スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄伝説坂本龍馬
5、勝海舟と坂本龍馬

文久3年5月17日乙女姉さんに宛てた書状によれば

この頃は天下にとどろく軍学者 勝麟太郎という大先生の門人となり 大変かわいがられて客分のような扱いを受けております。
近いうちに大阪から十里あまり(約40キロ)離れた兵庫という所に
海軍を教える施設をこしらえ又40軒50軒も(百メーターほども)
ある船をこしらえ、弟子どもも45百人も方々より集まってきています。私をはじめ栄太郎などもその海軍所に稽古学問いたし 
時々船乗りの稽古もいたし 練習船である蒸気船で近い内に土佐の方へも参ります。
そのときは、お会いすることができると思います。 また兄上も賛同成なされて やれやれとはやしたてられ 以前申し上げましたように戦でも始まれば これまでの命と思いながら 40まで生き延びてればむつかしい仕事をこなしているでしょう。
そんなわけで、すこしエヘン顔をしています。
達人の見る目はおそろしきものとつれづれにもこれあり。 ゆえにエヘンエヘン
5月17日 乙大姉御本
これらの事を親しい人に少しだけ話しただけでも誤解をまねく恐れがあるので 一人胸に収めておいてください。
                         かしこ

弟子から客分扱いとなり
「40軒50軒も(百メーターほども)ある船をこしらえ、弟子どもも45百人も方々より集まってきています」 は龍馬のほらであるが 姉にここまで脱藩浪士がのぼりつめてるということを得意満面になっていることがうかがえる

勝を通じて横井小楠など天下国家を論じてる人たちと知り合うということは、脱藩したときには夢にも思わなかったのでしょう。
この文面から龍馬は勝から絶大の信頼を持たれ、勝の使いとして 
越前福井藩へ赴き松平春嶽から勝塾の建設資金5千両を借り受けている。

このように天下国家を論じる立場に立てた、または出世の道ができたと勘違いすれば、または出世街道を歩いてると思えば我を忘れて、人間誰でも天狗にもなるし、ほらも吹き、有頂天にもなるということを 龍馬も体現しているのです。

実に人間味あふれる人間らしい じつににくめない龍馬の姿がこの書面の文脈から、かいま見ることができるのです。

この手紙は皇居にある龍馬の手紙であり エヘンの手紙といわれてる


スポンサーサイト

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

英雄伝説坂本龍馬
英雄伝説坂本龍馬

4、勝海舟と坂本龍馬
勝海舟と坂本龍馬の強い絆はどこからくるのであろうか
勝海舟の影響により、海援隊を組織し、または藩と藩のいがみ合いから来る内戦という脅威を避け欧米列強から守るため薩摩と長州との仲直りさせ、王政復古を実現させ、幕府と薩長との全面戦争を回避させ天皇を中心として各藩の大名がトロイカ方式で共和国政治を敷き 欧米列強の植民地化を防ごうとした勝海舟の思想を学び、坂本龍馬が行動に移し、暗殺されるほどの大きな影響力を持つ大物に育っていったのです。

ひざを突き合わせて「腹を割って話す」という日本独特の習慣がある。
意見がぶつかり話がまとまらないときは
さしで話し合いを人間味をさらけ出して人間として相互を認めあって人間らしく接することでお互いの誤解または、共通する考えをひきだして人間関係の円滑油となるのです。

薩摩だ長州 徳川幕府 攘夷だ開国だと藩閥政治に明け暮れる中でこの両者は[その場の空気]には流されない確固たる日本という公の青写真をもっていたのです。まさに腹の中をさらけ出してずけずけと物言う両者は、藩閥政治の中では空気を読めないやつらと疎まれてたのではないでしょうか

以心伝心という言葉は彼らのためにあるのではないかといっても言いすぎではないでしょう。
人間相互信頼関係の回復のためにはまずは自分の姿勢を正して相手の自分に対する信頼を得るように努力する。
人間とはこうすれば相手も必ずこうするものだ という確固たる信仰が日本の独特の曖昧文化として存在するのです。

テーマ:偉人たちの「人物伝」 - ジャンル:学問・文化・芸術

英雄伝説坂本龍馬
3、勝海舟と坂本龍馬

坂本龍馬が 文久3年3月20日 姉である坂本乙女宛に送った近況を知らせた初めての書状の画像
坂本龍馬の書状

「人の一生には想像もつかぬようなことが起こるものですね。風呂からあがりしなに急所を打って死んだ運の悪い男もあります。それにひき比べて、私の幸運は全くものです。こちらへ来て私は死にかけたこともありますが、死にませんでした。ほんとの死ぬかと思ったけれども、死なないで生きています。いま私は、勝麟太郎という日本で一番偉い人の弟子になって、昔夢見ていたことをやりながら毎日を送っています。40までは、郷里へ帰ろうとは思うことはないでしょう。兄さんにもこのことを相談したところ、兄さんは機嫌よく承知してくれました。国のため天下のためなら私はすべてを捧げる覚悟です。」

この強く踊るような毛筆の手紙から推察できるように 龍馬は、勢いだけで脱藩したものの不安だけが先行し何をすればよいのかわからないときに開国論者である勝海舟が、国家という公のために行動しなければならないという行動指針と目標を示してくれたのである。そして何よりも天下国家をまさに体現してる人の元で働けるのである。
 有頂天になり感動し心酔するのは当然のことである。
 今まで、不安の中で全国を放浪してた俺が勝海舟という先生に気に入られたという幸運に恵まれて、心の中のもやもやとしてたものが一気に晴れたのである。
本人にとって見れば脱藩という泥沼から勝との出会いにより希望が見えてきたのです。
だから、このわが身の幸運を強調して、また心踊る感動を身近な人間に知らせて心配はご無用と母のように慕ってた姉、乙女姉さんには伝えたいという強い衝動にかられての書状だったのです。
そして俺も、40過ぎれば立身出世してるだろうから、天下のためにわが身を捧げるほどの天下人となったら故郷に錦を飾ろうという大きな志が この若き野心家に芽生えてきてるのが、このはじめて書いた近況を知らせた書状の行間から垣間見えてくるのです。

テーマ:偉人たちの「人物伝」 - ジャンル:学問・文化・芸術

英雄伝説坂本龍馬
英雄伝説坂本龍馬

2、勝海舟と坂本龍馬

勝は熱心な開国論者であるゆえに攘夷を唱える志士たちに,常に命を狙われていた。
*攘夷とは、外国勢力の排斥を唱えた主張

だから身辺警護のためには、素性のしっかりとした人間としか会わないのが素直な私の見解である。
そこえ福井(越前)藩主である松平春獄の紹介状を持って、尋ねてきた一介の若き素浪人二人である。 その名は坂本龍馬と岡本健三郎の二人であった。

彼らは勝を殺すために赤坂氷川を訪れたのではない。
海外を知り、日本を知りそして自分の目標を探すためにアメリカを見てきた幕臣の話を聞いて見聞を広めようという向上心から勝海舟を尋ねたのです。

勝海舟は坂本龍馬らに外国から見た日本の情勢を説いたのである。
 今アジアは特に清国は英国によりアヘン戦争で侵略され、植民地となり、次に欧米列強は、常に日本を植民地化しようと虎視眈々と狙っている、今の日本の現状からすれば、欧米との力の差は、あらゆる面で、歴然としている。

だからまずは、軍事力を強化しなければならない、ましてや地政学的には日本の特徴は天然の要塞である海に囲まれている。
 これを利用して海軍を組織しなければならない。 

そこで君達に俺の構想を忌憚なく話そう。
私は幕府の人間だが、今の幕府には人材がいないそこで徳川幕府だ、土佐藩だ 薩摩藩だ 長州藩だの小さな了見にはとらわれてはいけない。

君達のような私心のない野心にあふれ意気のいい若人を探してた。 
咸臨丸に乗ってアメリカに行って見てきて判ったことだが、 全ての民は士農工商の差別はなく、 実力によっては商売で蓄財を成し、 それを元手に巨船を造り海外に出て交易で財を成すものもいる。
清国と同じにならないためには、すなわち植民地化を防ぐためには、藩同士が争ってはならない。 

私心を捨て海軍を創設し、日本国のために挙国一致でみなが団結しなければならないと説いたのである。 
また格式にとらわれる身分制度に悩まされ続けた下級武士出身の勝海舟には、若いときの自分を坂本龍馬に見出したのである。

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

英雄伝説坂本龍馬
英雄伝説坂本龍馬

1、勝海舟と坂本龍馬

龍馬に大きな影響を与えた男 勝海舟 

勝海舟


人は人との出会いにより大きな影響を与え考えを大きくその人の人生を変えさせることがある。
だから誰にも平等に、大きな人生の大転換が誰にでも訪れる。

後に勝は「彼は俺を殺しに来た奴だが、なかなかの人物さ。その時おれは笑って受けたが、おちついてなんとなく冒しがたい威厳があって、よい男だったよ」と氷川清話で回顧してる。

 ここで注意しなければならないのは、氷川清話で語られてるのは、
勝海舟の一方的な談話を筆記したものであるということです。

勝海舟の放談ではあるが修羅場をくぐりながら私心を捨て、日本国という公に行動した器量の大きな男は、幕臣でありながら徳川幕府をぶち壊そうと試みるうえに、大奸物とののしられて命を狙われつづけた。

火の海となる江戸を救い、明治維新の立役者達と丁々発止折衝をし 唯一生き延びた男は、大戦略家であり老獪な外交官として明治維新を蔭で支えたのです。

こんな歴史上における第一級品大人物はもう二度と現れないだろうと思われる男の生き様は、何故明治維新がいや無血クーデターが成功したのかを分析・理解するためには、読むに値するものがある。

(「バカなこと言っちゃいけないぜ、俺の言ってることは本当だぜ、大ぼらと思うなら、こんりんざい、おまえさんには話さないぜ」と勝さんから怒られそうだな!)

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

日本独特の文化 派閥政治の力学
日本独特の文化 派閥政治の力学

何故一夜にして自民党議員たちが福田康夫氏をなだれのごとく総裁選立候補擁立に動いたのであろうか
「キャラの立つ」(個性が強すぎる)何をやらかすか判らない麻生さんには自民党という
共同体運営を任せたくないのが自民党重鎮達の本音であろう。

安定感のあるように見える、長老の意見を聞いてくれると思われてる福田康夫氏、
実はおおきな勘違いである。「老獪な福田康夫」 は今は何を言い出すでもなく、 波風を立たせるわけでもなく 政策うんぬん関係なく、自民党の既得権益を守る、 「共同体運営」にはうってつけの  「キャラが立たない」と思われてる福田さんをワンポイントリリーフとして総裁候補に担ぎ出しただけである。
なぜなら人事について麻生氏は現状維持を示唆して発言であるが、
福田氏の見解は、「人事にまで考えは及んでいない。その立場になったときに考える」と慎重論に落ち着いている。
これは、既得権益を守りたい重鎮に向かっての発言と思われます。
だから 自民党総裁選は何をやらかすかわからない麻生さんよりも自民党の各派閥の既得権益を守ってくれそうでコントロールしやすいと思われてる福田さんを擁立にいたっただけなのです。

世界に類を見ないおとなしい保守的な日本国民が年金問題で怒り、そして目覚めたため、与党は参議院選挙で歴史的大敗となった。
これこそ自民党の本当の危機なのである。
国民無視の自民党共同体維持のための防衛策である。 

だから額賀財務大臣や谷垣元財務大臣の出馬を断念させる「派閥談合」となり 共同体維持のための話し合いであり、政策の話し合いは、表向きだけでありましょう。

これを踏まえての福田内閣のキャッチフレーズは、国民不在の自民党派閥という内部の体制の立て直しのための「自立と共生」を社会という外に向かってワンポイントリリーフ福田康夫氏に叫ばせてるのでしょう。

明治維新以来、派閥とは「察しあいの世界」という曖昧の社会から培われて 藩閥から始まり選挙地盤の地縁や世襲制による血縁の中から生まれて形成された中での談合または話し合いにより、
数の力と論理で既得権益を守り通そうとする[長老型日本式デモクラシー]の悪しき負の日本独特の文化なのです。

テーマ:自民党の腐敗 - ジャンル:政治・経済

安倍総理の突然の辞任に思うこと
安倍総理の突然の辞任に思うこと

所信表明の翌日突然の辞意表明 究極の無責任を露呈させてしまった。 辞意表明には国民に対してのごめんなさいの所信はなく 外国に対して顔向けできないからごめんなさいやめますでは 余りにも子供じみている。
もう彼の政治生命は終わったといっても過言ではないでしょう。

彼は何故にして、ここまでのタイミングの悪い辞め方を選んだのであろうか
彼の心の中を探ってみようと思います。 彼は、政治家にしては珍しく、おとなしい性格で、自分の感情や考えをうまく他人や身近な人に対してぶつけることができずに、唯一ぶつけることができるのは友達関係にある人間にはどうにか自分を出すことができる精神的にひ弱な人間なのです。
だから友人感覚で安心できる人間をソバにおかなければ心のよりどころをなくし、情緒不安定となるのです。お友達内閣と皮肉られるのもここに起因するのです。

他人に向かって馬鹿野朗とはいえないまま、言葉を飲み込んでしまう性格からの要因で 心の病が胃腸に来たのです。 
積もり積もった鬱憤が耐えに耐えた鬱憤を最後に今まで言えなかった周囲の人たちに向かって、堪忍袋の緒が切れた「馬鹿野朗」と叫んだのでしょうね

「馬鹿野朗解散」で有名な麻生さんの爺さん吉田茂のように馬鹿野朗を国会でぶつけることができる人間だったら、 辞めるタイミングを間違えなかったでしょう。

だから「麻生さんに騙された」と最後に堪忍袋の緒が切れて「馬鹿野朗」を叫んで突然の辞任にいたったのです。

テーマ:安倍総理辞任表明 - ジャンル:政治・経済

敬老の日緊急プレゼントキャンペーン
9/17(祝・月)は敬老の日!

  プレゼントはもうご用意されましたか?

敬老の日緊急プレゼントキャンペーン
『敬老の日ありがとう鯨カツセット』

おじいちゃん、おばあちゃんありがとう!

いつまでも元気でいてね!

という優しいおじいちゃん・おばちゃんに思いを込めて、

何かプレゼントを・・・、と探されてる方

昔懐かしい鯨を鯨専門店が鯨カツにして、全国の有名百貨店にて販売してます。

少しでもお役に立てれば、うれしいです!
何をあげようか、悩んでた・・・

という方は、

ぜひご利用くださいね!



9月は何かと忙しい季節ですから、

 プレゼントを選ぶ時間がなくて気になっていた・・・

 何をあげようか、悩んでた・・・

という方は、

ぜひご利用くださいね!



★おじいちゃん、おばあちゃんありがとう!
 いつまでも元気でいてね!

最近鯨も健康食として見直されるようになり 長崎ランタンフェスティバルでは行列ができると言うよりか 行列が途切れません。

20070906114832.jpg


鯨は健康食
 高タンパク低カロリーの鯨肉は、健康食としても注目されています。
 鯨肉はビタミンAや鉄分が豊富に含まれ、牛や豚、鶏に比べ脂肪やコレステロールの含有量の低い、非常にヘルシーな食材です。

電子レンジで温めるだけで、簡単に食べられるように調理に工夫しました。



20070421144615.jpg



20070906115240.jpg


昔ながらの鯨かつ 10枚入り (原料:南氷洋産ミンク鯨、パン粉、卵、醤油、生姜、砂糖)
送料 全国一律 1050円

販売価格4200円

購入数








テーマ:プレゼント!! - ジャンル:グルメ



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。