みにして中国進出など考えれば痛い目にあいますよ 
ということです。

私が昔勤めてた ベンンチャーのはしりでもあったビジネスに 話題性を感じた報道機関からの
要請を引き受けてみて 報道された中身はまったく違い えらい迷惑を掛けられたことも
あったのです。

そして 宝珠幼稚園の園長先生とお会いしたときに 彼も報道の編集の際の 
偏向報道により 視聴者から誤解を受けた 一人となったのです。

バス停の君の由来 そして 宝珠幼稚園や淵神社での マシャの幼少の時代に
タイムスリップしてもらおうと 感じてもらおうと 思って書くつもりが
中国関連のニュースを見て 私が感じた報道の疑問を書いてしまいました。
次回の、ましゃ想い出の地 までよろしく。


テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

ましゃ 想い出の地をさるく 旭大橋と赤い流星
女神大橋

参加された 大阪の方からも 直メで 喜びのお便りをいただきました。
ありがとうございます。
宝珠幼稚園でのエピソードで 紹介させてもらいます。

現場を知り 現場の意見を聞く これがいかに重要かということを  
もう少し 言わせてもらいます。

業者間の人間関係を 最優先するばかりに 現場を知らない 知ろうとせずに 
企画立案すれば 机上の空論となり 空回りすれば その当事者 を責める 
責任者がいるとしたら

 たとえ場の話をしているのであって 今回の話をしているのではない 
そこのところは 誤解がないようにして 読んでもらいたい。  

それから たとえば ワーワー言う上司がいれば 周囲は 保身に回り 
機能することができなくなる。 そして 現場は いらだち 責任を 負わされる。 

これも今回のことではない 私が ずいぶんと若いころの体験である。
高速艇
コンサート会場での 演奏者たちの意見を無視して ただうまく運営をしようと 
すれば 思い込みだけが 先行して プレーヤーたちの テンションは下がる

株が上がった 下がったから 経済はよくなった悪くなった などは 机上の空論である。 
なぜなら実体経済は 現場の荷物の動きを見ればわかることである。

 注意深く見てみれば 全国津々浦々に出荷される運送会社の荷物の動きである
集荷の荷物が極端に少なくなっている。
 いわゆる 全国的に物が売れなくなった ということである。

この実体経済である現場の経済を知れば  中小企業への救済を早急に打たなければ 
評論家がなんと言おうが 世間は お金が回らなくなるであろうとおもわれる。

ニュースステーションでの 足利事件を担当した元最高裁裁判長 の俺には関係ない 
と言いたげな インタビューを見て から判断すると 
裁判所も現場よりも 書類を重要視する だから思いこみと めんどくささから 
冤罪も生まれるし 裁判官の責任を取る制度もできていない。 

人の一生を 簡単な思い込みと無責任さで冤罪を作り上げた判事や刑事や裁判官を見れば 
足利事件だけではない 小さな事件でも多くの人たちが 冤罪で苦しんでいる し 
泣き寝入りをして 悔しがっている。

要するに現場を把握することが 以下に重要かを 重たい話題から説明してみました。
旭大橋歩いてわたる
そこで旭大橋をバスに乗ってわたるのと 歩いてわたるのでは 感激が違う 
また この喜びを 面識のない知らないましゃとも 同士で体感すれば 
同じ感激を共有するという喜びを 味わうことができる。 

ただし今回は 天気がよくて  残響でうたわれた 旭大橋を横切る風を 
皆さんが体感できなかったのが残念でした。
このこともしっかり とガイドしたら またもや 笑いが生まれて ホットしました。

旭大橋からの景観は 幼少のころましゃが 自転車に乗って つりを楽しんだ場所 
灯台が見える このことも 彼の子供心の心境を 織り込みながら しっかりと 
ガイドさせてもらいました。

そして 極めつけは 赤い流星の由来ですが この現場に立ってみれば わかるように
アップダウンのある カーブがある橋 一般的な橋は平坦である。

ほしくてたまらなかった赤いバイク バーちゃんから 借りた20万で 購入した マシャ。 
旭大橋で 仲間と誰が早いか 競い合い 毎日が 楽しかったであろう。
誰もが ハイティーンのころに 通る道である といえば それまでだ。

 そこは 福山雅治が 赤いバイクで走ったとなれば
今では ましゃフアンの間では 旭大橋にも付加価値がつくというものである。
そして 法律違反はしてなくても 校則違反となり お決まりの謹慎 となった。

現場にたってみたら こんなコメントが浮かび このようなコメントを 話し言葉で 
ガイドとして 述べさせてもらった。

現場に立たなかったら こんな言葉は浮かばなかったと思い この歩いてわたるという
アイデアをくださった あなたに 感謝です。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

ましゃさるく やるバイ 宣言しての 感想
神の島
神の島 左手が教会 右手がマリア様

私が 福山雅治さんの 想い出の地をさるく を 『やるバイ 』 宣言をしてた 
人たちから 会うたんびに ましてや 思いもかけない人からなど電話などでも 
「どうやった」 という 参加者の反応や 成功したか 心配してもらい うれしい限りでした。

しかし ある関係機関との 折衝においては こちらが質問しても 
なかなか納得する回答が得られず だからといって われわれだけで 
調べて回れば それはするなという意向であり 行動などが制約されて 
ガイドとしての ことがうまく運ぶのかが心配だった

だから 行政にいろんなことで たずさわった肉親や親類・友人・知人に聞いたり 
質問したり して 彼らの行政との体験談の中から 行政の関係機関の立場 
考えが 容易に想像できて 次は何をするか ドウ行動すればイイのかが見えてきた。 

しかしまた誰からでもよく言われるのですが フミさんからも言われてしまった。

「マンタさんは顔が広いですね」 と 顔や態度はでかいのは自分でも承知してるが 
誰でも長く生きてれば交友関係は広がっていくと思ってるので 
顔が広いとはいつも自覚したことがなかった。

ゆれる
この画像のような心境に二人は陥ったこともあった。

『ましゃさるく』という屋根に上るための はしごをフミさんが 掛け 
私も フミさんと一緒に上ったのはいいが 自分で はしごをはずしてしまい 
下りられなくしてしまった 自分がいた ことに気づいた。

だから 本当は言いたかった オレもフミさんも ボランティアで 好きでやってるだけだから 
「非協力的なら や~~めた」 と ケツまくればすむことだが ブログでも発表してるし 
楽しみにしてる人たちや フミさんに対して 裏切ることができない 
律儀な性格なので やるからには 成功させたかった。

そしてフミさんの心配は いつ私が やめた と言い出すかが 心配だったそうだ。

問題点を洗い出して 解決しようと 行動したり 聞くことが なぜ悪いのか 
理解できなかったが いろんな人たちのアドバイスを受けながら 
解決するために行動していくうちに この企画の というよりか関係機関の
長所 短所 特徴に気づき
相手の考えが見えてきたので いらだちはなくなった。 

とにかく 具体的には 発表できないので そこのところはお許しください。


まさに 関係機関と我々 との最後の折衝は 
腫れ物を触るような   気持ちでお互いが接し そして 我慢もした。 

外人とのビジネスでのトラブルの折衝で手馴れていた といわれれば それまでだが

トラウマになりかけてた彼女を心配して 私は関係なかったが 
最後は、彼女の代わりに表にでて折衝もした。

最初は フミさんが 聞いても たずねても 質問は たらいまわし だったが 
最後は我々の誠意が 通じた。 ・・・・と書いておこう。

何度も書くが フミさんの企画生まれたきっかけは、
 一人で寂しく ましゃゆかりの地 長崎をさるく フアンを見て
理屈ぬきで 縁もゆかりも もなかった ましゃフアン同士が集まって、 
楽しく 交流してもらいたい。  お互い 笑顔で接して お互い楽しみ たい。
 
ただ ただ ただ それだけのことである。

そして 私も 縁もゆかりもなかった フミさんから 
加藤和彦さん のように
ふっと何をすればいいのかとボーとしてたところへ 

忘れてた情熱や夢という ビッグな プレゼント をもらった。 

我々は ドリルを購入するために工具店にいくのではない
ただたんに 穴を 開ける工具が ほしいだけなのだ。




テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

ましゃ 想いでの地をさるく の企画のきっかけと趣旨
ましゃさるく一行
旭大橋を渡り旭町バス停へ向かうましゃさるく一行

9時30分には 長崎駅を出発しないと 時間通りに さるかないと 
思案橋ラーメンや12時50分発の軍艦島チャーター船を待たせてしまうので 
あと一人まだ来ないけど 9時20分に25名に私の前に集合してもらい。 

朝のあいさつと ましゃ想い出の地をさるくに 参加されたことのお礼と 
私とフミさんのガイドの自己紹介をさせてもらった。

ここで誤解のないように 二人とも 断っておかなければならないことがある。
私たちは 古くからのフアンよりも ましゃを知ってると誤解されてはならないことだ。

だから まずは 朝のあいさつ と 自己紹介をして 福山さんにまったく似ても似つかない
私が ガイドを努めることの許しを受けなければと思い
「福山雅治さん にまったくもって 似ても似つかない ガイドですが そこのとこは ご了承ください。」 といえば 爆笑されて 正直 ホット しました。 

また長崎の地を紹介するかたわら福山雅治さんに関するブログも書かせてもらってること。
このマシャさるく も私のブログに紹介させてもらうことを皆様につげて。

福山さんのことは ご参加された あなた方がよく知ってらっしゃる と 思いますので  
私のガイドとしての務めは 福山雅治さんを通して 出会う マシャ友さん同士の縁と 
交流の 道標となる ガイドとしての 架け橋となれば 幸いだと思い 
一生懸命務めさせてもらいます。 

と この企画の趣旨をはっきりと告げなければならなかったので 
はっきりと告知しました。

バスに乗り込む一行
旭町バス停で一行乗り込む

また今回の企画のきっかけを フミさんが はっきりと発表したことで ホットした。

きっかけはこうだ 
この企画の立案のきっかけは 去年 福山雅治さんの写真展期間中、
福山さんの写真集を片手に1人旅をしている女性をみかけたのがきっかけだったそうで

1人でマイペースに回れる「ましゃさるく」も素敵だが、
バスや路面電車など初めて訪れる人には分かりづらいだろうし、
ましゃを大好きという共通点をもった「ましゃファン」みんなでさるけたら、
また別の楽しみがあるかもしれないということで思いついたそうだ。

こんなこと男の感性では思いつかないし 私のブログに投稿されるフアンの方たちも
やはり 一人旅が多いのに フミさんによって気づかされた。

そして 私と同じように
「皆さん以上に、ましゃを知っているわけではありません。
なので、今回、私たちもいろんなことを皆さんに教えていただきたいです。」
とはっきりと フミさんは参加された25名に告げた。

そして
「ましゃさるく」は、まだ未完成なものです。
ましゃを通してファン同士の交流ができ、この1日が大事なものになって初めて「ましゃさるく」
は完成されると思っていますので、どうぞ最後までよろしくお願いします。

そして 我々ガイドとガイドサポーターの役目と 想いが伝わったのです。

今回参加された福岡在住の方から 本当にうれしいお礼のはがきが届きました。
そのはがきを紹介させてもらいます。

拝啓 先日の『ましゃさるく』のガイドお疲れさまでした。昨年 ・・割愛・・
ブログで福山さんの名前を見つけて以降、度々のぞかせて貰っております。
今回夢のような企画に参加することが出来、とても嬉しく楽しい思い出になりました。
・ ・・・・割愛・・・・・感謝の気持ちで一杯です。
有難うございました。 福山さんのエピソードは、フアンにとっては「涙モノ」
今も涙腺が緩みます。 フアンであることに改めて幸せを感じた一日でした。
「フミ」さんにもよろしくとお伝え下さいませ。お体ご自愛下さい
取り急ぎ お礼まで    かしこ

いかに皆さんで 一人一人のばらばらの マシャ情報が 
私のガイドとフミさんのサポートで架け橋となって 情報を共有してもらい  
感動してもらい 一つになってもらうことだったことが 

このはがきで 伝わってることを知り フミさんともども
やってよかった 参加された方の笑顔が見れて よかった
と感激で一杯です。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

今日の長崎新聞に福山龍馬のロケが掲載されていた。
長崎新聞福山龍馬
ましゃ想いでの地をさるく シリーズを一回飛ばして 
福山龍馬の心境を書いてみました。

一つ気になるのは 
人きり似蔵の役者の目がさわやかなことだ。


実は なすべき時は

今にて御座候

やがて方向を定め

修羅か 極楽に

御伴申すべく存じ奉り候

(坂本龍馬の手紙より)

当方のブログに投稿くださる方の
ブログから ひっぱってきました。
(ただし残念ながらいつも未公開)

大きな事を成そうとする 生死を分けた 決意をしたためた 
ように読み取れる手紙だが いったい 何を成そうとしてるのか 
誰に送ったのか と気になるところだ。

龍馬の手紙を読めば等身大の龍馬の心が読めると 自負する私の心が躍る手紙です。

*多数ある龍馬の手紙を調べたところ この手紙は龍馬暗殺される
3日前慶応3年11月11日 林 謙三に宛てた手紙で大政奉還に関することを
したためた なかの最後の数行であることがわかった。

歌手になると宣言すれば バカにされるかもしれない 
友達にも言えない ハイティーンの心が 将来にいっぱい不安を抱えて
一個の人間が 長崎から見知らぬ東京へ旅立とうとする 心境にそっくりだ

それは 母親から 小学生のころ 全校生徒の前で 鼻血が出るほど殴られたことが
彼を強い男にと育てていく

母を早くで亡くし姉乙女 の男 龍馬の育て方が 乙女姉さんへ宛てた
彼の手紙から読み取れる 龍馬は幼いころは 泣き虫だった といっても 
誰も信用しない 強い男になれたのも 子供のころから 悔しさも知り 
解決できるのは 男の自分自身しかないことを
乙女姉さんから 突き放されて 男を たたきこまれた 男龍馬。
 
福山の子供のころと 龍馬の子供のころが 連動されて
「龍馬の人格形成がどんな出来事を経てなされたのか」 と言う福山雅治

彼は 自分と龍馬を重ね合わせてるのかもしれないですよね

私は長女の育て方を間違えた それは男のように 突き放し たたいて育てた
だから 可愛い顔と裏腹に 自由奔放で度胸満点な娘になってしまった。 

フミさんのようにナイーブでかわいい娘を見ると 
わが娘と比較して見る癖が付いてしまった。今日この頃である。


テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

ましゃ 想いでの地をさるく 長崎駅集合場所
長崎駅 10月10日午前の風景
長崎駅
さぁ 10月11日を迎えた。
私は夜 12時寝床に入ったとたん コトンと寝て 朝は6時半におきて 
準備万端 となってるかどうか確認してみた。 
いくら準備してても 当日は何が起こるかはわからない。

長崎駅 総合案内所前に 9時10分 ツアー客との集合場所へ 
フミさんとオレは8時に待ち合わせ。 7時40分に到着した私は 
バスとの待ち合わせ場所 へ行ってみたが まだ来てなかった。 

もし来てれば まずは運行スケジュール ポイント ポイント の
待ち合わせ場所を 運転手と 確認を取りたかった。 

まだ一つの不安をのこしたまま
フミさんとの待ち合わせ場所 へ行ってみると もう彼女は来ていた。
フミさんのドキドキとワクワクの交差する 葛藤が手に取るようにわかる。

私の顔を見るなり ホットした笑顔を見せたのが 印象的だった。
開口一番 私に向かって「寝れましたか。? わたし なかなか寝付けなかった」 
この心境が当たり前なのかもしれない。 
私のような鈍感な人間は どんなときも コトンと寝るタイプなので 
いつも家族から あきれられてる。 

再度 駅で シュミレーションをして 二人で再確認をしてると  
フミさんが田上市長に気づいた。 どこに何しに行くんだろうと思ってたら 
被爆地の長崎広島でのオリンピック招致表明と翌日の長崎新聞の一面を飾ってた。

ついでに オバマアメリカ大統領が核廃絶発言きっかけに ノーベル平和賞受賞決定 
とくれば 核に変わる もっとすごい兵器が実用できる段階にあり 
アメリカはその兵器をすでに所有してるのでは と深く考えてしまった。 

だから核兵器は無用の長物 となったのが本音ではなかろうか

 話を本題に戻すと コンベンションセンターのスタッフと落ち合い 
忘れ物がないかのチェックをして 参加者への対応と参加費用の集金を任せて 
我々二人は バスとの待ち合わせ場所で 再度 入念なチェックを 二人でしてると 
バスがやってきた。

やっぱり 現場同士の 打ち合わせをしないと 大変なことになる。
本当は前日にバスの運転手と打ち合わせをしたかったけど なぜだか 
会えなかったので当日 バスの運転手との入念な打ち合わせを5分で行った。
マシャさるく号
よ~~~く 考えてみれば 同窓会の団体の旅行の幹事を任せられた気分だ。

参加者は、旭大橋を歩いてわたるので9時50分に旭町バス停で皆さんが乗り込む
そしてロープウエイ前のバス停で降ろしてもらい 
淵神社のご好意で敷地内に駐車の許可をもらってることを伝え 
思案橋ラーメンの前でおろしてもらい 12時5分に同じ場所に来て みんなを乗せる 
そして 旭町のみなと会館前へと向かい 軍艦島関係のスタッフと落ち合い 
桟橋まで誘導してもらう。 

そして やっぱり どちらも聞かされたポイント ポイントが 少しづつだがずれていた。

運転手はいかつい感じのする30代の男性だが 柔軟な思考能力を備えてるように感じて
安心した。

現場では 常に 何が起こるかわからない そのときは とっさの判断を要求されるから 
頭が固く 前例がないとか やったことがないとか 言い訳をかまされたら 
ことが スムーズに運ばなくなる。 

バスの運行スケジュールは 安心して 次は参加者とすこしでも あいさつ前に
 ふれあっておこうと思い 待ち合わせ場所に向かう。
総合案内所

総合案内所 10月10日の風景
一人で来られた方 カップルで来られた方 家族で来られた方 親子で来られた方
友人同士こられた方 などさまざま で 見た目だけでも 一人づつ こられた方の
性格を把握しておこうと思った。

集合時間9時10分 には一人を除き 時間どうり集合されていた。
後は どんな ドラマが待ってるかは 我々しだいである。


テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

ましゃ 想いでの地をさるく
スパメール対策のためコメント欄に不具合が生じるようです。
メールボックスにのこってるのであとで公開します。(ジャスミンさんへ)
更新が遅れました。 
それは、昨晩は私の女房の ンン十歳の誕生祝と今日のいままで 野暮用で 外出してたので 
昨日の10月11日の ましゃ 思い出の地をさるく の実施されたことの結果発表が遅れました。

ましゃさるく号

今回ご参加された 25名の皆さんには 私の コメントで笑ってもらい
フミさんのコメントで 感動してもらい 楽しい雰囲気と 事故もなく 皆さんが節度を  
守って の ご協力により 無事 に 終了することができました。

別れ際や 途中 途中のポイントでは 次は あるのですかと何度も聞かれれば 
喜んでもらえてる 楽しんでもらえてる という実感がわき ものすごくうれしかった。
 
長崎以外からは 遠くは仙台から そして 名古屋 大阪 島根 福岡 佐賀 
からと楽しみにしてこられてて びっくりしました。 

また宝珠幼稚園での園長先生と あるフアンの方との交流の 
あるエピソードを 宝珠幼稚園前で フミさんがコメントしたあとに

大阪から来られたフアンの方が それは私の友達のことですと 
淵神社での5分ほどの散策の自由時間の合間に 語りかけられてこられ 
まさかここで このエピソードが ましゃ 友さん 同士の縁を持ったことに 
またまた 感動させられてしまいました。
そして 私のブログの存在もご存知でした。

安全のため  同一行動を とってもらうことにも 気を付けなければならないので 
「福山雅治さんとはまったく似ても似つかない 私が言っても テンション下がるでしょうが」 
といって笑いを誘い 和やかな気持ちになってもらい  
「一つになろうと 私が 叫んだら オー といってください」 と 要望したら

皆さん すこし恥ずかしそうに 皆さん叫んでてたので 
もう一度 大きな声で元気よく叫んでもらい 
また また フアンとの交流ができたと 実感しました。

そして島根からこられた フアンの方は 皆さんにと 別れ際に
クッキーをプレゼントされたことに また感動させられてしまいました。

そして コンベンションセンターから 思案橋ラーメンの大将から のステキな
プレゼント  宝珠幼稚園での オルゴールが奏でる ミルクティーのBGM
そして フミさんからのステキな すてきな 心のこもった ラッピングされた
心に残る贈り物 など 心 温まる 交流の輪が 広がって行きました。
 
きらきら光ってた
この海にように ましゃともさんたち すべてが 輝いていました。

私は今回のマシャさるく の開催の趣旨である フアン同士の縁と交流の道標となり 
ましゃ 友さんたちの架け橋としての ガイドを務めることであり 
また フミさんとの出会いを お話してると

前列にいる方は 目を真っ赤にされて 泣いてる方 または涙をこらえてるかた 
何かを見つめるように聞いておられる方
そして 皆さんの笑顔を見てたら 本当に やってよかったと 感動させられてしまいました。 
ましゃ友さんたちの交流

また当方のブログへのアクセスの仕方も多くのかたからたずねられました。
さらに フミさん 私を交えての 各個人の方との記念撮影などなど

なんだか筋金入りのましゃフアンたち から認められたと思ったら うれしかったです。

そして 面識がなかった 同士が フミさんとともに メルアドの交換や 
意見交換などをして お互い 別れを惜しんで 語り合ってるのを見てたら 
またまた 私たちの趣旨が実現した と実感しました。

これはおおくの方の ご尽力がなかったら 実現しなかった ことです。

さらに さらに うれしかったことは 私事ですが 
私の娘たちが フミさんと私が写ってる写真を見て 

 「うぉ~~~ 可愛いじゃん 美人ジャン ようこんな 危ないオッサンと 
一緒にさるいた ね!  私たちやったら 絶対せんバイ!」

マシャ さるく のエピソードを シリーズで さらに お伝えします。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

もし マシャ想いでの地をさるく が続くなら加えたい場所
唐人船

かさぼこ
今回の台風18号通過により被害を受けられた方には お悔やみ申し上げます。

10月7日8日9日 おくんちが長崎で開催されてます。
昨日と打って変わりおくんち日よりです。
八坂神社の通りが通行止めなので車を駐車場に入れて
歩いてるときに撮影したかさぼこと唐人船です。

ましゃさるくの開催日 10月11日が迫ってきました。
参加された方々に楽しく過ごしてもらうため 何が欠けてるかといいますと
私もフミさんも 軍艦島のチャーター船がどこから出港するのかまだ知らされてないので
関係者に尋ねたところ ましゃさるく一行のチャーターされた 軍艦島行きの船は
いなさの桟橋からでると ましゃさるくの関係者から聞いたけど 

私は旭町周辺の岸壁には 漁業会社や係船された 漁船などを 検船のため 
よく通ったけど この周辺には 船員さんの乗り降りはできても 
一般乗船客を乗り降りさせる 桟橋はないのを知ってるので 確認のため 
行ってみたけど やはり昔のまんまでない。

まさか岸壁とチャーター船の間に道板を敷いて 一般客に綱渡りのようにして 
船に乗ってもらうなんて 考えられないので
それで 三菱重工や三菱電気の従業員の通勤のための桟橋が
あったかなと いう 昔の記憶をたどって車を走らせてたら 確認が取れず 

チャーターされた船会社を知ってたが なぜだか 当方から 
連絡することを止められてたので 聞くこともできず 
ガイドとしての役目が果たせるのか 大きな不安を残したまま

車を走らせてたら 神の島の近くまで来てしまい ついでに神の島教会に行ってきました。
マリア様

神の島も埋め立て造成で 多くの会社関係が長崎近辺から移転していて 
昔の町並みの面影はまったくなく 近くを歩いていた 年のころ70過ぎの熟女に 
神の島教会の場所を尋ねると 「教えてやるついでに 私ば 近くまで 乗せてくれんね」
といわれ 喜んで車に乗せて近くまで行きました。  

真っ白で大きなマリア様の像が 長崎港入り口に立ち 
まるで自由の女神のように出迎えていました。

神の島教会

真っ白な教会に行ってみると 若い女性3人が お祈りをしており 
私は フィリピンの教会を思い出してしまいました。 
これでも私もフィリピンでは ゴッド・ファーザーになったこともあるのです。

長崎という土地には、歴史の表舞台にはでてこない 
日本の運命を左右するような
キリシタン大名と長崎の深堀藩との間で大きな戦争があったのです。

その間 長崎がキリシタンの支配下に置かれたときは 神社仏閣 淵神社ももちろん
焼き討ちや 打ち壊しにさらされてきたのです。
 そして
島原の乱 以後はキリシタンの野望の火を消し去り 徳川幕府の安泰のため

キリシタンは一掃されたのです。
ルルド

隠れキリシタンの島といわれる
神の島の由来は 天領お預けの島であることからお上の島と呼ばれ 
それが神の島という地名になったのかもしれませんね 

もし ましゃさるく が 続くなら この地区も入れてみたいです。

そして もう一つ 飽くの浦の傾斜度50度(計測してないのでてきとうです)の坂もです。

急な坂

この坂を車で登ってみて 雪の日や雨の日は スリップして登れないのではと 
悪いことばかり考えながら登ってたら 助手席から聞こえる悲鳴のような叫び声のため 
なおいっそうビビらされて 怖かった。
そして下りも同様でした。

フミさんに なぜこの坂を知ってるのか 聞いたところ

柴咲コウとのユニット「KOH+」ミュージックステーションで出演し 
たぶん「最愛」を歌ったときに タモリさんと話していた 
飽くの浦の 超超超~急な坂です たぶんバイクで走ったはず・・・
 
これを聞いたとき バイクを覚えたてで 平坦な道にあきて 刺激的な走りをしてみたい
ハイティーンの気持ちが伝わる エキサイティングでワクワク ドキドキ させられる
怖い坂でした。

長崎の平坦な土地は ほとんどが海岸を埋め立てられてできた土地であって 
ほとんどの住宅は丘や山間部にあったことから

こんな急な坂や 囁(ささやき)坂や 
幣振坂いわゆる 通称へーフリ坂 などの名前がつけられた
いろんな坂が長崎市内には点在しています。
 

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

宝珠幼稚園の園長先生との心温まるひと時
礼拝

今回のましゃ想いでの場所をさるく の中で 
宝珠幼稚園や淵神社敷地内の通行許可
を快く了承してくださったことの お礼にと 
私も フミさん を伴って 園長先生
でもあり神主様にお会いしてきました。

マシャとは 同年代に近い 2代目園長先生です。
物腰がやわらかく 非常に落ち着いた 相手を穏やかにさせるようなお話の仕方で 
非常に感銘を受けました。 
そして 人との出会いのすばらしさを またもや感じ取った穏やかな一日でした。

私どもの ことにも 非常に心遣いが深く フミさんのましゃ想いでの場所をさるく
のこの企画には 大いに賛同していただき ご協力いただき 
またまた 人の心のぬくもりをいただきました。

私のブログもご存知で 一度私と会って話したいことが あったそうで 
これも神様のお導きではないだろうか と おっしゃっておられ 
私も同感でした。

いろんな面で のご苦労を お話いただき たくさんのアドバイスもいただきました。 
今回なぜ マシャが幼稚園児のころの愛くるしい写真をはずされたかのいきさつも 
お伺いしました。

良かれと思って 行動したことでも その事実だけが 
錯綜(さくそう)し迷走し 園長先生本人の 考えとは違う方向へと 
一人歩きしだすのを お話の中で 感じ取ることができました。

私も 当方のブログの中で 宝珠幼稚園に掲載されてた 
ましゃの幼稚園児のころの写真を 園長先生へご迷惑が 
かかるであろうし 私への気遣いもいただき はずしました。

これからも 当方のブログに立ち寄られる フアンの方々の楽しみを 奪うようで
申し訳ありませんが どうか ご了承と ご賛同くださるようお願い申し上げます。

記帳

そして 私のブログは 長崎を全国に紹介したいと いう思いで 
長崎の歴史や出来事を 書いていましたが 
それが ぶらっと立ち寄った 写真展で 
20年前の長崎を 見事に音のある思い出のふるさとの風景 として 
表現した 残響という詩に出会い 

この詩を つづった 一人の人間に 非常に興味をもったことから 
福山雅治という人間を 通して長崎を 発信するようになりました。 

私は 長崎の地理や歴史は知ってます。 
しかし ましゃとういう エンタティナーのことはあなた方ほど 知りません。 
だから今回の さるくは 私や フミさんよりも もっと深く ましゃを知ってる方が
参加されると 思ってますので 私たち二人は  マシャを通して 出会う 
フアン同士の縁を大切にして フアン同士の交流の場を提供させてもらった
ガイドとして フアン同士の交流の 道標となれれば幸いかなと思ってます。

一つになろうが 合言葉です。

そこで サプライズが いろんな場所で用意されてますが。
ご参加される方たちと 一つになりたいとういう 一心からフミさんのアイデアである 
約束の丘の砂を集めて 小さなビンに詰めて ストラップとして利用してもらい 
思い出として 残してもらえれば 幸いかなと思ってます。
砂

今回の一行 25人が 万が一 バラバラになりかけたとしたら  
一つになろうと 大声で叫びたいのですが 私だと 絵にならなくて 
しらけ鳥が飛んでいくかな と 思ってるので
小さな 小さな 声で つぶやくかもしれません。
そこんとこ よろしく! 


テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

マシャさるく と 天気予報
P1080161.jpg

昨日も朝から フミさんと 駅の中にあるコーヒー屋で打ち合わせ。
具体的なことはいえないが 関係者とのやり取りで 泣いたり笑ったり
そんな彼女を アドバイスと やさしく わが娘のように見守るしかない
ジレンマが 私の心の中を漂う

それでも やり遂げようとする彼女のけなげな姿には 心を打たれる
彼女のきらきらと輝く目を 見ていると 
もうすっかり私がなくしてしまってた 
ギラギラとした情熱を 思い起こさせてくれる。  

しかし いくら そつなく やり遂げようと がんばっても 自然には勝てない。

 そこで
10月11日の天気が気になるところへ 台風発生の 天気予報 
風が強いと 旭大橋は歩いてはわたれない そして軍艦島への船も 欠航となる。

久しぶりに 気象予報をひらっていけば
 2日15時にトラック島近海にある台風18号は、西北西へゆっくり進んでおり
中心気圧は935hPa の勢力を保ちながら フィリピン東に到達したところで 
さらに勢力をもっと強めながら 進路を 日本へ変えそうである

2日15時にフィリピンの東にいる 台風17号は 5日15時にはバシー海峡付近で
停滞する見込みとの予測を考慮に入れると 
またまた台湾にも被害が及ぶなと思いながら
日本近海の海水の温度が高いことから 勢力を強めながら 
中国大陸からの偏西風の吹く方向によっては 九州に向かうのではないかと心配である。

10月になるとめったに日本へ来ない台風が来るかもしれない。
 おくんち の時期は雨もめったに降らないのが 長崎の気候の特徴であるが 
今年だけはわからない。 
またドルの暴落という経済巨大台風も予測されている。

宝珠幼稚園の園長先生の前に現れたマシャのことで 
オーラをそこいらに振りまきながらと私が誇張した言い方をしましたが 
本当に私の誇張でした。
 そのときの ましゃの雰囲気は ステージで振りまくオーラを 隠すように 
普通の人のようにして 現れたそうです。
具体的に報告すると イメージが崩れそうなので どんな格好だったかは書きません。

また 彼の 帰るとこを残しといてください という 誰かのコメントを 
思い出すような情報を 二つも もらってしまった。 

この声を無視してたら  私は彼の帰る場所を奪うところであった。
これからも 鈍感な私に ご指摘くださいね 守りますから。

しかし オレの女房は 商売柄でもあるが 隅から隅まで 長崎市内にある
食事処 を よく知ってると つくづく 感心してしまった今日この頃でした。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

マシャを通じて 気づいた 前向きな女性
P1080116.jpg

前回 当方の ブログで がんばる 前向きな 女性 のことを 
紹介しましたので、さらに突っ込んで もっと深く内面的な人柄を紹介します。

今回のマシャさるく のガイドとして フミさんのサポーターとして 
やらねばならないこと 気をつけなければならないこと 
など私のアドバイスを受けて 自分の力で考え
普通のOLが 仕事の合間を 利用して 休み時間を活用して  
積極的に自力で 行動してる姿は 心打たれるものを感じます。 

こんな 前向きなフミさんを 見ていると 私は 身内のように 
一生懸命サポートしたくなり いつの間にか 私も 引き込まれて 
気づいてみれば 一生懸命になってる
自分の姿に気づいてしまう 今日この頃です。

そんな 前向きな フミさんでも 我々が思ってる 心配な部分 や 
解決しておかなければならない問題を 関係各位へ質問しては 
関係各位の都合などが あるのであろうか 彼女の意のままに 
ことが運ばないことに まさに 自分の非力さに ついついへこんで
しまってるようです。

そんなときは 私に 電話してきます。 
フミさんの言ってることは 正論だとは思ってますが 
私は 自分の娘の愚痴だと 優しく受け止めています。 
そして  彼女が気のすむまで 私は聞いてます。

ことをなすということは 決して平坦な道でないということを 
彼女も 少しづつ 少しづつ 気づいてきてます。 

壁にぶつかるごとに 当方のブログへコメントいただく マシャフアンたちの 
心温まる人情を知り 励まされてます。

おおげさでもなんでもなんでもありません。
あなたに あなたに あなたに  支えてもらっています。

そこで フミさんが へこんでたとき 私の携帯に メールしてきた 
文章を抜粋して 彼女の心の内を 紹介しますね。

マンタさんへのブログコメントに涙しました・・・
会社なのに(笑)  ―――― 割愛――――――
トイレで涙が止まりませんでした・・・

皆さんからの温かい言葉や最後にコメントされた方のコメント・・・
自分の理想にたどり着けないのをくやしんでいましたが、
ブログコメントで救われました。
私やっぱりあと10日全力でがんばります。

それと、2008年4月9日の魂ラジブログ見て下さい!

やっぱりましゃは長崎さるくについて語ってました!
マンタさんの記憶通り!

私たちが今作りあげてる ましゃさるくとほぼ同じなんですよーー(^▽^)

ましゃ の語ったさるくを私たちが実現させましょう!
というかこれからもご協力お願いいたします 
感動の涙いっぱいの日です・・・
人とのぬくもり

このように
あなたの あなたの あなたの コメントが 人と人との葛藤の中で
悩み苦しみながらひたむきに解決させようとしてる 
前向きな 一人の女性を 励ましているのです。 

本当に 本当に ありがとうございます。

フミさんは、決して一人でないことを あなたの あなたの あなたのコメントで 
十分に気づかされてます。

一つになろうぜ! 
そして大切な 「人の温かい心」という 宝物を手に入れることができました。

自分の不運を嘆く前に とにかく やってみよう そうすれば 一筋の光明が見えてくる。
と 私も 私自身を 励ましてます。


テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。