スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音と建前  2-2
本音と建前  2-2
本音と建前と本音とうその違い

彼らは交渉事においてもうそやハッタリ、脅しをを使い分け常に どれがうそで本当かをわきまえてお互いの一方がひけば一方が押される 相手の立場に立てば相手の意見をのまざろうえない ことになるのです。 そこが日本の外交交渉のネックとなってるのです。
だから外国との交渉に当たるとき 肝に銘じておかなければならないことは
彼らは常に本音でしか語ることしかできないことです。
 
だからナーナーの世界または和気あいあいの世界を常識とした規範の中で育った我々には頭にくるし不信感が募るときもあるのです。
だけど その場しのぎに本音と建前を使い分けて そこのところはよく理解して話し合いで解決しなければ ならないと深く反省しております と述べれば日本社会では 問題は丸く収まるが 外国との交渉では決して使ってはならない。

また近頃では靖国参拝をしないと表明した福田総理の 考えの根底は「相手の嫌がることをしない」という自信に満ち溢れての発言をしてましたが 日本人同士での交渉なら 一番いい方法であり まとまる話し合いとなるでしょう。

しかし メンツと自己主張の固まりである中国となると そうはいかない
靖国参拝という外交カードを捨てた 福田総理 中国の言いなりになる福田総理
こんなくみしやすい相手はいない。 
オリンピックが終われば 遠慮なしで尖閣列島での中国のガス田開発は 中国の国益をかけてこれからも[相手の嫌がること]をどしどしとやるでしょう。  


何故かって これは相手が我々の主張を認め 相手が我々の主張を呑んだと勘違いされてるだけだからです。

何度も書いてますが 日本の気候風土から生まれた 「和を持って尊しとなす」 の規範はうそも方便という言葉を作り出し
和を保つことならば、建前としての うそなら ついても良いということなのです。

しかし和を保つためならうそをついてもよいという考えが、日本の文化に深く接した外人以外には理解できないのです。
和を保つならばうそをついてもいいし うそが和を保つことができないならば そのうそは みんなの非難を浴びることになるのです。

どうすれば組織維持のための和を保てばいいのかが散々議論されてきたのです。
それは 組織維持のために昔から延々と常に外的の侵略と戦ってきた国々から見れば非常識な考えなのです。

スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

本音と建前 2-1
本音と建前 2-1

本音と建前と本音とうその違い
日本人が使う本音と建前と日本人以外の使うその場での本音と建前には大きな隔たりがあるのを無意識に感じ取った方はたくさん居られると思います。
まさに、自己を正当化して、自己主張をしなければ生き残れない、厳しい社会の環境の中で育った外国人から見れば 日本人が使う本音と建前は、ただその問題を棚上げにしてその場の体裁を作り問題解決をしない責任逃れをする ずるがしこい国民性だと 誤解されるのが実情です。
 また逆に 本音と建前の世界で育った日本人で、外国で商売や貿易 生活を基盤にしてる人たちにとっては 外国人がうそを平気でついたりおべっかを言ったり時にはハッタリをかませて、または脅したりすることに徹して 交渉ごとを有利に導こうとすることに、ある種の違和感を感じ取り 本音と建前ではなく本音とうそをたくみに使い分けて したたかに振舞う ずるがしこいやからに見えてきて、時たま腹が立ち、不信感が募るばかりになったりするのです。

例に挙げれば、フィリピンブログで知ったのですが、フィリピンに生活基盤を置いて
ビジネスをされてる方の話の中でフィリピン人の長所・短所の特徴について本音で語っている方がいますが、 この本音を読んだ日本人で 日本だけの生活と文化だけを知らない日本人には 悪評・誹謗・中傷と勘違いされて 大きな誤解を生じているのです。
 
また儒教文化の中で育った人の中には日本人の特性を見事に理解された方もおられます
それは 最初は日本人の本音と建前を知ったとき なんと日本人はずるがしこい国民だと強い憤りを感じたそうです。 けど建前とは、いがみ合いを避けるための手法であり
その場を和ますために使われるスキルである事を認識した外国人もいらっしゃいます。

冬にはじっと耐えて春に種を蒔き梅雨に田植えをし夏には稲の育成を見守り秋に収穫するという春夏秋冬という自然のサイクルさえ守ってれば いわば気候風土にしたがってれば生活の保証がなされ るという感性的条件に基づいて「自然にしたがってればよい」 という思想が生まれたのです。
人の和を乱すものがいれば待ったなしの日本の独特の四季である自然のサイクルに強制的にのっとった稲作農業が成り立たなくなるのです。 こういう気候風土だから昔から日本では皆と同じ考えで、皆と同じ作業いわゆる行動をしなければ 生き残れなかったのです。
これがいまだに 突出した人間は排除されて 「出る杭は打たれる」というフレーズが生まれたのでしょう。
さらに何か新しいことをやって日本では評価されなっかた事が、海外では高く評価された例は本1冊かけるほどのエピソードがあります。
何もせず自然のサイクルさえ守ってれば安泰という組織体を遠い昔から延々と築きあげてきた 農耕社会の中では、嘘は組織全体をばらばらにし 和を保てなくなるので
うそをついてはならない、人と違ったことをしてはならない、と厳しく育てられた日本人は、本音と建前の世界を使い分けることによって、組織の維持を機能させるための他国のどこにも見られない日本独特の伝統文化を持つようになっていったのです 
だからしつこいようですが その場の雰囲気が和むようにとの「和を持って尊しと成す」の日本独特の文化から生まれたものです。
だが四季のサイクルを持たない厳しい自然環境の中で育った民族は、生き残るためには、自己主張の強い自分勝手な行動をしなければ生き残ることができないことから 組織よりもまずは個人をまたは家族を守らなければならない使命が生まれたのです。

それは 本音と建前ではなく 本音とうそがピッタリと当てはまるフレーズなのです。


テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

鳩山法務大臣の発言に見られる本音と建前
鹿児島選挙違反事件は冤罪でないとの鳩山法務大臣の発言に見られる本音と建前

時事通信社 2月13日によると
 鳩山邦夫法相は13日、法務省内で開かれた検察長官会同で訓示し、違法な取り調べが問題となった鹿児島県議選の買収無罪事件について「冤罪(えんざい)と呼ぶべきではないと考えている」と述べた。
鳩山法相はその後、記者団に対し「定義がはっきりしない冤罪というものをこの事件まで適用すると、無罪事件は全部冤罪になってしまう。裁判の結果、無罪になったケースととらえたい」と説明。一方で「捜査、取り調べ上の問題があったことはよく分かる」とした上で、「検察官の士気を上げるために、十分反省した上で『積極的に前を向いてくれ』と言いたかった」と釈明した。

鹿児島選挙違反事件は冤罪でないとの鳩山法務大臣の発言
これを失言ととるか本音ととるか 皆さんの見解は大きく分かれるのではないでしょうか 
法に従事する検察側にとっては、はたぶん冤罪と呼ぶのは建前であって本音は法律用語上「冤罪」という定義はないので、 
「冤罪」という言葉は法解釈上実在しないといいたかったのでしょう。

 それが検察内部に向かっていった言葉が 外側にいる我々一般社会から見れば、
明らかな警察のでっち上げた事件であるから
法の解釈など関係なく、 我々にとって見れば 冤罪事件そのものである。

だから 誰が聞いても 反感を買うし 法務大臣の不用意な発言と捉えるのが
自然な姿であろう。

しかしこの大臣は 本音を言い過ぎて 周囲をいつもひやひやさせ 
物議を起こす原因を作る政治家である。

まだ記憶も新しい 「友人の友人はアルカイダ」がアルカイダの友人を持ってるという解釈されたのだが、 実際は友人からの情報によればアルカイダが日本に潜入してると聞いたので、入国管理局や警察にこの情報を伝えたが何のアクションもなかった といいたかたのです。
しかし このような話は情報機関や捜査機関の内部だけに納めるものであって外に向かって放つ言葉ではない。

こんな大事な情報が不用意にリークされるので、外国の情報機関は、日本には大事な情報はもたらさないでしょう。

政治家は公人であり 発言は 大きな影響力を及ぼす。 
だから本音をいってはならず 常に建前で動かなければならないのです。

次回は、この日本独特の本音と建前を使い分けなければ、まつりごとが治まらない
特異な日本だけに見られる 伝統文化をなぞってみようと思います。



テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

倖田來未と向き合う人間教徒たち
倖田來未と向き合う人間教徒たち

P1050419.jpg


1月30日のオールナイト日本の ラジオ番組で、自身のマネージャーが結婚したことにふれて 35歳を過ぎると「お母さんの羊水が腐ってくる」ので早く子供をもうけるようにと発言をして思わぬ批判を受けて、活動自粛や関連企業のCMの一時休止などが相次ぎ、大騒動に発展していた歌手の倖田來未さんが7日、フジテレビ系の報道番組で、不適切な発言であるとの見解を述べてあらためて謝罪した。

という報道を聞いて 私には 彼女のキャッチフレーズである "エロかっこいい"
が際立つぐらいの 歌手であるぐらいしか情報は持たないけど 
ついこの前も同じ不用意な発言をした政治家がいましたよね

それは、柳沢元厚生労働相の 「女性は子供を生む機械」と発言して、大きな波紋が広がった問題発言です。まだ記憶に新しいから覚えてる人も多いと思います。

何故、「お母さんの羊水が腐ってくる」の発言が、思わぬ批判になったのかといえば
「女性は子供を生む機械」 と同じで、日本人独特の宗教観からくる許しがたき発言なのです。

30年ほど前 福田赳夫元総理大臣が“人命は地球より重い”というメッセージで、
日本人のテロリストに屈した日本政府に如実に見られるように、 人間を尊重する
日本人の人間らしく 人間としての規範に照らし合わせれば、人間教徒たちにとっては 
人間不在・人間無視の発言と受けとめられ、
人間教徒の絶対的規範である人間として許されない発言となって 
「思わぬ空気」が出来上がっていったのです。

「空気」というのは人間教徒にとっては、「教義」であって絶対的なものなのです。 
だから「空気」には誰も反対できず、逆らうことなどなおさらできず、 
人間は空気の前では弱い存在である事をこの不用意な発言で 
再認識させられたのです。

歌手である前に人間であれと 人間教徒であるフアンに謝っても
これは宗教問題であるから 謝罪会見を行っても、
そうおいそれと許されずに終止符がつかないのは 柳沢元大臣の 
女性は子供を生む機械 で明らかなはずですから。

 この空気を察して 人間としての謝罪会見を行った倖田來未さん

あなたも立派な人間教徒です。 歌手である前に人間として不快感を感じさせた
人間達にきちっと謝罪したのですから
歌手である前に、人間としての更なる成長を願って、みなさんを励ます歌を歌い続けてください。

テーマ:■■倖田來未■■ - ジャンル:アイドル・芸能

長崎ランタンフェスティバル
長崎の一大イベントとなったランタンフェスティバルが2月7日夜から開幕した。

ランタン祭り


長崎の華僑の人々が中国のお正月をひっそりと祝ってたのが 長崎の観光地としての特性を生かしたイベントに育て上げられて それが 相乗効果となって観光客を呼び込む目玉となったのです。
2月21日までの開催期間中は当時の中国のイメージを再現させた華やかなイベントが長崎新地中華街を中心にして 湊公園 中央公園で蛇踊り、中国獅子舞、胡弓の演奏などが催されてます。

新地中華街門 1


9日 16日は 去年は美川憲一さんを招いた皇帝パレードも今年は長崎市長が皇帝になって皇帝パレードが行われます。
また10日17日は当時をしのんでの中国人達が行事としてた航海安全を願った、媽祖行列が中国長崎領事を先頭に行われてランタンフェスティバルのメーンイベントとして盛大に行われます。

新地内部


そんな長崎と中国の長い歴史的な交流の中で培われて 出来上がった皿うどん ちゃんぽんは全国的にも知れ渡るようになりました。
そんな中、長崎の魅力に水をかける農薬入り中国産冷凍ギョウザ事件が起こり 長崎でもギュョウザ専門店は自主規制のため 出店を見合わせる店もでてきてるようです。
全国の中華街の華僑によってもたらされた中国の食文化がまさに風評被害を受けてるようです。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報

今回の中国製冷凍ギョーザの中毒事件で思ったこと
今回の中国製冷凍ギョーザの中毒事件で思ったこと

農薬入りギョーザに関しての行政の対応のまずさが露呈

千葉市稲毛区の女性(36)が昨年12月28日にギョーザを食べた後
嘔吐や下痢の症状が出て入院1月4日異常を感じた餃子を市保健所に
検査依頼のため直接持ち込んだが、

被害女性が購入先のコープに食べ残しの餃子を渡されたのを鑑定に出してる 
との 回答を得たのでとの理由 と

国内で何万個も流通している。食中毒なら他の患者が出てから検査しても遅くない
との理由で
保健所は女性の検査依頼を拒否したそうである。

また被害者は、退院のときも夫に抱えられるようにして退院したそうであるが
病院側は元気に退院したので保健所に届けなかったという回答のようである。

さらに保健所は、1月21日に、女性に対し、流通状況などの調査結果として
「ギョーザと女性らの中毒に因果関係は認められない」との事で、
調査を打ち切ることを報告した。

何故保健所は、みづから検査もせずに因果関係がないと何故被害者に伝えたのだろうか
それともコープの検査機関がうそでも伝えたのだろうか まさかそんなことはあるまい!

千葉市保健所は検査しなかったことを認めた上で「当時は“点”の情報で、
拡大して考えるのは難しかった。本人の納得がいかなかったとすれば
反省材料としたい」とまるで他人事のようである。

知った時点での行政の対応が早ければ被害拡大が防げたかもしれないことから

情報に対する危機管理が国策として欠如してるのではないでしょうか
と今回の毒入りギョーザの一件で感じ取りました。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

今回の中国製冷凍ギョーザの中毒事件で思ったこと
今回の中国製冷凍ギョーザの中毒事件で思ったこと

食に対する中国依存体質から日本は脱却しなければならないことを明白になった。

日本では脱中国を 自主検査 生産地の分散 を独自で造ること
コストをかけてでも中国依存から脱却しなければならない

日本の食糧外国依存率から脱却して 自給率を高めなければならない

外国に食料を依存してる間は 防衛問題よりももっと大きな問題である事を
認識しなければならない
店頭に並んでるのは全てが中国産
日本の企業はコストを考えると外国に求め空洞化現象がおきてるのに
日本政府 特に福田総理は生活などに困ったことがないから他人事のような
能天気な発言に聞こえてくるのは私だけではあるまい。

指摘されたら その言葉に向きにならずに謙虚に他人の発言も聞いてもらいたい。
だから福田政権は無策無能の体たらく 
もうここいらで国策として自国での食料自給率に取り組まなければ 
外交問題で食料を交渉のテーブルに上げられたら何もいえない国になるのでは。

もうなってるか!!! 

中国政府の日本での餃子中毒事件についての対応は、
中国には非がない日本のマスコミは騒ぎすぎとの発表だが 
これに対して町村官房長官は及び腰

なんでまた日本の政治家は小泉さんを除いて中国と喧嘩ができないのだろうか 
個人的に弱みでも握られてるのだろうか

各省の縄張り争いなどをやめさせる強いリーダーが出てきて 
食料自給率100%を国家戦略として実施しなければ 
未来の日本はなくなってるのではないでしょうか。

あなたの考えは

日本の「その場の空気」という土壌がある限りは 
食糧自給率100%のその場の空気を造り上げる戦略をまずは練ることです。
強いリーダーシップを発揮できる政治家がいなくても >KY< と
「その場の空気」が実行してくれるでしょう。

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

中国製冷凍ギョーザの中毒事件
中国製冷凍ギョーザの中毒事件

殺虫剤入りの中国製ギョウザを食べて日本では1月31日の時点で494人も不調を訴えて、被害が広がっている。

また販売店や冷凍食品業界は返品作業や回収作業に追われ大打撃であろう。
そして中国という悪いイメージが、定着してしまい、
中国に由来する食品を安全,安心をモットーとして励まれてるところは大変である。
特に餃子を売りにしてる餃子専門店がいろんな面で一番大変だと思います。

この餃子は、河北省食品輸出入公司天洋食品工場で製造から袋詰めまで行って
日本へ出荷されたようで、
この会社は度重なる労働争議で問題を抱えており、農民工と幹部という身分制度において
利益の分配が行われており 低賃金、長時間労働で働かされてる農民工には相当な不満がたまってるようです。
この会社の都合に合わせることができない農民工である従業員は 
即刻解雇されてるようです。

昔から中国は一般庶民に対しては強権を発揮する考えとシステムが確立してるようです。
この事件に関しては 中国当局の対応は 日本商社の調査を拒み、中国当局独自の調査で行われており この会社、この国の本当の実態はうやむやにされる懸念がある。

中国のメディアはこの事件に関して報道規制されてるようであるが ネット上で詳しい情報を求める声や中国当局の対応のまずさに 批判の声があがっており。
いまや中国人民も対岸の火事でないことを十分に認識してるのが手に取るようにわかるのです。
中国では、農薬を洗浄するための洗剤がバカ売れしてるように、
安価で安全な食品を購入することは中国一般市民にとっても、
まさに困難な状況となっているのです。

いったいどんな会社なのか、ウェブサイトを見た人によると1月31日現在いまだにお詫びのコメントも確認できない状態であるようだ。
この会社のスローガンには人民のために奉仕しますや品質を自分たちの誇りにする
等の立派なスローガンが掲げられてるそうである。
輸出先国には日本の紹介はなく、アルゼンチンとブラジルの国旗が掲載されてるがアメリカとオーストラリアを輸出先国として紹介してるそうで どれが本当かわからない状態である。

この事件でわが国は食料に対してももっと危機意識を持たなければならなくなった。
早急に日本は食糧生産を外国に頼るのではなく自国でまかなえる政策を実施しなければ生き残れない国になったようです。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。