スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福山雅治を世に出した仕掛け人
お雛様

福山雅治を世に出した仕掛け人

歴史をたどって 政治を調べても 経済を調べても ヒット商品を調べても 
或いは、芸能界を調べても
そこには いろんな意味での 人間の息吹を感じる それは 仕掛け人の存在である。

そこで芸能界のある一点に目を向けて ちょっと考えてみた。
スターを作るのは、 作り手の思いが 企画力、行動力と熱い思いが 結集されて
プロデュースされたものが その路線に乗って スター志望の人間の思いと 
マッチングされて その結晶を 世間に出すことによって 名曲などヒット曲や 
映画が 生まれる が  たまには 思いがけない偶然などが重なって 
世間に出てくるスターもいる。
それが 福山雅治 である。 

話はそれるが
つい昨日のことであるが、映画では、  日本的な死生観 を表現した  
「おくりびと」が 外人の心をとらえたのか 
アメリカアカデミー賞外国映画賞を思いがけなく予想に反して 受賞した。  

死体を親族のため葬式のためによみがえらせる納棺師という 
世に知られてはいない 地味な職業を描いた映画であるが 
封切り前のアンケートでは見たい映画の最下位 だから映画館への配給は躊躇されたが 
観客の感動を招き 思いがけない大ヒットとなった。 

話題がそれたが 本題に戻せば そんな「おくりびと」とおなじで 
そんな期待もされずに  
歌手志望 で長崎弁丸出しの 田舎もんの彼を世に送り出すきっかけを与えた人物が 
アミューズ 創業者の 大里洋吉氏 である。

大里氏のショービジネスの前身は、 終戦後の混沌たる 日本のショービジネスの世界を近代化させ 日本のミュジッシャンや 音楽を 世界に通用させ。 そして 疲弊しきった 戦後まもない 日本の社会に  テレビやラジオという媒体を通して音楽という 癒しを 流し そして 聞かせ 人々に喜びや希望を与えた 渡辺プロダクションから 学んだものと思います。

そんな大里氏にも キャンディーズの「私たち普通の女の子に戻ります」 といって 
引退宣言したときは ナベプロを辞めてまだ1年という グッド タイミングなので 
ナベプロの同僚達からは 解散宣言は
大里氏が仕掛け人と勘違いもされたようです。

大里氏がキャンディーズのマネージャーだった頃を激白されています。

プライベートな時間も持てないほどの殺人的スケジュールの中で 
キャンディーズという 虚像を演じる普通の女の子達との
マネジメントを通して 学ぶものも多かったと思います。

そんな彼でも 福山雅治には 興味はなかったようですね。
彼の目に映る福山は オーディションに遅刻しても横柄で女の扱いがうまい不良としか映らず。
福山の印象は 「態度がデカい!」 それだけであって 
アミューズ10ムービーズ オーディションに合格させたつもりはなかったそうです

福山雅治と大里氏との出会い 人と人の出会いが人生の生き方を変えるのですよね

大里氏の彼に対する俳優としての路線は 「ほんの5g」 のチョイ役 を演じさせることで
既に 決定してたのかも知れないですね。
 彼が福山を 話があると呼び出して 福山にいった言葉が 「オマエ 兵隊ヤクザ知ってるか」
「お前勝新太郎ではないよなぁ・・・ うん  やっぱり田宮二郎だな。 これでいけ」

私が若い頃 神戸の新開地の場末の 百円 映画館で見てた 古き良き映画 
悪名で演じる 田宮二郎は 白い巨頭などで知ってる 
世紀の俳優 2枚目田宮二郎とは程遠く   
悪名で演じる彼の役はコメディータッチの関西弁丸出しの チンピラ役 
それは 今では まるで お調子者を演じる 明石屋さんまのようなイメージでした。  

福山は歌わない方が・・・と思いつつ 俳優としてデビユーさせたつもりが 
自分の夢を押し通して 歌手となり 
周囲の印象はといえば レッスンは不真面目だし 事務所の人に 
ただ飯をおごってもらうは  金は借りるはで ずうずうしい
そんな若い頃の福山でも  今では アミューズを背負って立つ 
日本の芸能界を代表する人間となるなど誰も予想はしなかったのではないでしょうか。

なぜなら 福山のことを 顧みて 大里氏の感想は 
「今は本当に才能ってすごいと思って。どんどんどんどん開花していったよね 
はじめは女の扱いだけはうまい、みたいな不良だったけど(笑い)」


当時の大里氏の 福山雅治の音楽活動には反対だったそうです。

「立場が人を造る」という言葉が重くのしかかり 
この言葉を 彼にプレゼントしたいほどの ふさわしい言葉ではないでしょうか?

人はいろんなしがらみを持って生きてる限り 誤解されること 勘違いされることは 
誰にでも ついて回る。 だが 生きてる限りは 前に進まなければならない。

人は 自分自身を自分の都合の良いほうに見てはくれない。
何かを始めれば 思わぬ方向に向かい 弁解すればするほど 人格が一人歩きしだす。

だから 私は、 常に逃げずに立ち向かい そして 
万物に感謝することを心がけることに 決心しました。


スポンサーサイト

テーマ:芸能ネタ - ジャンル:アイドル・芸能

素朴な疑問 (ヒラリークリントンと中川大臣)
日出国

素朴な疑問
ヒラリークリントン 何をするために 日本に来日したのか 
新聞を読んでも テレビのニュース報道を視聴してもわからない。

歴代国務長官の初の外国訪問は欧州や中東が多く、アジアを選ぶのは異例だ。
そうで 最初の訪問国が日本なので 同盟国日本に配慮を示した。
とのわが国の喜びの 大方の報道である が 
何故アジアを選んだのかのアメリカの具体的な政策が 報道されてない。

アメリカ政府と日本政府 が 取り決めた 在沖縄米海兵隊のグアム移転経費を日本が経費総額の約70%に当たる60億9000万ドルを負担する 
という旨の合意文書に サインをするために 最初に仲宗根弘文外相 
と17日の昼に会ったのに 何故報道されないのか
何故 会談という言葉で報道されるのか

北朝鮮が核計画を放棄するならば、国交を正常化させる用意があると発言してたが
何故核計画という言葉を使うのだろうか 
核爆弾所有の放棄という言葉を何故使わないのか  
たった一回の 地下核爆発実験だけで核爆弾を 開発したのだろうか 
何故 アメリカは北朝鮮と国交を結ぶ必要があるのだろうか

何故ヘロヘロの状態の中川大臣を ローマで開かれた先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)閉幕後の記者会見の場に出したのだろうか 
報道は 酒を飲んだ飲まない  風邪薬を多めに服用したことが原因 体調が悪かった などの
曖昧な記事を載せるし  世界に配信されて 日本の恥だ と報道されるのは いたし方ないことだが

何故 誰も 体調不良の彼を フォローしなかったのか 
何故 その場にいた白川総裁は フォローしなかったのか 
向かって左にいた人物は 誰なのか 何故 黙ってたのか
中川大臣の発言を止めなかった白川総裁に対して 何も 誰も 言わないし 
何故 黙ってたのか報道もないし 本人の
コメントもない コメントも取ろうともしない

そこで ヒラリー クリントンの来日と 中川大臣の ヘロヘロ会見は 
リンクされてるのでは と かんぐってしまうのです。

オバマ米大統領は17日、西部コロラド州のデンバーで、7870億ドル(約72兆円)の
景気対策法に署名し、同法が成立した。

が アメリカの財政事情は 最悪だ これ以上 アメリカ国内に大盤振る舞いすると 
お金が回らなくなり 破産することになったら と考えれば 
この驚愕する大問題を解決するには  アメリカは日本と中国の外貨準備高が 頼りなのだ。

で アメリカの国債を買ってもらわなければ アメリカの財政は破たんするかもしれない。
 だが 
中川大臣は 日本の ほとんどの外貨準備はアメリカの国債に回ってるので 
残りの外貨準備高は 1200億ドルしかない  
それをIMFへ 供出 しようと する動きに驚愕したアメリカは
日本政府に対して  IMFへの融資をするなら 政府紙幣を発行してでも 
米国債の買い増しも しなさいと 言明したが 

政府紙幣の発行を 拒否した中川大臣に は
辞任してもらわなければならなくなったのでは ないでしょうか

だから クリントンの来日の 主な目的は 日本にアメリカの国債を 
買ってもらう約束が履行されるのかの確認では
ないでしょうか と 推測したのですが 

何故 新聞もテレビも このことには触れないのでしょうかね 不思議です!


テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

「かんぽの宿疑惑」
龍

だんまりを決めてた 小泉さんが久しぶりに12日 
テレビやマスコミの前に出て ほえた

 マスコミの前に出て まくし立てたことで 彼を 各社新聞紙面は並んで 
彼を一面で飾り 各社テレビ局は番組の トップにもっていき 人気のない麻生批判を 
人気のある小泉さんの声として載せれば 新聞は売れるし 
テレビの報道番組は 視聴率を稼げるから よいショ 報道となった様相だ。

だから 日本列島はフィーバーしたようでした。 

何故 彼は まだ人気があり また マスコミ受けするのだろうか ちょっと考えてみた。

彼のしゃべり方は 堂々として 歯に衣を着せぬ 言い方に聞こえて かっこよく見える し 
わかりやすい言葉で 語りかけるのが 安心信頼につながるのだろうね。

今までの政治家は 靖国問題では 中国などから 抗議の声が上がれば 
すぐに謝罪してたが 彼は 日本の政治家にしては 珍しく 謝罪しなかった。

また 何もかも こうもりのように 立場が悪くなれば右にぶれたり左にぶれたりで
かっこ悪い麻生さんを 比較対象にして 郵政民営化で ぶれのなかった彼が批評すれば 
 説教してるように聞こえて 頼もしくも聞こえるし 見えてくるものなのです。

なので 彼の体からほとばしるのは、喧嘩上手な 小泉さん であって、 
何もかもが 頼もしく 誠実な人だと 錯覚にとらわれてしまうようだ。

だがデスよ 郵政民営化とはなんだったのか と 問えば 
今までは 誰もわからなかったし 知らなかった。
 改革派と抵抗勢力 との既得権益を守る 権力争いと錯覚してたのではないだろうか 

それが アメリカを巻き込んだ かんぽの宿にまつわる
郵政資産大疑獄事件に発展するかも知れない。

きっかけは、 日本郵政が「かんぽの宿」を オリックス不動産が
一番高い値段で落札したような 
競争入札に 見せかけて  一括譲渡により 低価格で国民の資産が 
外資に売却されるところだった。 
鳩山総務相の勘が働いて(本人がそう言ってるので何も水は差しません)水際で防がれた。

郵政民営化とは郵政利権化 だったのか と考えさせられる
今日この頃である。

どうやら 我々日本国民は 国益のためにも アメリカから、やってくる 
「年次改革要望書」を精査する必要に迫られている ようだ。

権威が発表したのが絶対に正しいとはいえない
正確な情報をもたらすものは、権威付けられた情報に固執することなく
ミスを認めミスを改めながらの積み重ねである。
我々は知っておかなければならない。
誤報のあとには正確な情報がもたらされることを!


テーマ:ヘタレの売国奴支配の日本 - ジャンル:政治・経済

ブログについて思うこと
吹雪

ご無沙汰してます。
ブログの更新を怠っていました。

多くの方が私のつたないブログに興味を持って熱心に訪問していただいてることには
感謝しています。

また読者の中には、私のいたらないヶ所をご指摘いただき、
ブログとは公共性を持ったものである事を忘れて、
友人とのコミニケーションと勘違いして 軽いノリで書くことをやめようと思い
 気持ちを一新させるためにも いろんな方のアドバイスも仰ぎました。

また 別件で、プライバシーに関しては書いてはならないことはわかるのですが
事情がわからない場合 私の周囲はでは 周知の事実でも その事実を 隠さなければ
ならないことだとは 知らず パンドラの箱を開けようとしてると 誤解も受けたりしました。

みんなが電波やマスコミを通して 知ってる人の書くことの難しさも 判りました。

だから プロレスフアンなら皆さんも よく知ってる長崎出身のカリスマプロレスラーのことを
 かけないことにも気づきました。

それは 子供の頃から のエピソードを よーく 知ってるので 書けば面白おかしく書いてしまう 
恐れがあるからです。

今は 有名になったり 成功した人は 若い頃は 暴れもん だの 不良だの といわれ
馬鹿にされながらも 信念と 志だけは強く持って なりたい人間 歌手 
或いはプロレスラーなどになったのです。 
それだけは忘れてはなりません。

また 不思議な事件が 多発してます。
元厚生労働事務次官の殺しにより 厚生省から年金の情報が上がらなくなったのか
誰も 何も 言わなくなりましたよね なぜか分析すれば わかるのですが
これも具体的に書くなと複数の友人達から止められて しまいました。

やはり 私も ブログで 私のバックグランドをはっきりさせてるし どこで
自分の知らないうちに パンドラの箱を開けてしまうかも知れないからです。

貿易に従事してた頃 政治 宗教を 議論するのはご法度でしたが 私は好奇心が強く
議論はしませんでしたが 相手を怒らせることもなく話は弾みました。
ただ 過去の歴史認識の違いから 絡まれることもありました。
人が想像つかない 事件にも巻き込まれそうにもなりました。

とにかくヨーロッパの国を中心にして多くの国からも私のブログにアクセスしてきます。
特にアメリカからが多いです。 米軍からのアクセスもありました。

それだけ 関心があるのかと思ってます。
多くの納得いかない不思議で 怖い事件などのことで 分析して知りえたり 調べたり 体験したことを どこまで書けばいいのか 迷ってます。

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。