スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福山雅治 残響 放課後の屋上ブラスバンド
福山雅治 残響 放課後の屋上ブラスバンド
食べ物でいえば、長崎名物 トルコライス。
クラブ活動の帰宅時に どこかによって食べてたかも知れないですね
トルコライス

私の級友でもありブログ仲間のイナッキーさんからこのトルコライスの画像は拝借しました。
また彼曰く
>ドライカレーの上のトンカツにドミグラスソースが!
>そして、ケチャップ味のスパゲッティ!
>絵に描いたようなトルコライスだ。 
だそうです。

福山雅治スポット

1淵神社


2淵神社


稲佐山へは この淵神社 から出発するロープウエイを利用するのが早いですよ

3ロープウエイ乗り場


4乗り物


またこの淵神社の敷地内には 皆さんがご存知の福山雅治が通った宝珠幼稚園があります。


フアンにとっては有名なロープウエイ前というバス停

8ロープウエイ前


当時は長崎工業高校への通学には このバス停からが早かったようです。

当時の彼を知る私の知り合いによると 福山だけが吐出してたのではなくバンドをやってた長崎工業高校の生徒達は女学生にモテたそうです。
という当時の男子学生の談話です。
私の友人の奥さんで、当時の福山の追っかけをしてたという情報を得たので、
まずは 彼女に聞いてみようと思います。  

今では 彼の自宅からのバス通学なら 家の近くのバス停から長崎駅前行きに乗車して 宝町まで行き 宝町で乗り換えて 道の尾バス停で下車して長崎工業高校へ登校するのが時間的に早いそうですよ。

5幼稚園

福山雅治の写真展はフアンでない私にとっても大きな収穫となりました。
写真展を通して知った残響は 私だけではなく 私の身近な人や ブログを通して
知った人たちとの温かい交流ができるようになったのですから。
これからも 福山雅治の心の領域を侵さずに 客観的に 取材しながら 福山スポットを紹介できればと思ってます。



スポンサーサイト

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

福山雅治 残響 夕暮れの路面電車
福山雅治 残響 夕暮れの路面電車

路面電車


長崎市民の足 路面電車
どこまで乗っても 大人は一律百円

2長崎駅前


観光客にとっては、長崎の観光名所・旧跡は 
ほとんどが路面電車の沿線に点在してるので 観光名所旧跡巡りには 
土地勘のない観光客にとっての交通手段としてもわかりやすく 
一日乗車券が 市内の観光案内所で売ってるので利用されたほうがいいかも 

一日使い放題で どこまでも乗車しようと たったの500円で 経済的にも安心。
降りる際に 定期券のように電車の運転手に見せるだけで 何も問題なし。
 
ふるさと大使 福山雅治に代わって お勧めします。

3長崎駅


路面電車一日乗車券の購入できるわかりやすい販売所は、
長崎駅の観光案内所、 アミュプラザ キヨスク S東美(エストウビ) 浜屋プレイガイド 
または  ホテルによっては取り扱ってる場合もあるので、
宿泊されてるホテルで尋ねてください。
車内では販売されてません。

4長崎市観光案内


5電車路線案内図


上記パンフレットは1日乗車券販売所においてます。
または最寄のホテルでお聞きください。
それでは長崎の歴史豊かな景観をお楽しみください。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

福山雅治 残響 8月のサイレン
福山雅治 残響 8月のサイレン

この片足鳥居は、長崎の原爆の爪あとから復興してきた長崎の街を 
原爆のサイレンとともに証人として移り変わる長崎の風景を見続けてきた。

片足鳥居


これから載せてる原爆の写真は載せようか載せまいか迷ったが 
誰かから背中を押されたようで載せることに決めました。 
是非福山を通して 負の長崎を知ってください。

昭和20年8月9日 午前11時2分 長崎の空は突然 ピッカーと光ったかと同時に
ドカーンという大爆音とともに 猛烈な爆風が長崎市内を襲った。 
長崎市民は何事が起こったのか理解するのには時間がかかった。  
長崎の姿は突然、 一面の 瓦礫の山 建物も木々も建造物も何もかもが
残ってなかった。 

それからは長崎市民にピカドンの名称で忌み嫌われた。 


















原爆


そして爆心地の鳥居だけは、忽然と建っていた。
鳥居


浦上の丘には立派な天主堂が建ってるが 
当時は原爆の爆風で見るも無残なケロイド状態と化した。 
マッカーサー率いる アメリカ軍は世界のキリスト教徒たち
に知れ渡り
世界のキリスト教徒たちからの非難を受けるのを恐れて 長崎市と取引をした。 
そして原爆でできたケロイド状態の教会は 原爆の悲惨さを伝えることはできずに 
取り壊された。
 だけど片足鳥居だけは ひっそりと たたずみ 生き残った。
 そしていまだに悲しい歴史を引きずりながら長崎の移り変わる歴史を見続けている。

浦上天主堂


毎年の8月のサイレンとともに長崎市民は原爆犠牲者に対して黙祷をする!
そして当時を風化させてはならずと この原爆の体験を 生き残った人たちによって子供達に語り告がれている。

被爆者2
被爆者3
被爆者


長崎の原爆 広島の原爆 東京大空襲などを決して忘れてはならない

古典となった有名なクラウゼビッツの戦争論にこんなくだりがある。
「戦争は他の手段をもってする政治の継続にすぎない。」
要するに戦争は政治の道具である。

またもや人類は懲りずに 食料戦争 資源戦争を始めようとしている。

8月のサイレンとともに戦争の悲惨さを忘れてはならない。
と福山は言いたかったのであろう 

だから残響の冒頭の句にしたのだ!

8月のサイレン!





テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

福山雅治 と 裏通りのライブハウス
福山雅治 と 裏通りのライブハウス
原楽器店

ライブハウス1

ライブハウス3


福山信者である ありがたい熱烈なフアンは知り尽くしてるかも知れないが 
ここは福山が高校生時代 音楽活動をしたところ まさに福山雅治の原点である。
当時もやはり話題性を持った 高校生だったようだが 彼はシャイだったようで
それが幸いして 浮いたうわさは無かったようだ。!

ライブハウスでの活動は彼を勇気付け自信を持たせてくれたのだろう。
この原点が自信となり 歌手になろうと志を持ったのでなかろうか? 

そして福山の世代から さらにさかのぼった当時の 
長崎での音楽活動は飯が食えるどころか贅沢と名声をつかむことができた街だった

バンド仲間が体調不良となり急遽ドラマーが必要となり 困り果てた級友は 
会社勤めをしてた 高校のときのバンド仲間をむりやり引き込み 会社にばれると
首になるのを恐れた彼は ステージではかつらをかぶり 
ドラムを目立たないようにたたいていた。 しかし バンド活動で手にした報酬は 
会社からもらってた給料の3倍 いやはや驚いた級友は 
そのままバンド活動に引きずりこまれていった。
そんな古き良き時代もあったのです。


20年前の長崎も まだ この環境があったら 今の福山雅治はなかったであろう。
何故かって 現状に甘んじてしまえば 安定を捨ててまで長崎を去り 
東京に行こうと 考えなかったかもしれないからだ。

上京しての彼は 先に上京してた友人のところに転がり込むが 何することも無く
ダンボールの箱をノート代わりに 思いついた詩を書いたりして 悶々としてた時をすごしてた。
そんな下積みが 彼の今の魅力を創りだしたのであろうか
今回はまるで週刊誌の記者のタッチで書いてみました。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

福山雅治 がニュースゼロ で報道された。
福山雅治から伝わる日常の中の感動

西の果て長崎 夕日が沈む遅い県


私が福山雅治の存在を認識させられた 残響は 彼の過去の日常の感動の中から生まれたのだ 
と ニュースゼロの報道を見て確信した。
それは身近な音 風景 恩人との出会いと別れを繰り返すうちに
彼だけではなく 我々も何気ない日常の中で泣き、笑い、怒り、心動かされ 
そして苦悩を体験しながら克服するうちに 何故、何のために生きてるのか 
の意味を見出そうとしてるのだ。 

彼も年齢を重ねるにつれ 生とは何か 死とは何かを 考えさせられれば 
あの原爆投下の日 8月9日は 長崎の小・中・高校の学生達は 登校日となり 
11時2分のサイレンとともに 校庭で黙祷をするのが慣例となった 
長崎の 毎年の日常の風景であるのを思い出したのだ。

そして 我々は この世で何かを学ぶため 生かされ 苦悩を体験させられ そして
過去の しがらみを克服して それぞれの魂の成長のため この世で何かを学び 
あの世へと旅たつのだと!

それから 私は 私だけの心の中にとどめておこうと思ったが テレビで報道されたからには 
残響に感動した一人の人間として一つ言わせてもらうが 
感動しなかった福山の写真があった 心が無い写真だった それは軍艦島の写真だ 
彼は軍艦島を撮らされてたのだ と私は感じとった。

あのゼロの報道には情報操作を見つけた。 
昭和49年閉鎖された島は 当時は誰からも忘れられた島なのだ もちろん福山の残響には無いはずだ。 
世界遺産に認定されるか または 外国の資本を入れて レジャーランドまたはラスベガスにしたいと計画する何者かが 仕組んだのかもしれない。
長崎活性化のためになるのならと 人肌脱いだ 写真家福山雅治 だから 彼も長崎市と テレビ報道に協力したのでしょう。
 これは私の勝手な想像であるから深く受け止めないでくれ。

情報操作とは何ぞやと思う人たちここを読んでくれ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
情報操作について考えてみよう!

そんな中 私にとっても 心温まる風景を見た。
大村湾の風景と福山雅治が重なった映像を見たときだ。
4月12日魂ラジではじめて聞いた みかん色の夏休みの音が私の脳裏に響きだした。
彼の田舎は 福山が子供の頃にはのどかだった 日本有数のみかんの産地 
大草・伊木力なのかな と勝手に私は思ったのが ? 

それは私が中学2年生の夏休み 仲間達と 冒険と称して 長崎市内から山越えをして 
たどりついたのが 大村湾に面したみかん畑 みかんの作業をしてた農家の人たちは 
山の中から現れた見知らぬ 子供達に びっくりした様子で 
良くしてもらった上に長崎への帰り道の途中まで親切に案内してもらい 夜遅く 長崎市内の我が家へたどりついたのを思い出した。 その時当然警察へ捜索願が出されてて 
我々仲間達は親を大いに心配かけさせたものだった。

みかん色の夏休みを 初めて聞いたとき 大草駅に停車する列車の音 
ここちよい海風の音とが交差して 過去の のどかな みかんの産地 
伊木力の風景が 私の脳裏に鮮明にフラッシュバックしてた。

我々は それぞれの心の成長のため あなたの苦悩と直面し 逃げずに立ち向かい 
克服して達成感を感じて 心の豊かさを手に入れるため 
この世でのあなた自身の魂を磨かなければならない。

それが あなたたちそれぞれに 課された使命なのだ!!!!!

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

福山雅治が 魂のラジオで 長崎を語る
福山雅治が 魂のラジオで 長崎を語る

福山雅治を通じて知った 福山のフアン達へ
私のブログを紹介してくださった 福ふくさん ゆいさん そして ひろろさん
ひろろさん が教えてくれた 魂のラジオ 聞きました。 
私の投稿文は読まれなかったけど福山雅治を再発見しました。 

福山が唱えた長崎のキャッチフレーズ
「よかけん長崎」は いいところだよ長崎という意味です
けど長崎弁で「よかけん」というフレーズには もう一つの意味があるのですよ。
それは もうほっといてよという 意味にもなるのです。

亀山社中の跡 
亀山社中の跡


亀山社中を紹介してましたが 
亀山社中とは日本で初めての坂本龍馬を社長にした貿易商社のことです。

ワンダーランドンの入り口
ワンダーランドの入り口


亀山社中ののぼり口 
寺町通りから登る細い路地と墓地に挟まれた不思議な坂道や段々坂を体験しながら 
そこから登っていくとワクワクするような ワンダーランドを体験できるかも知れないね
私にとってはこの不思議な路地や段々坂は犬の散歩コースでした。
もう我が家のペットはいないけど ペットロスに悩む出会いと別れを読んでください。
↓ ↓ ↓ ↓
我が家のペット

また 福山が説明してた長崎の坂のある複雑な地形を体験できると思うよ だから体力つけて登ってくれ
そもそも 坂本龍馬が 貿易商社 を起業したきっかけは 戦争をビジネスにしてるヨーロッパの会社が 
アメリカの南北戦争が思ってた以上に速く終結したので、上海にあるイギリスの武器弾薬の不良在庫のいっそうセールをしなければならず。 グラバーは幕府と対立してた長州藩が海外から武器弾薬を調達できないことに目をつけ 幕府の目をごまかすために薩摩藩の西郷を使って長州藩に武器弾薬を輸出させるのが目的であったのさ 
だから
 薩摩藩と長州藩の武器弾薬の直接取引を徳川幕府から隠すための手段として亀山社中は設立されたんだよ  そうなんだダミー会社なんだよ!

西郷からかわいがられてた土佐藩の脱藩浪士坂本龍馬が 薩摩藩の資金援助で起業した日本最初の株式会社なんだよ もし徳川幕府にばれても薩摩藩も長州藩も脱藩浪士のハネッカエリ者が 我々の知らないところでの武器の輸出であるから自分達には関係ないと 申し開きができるからね 

さらに航海術や度胸もあり 荒くれ者をまとめるリーダーシップを持ち合わせてるし 
おまけに 勝海舟を通じての信頼できる坂本龍馬は両藩にとっても使い勝手があって都合が良かったんだよ

西洋かぶれの龍馬が好んで履いたブーツ

西洋かぶれの龍馬は こんなブーツを履いてたんだぜ
長崎の歴史の一ページを飾った日本という公に生きた 男の中の男の生き様は
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
英雄伝説 坂本龍馬

魂のラジオで言ってた カステラちゃん なんだけど ネーミングはいろんな種類の黄色いグッズが一人歩きして 誰がつけたのか口コミで広まったそうです。
カステラちゃんはグラバー邸近くに雨やどりという さだまさしグッズを取り扱ってるお店があるから そこのお店が かわいいカステラちゃんグッズを販売してた。
現在は 福山の人気とまではいかないが 非情に人気が高く 好評につき 完売中です。
しかし 5月連休前には 品揃えしてるとのことなので
 興味ある人は 行って見れば どうでしょう。
 
小柄な中年の美人のお姉さんに「南蛮館ブログを見ました」といえば 何かいいことがあるかも知れないよ !


複雑に入り組んだ坂のある街
複雑に入り組んだ坂のある街


坂のある町長崎 
福山が言ってるように こんな複雑な地形が人と人とのあったかいふれあいの精神を育てたのだろうね 
当たり前の日常の風景だったから気づかなかったよ オレは!

長崎人の気質はよそ者には親切だよ !
いっぺん道でも尋ねて長崎人気質を体験してみんね!


 




テーマ:旅への思い - ジャンル:旅行

福山雅治 写真展の残響に触れて感じた事
福山雅治 写真展の残響に触れて感じた事

土地の区画整理による道路の拡張 長崎駅は過去何度も模様替えされ 
そのつど長崎を離れ他県へ就職する 学生達の思い出の音と共に 
駅前の風景は変わっていく そんな中
大浦海岸は埋め立てられ 今では水辺の森公園として市民の憩いの場と変化した。
長崎税関裏の埋め立ては出島ワーフとして長崎の観光の目玉となり 
大波止の埋め立てはショッピングモールと化した。 
住み慣れた軍艦島と呼ばれてた端島を離れた友人達の慟哭がどこからともなく聞こえてきそうだ。

稲佐山


季節の移り変わりと共に年月はたち 長崎の景観は大きく変貌してしまった。

バカやってた10代の頃の長崎の街並みはもう過去のものとなり長崎を離れて遠く他県に散ってしまった 友人達も 家族をもち ふと故郷を思い出す。
苦労と年齢を重ねた顔と 十代の頃の夢と希望を持ち続けて輝いてた頃の顔が交差する 
そんなひと時 友人達となんのくったくもなく育ててくれた 長崎を思い出せば 
石川啄木の 「故郷は遠くにありて想うもの」が 
「ふるさとは過去を顧みて想うものと」ついついつぶやいてしまう。

そんな我々を育ててくれた古き良き長崎の古き良き音のある風景を 感じさせ 
見せてくれた詩と ぶらっと出かけた福山雅治写真展の展示場の壁に書き記してた 
残響と出会ってしまったのです。

長崎を離れて歌手になるのだと 大きな目標を持って東京に旅立つが 東京という大都会で一人ぼっちを感じて孤独と不安が同居したこともあるだろう。
 観客 2人だけのライブを体験すれば 大きな挫折感も感じただろう そして 
成功という階段を駆け上るうちに、むなしさも感じただろう 
過去を捨て未来に生きる苦しさも知っただろう けど彼はつぶれなかった 
何故かって 写真という趣味を通じて 多くの信頼できる友人を持つことができたからだ。
そして福山信者と思えるような 熱烈な福山フアンに支えられてる。

出島ワーフ


我々は豊かな人生を送るためには、または自分自身を向上するためには
明確な夢を持ち困難に立ち向かい 逆境を体験し 逆境から学び 教えられて 
過去という未練を脱ぎ去り 未来という新しい服をまとわなければならない。

ハタ揚げ


福山がみんなにに叫んでたぜ
「夢ば追うとなら 実現すっまで あきらめたらいかんとバイ」と自分の想いを実現さた男なら 必ず 絶対に想ってるはずです。

過去は 顧みるもの懐かしむものであって後悔するものではない!! 
未来はあなた自身が創るものなのだ!!!!!




テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

福山雅治写真展
福山雅治写真展


福山雅治写真展に行ってきました。

彼の写真を見て 彼の苦悩について、考えるのではなく、私はこう感じとりました。
彼は趣味の写真を撮り続けることで過去と対面し 過去に話しかけて、 過去とのしがらみから抜け出せない自分を癒してるのだと 彼の感性の鋭さに気づかされたのです。

まるでファインダー越しに見える ノスタルジックを楽しんでるような モノクロトーンの写真 過去をいまだに引きづり 過去とコミニケーションも取れない福山雅治の心の葛藤の中に 過去の友人達の記憶が ファインダー越しに 微笑みかけてくるのだと感じられるのです。

ファインダーを通じて ただひたすら旅の思い出作りに浸る 寂しがりやな 一面を持つ芸術家なのかな と人間味あふれる 福山雅治を見たのです。

そして「残響」というタイトルのポエムに接してみて 故郷長崎を想うのではなく 感じ取った 音のある風景が まるでセピア色した写真のように 私の脳裏にまるで感光紙のように焼きついたのです。

それは二十年前の故郷 「長崎の音の風景」を懐かしく回顧しながら 育ててくれた長崎に感謝している 福山雅治という 一詩人の望郷の念をうたった 心打たれる感動のポエムです。

残響

八月のサイレン
夕暮れの路面電車
放課後の屋上ブラスバンド
旭大橋を横切る風
見知らぬ外国船の汽笛
裏通りのライブハウス
石畳を濡らす春の雨
そこにはいつも音があった
ギターを弾いて歌ってた十代の頃
その中で
知らずに染み込んでいた風景には
いくつかの音が刻まれていた。

時代は終り
僕も変わる
そして遠くなる
僕がいた風景
だけど故郷を想うとき
この心には まだあの音が響いている
街の音
故郷の音

2008年 4月 福山雅治

旭大橋


路面電車


長崎の夕暮れ


現在 の長崎の街並みは 土地区画整理により彼がいたころの長崎ではなくなり 大きく変貌をとげようとしている 長崎の風景ではあるが
 あの二十年前の長崎の風景が この詩によって懐かしく鮮明によみがえり ただ感動するばかりです。
こんな感性あふれる詩をつづる詩人に是非 会って話してみたい。 
というのが私の偽らざる気持ちです。

テーマ:街の写真 - ジャンル:写真

愚かなる政治家
愚かなる政治家

[東京 31日 ロイター] 福田康夫首相は31日の記者会見で、揮発油税の暫定税率が今年度末で期限切れとなる可能性が濃厚となったことについて「政治のツケを国民に回すことになり、心よりお詫びしたい」と述べた。

といったものの 舌の根の乾かぬうちに ガソリンスタンドの混乱状況を記者から聞いた福田さんは  「混乱しました そうですか 私が見たわけではないから」とのあきれ果てたまたもやの他人事発言
他国なら暴動が起きてるぜ 何百篇でも言うが あんたは あえて言わせてもらう もうあんた呼ばわりで十分だ。!!!

あんたは日本国の総理大臣だぜ あんたは日本国民の生命財産を守らなければならない重責があるんだぜ 男としてしっかりセロよ 自分の意見を持てよ 人任せにするなよ 自分の足で歩けよ
そうしないと精神衛生上良くないぜ 責任感を持てよ そうすれば 他人事のような発言はしないはずだぜ
日本国の総理大臣として しっかりセロよ  自分を持てよ 独立心を持てよ 子供じゃないんだぜ!!!

 恒久的に暫定税率が失効した場合、ガソリン価格は1リットルあたり約25円下がる計算となり、家計や企業の所得を引き上げ、消費、設備投資を押し上げる効果がある。
このように考えて行動し思考 実行すれば 全てがうまくいくんだぜ

額田大臣のように 大衆に迎合するなとか 25円下げれば 道路はいつ作られるんだとか
 町村信孝官房長官は「25円もとに戻さない限りは、国の財政も、地方財政も、温暖化対策も何もできない」と強調した。

このようにネガティブに 何もできないと思ってる人たち
経済は悪化するだけと思ってる人たちは 即刻退陣セロよ ネガティブに考えて動けば 現実に何もかもが悪くなるだけだぜ 小手先の情報操作はもう辞めようぜ! 霞ヶ関埋蔵金を有効に使えよ!

そうしないと 美しい国 ニッポン国は醜いニッポン国になってしまうぜ!

25円下げれば 必ず日本国は上向くとポジティヴに思ってる政治家や官僚だけで日本国を運営してくれよ

そして外交は喧嘩だ!!! 喧嘩上手じゃなければ海千山千の外国とはうまく付き合えないと思ってる人がやってくれよ。

なんの しがらみもなく 明確なビジョンを持ち 強烈な意思決定と積極思考で ネガティブにならずに 明るく 自分に責任を持った人間に この我が祖国日本を経営してもらいたい!!

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。